旅行情報

パリ滞在記「1日目午前編」Velibを活用して有名ブランドの本店巡り!

2017/11/19

シャンゼリゼ通り

無事にロワシーバスにて、パリ中心地まで来れたHalohaloです、こんにちは。

苦痛なはずの12時間のフライトが、思いがけずビジネスクラスにアップグレードされ、快適に過ごすことができたということもあり疲労感なく観光をスタートすることができそうです。

SFC修行でパリを訪れたと言えど現地滞在が2泊ありますので、しっかり観光も楽しみたいと思います。

当記事では、パリ観光1日目の様子をお伝えします!

アクティブに様々なところを見て回りたい方には、モデルプランになったらいいなぁ。

 

スポンサーリンク


 

ここまでの振り返り

今回の旅は、ANA上級会員を目指して旅行に出かけるSFC修行の一貫として、パリを訪問しています。

中国(上海・北京)経由ではありますが、パリまで往復4.4万円という格安航空券を手に入れることができました。

 

  1. 初めての大崎ー成田空港シャトルバス体験記
  2. CA920便「成田ー上海」搭乗記。機内はスマホがNG?
  3. 上海空港にて2時間乗継。沖止めの搭乗時間に注意!
  4. CA833便「上海ーパリ」搭乗記。インボラを初体験!
  5. 空港からパリ市内中心部へのおすすめアクセス方法はこれ!
  6. パリ滞在1日目(当記事)

 

ここまでお伝えして来た通り、上海の乗り継ぎを経て無事にパリへと到着をしました。

まさかでしたが、12時間のフライトはビジネスクラスにアップグレードされ、格安航空券でありながら快適な環境で長時間のフライトを乗り切ることができました。

ここからはパリの滞在記をお届けしたいと思います!

 

パリ1日目滞在記〜午前の部〜

シャルル・ド・ゴール空港からRoissy Busに乗ってオペラ座前に到着し、ホテルへ荷物を置いて来ました。

時刻は朝の8時。初めて訪れるパリ観光のスタートです。11月上旬のこの日の気温は10度前後でしたがニットとコート着て行ったのでそこまで寒さは感じませんでした。

 

土曜日朝のパリの様子

ギャラリーラファイアット

 

土曜日の朝のパリは、非常に閑散としています。こちらは大型デパートのギャラリーラファイアット前ですが、本当に人がいません。

日が出て明るくなってきているのに、市内中心地であるオペラ座前でバスを降りても人が全然いないし、「パリの人って始動がみんな遅いんだろうか?」なんてことも考えたんですが、何てことない土曜日は仕事がお休みなのでパリの人々はゆっくりとした朝を迎えていることでしょう。

この辺りは日本との違いを明確に感じました。別の記事で記していきますが、同じ時間でも月曜日(平日)になるとパリの人々は、バリバリと出勤などで動き出しているんですよね。

働くときは働く、休むときは休む、メリハリがしっかりしているんだなと、観光名所を見るよりも先に感じてしまいました。

ただ、きっとこの記事を見てくださっている方はそんなことよりも、「早く観光地の写真見せてくれー!」という方も多いと思いますので、次へ進みます笑。(個人的には名所もいいですが、人々の暮らしも旅の楽しみだったりします。)

 

オペラ・ガルニエ(オペラ座)

パリのオペラ座

 

  • 住所:8 Rue Scribe, 75009 Paris
  • 開館時間:10:00〜17:00
  • 入場料:11ユーロ
  • 閉館/定休日:不定期で土・日
  • ミュージアムパス:利用不可

 

まず初めに向かったのは、先ほどバスを降りた場所からほど近いオペラ・ガルニエ(オペラ座)です。

日本でも、有名なオペラ座の怪人の本場です。今回、僕はスケジュールの関係上、中には入りませんでしたが劇場内を見学することもできます(有料)。

開館時間は17時までとなっていますが、最終入場は16時30分ですのでご注意を。またリハーサル実施時や公演スケジュールによっては開館時間が変更になることがあります。

 

パリのオペラ座

 

せっかくパリに訪れるなら、オペラ座の怪人を観賞しに行くのも良し、劇場を見学するのも良し、建物も非常に大きくて壮大ですので、訪れる価値ありだと思います!

 

アップルストアのオペラ座店

 

近くには日本では見かけないブラック・アップルストアなんかもあったりしましたので、行ったついでに探して見てくださいね!

アップルストア周辺は万国共通で高速Wi-Fiを無料提供していて、サクサク検索もできますのでネット環境に困ったらパリにもアップルストアがいくつかありますので、訪れて見ることをおすすめします!

昼間はそのネット環境求めて、近くにたくさん集まっているのですぐに見つかると思います。

 

Velib/ヴェリブをゲット。

パリのvelib/ヴェリブ

 

皆さん、パリではレンタサイクル文化が進んでいて、市内各所に借りたり返したりすることができるサービス「Velib/ヴェリブ」があることをご存知でしょうか?

Velib/ヴェリブはパリの方々の生活にも浸透していて、現地の方もたくさん利用をしています。ヴェリブの特徴は以下の通りです。

 

  • ステーション数は市内1,700箇所
  • 年中無休/24h利用可能
  • 1日1.7ユーロ or 7日8ユーロ
  • 30分以内の利用が無料
  • 30分を越えると追加料金発生
  • どこのステーションに返してもOK

 

パリだけでなくどこの観光都市に行くにも、1つ1つの名所が微妙に離れていて歩くのも難しいし、いちいちバスや電車に乗るのも大変というような時って結構ありますよね?そんな悩みを解決してくれるのがこのVelib/ヴェリブです。

クレジットカードを持っていれば、誰でもすぐに登録ができ利用を開始できますので、非常に便利です。

借りたら30分以内に返却すれば、初期費用以外の利用料はかかりませんし、どこのステーションに返してもOKなので、借りた場所に戻す必要はありません。

Velib/ヴェリブがあるということは事前に情報をキャッチできていたので、今回は利用してみることにしました。

最初に申し上げると、実際に使ってみて非常に便利でした。ヴェリブについては、また別の機会にまとめたいと思います。

 

ヴァンドーム広場

ヴァンドーム広場

 

Velib/ヴェリブに登録をして自転車をゲットしたら、ヴァンドーム広場へと向かいましょう。

大きな塔が広場の中心に立っているので、すぐに見つかると思います。こちらの大きな塔は歴史的に有名なナポレオンが、1250発の大砲の弾を溶かして鋳造したものとして有名です。

CHANELを作ったココシャネルも、生前このあたりにいたとされています。

 

ヴァンドーム広場

ヴァンドーム広場

 

ヴァンドームの周りを囲む建物も広場を引き立てていて、非常に趣があります。

特徴的なデザインの建築物もありますので、ぜひ訪れてみてくださいね!

 

有名ブランド本店を巡る

ヴァンドーム広場を後にしたら、次はブランド店巡りと行きましょう。

パリには、たくさんのブランド店の本店があります。日本でも知名度のあるブランドの本店が、比較的近い場所に集まっていますのでショッピングが目的の方は非常に楽しめると思います。

同じものを買うにも本店で買ったとなると、一味違ったものになりますもんね!

 

Cartier/カルティエ

カルティエパリ本店

 

  • 住所:13 Rue de la Paix, 75002 Paris
  • 時間:11:00〜19:00
  • 定休日:日曜日

 

まず、はじめに訪れたのはCartier/カルティエです。

1847年に設立されたカルティエは、日本でもプレゼントとして時計やダイヤなどが非常に人気があります。

カルティエ本店は非常に雰囲気ある建物に囲まれていて、ホテル「Westminster」に併設する形で店舗を構えています。

 

 

CHANEL/シャネル

シャネルパリ本店

 

  • 住所:31 Rue Cambon, 75001 Paris
  • 時間:10:00〜19:00
  • 定休日:日曜日

 

続いて訪れたのは、CHANEL/シャネルです。

シャネルは、映画にもなって非常に有名になったココ・シャネルが1909年に設立したブランドです。日本でも、女性を中心に非常に人気があります。個人的にシャネルのネクタイは、持っている人が少ないので好きだったりします。

シャネルはこじんまりとした路地にお店を構えていますので、通り過ぎてしまわぬよう注意しましょう。

 

 

LONGCHAMP/ロンシャン

ロンシャンパリ本店

 

  • 住所:404 Rue Saint Honoré, 75001 Paris
  • 時間:10:00〜19:00
  • 定休日:日曜日

 

次に、日本女性の1つは持ってると言われるほど、日本で人気がある「LONGCHAMP/ロンシャン」です。

ほとんどの女性が持ってると聞かされてから、電車などで気にするようになったのですが、本当にかなり多くの方が持ってます笑。

パリでは、エッフェル塔のデザインがプリントされた限定のバッグも人気があります。

 

 

HERMES/エルメス

エルメスパリ本店

 

  • 住所:24 Rue du Faubourg Saint-Honoré, 75008 Paris
  • 時間:10:30〜18:30
  • 定休日:日曜日

 

サントノーレ通り、最後に訪れるのはこれぞ高級ブランドとして日本でも人気がある「HERMES/エルメス」です。1837年にブランドは設立されました。

エルメスの本店は意外とこじんまりとしていて、特別に派手な作りという感じではありません。

値段は張りますが、バッグやスカーフなど本店で購入してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク


 

マドレーヌ寺院

マドレーヌ寺院

マドレーヌ寺院

 

  • 住所:
  • 開館時間:9:30〜19:00
  • 入場料:なし
  • 閉館/定休日:なし

 

ブランド街を後にしたら、次はマドレーヌ寺院へと向かいました。

マドレーヌ寺院は1842年に完成したキリスト教寺院で、大きな円柱が特徴的な建造物となっています。

写真だと伝わりづらいかもしれませんが、円柱は高さ30メートルあるので目の前にするとかなりの迫力があります。

また正面上部のデザインは、ミケランジェロの「最後の審判」から構成されているので、そちらも必見ですよ!

 

コンコルド広場

コンコルド広場

コンコルド広場

 

  • 住所:Place de la Concorde 75001 Paris

 

次なるスポットは「コンコルド広場」です。マドレーヌ寺院からはすぐの場所にあります。

「とにかく大きい・広い」ということを印象づける広場で、1775年にルイ15世の騎馬像を置くために造られた場所です。

歴史的には、フランス革命の時にルイ16世とマリー・アントワネットが処刑をされた場所としても有名で、広場の中央にはエジプトから贈られたルクソール神殿のオベリスクが立っています。

また広場からは、遠くにエッフェル塔も見えてきます。パリに到着して初めてエッフェル塔を目視できたので、少し興奮したことを覚えています。

ここはぜひ訪れるべき必見スポットです!

 

有名ブランド本店を巡る Part2

コンコルド広場を後にしたら、次は再び有名ブランド街がありますので、ブランドの本店巡りと行きましょう。

 

Chloe'/クロエ

クロエパリ本店

 

  • 住所:50 Avenue Montaigne, 75008 Paris
  • 時間:10:30〜19:00
  • 定休日:日曜日

 

1952年、ギャビーアギョンにによって設立されたのがクロエ/Chloeです。設立年は1952年ということで、クロエは意外と新しいブランドなのですね。

お店は非常にこじんまりとしていて、見落としそうになるのでご注意ください。

冬になるとよく、クロエの手袋を使っているので、手袋みたかったのですが今日はまだオープンしていませんでした(残念)。

 

CELINE/セリーヌ

セリーヌパリ本店

 

  • 住所:53 Avenue Montaigne, 75008 Paris
  • 時間:10:00〜19:00
  • 定休日:日曜日

 

ちょうどChloeと道路を挟んで反対側にあるのが、CELINE/セリーヌです。セリーヌはセリーヌ・ヴィピアナと夫のリチャードが、1945年に設立したブランドです。

こちらも比較的新しいブランドです。

個人的にカバンのデザインが非常に好きなブランドで、いつかプレゼントで大切な人に送りたいなと企んでいます。

 

 

Dior/ディオール

ディオールパリ本店

 

  • 住所:30 Avenue Montaigne, 75008 Paris
  • 時間:10:00〜19:00
  • 定休日:日曜日

 

モンテーニュ通りをもう少しまっすぐ進むと見えてくるのが「Dior/ディオール」の本店です。

ディオールは、クリスチャンディオールが1946年に設立したブランドです。

角にお店を構えているので、目立っていてすぐ見つかると思います。日本でも非常に有名なDiorですので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

 

 

LOUIS VUITTON/ルイ・ヴィトン

ヴィトンパリ本店

 

  • 住所:101 Av. des Champs-Élysées, 75008 Paris
  • 時間:10:00〜20:00
  • 定休日:なし(日曜のみ19時閉店)

 

ブランド本店巡り最後は、「LOUIS VUITTON/ルイヴィトン」です。シャンゼリゼ通りとジョルジュ・サンク通りの角にお店を構えていて、こちらは”本店”という感じの建物となっています。

開店前からたくさんの人が列を作っていました。さすがは世界的に有名なブランドですね。ここでしか買えない限定商品もあるようですので、シャンゼリゼ通りを訪れた際には、ぜひ行って見ることをおすすめします!

 

 

シャンゼリゼ通り

シャンゼリゼ通り

 

LOUIS VUITTON/ルイヴィトンを後にしたら、かの有名なシャンゼリゼ通りです。

「お〜シャンゼリ〜ゼ♫」と本当に歌いたくなるような、片側4車線、計8車線の大きな通りです。

まっすぐな一本道の両サイドには、雰囲気のあるカフェやお土産店、ファーストフード店、アミューズメント施設など、何をするにも困らない環境となっていますのでゆっくりお散歩するコースに最適です。

僕もここでは、Velib/ヴェリブを一回ステーションに返して、歩いて巡りました。

またシャンゼリゼ通り一帯は、無料のWi-Fiが利用できますので、ネット環境に困ったらシャンゼリゼ通りを目指すのも1ついいと思います。

 

凱旋門

凱旋門

 

  • 住所:Place Charles de Gaulle, 75008 Paris
  • 開館時間:10:00〜23:00
  • 入場料:12ユーロ
  • 閉館/定休日:なし
  • ミュージアムパス:利用可能

 

まっすぐなシャンゼリゼ通りを、奥へと進んでいくと見えてくるサークルの中心に構えているのが、非常に有名な「凱旋門」です。

堂々とした大きな門構えと、一つ一つのきめ細かい彫刻のコントラストはさすがと言わざるを得ません。

凱旋門は上の展望フロアへ登ることもできるのですが、スケジュール的に翌日登ることにしたので、詳細は後日公開される記事をご覧ください。

時間帯的には午前中でしたが、凱旋門にはたくさんの人が訪れていました。やはりパリも中国人多いですね〜笑。

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

終わりに。

パリの街並み

 

これにて、パリ滞在1日目〜午前編〜は終わりです。

歩いて回るとなると、ここまでたくさんの地域を回ることは難しいですが格安レンタサイクルの「Velib/ヴェリブ」を活用することで非常に効率的に回ることができました。

パリの街並みには、感動の連続でした。なんというか、歴史を感じる素敵なデザインの建物しかないので、どこを見渡しても飽きません。正直ちゃんと見ようと思ったら見きれないです。

午前中は、有名ブランドの本店巡りもしてみましたが、素敵な建物が多いので「ここが本店って言われても全然疑わないよな」というような店舗がたくさんあったのも印象的でした。

派手めの建物が見えてきて「あれが本店だな!」と思ったら実際は違い、本店は意外とこじんまりとしている印象でした。

一つ一つのお店・場所をしっかりみたい方は、このようなスケジュールでは難しいと思いますが、とりあえずぐるっと回りたいというような方には非常に有効なプランだと思いますので、ぜひご活用ください!

 

今回の旅記事リンク

今回の旅における記事リンクは以下の通りです。それぞれクリックで各ページに飛ぶことができます。リンクが設定されていないものについては順次公開予定です。

 

  1. 初めての大崎ー成田空港シャトルバス体験記
  2. CA920便「成田ー上海」搭乗記。機内はスマホがNG?
  3. 上海空港にて2時間乗継。沖止めの搭乗時間に注意!
  4. CA833便「上海ーパリ」搭乗記。インボラを初体験!
  5. 空港からパリ市内中心部へのおすすめアクセス方法はこれ!
  6. パリ滞在1日目〜午前〜 有名ブランド本店巡り
  7. パリ滞在1日目〜午後〜 エッフェル塔とオペラ座へ
  8. パリ滞在2日目〜前半〜 第一日曜日は観光地が無料!?
  9. パリ滞在2日目〜後半〜 シャンゼリゼ大通り歩行者天国体験
  10. パリ滞在3日目
  11. CA934便「パリー北京」搭乗記。
  12. 北京5時間トランジット観光
  13. CA183便「北京ー羽田」搭乗記。
  14. 旅のまとめ

-旅行情報