【超初心者向け】誰でもわかるANA・JALマイルの貯め方!2022年最新版

【超初心者向け】誰でもわかるANA・JALマイルの貯め方!2022年最新版

2016年からマイルを貯め続けながら、SNSで旅行情報を発信しているHalohalo(@halohalo_travel)です!

  • 「マイルを貯めてみたいけど方法が分からない」
  • 「そもそもANA・JAL、どちらを貯めればいいのか分からない」
  • 「どのぐらい貯めればいいのか分からない」

そんなこれからマイルを貯めたい!という方々に向けて、超初心者向けマイル解説記事を作成してみました!

マイルを貯めるということに関して右も左も分からなかった2016年から、僕も当記事に記載の方法を実践してマイルをコツコツ貯めて、今はほとんどの旅行で航空券はマイルを使った特典航空券を発券しています。

 

ANAマイル

 

よく「実際にどのぐらいマイルを貯めているの?」と質問をいただくので、少しご紹介すると現状はANAマイルを約90万マイル、JALマイルを約30万マイルほど保有しています※。

日本からヨーロッパまでANAビジネスクラスで往復するとレギュラーシーズンで90,000マイルが必要になりますので、単純計算ですが約10往復できるマイル数ということになります!

当記事では日々SNS運営している中で皆さんからいただくマイルに関する質問内容や、迷いやすいポイントなどを中心に分かりやすく解説していきたいと思います!ぜひ皆さんもマイルを貯めるコツを掴んでマイラーデビューしましょう。

※他にもアラスカ航空、ユナイテッド航空、ブリティッシュエアウェイズ、シンガポール航空、デルタ航空のマイルを貯めています。慣れてきたら別のマイルを貯めることにも挑戦してみてください…!

※特典航空券の発券はマイル+燃油サーチャージ料金がかかります。世界的な燃油代の高騰でサーチャージがかなり高騰しているのでご注意ください。

 

 




 

 

マイルの貯め方3選

ANAラウンジ(ANA LOUNGE)から見るA380

 

まず初めにこれからマイルを貯めたい!という皆さんに、ぜひ最初に間違えないで欲しいのが「どのようにマイルを貯めるか(方法)」について。

ここは非常に重要で間違えると、せっかく頑張ってマイルを貯めているのにいつまで経ってもマイルが貯まりづらい状況になってしまいます。

皆さんは「マイルを貯める」と聞いてどのような方法を思い浮かべますか…?

  • クレジットカード決済で貯める
  • 飛行機に乗って貯める

多くの方がこの2つの方法を思い浮かべるのではないでしょうか。それぞれ簡単に解説していきます!

 

クレジットカード決済でマイルを貯める

 

まずは食事やお買い物などで料金を支払う際に、クレジットカードを使用してポイントを貯めて、マイルへ移行するという方法です。

1番一般的で既に実践されている方も多い方法かと思います。

「いくら使うと何マイル貯まる」という基準は、クレジットカード会社やカード種類、キャンペーンによっても異なるので一概には言えませんが、一般的に言われているのは「100円=1マイル」です。

  • 1万円利用:100マイル
  • 10万円利用:1,000マイル
  • 100万円利用:10,000マイル

クレジットカード決済は誰でも簡単に実践できるので、ぜひコツコツとマイルを貯める方法の1つとして活用すべきですが、ご覧の通りこの方法の最大のデメリットは「貯まるまで時間がかかる」こと。

これは非常に大きなデメリット。

 

ANA A380ファーストクラス機内食

 

冒頭で日本と欧州のビジネスクラス往復は9万マイルということをお伝えしましたが、このマイル数をクレカ決済で貯めようと思ったら単純計算900万円分の決済が必要になります。

お金持ちの方を除いて、なかなかクレジットカードで900万円分決済するのは簡単ではないですよね…。

しかもこれで1名分です。2名分なら1,800万円、3名なら2,700万円分とどんどん非現実な数字になっていきます。

国内旅行用のANA特典航空券であれば、東京ー沖縄で片道9,000マイル・往復18,000マイル(通常シーズン)ですので180万円分のカード決済があると沖縄を往復できる計算となり、現実的になる方も増えていくかもしれません。

ここで知っておいていただきたいのは毎年、家族で海外旅行に行ったり、国内でも年に何回か旅行に行けるくらいマイルを貯めるのは「カード決済ではほぼ無理」なんです。

もちろんコツコツ貯めることはとても大切で、マイルを貯める上で必要な方法(僕も日々カード決済してコツコツマイル貯めています)だと思いますが大きく貯めたいという方はこの方法だけでは難しいと覚えておきましょう!

 

飛行機に乗ってマイルを貯める

anaマイル

 

次に飛行機に乗ってマイルを貯める方法について解説します。

クレジットカード同様にこちらも既に周知されている方法で、出張の多い方など実践されている方も多い方法かと思いますが一般の方にとってこちらも「非常に貯まりづらい」方法です。

  • 東京ー沖縄(那覇):片道738マイル(セール運賃75%積算時)
  • 東京ーハワイ:片道1,915マイル(エコノミークラス・ツアー運賃50%積算時)
  • 東京ーロンドン:片道3,107マイル(エコノミークラス・ツアー運賃50%積算時)

たったこれだけしか貯まりません。ツアーでANAを使ってヨーロッパへ行ったとしても貯まるのは往復で6,000マイル前後。

東京ー沖縄の片道航空券にも交換できません。厳しい…!

 

ANA羽田ーロンドンファーストクラス

 

一方でこの方法が有効な方は「会社の経費などで頻繁に国内外出張に行く」機会がある方。

直前予約はもちろん、日程変更なども可能な代わりにマイルの積算率が高い運賃で(もちろんその分料金も高い)予約されているケースが多いので、一般の方に比べてマイルが貯まりやすいです。

とは言えマイルを貯めるために転職するのかというのはまた別問題なので、「マイルをたくさん貯めたい」という一般の方にとって再現性の低い方法ということが言えそうです。

 

ポイントサイトでマイルを貯める

moppy-jal

 

クレジットカード決済はコツコツタイプのみで大きく貯めるのが厳しい、飛行機に乗って貯めるのも厳しい、ではどうやってマイルを貯めるのが一番いいのか。

いよいよ本題です!これからたくさんマイルを貯めていきたいという皆さん、ぜひ「ポイントサイト」を活用しましょう!

 

  • クレジットカード決済で貯める
  • 飛行機に乗って貯める
  • (NEW)ポイントサイトで貯める

 

最近テレビやニュースなどで「ポイ活」という言葉を聞いたことがありませんか?

日々お買い物をする際やクレジットカードに入会する際、航空券を購入する際などに、ポイントサイトを経由して利用することでポイントがもらえて、現金化したり、ポイントサイトから他のポイントに交換できるというもの。

このポイント、実は「マイルに交換することができる」んです!

  • ポイントサイト→ANAマイル・JALマイル

冒頭で約90万ANAマイルを保有しているとお伝えしましたが、クレカ決済で貯めようとすると9,000万円分のクレカ決済をしなければいけません。

当然現実的ではないので、僕も2016年にポイントサイトを活用しはじめて今もこの方法でマイルを貯め続けています。

 

楽天カード

 

具体例を見ていただいた方が早いと思うので1つシェアすると、先日楽天カードマーンでお馴染みの楽天カードがポイントサイト経由(経由の方法後ほど)で作成すると、11,000ポイントがもらえるというキャンペーンが実施されていました。

楽天カードの公式サイトから入会するとこのポイントは貰えませんが、ポイントサイト経由で入会して発行すると11,000ポイントが貰えます。

同じ楽天カードの入会なのにポイントサイトを知らない人はそのまま公式サイトなどから入会して手元に残るのはカードのみ、ポイントサイトを知っている方はカード+今回のケースであれば11,000円分のポイントが貰えます。

「楽天カードに入会する」という行為自体は全く一緒なのに、ポイントサイト経由で申し込むかどうか、たったこれだけで11,000円も貰える金額が変わるんです。

11,000ポイントはそのまま現金化して11,000円を自分の銀行口座に振り込んでもOKですし、マイルに交換することも可能です(僕はこのように得たポイントサイトのポイントをどんどんマイルに変えています)。

様々なキャンペーンでポイントサイト→マイルへの還元率を上げることも可能ですが、ここでは特段キャンペーンや効率的なルートを利用しない50%でマイルへ移行したと仮定すると11,000ポイント→5,500マイル。

楽天カードを発行する際にポイントサイトを経由するだけで、55万円分のクレカ決済と同じだけのマイルを獲得することができる計算です。

 

タイ国際航空ファーストクラス

 

勘の良い方だと薄々気が付いたかもしれませんが、クレカ決済や飛行機に乗ってマイルを貯めるのとは貯まるスピードが全然違いますよね??

一部ビジネス出張利用などで貯めている方を除いて、世の中で50万・100万とマイルを貯めているほぼ全ての方がこの方法(ポイントサイトのポイントを貯めてマイルへ移行する方法)を活用していると言って間違いないと思います…!

こう言うと「ポイントサイトは怪しい」とか、「そんなにポイントが貰えるには裏があるはずだ」とか、警戒心の強い方は思うかもしれませんが全くそんなことはありません。

最近ではこのようにポイントサイトを使ってポイントを貯める「ポイ活」も一般的な言葉となってきましたし、正直マイルを大きく貯めたいと思ったら選択肢は限られているので、今後もマイルを貯めたいと思い続ける限りまたこのポイントサイトの世界に戻ってくると思います。

あとはいつ始めるかはタイミングの問題です。

ちなみにこのように”飛行機に乗らずに”マイルを貯めている方のことを「陸マイラー(りくまいらー / おかまいらー)」と呼んだりして、たまにTVなどでも取り上げられたりしているので、頭の片隅に覚えておきましょう!

※補足:ポイントサイトのポイント数(例えば楽天カードを作ったら何ポイント貰える)は、常に変動しているので常時楽天カードを作ったら11,000ポイントが貰えるわけではありません。何ポイントまで高騰したら作り時かはカードによって異なるため、ここは経験が必要です。今後いい案件ができた時には主に「Instagram(ストーリーズ)」や当ブログでお伝えします。

 

 




 

 

マイラーおすすめのポイントサイト

ポイントサイトとは

 

マイルを貯めるなら「ポイントサイト」を使う!という方法が分かったところで、ここからは実践編です!

  1. ポイントサイトへ登録
  2. ポイントサイトを経由して様々なサービスを利用
  3. ポイントサイトのポイントを貯める
  4. ポイントサイトのポイントをマイルへ移行する
  5. マイルGET

上記のように実際にポイントサイトに登録をして、ポイントを貯めて、マイルへ交換する流れを確認していきましょう!

まずはポイントサイトの登録から。

 

 

今、マイラーの間で人気のあるポイントサイトは上記の2つです!

もちろん登録は無料、一定期間内にポイントサイトを利用するとボーナスポイントがもらえる新規入会キャンペーンなども開催中です。

まずは上記2つのサイトに登録をしましょう。僕もかかさず毎日チェックしています。

基本的には上記2つのポイントサイトで最初は十分かと思いますが、より本格的にポイントサイトを活用してマイルを貯めたいという余裕のある方は、下記サイトも登録してチェックしておくのがおすすめです。

一応解説しておくと、なぜこんなにたくさんの種類のポイントサイトがあるかというと、同じ商品でもAサイトでは1万ポイント、Bサイトでは9,000ポイント、Cサイトでは8,500ポイントというように、サイトごとに貰えるポイント数が異なることがよくあるんです。

本格的にポイントサイトを利用することになっていくといずれは全て登録するサイトになるとは思いますが、最初の段階では「moppy(モッピー)」と「ハピタス」を登録しておけば、大抵のケースはOKなのでまずは2サイトは必ず登録しておきましょう!

※ポイントサイトは登録するとメルマガがたくさん届くので、サブアドレスなどで登録しておくと便利です。

 

ポイントサイトでおすすめの案件

moppy-jal

 

  1. ポイントサイトへ登録
  2. ポイントサイトを経由して様々なサービスを利用
  3. ポイントサイトのポイントを貯める
  4. ポイントサイトのポイントをマイルへ移行する
  5. マイルGET

moppy(モッピー)」と「ハピタス」へ登録が完了したら、次のステップは実際にポイントサイトを利用してポイントを貯めることに挑戦してみましょう!

 

  • クレジットカード発行
  • FX口座開設&利用
  • 保険面談
  • 不動産投資面談
  • 旅行サイト予約
  • お買い物(WEBショッピング)

 

マイラーがポイントサイトで利用する中で人気のあるジャンルはこのあたりで、中でも人気のあるジャンルは「クレジットカード発行」です!

 

楽天カード 10,000ポイント
エポスカード 10,000ポイント
NTTドコモ dカードGOLD 20,000ポイント
三井住友カード NL 10,000ポイント
ビュースイカカード 8,000ポイント
paypayカード 10,000ポイント

※ポイント数は常に変動するため一例です。

 

例えばポイントサイトでよく登場(常にポイントや利用できる案件は変動します)するようなカードは、先ほどご紹介した楽天カードや、エポスカードなど一度は聞いたことあるクレジットカードで、入会時にポイントがもらえるので今後は「クレジットカード発行する際には必ずポイントサイトを利用する」と覚えておきましょう!

僕も2016年からポイントサイトを始めて、数十枚のクレジットカードを発行していますが毎回欠かさずポイントサイトを経由して利用しています。

  1. 登録済みのポイントサイトへアクセス
  2. 今回利用したい案件を検索
  3. 利用条件を確認
  4. POINT GETなどのボタンから入会ページへ
  5. 通常通り入会や利用
  6. 発行完了(利用完了)後にポイント付与

基本的に初めてそのクレジットカードを作るときだけがポイント獲得の対象なので、数年前に解約したからもう一回入会しよう…というのはポイント付与の対象外となる可能性が高いです。忘れずに利用するのが吉!

徐々に発行枚数が増えてくると管理が大変になってくるので、本格的にマイルを貯めたい!という方はメモ帳・エクセルなどにまとめておくなどして各自分かるようにしておくと便利です。

他にもFX口座開設や保険の相談、不動産投資相談など1案件で大きくポイントを貯めることができる案件がありますが、各個人が取り組みやすいものを選択して取り組んでいく形で良いと思います!

利用する案件選びに関しては、絶対これをやらなければいけないということはないので各個人の状況にあった利用を目指しましょう!

※一点だけ注意点。これはポイ活に限った話ではありませんが、誰でもクレジットカード発行は入会申請をすると指定信用情報機関(CIC)に登録がされます。以後、毎月の支払い状況(支払い遅延がないかなど)が記録されていきますので、ご注意ください。クレジットカード会社によっては短期間の間にたくさんのクレジットカードを発行すると「入会お断り」となるケースがありますので、月に1枚程度の発行を目安にするのがおすすめです。

 

moppy楽天

 

コツコツ貯める系もポイントサイトにあったりして、例えば楽天市場でお買い物をする際には1%のポイントが貯まります。

  1. 登録済みのポイントサイトへアクセス
  2. 今回利用したい案件を検索(今回は楽天市場)
  3. 利用条件を確認
  4. POINT GETボタンから楽天ページへ
  5. 通常通りショッピング利用
  6. 利用完了後に1%ポイント付与

普段お買い物する際にもぜひポイントサイトを経由(直接楽天にアクセスするのではなく、一度ポイントサイトを経由してアクセス)して、ポイントをゲットしていきましょう!

 

旅行ポイントサイト

 

他にも旅行系もたくさんあって、一休や楽天トラベル、ヤフートラベル、JTB、HIS、じゃらんなどポイントサイトを経由して予約するだけでコツコツとポイント貯められるのでぜひチャレンジしてみてください…!

 

ポイントサイトからマイルへ移行する方法

  1. ポイントサイトへ登録
  2. ポイントサイトを経由して様々なサービスを利用
  3. ポイントサイトのポイントを貯める
  4. ポイントサイトのポイントをマイルへ移行する
  5. マイルGET

ポイントサイトに登録をして、ポイントを頑張って貯めたらいよいよマイルへと交換するタイミングです!より実践編!

ポイントサイト→マイルへ交換する方法はANA・JALそれぞれ異なるので、それぞれ解説していきます!

 

JALマイルに交換する

moppyからJALマイル

 

まずはポイントサイトで貯めたポイントをJALマイルへ交換する方法です。

JALマイルへの移行ルートは非常にシンプルです。

 

moppy-jal

 

  1. moppy・ハピタスのページへアクセス
  2. マイページからポイント交換ページへ
  3. 交換先に「JAL」を選択
    ※JAL未会員の方は「こちら」から会員になっておきましょう!特段こだわりがなければまずは会費無料のJMBカードでOKです!
  4. 2P=1マイルで交換(交換レート50%)
  5. 数週間以内にJALマイル口座に付与

これで完了です…!分かりやすいですよね!

ポイントサイトで貯めたポイントを1/2のレートでJALマイルへ交換、あとは完了したのを確認して特典航空券を発券すれば、晴れてポイントサイト→マイル交換→そして特典航空券が手に入ります!

 

jalmile-tokuten

 

JAL国内線は一番高い路線でも往復で2万マイル(空港使用料別)となっているので、ポイントサイトから1/2で移行できるということは、空港使用料分の細かい必要マイルを含めても約4万ポイントあれば、国内どこでも1往復できるという計算になります。

JALは年間を通して一律レートなので、週末や繁忙期でも同一のレートで発券が可能です(日程によっては激戦なので実際に発券できるかは別問題あり)。

4万ポイントであれば、ポイ活1年目からでも十分貯められるポイント数ですので、まずはここを目指してポイ活をスタートさせてみましょう…!

※補足:moppyやハピタスでは定期的にポイントサイト→JALへの交換レートアップキャンペーンを実施しています。最大70〜80%(1万ポイントが7,000〜8,000JALマイルになる!)内容となっていますので、交換する際にはキャンペーンを実施していないかチェックすることをおすすめします。

 

ANAマイルに交換する

ANA羽田ーロンドンファーストクラス

 

続いてポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルへ交換する方法です。

交換ルートがシンプルだったJALに比べると、ANAはいい還元率で交換しようと思うと複雑なルート設定・条件が必要(難易度高)です。

過去には「ソラチカルート」や、2022年3月までは「TOKYUルート」と呼ばれていた還元率75%(1万ポイント→7,500ANAマイル)の分かりやすい移行ルートがあったのですが、ポイント交換ができない仕様に制度変更となってしまいました…。

今日はTOKYUルート終了後のANAマイルの貯め方をシェアします。

どちらもやや複雑ですが、慣れてきたらぜひチャレンジしてみてください!

  • ニモカルート:還元率70%
  • JQみずほルート:還元率70%

 

ニモカルート(nimoca)

ANAニモカルート nimoca

  1. moppy・ハピタスのページへアクセス
  2. マイページからポイント交換ページへ
  3. 交換先にポイント中継サイト「Gポイント」を選択(交換率100%)
  4. Gポイントからnimocaポイントへ移行(交換率100%※)
  5. nimocaポイントをANAへ移行(交換率70%※)
  6. 1週間程度にANAマイル口座に付与

まず還元率70%の「ニモカルート」です。

これはルート的には非常にシンプルで、moppy・ハピタスなどで貯めたポイントをポイント中継サイト「Gポイント」またはPeXに集めて、nimocaポイントへ移行します。

さらにnimocaポイントからANAマイルへ移行することで交換率70%で移行が可能なルートです!このルートの注意点は2つ。

1つはnimocaポイントを取り扱うためには「ANA VISA nimocaカード」の発行が必要です。いい還元率でポイント→マイルへ交換するため用のクレジットカードとして発行する必要があります。

nimocaカードに今回重要なnimcaポイントを貯めるための情報が記載されていますので発行は必須で、ポイントサイトにはなかなか出ないカードなので「公式サイト」から入会してOKです!

そしてもう一つ、nimocaポイント→ANAマイルへの交換はWEB上で行うことができず、福岡・大分・熊本・宮崎・北海道(函館)にある「交換機」まで出向いて交換する必要があります…。これは大きすぎるデメリット。

せっかくnimocaポイントまで移行しても、最後ANAマイルにするためにはお住まいの近くに交換機がある方か、現地まで直接行ける方のみが使えるルートということになります。なかなか厳しそう…。

 

JQみずほルート

ANA JQみずほルート

 

では、全てWEB上のポイント移行で完結できるルートはないのか…ということで今注目されているのが「JQみずほルート」と呼ばれる移行ルート。

  1. moppy・ハピタスのページへアクセス
  2. マイページからポイント交換ページへ
  3. 交換先にポイント中継サイト「Gポイント」を選択(交換率100%)
  4. GポイントからJRキューポへ移行(交換率100%※)
  5. JRキューポからセゾン永久不滅ポイントへ移行(交換率100%※)
  6. セゾン永久不滅ポイントからANAへ移行(交換率70%)
  7. ANAマイル口座に付与

WEB上で完結できるのは嬉しいけど、かなり複雑です…!笑

JQみずほルートの注意点は2つ。

一つはGポイントからJRキューポへ移行する際に「JQ CARD セゾン」というクレジットカードが必要で、ポイントサイトにはほぼ出てこないので「公式サイト」から作成してOKです!

そして2つ目は、JRキューポからセゾン永久不滅ポイントを経由してANAマイルに移行するためには「みずほマイレージクラブ / ANA」というクレジットカードがさらに必要です。こちらもポイントサイトには出てこないので「公式サイト」から作成でOKです!

なんとJQみずほルートを実現するためには2枚のクレジットカード発行が別途必要という…初心者の方にとって非常に難しい内容になっています。

このように考えると今はJALに比べるとマイル獲得までのルートが難しくなっているANAですので、まずはJALマイルを貯めながらポイ活とマイルを貯めることに慣れつつ、将来的にANAマイルにも挑戦してみるという方針の方が取り組みやすいかもしれません!

もちろん、nimocaの交換機がお近くにある方は比較的スムーズにポイントサイトからANAマイルへ交換できると思いますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね…!

 

ソラシドエアに交換する

ソラシドエアマイル貯め方 ポイントサイト

 

さらに今日はもう一つ!ポイントサイトからソラシドエアのマイルへ交換する方法も解説します。

まずはANA・JALマイルを貯めて慣れてくださいね!と言いたいところですが、ソラシドエアは何が凄いって、今なら非常にお得な料金で航空券を発券することができるんです!

  • JAL:50%(キャンペーンで70〜80%)
  • ANA:70%
  • ソラシド:200%(!)

ANA・JALはポイントサイト→マイルへ交換する際には、キャンペーン使っても70〜80%くらい(1万ポイント→7,000〜8,000マイル)が限界なのに対して、ソラシドエアは200%!

ポイントサイトの1万ポイントが2万ソラシドマイルになってしまうんです…規格外に凄くて、ちょっと意味わからないレベルです笑。

 

ソラシドエアマイル

 

例えば東京ー沖縄の往復特典航空券はシーズンにもよりますが、通常期で往復13,000マイル

ポイントサイトから移行する場合には200%還元なので、この半分のポイント数でOKということになり、必要なのは6,500ポイント。

なんとポイントサイトのポイントがわずか6,500円分のポイントあるだけで、東京ー沖縄を往復できてしまうんです…。仮に年末年始などのハイシーズンだったとしても往復15,000マイルなので7,500ポイント。

これはお得すぎるので内緒にしてください笑。

 

solaseed air

 

  1. moppy・ハピタスのページへアクセス
  2. マイページからポイント交換ページへ
  3. 交換先にポイント中継サイト「Gポイント」を選択(交換率100%)
  4. GポイントからVポイントへ移行(交換率100%)
  5. Vポイントからソラシドエアへ移行(交換率200%※)
  6. 数日以内にソラシドマイル口座に付与

moppy・ハピタスなどポイントサイトのポイントをソラシドエアのマイルに交換する際の注意点は3つ。

一つはポイントサイトから直接交換することができないのでポイント中継サイトの「Gポイント」へ一度移行する必要があるということ。

そして就航路線を必ず確認してから貯め始めるということ。ANA・JALのように様々な空港に路線を持っているわけではないので、実際に使い道があるのか、居住地にもよると思いますので必ず確認してから貯めましょう!

 

東京(羽田)-宮崎 6往復  12便/日
東京(羽田)-熊本 5往復  10便/日
東京(羽田)-長崎 4往復  8便/日
東京(羽田)-鹿児島 4往復  8便/日
東京(羽田)-大分 4往復  8便/日
東京(羽田)-沖縄(那覇) 3往復  6便/日
沖縄(那覇)-宮崎 1往復  2便/日
沖縄(那覇)-鹿児島 2往復  4便/日
沖縄(那覇)-神戸 3往復  6便/日
沖縄(那覇)-名古屋(中部) 1往復  2便/日
沖縄(那覇)-石垣 3往復  6便/日
沖縄(那覇)-福岡 1往復  2便/日
名古屋(中部)-宮崎 1往復  2便/日
名古屋(中部)-鹿児島 1往復  2便/日

 

そして最後に重要な点として、Vポイントからソラシドエアマイルへ交換するためには、ソラシドエアが発行するクレジットカード「ソラシドエアカード」を保有する必要があります。

ソラシドエアカードを保有していないとVポイント→ソラシドエアマイルへ交換するすることができませんので入会は必須です。

 

ソラシドエアカード

 

ソラシドエアカードには2種類あり、一般カードとゴールドカードがありますが移行する際には一般カードで問題ありません。

年会費1,375円がかかりますが、初年度は無料になりますのでソラシドマイルを貯めたい方は今すぐ発行しましょう。もちろん僕もすぐ発行しました。

ソラシドエアカード発行もポイントサイトを経由したいのですが、ほぼポイントサイトには登場しないので入会するタイミングでポイントサイトに出てなかったら無理に待つ必要はありません(ポイントサイトに出たとしても1,000ポイント程度なので時間を優先した方が吉です)。

正直ここまでお得なのはいつまで続くかな…という感じなので、もし利用したいという方はいち早くポイントサイトのポイントを貯めて、ポイント移行して、クレジットカードを発行してソラシドマイルを貯めましょう!

僕もこの特典航空券が出てきてから、東京から沖縄、九州へ行く際にかなり多用しています。お得で便利すぎます、おすすめ!!

 

ANAマイル or JALマイルどちらがおすすめ?

羽田空港のJALサクララウンジ

 

続いて、悩ましい問題で非常に多い質問としてANAマイルとJALマイルではどちらがオススメなのか?というテーマについても、少し解説したいと思います。

これには「貯めやすさ」「使いやすさ」など様々な要素が絡んでくるのと、お住いの地域によって近くの空港で使いやすいマイルも変わってくるので一概には言えないのですが…

個人的には2022年以降は「JALマイルから貯めるのがオススメ」かなと思います。

理由は…

  • ANAより簡単な移行ルートで貯められる

やはり最初は簡単に始められるという点で、JALから始めた方がシンプルにポイントサイト→マイルへ移行できて取り組みやすいと思います。

ANAは以前は交換ルート的にも貯めやすかったのですがルートが閉鎖となってしまって、初心者の方にとっては貯めづらい内容となっている現状です。

 

マイルは提携航空会社の特典航空券にも可能

シンガポール航空A380搭乗記

 

ちなみにANAマイルやJALマイルは貯めた後に自社運行便だけでなく、提携する航空会社の特典航空券にも交換をすることができます。

 

  • ANA 主な提携先:ルフトハンザ航空、ユナイテッド航空、シンガポール航空、タイ国際航空などスターアライアンス加盟航空会社が中心
  • JAL 主な提携先:ブリティッシュエアウェイズ、アメリカン航空、キャセイパシフィック航空などワンワールド加盟航空会社が中心

 

例えばANAマイルを貯めればシンガポール航空やタイ国際航空のビジネスクラス特典航空券を発券できたり、JALだったらブリティッシュエアの航空券がGETできたりします。

 

ANAファーストクラス特典航空券おすすめルート

 

上記は具体的にルートを組んでみたプランですが、ANA、シンガポール航空、タイ国際航空、エバー航空、アシアナ航空など主にスターアライアンスに加盟する提携航空会社の特典航空券を1つの予約でまとめて予約できたりします。

この時は1度にファーストクラスに4路線乗れて18万マイルで最高の体験ができました。

 

ANA羽田ーロンドンファーストクラス

ANA羽田ーロンドンファーストクラス

タイ国際航空ファーストクラス

 

宜しければファーストクラスの搭乗記などもチェックしてみてください。マイルを貯めるモチベーションは獲得できるには最適な内容かと思います笑。

 

 

基本的には所属するアライアンス(航空連合)に加盟している航空会社をベースにそれぞれ考えられるので、現在の状況であればスターアライアンスの方が加盟している航空会社が多いのでANAマイルで特典航空券を発券する方が選択肢は豊富となる可能性が高くなっています。

 

  • スターアライアンス:ANA(全日本空輸)、アビアンカ航空、アシアナ航空、エア・カナダ、エーゲ航空、エバー航空、エジプト航空、、エア・インディア、エチオピア航空、オーストリア航空、クロアチア航空、コパ航空、シンガポール航空、スカンジナビア航空、スイスインターナショナルエアラインズ、タイ国際航空、トルコ航空、ブリュッセル航空、ニュージーランド航空、ユナイテッド航空、ルフトハンザドイツ航空、TAPポルトガル航空、LOTポーランド航空、南アフリカ航空、深圳航空、中国国際航空
  • ワンワールド:JAL(日本航空)、アメリカン航空、イベリア航空、カンタス航空、カタール航空、キャセイパシフィック航空、スリランカ航空、フィンランド航空、フィジー航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、マレーシア航空、ロイヤル・ヨルダン航空、ロイヤル・エアー・モロッコ、S7(エスセブン)航空

 

最終的にANA、JALどちらを貯めるかの判断に100%正しい回答はありませんが、僕個人的にはまずはJALマイルを貯めてみて、慣れてきたらANAのやや複雑な移行ルートにも挑戦するのがオススメかなと思います!

 

 

 




 

 

まとめ

ホノルル空港のANAチェックインカウンター

 

今日は初心者の方向けにマイルの貯め方を解説してきました!

 

  • JALマイル:貯めやすい
  • ANAマイル:やや複雑
  • ソラシドマイル:貯めやすい

 

一般的に広く知られているクレジットカード決済や飛行機に乗って貯める方法では、なかなか貯めることができないということをまず知っていただき、最初の段階では「moppy(モッピー)」と「ハピタス」に登録をしてポイントサイトから貯める方法にチャレンジしてみましょう!

マイルの世界は奥が深くて、慣れてきたら世界中にはたくさんのマイレージプログラムがあります。

ブリティッシュエアウェイズのマイルを貯めると実はJALの特典航空券にできたり、ユナイテッド航空のマイルを貯めるとANAの特典航空券にできたり、アラスカ航空のマイルでキャセイパシフィック航空やJALファーストクラスが取れたりと、さまざまな組み合わせでお得な航空券の発券方法が存在していますので、ぜひ仲間入りお待ちしています…!笑

いきなり国際線ファーストクラスをバンバン飛び回るというのはさすがに難しいと思いますが、国内線や年に数回海外旅行に行くレベルであれば実践すれば十分に達成できる水準です。

質問はTwitterInstagramLINEまでDMいただけたらお返事させていただきます!

ぜひあなたもマイラーデビューして、旅行をさらに身近なものにしていきましょう!それでは!

セール / 格安航空券カテゴリの最新記事