SFC修行/搭乗記

CA183便「北京-羽田」搭乗記。2017年SFC修行ファイナルフライト

2017/12/01

CA183便北京ー羽田行き

色々なことがありながら北京空港での5時間乗り継ぎ/トランジットで、天安門広場を訪れることが出来てテンション高めのHalohaloです、こんにちは。

いよいよ、2017年SFC修行20便目にして50,000PPへのファイナルフライトとなりました。

この搭乗が完了すると、ANAプラチナ会員となり1年越しのスーパーフライヤーズゴールドカード/SFCをゲットして、一生涯に渡ってANA上級会員と同等の資格を有することが出来ます。

しかしゆっくり北京観光を楽しみすぎてしまって、天安門広場から北京空港に戻ると、時刻は定刻の1時間前。北京空港到着から羽田到着までのCA183便搭乗レポートをお届けしたいと思います!

 

スポンサーリンク


 

今回の旅程について

中国国際航空の搭乗口

 

まず初めに今回の搭乗スケジュールをここで確認しましょう。

 

  • CA920便:成田ー上海
  • CA833便:上海ーパリ
  • CA934便:パリー北京
  • CA183便:北京ー羽田

 

この旅程は、当ブログでは何度かお伝えしているサプライスにて予約をした往復4.4万円の格安航空券を活用したSFC修行となっています。

フライトスケジュールや価格・PP単価などを考慮した結果、行きと帰りで中国国内の経由する空港を変えて、東京の発着空港も成田と羽田でアレンジをしてみました。

 

フライト概要

シャルルドゴール空港第一ターミナル

 

当記事でご紹介する今回僕が搭乗したフライト概要は、以下の通りです。

 

  • 日時:2017年11月
  • 出発地時刻:北京/17:20
  • 到着地時刻:羽田/21:30
  • 飛行時間:3時間10分
  • 航空会社:中国国際航空
  • 便名:CA183便

 

いよいよ今回のパリ旅最終便そして2017年SFC修行最終便は、中国国際航空のCA183便に乗って「北京ー羽田」をフライトします。

このフライトで、ANAのプレミアムポイントは50,000PPを超えるのでプラチナステータスを獲得できるファイナルフライトとなりました。

12月に飛行機に搭乗する予定もないので、当便が2017年飛び納めです。

 

CA183便搭乗レポート

観光を終え空港に到着!

北京空港の机場線出口

 

時刻は16:10。

天安門広場と王府井観光を終えて、地下鉄を乗り継いで無事に北京国際空港へ戻ってきました。

パリ便到着時に入国審査を終えて北京空港の到着ロビーに出れたのが14時過ぎだったので、移動+観光コミコミで約2時間で戻って来ることが出来ました。

急ぎ足でしたが王府井の中華街で食べ歩きも出来て、天安門も見れて大満足です。

北京空港に電車にて到着をしたら、案内に従って出発ロビーへと進みます。

 

北京空港の出発ロビー

北京国際空港の出発ロビー

 

電光掲示板で搭乗口を確認したところ、「E04番」だったので頭上の案内に従って自動改札を通過して(恐らくゲートが間違っているとここで入れない)、先へと進んでいきましょう。

 

モノレールで国際線ターミナルへ移動

北京国際空港のピープルムーバー

 

パリからの到着時と同じく、モノレール(People Mover/ピープルムーバー)に乗って国際線ターミナルへと向かいます。

この際、国内線のターミナル駅にも停車をするので間違えて降りてしまわないように注意しましょう。

一定の人が国内線ターミナルで降りますので、自分の搭乗口の番号をよくみて、流れに身を任せ過ぎたら痛い目みます。特に今回のように急いでいるときにはなおさらです。

国際線ターミナルに到着したときには、時刻は16:30でした。

 

北京空港の手荷物検査場に注意!

CA183便搭乗券

 

国際線ターミナルに到着をすると、入国審査が待っていました。

ふと搭乗券に目をやると、「出発時刻の15分前にゲート閉鎖」の文字があったので、僕のフライトタイムが17:20であることを考慮すると残り時間は30分。

パリ便到着時のように、めちゃめちゃ混んでいるようだったら係員に声をかけようと思っていたんですが、幸いにも全然混んでいなかったので、ここはすんなりパス。一安心しました。

続いて待っているのが手荷物検査です。ここが大変でした!!!

列自体は全然並んでいないのですが、係員がずっと話ばかりしていて全くやる気ない&進みが超遅かったので、あれよあれよと時間がどんどん経過していきます。

しまいには、「俺、17時までだから交代!」と係員の交代のために5分以上待たされるという・・・・。いや、そもそも17時にまだなってないし、すっごい並んでいるのに良くそんなことできるなと思いました。ひどすぎるぜ。

あまりのひどさに、僕の後ろに並んでいた外国人は怒って文句を言いだしました。そしたらなんと!謝るどころかニラまれてました泣。

そんな状況が続いて列がかなり長くなっているのを見兼ねて、途中からもう一つのゲートも開けたのですが時すでに遅し。自分の番が回ってきたのは16:50でした。(並び始めたときに7〜8人しか並んでないのに何でそんなにかかるんだ!怒)

搭乗券に記載の搭乗締め切り時刻まで、残り10分です。初めて訪れる空港なので、ここからどのぐらいの時間がかかるのか全く想像が出来なくて、不安になってきました。

幸か不幸か途中からオープンしたレーンは、すいすい進んでいたので人によって当たり外れがあるのだと思います。

 

手荷物検査をスムーズに通過するコツ

中国国内の空港の手荷物検査は、他国に比べて厳しいと有名です。

パリ到着時には大丈夫だったのですが、こういう時間のない時に限って「液体物がカバンに入ってるから全部出して」と言われ手荷物検査で引っかかります。

これに関しては、カバンの中に入っていた僕が悪いんですが、同じ荷物で今までのX線検査では言われなかったのに、ここでは厳しく突っ込まれてしまいました。

ここに関しても当たり外れが多少あるのかもしれません。

 

北京空港の制限エリア

 

やっと手荷物検査を通過して、制限エリアに到着した時刻は「16:57」でした。定刻のゲート締め切り時刻まで残り3分です!!

 

北京空港の免税店

 

E04搭乗口の場所について

制限エリア内は免税店などがたくさんあって、見たかったのですが、残り数分しかないのでここは急ぎ足で搭乗口「E04」を目指します。

 

北京空港ca183便の搭乗口

 

悪いことというのは続くものです。

写真からもお分かりの通り、今回の搭乗口であるE04は、広い北京空港の奥から数えて4番目、歩くエスカレーターをずっとずっと渡った先でした。

結局、E04搭乗口に着いた時刻は電光掲示板の表示で17時05分となっていました。

不幸中の幸いとしては、今回はターミナルに直結する搭乗口で”沖止め”でなかったということです。

2便目でもお伝えしましたが、沖止めになるとバスで飛行機まで向かわなければいけないので、早めに搭乗口がクローズになってしまいます。

今回は、ターミナル直結だったので時間は過ぎていましたが待っていてくれました。

 

CA183便の機内の様子

CA183便北京ー羽田行き

 

無事に、ギリギリのタイミングでCA183便に搭乗をすることが出来ました。

僕は窓際の座席を指定&発券していたのですが、なぜかそこには既に中国人のおばさまが座っていて、気持ち良さそうに寝ていました。

僕は間に合うか、間に合わないかで心身ともに疲れていたので、起こす元気も出ず、別に絶対嫌な訳ではないのでそのまま同じ列の通路側の席に着席をしました。

着席をした頃、機内アナウンスが流れました。

「あと9名の乗客をお待ちします。」

後々聞いて見るとみんな僕と同じような境遇で、保安検査にハマっていたのです。最後にもう一度言いますが、ちゃんとやってほしい!!!!

結局ドアクローズしたのは、定刻から30分経った17:50でした。とりあえず、色々なことがありましたが無事に乗れて良かったです。

 

CA183便の機内食

北京ー羽田の3時間のフライトといえど、国際線ですので限られた時間を使って機内食が提供されます。

この日はPork or Fishの選択でした。

 

中国国際航空183便北京ー羽田の機内食

 

僕は「Pork」を選択。

Pork入り中華丼のテイストで味はこれまでの機内食の中で一番良かったと思います。

今回の旅ではこのフライトが最後ですし、この便が無事に到着をすれば晴れてSFCを取得することができるのでお疲れ様という意味も込めて、ここは「青島ビール」で乾杯。

 

青島ビール

 

お酒が進んで、いい感じに酔っ払ってしまいました。お酒も入ると眠くなりうとうと・・・。パッと目が覚めた頃には羽田空港へのファイナルアプローチとなっていました。

3時間のフライトなので、あっという間に到着です。

 

無事に羽田空港へ到着!

羽田空港の到着口

 

定刻から遅れること約30分、ついに今回の旅の最終地点である羽田空港へ到着をしました。

羽田空港到着後は、時間がかかることはありません。

入国審査の列が長くなっていましたが以前、シドニー便の時に自動で出入国できるようにパスポートを登録しておいたので、自動化ゲートは待ち時間はゼロです。

今のところ自動化ゲートで並んだことはないので、超おすすめです。基本的に待ち時間ゼロです。

自動化登録をしても、普通に審査官の方でスタンプを押してもらって通過することも出来ますので、混んでいれば自動化ゲートを利用するというように、効率的に出入国審査を行うことが出来ます。

ご興味ある方は、パスポートの自動出入国登録の様子はこちらをどうぞ!

 

 

また、荷物も全部持ち込みなのでターンテーブルで待つ必要もありません。

ここまで来るとパリや北京ではたくさん歩いたので、さすがにドッと疲れを感じました。そんな疲れを癒してくれるかのように羽田空港の到着ロビーには、仕事を終えた婚約者の彼女が待っていてくれました。

久しぶりの再会です。

今回のフライトは、パリのチェックイン時にANAカードを提示したのにも関わらず、ANA番号が登録されていませんでした。

会社のルールがよく分かっている彼女のサポートを受けて、登録できていないANA番号を登録しようとカウンターへ行きましたが、やはり既に搭乗したフライトに関しては登録不可

事後申請をしてくださいということでした。(付与まで3週間掛かります)

下記記事でご紹介したように、チェックイン時に搭乗券を確認してANA番号の登録をしっかり確認しましょう!

 

 

何はともあれ2泊5日の弾丸パリツアー、これにて完結!!!!最後までお付き合いありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク


 

 

搭乗実績について

それではここからは今回のフライトにおける獲得マイルなどの情報です。

獲得することが出来たマイル数やプレミアムポイント数などのデータは以下の通りです。

 

  • 獲得マイル数:656
  • 獲得PP数:656

 

中国国際航空はスターアライアンスに加盟しているので、運賃種別(予約クラス)に応じてANAマイルを積算することができます。

今回は「運賃種別:S」で購入したので、50%の比率でANAマイルとして積算されます。

 

中国国際航空のANAマイル積算率

 

出発地 到着地 価格 マイル数 PP PP単価
成田 上海
44,900
555 555
6.78
上海 パリ 2,873 2,873
パリ 北京 2,543 2,543
北京 羽田 656 656
6,627 6,627

 

マイルとプレミアムポイント数と同時にSFC修行の一貫として、今回はパリを訪問するので気にしなければならないのが「PP単価」です。

成田ーパリー羽田の往復4.4万円で、6,627プレミアムポイント/PPを貯めることができるのでPP単価は6.78となり、パリへのSFC修行という新たな選択肢としては十分すぎる結果となりました。

 

 

スポンサーリンク


 

 

終わりに。

パリのおすすめ土産

 

CA183便「北京ー羽田」搭乗記をお伝えしてきました。たくさんのお土産とともに帰国することが出来ました。

当便をもって、2017年SFC修行20便目にして50,000PPへのファイナルフライトとなりました。2016年の夏から準備をして、1年かけてようやく解脱することが出来ました。

本文中でもお伝えしましたが、北京空港の手荷物検査場には注意が必要です。当たり外れがあり、今回はすごく時間がかかりました

乗り継ぎと観光の時間を考えると仕方がなかったですが、できることなら1.5時間前くらいには空港に到着をして行くと免税店などにも寄れて余裕が出てきそうです。

ぜひこれから訪れる方の参考になったら嬉しいです!

 

搭乗記リンク

今回の旅における搭乗記は以下の通りです。それぞれクリックで各ページに飛ぶことができます。リンクが設定されていないものについては順次公開予定です。

 

  1. 初めての大崎ー成田空港シャトルバス体験記
  2. CA920便「成田ー上海」搭乗記。機内はスマホがNG?
  3. 上海空港にて2時間乗継。沖止めの搭乗時間に注意!
  4. CA833便「上海ーパリ」搭乗記。インボラを初体験!
  5. 空港からパリ市内中心部へのおすすめアクセス方法はこれ!
  6. パリ滞在1日目〜午前〜 有名ブランド本店巡り
  7. パリ滞在1日目〜午後〜 エッフェル塔とオペラ座へ
  8. パリ滞在2日目〜前半〜 第一日曜日は観光地が無料!?
  9. パリ滞在2日目〜後半〜シャンゼリゼ通り歩行者天国体験
  10. パリ滞在3日目 ルーブル美術館とお土産探しの旅
  11. CA934便「パリー北京」搭乗記。ANAマイルが積算されない!?
  12. 北京5時間乗り継ぎ/トランジット観光!いざ天安門へ
  13. CA183便「北京ー羽田」搭乗記。ファイナルフライト(当記事)
  14. 2泊3日パリ旅のまとめ

 

中国国際航空に関するリンクはこちらをご覧ください。

 

-SFC修行/搭乗記