▼当ブログへ初めてお越しの方必見▼ 

SPG AMEX入会は今!4.5万ポイント!

今ならANA AMEXで9万マイル獲得可能!

JAL航空券をお得に手に入れる方法まとめ!

ANA・JAL航空券を実質無料で購入する方法

年間20万マイルの貯め方!王道ルート公開中

一発でマリオット/Ritzの上級会員になる方法

 

航空会社/空港情報

【正直オススメできない】デルタ航空スカイマイルの貯め方まとめ!ワンスイートに使おう!

2019/04/14

デルタ航空・ワンスイート

デルタ航空スカイマイルの貯め方!世界NO.1ビジネスクラスの呼び声高いデルタワンスイート特典航空券にも使える!

1日5,000便近くのフライトを運航していて、旅客運送数世界第2位の大手航空会社「デルタ航空」

そんなデルタ航空のスカイマイルを貯めると、扉付き完全個室型ビジネスクラスとして大注目を浴びている「デルタ・ワンスイート」などの特典航空券がゲットできます。

デルタ・ワンスイートの往復運賃はなんと100万を超える路線も・・・。マイルを貯めればそんなデルタ航空のワンスイートも体験できます。

ただいきなり夢を壊すようですが・・・・デルタ航空のマイルを貯め始めることはオススメできません。何と言っても貯めづらい!

爆発的に貯める方法が少なく、コツコツ貯めるような貯め方が多めです。

苦難を乗り越えると最新ビジネスクラス「デルタ・ワンスイート」が体験できますので、ぜひ今日からデルタ航空のマイルを貯めて世界トップクラスのビジネスクラスを体験しましょう!

 

スポンサーリンク


 

デルタ航空とは

 

デルタ航空はアメリカ・アトランタに本社を置くアメリカの航空会社で、世界最大規模の航空会社です。

戦前の1921年から就航を開始し、現在は350を超える都市を結んでおりアメリカ経済の移動手段として支えています。

戦前から存続するという歴史は現存するアメリカの航空会社の中では最も長い年数で、日本に就航している都市は以下の通りです。

 

  • 東京(成田・羽田)
  • 大阪(関西)
  • 名古屋(中部)
  • 福岡

 

日本では成田空港がデルタの1つのハブ空港として機能しており、加盟アライアンスはエールフランスや大韓航空、チャイナエアラインなどと同じ「スカイチーム」です。

 

デルタ航空のデルタ・ワンスイートに乗りたい!

デルタ航空・ワンスイート

 

デルタ航空のマイルを貯めよう!こう思うようになったのには理由があります。

デルタ航空のデルタ・ワンスイート」に乗りたい!!!!!

これに尽きます。

 

デルタ航空ワンスイート

デルタ航空ワンスイート

 

デルタ・ワンスイートは、スライド扉付き完全個室型のビジネスクラスでファーストクラスと比較しても遜色ないレベル・・・!

A350-900導入に合わせて導入されたビジネスクラスデルタ・ワンスイートは、写真を見る限りこれでビジネスクラスというのが信じられないです。

1-2-1のスタッガードタイプは一般的ですが、スライド式の扉をビジネスクラスを発表したのはデルタ航空が世界で初めて(今はカタール航空Qスイートにも導入されています)。

デルタ・ワンスイートは2017年10月から「デトロイトー成田路線」で世界で初めて導入され、今後東京ーミネアポリス、アトランタ、シアトル、ロサンゼルスなどにも導入が決定しています!!

もうこれは今のうちにデルタ航空のマイルを貯めておくしかないですね。

 

 

ANA VISAカード
 

 

デルタ航空マイルの貯め方一覧

そんなデルタ航空のマイルはどのようにすれば貯めることができるのでしょうか。

 

片道 往復
エコノミー 35,000 70,000
ビジネス 70,000 140,000
ファースト/スイート 設定なし

 

上記表はデルタ航空のマイルを使って、デルタ航空運航便「東京ーデトロイト(北米)」の特典航空券を取得した場合の必要マイル数です(空席状況によって必要マイル数が変動するのであくまで参考数です)。

 

デルタ航空必要マイル数

 

見てみると僕が乗りたいデルタワンスイートは東京からデトロイトを往復した場合、14万マイルで取得が可能となっています。

14万マイルと言えば・・・航空会社は違えど僕が実際に予約したANAマイルを使ってファーストクラスに4回乗れる特典航空券に迫る勢いですので、必要マイル的にもファーストクラスに匹敵する値です。

 

 

参考までにANAがホノルル路線に導入するA380ファーストクラスの特典航空券を予約した際には、往復12万マイルでした。

 

 

デルタ航空のマイルをこれだけで大量に貯めるのは初めてのことになります。

そこでデルタ航空のマイルの貯め方には、どのようなものがあるのか調べてみました。

 

 

 

 

①スカイチーム搭乗で貯める

スカイチーム加盟航空会社

 

まず一つ目は、スカイチームに加盟する航空会社の飛行機に搭乗する際にデルタ航空のマイルを積算する方法です。

日本在住の方の多くはANAマイルやJALマイルをメインに貯めているので、海外に行く際などに今まで乗ったことがない航空会社に乗るときにANAマイルが貯めると知れば、ANAカードをチェックインカウンターで差し出してANAマイルを積算してもらうと思います。

 

 

同じ要領でデルタ航空と同じスカイチームに加盟するアエロフロート・エアフランス・チャイナエアライン・ガルーダインドネシア 航空などに搭乗する際に、デルタ航空の会員番号を伝えればデルタ航空マイルを積算することが可能です。

こちらはイメージしやすいかと思います。

※国際線特典航空券を利用する場合にはマイルを積算することができません。積算できるのはあくまでもお金を支払って航空券を購入した場合に限ります。

特典航空券でも国内線であれば例外的に、下記デルタ航空マイルなら積算することが可能です。

 

 

 

 

 

②デルタニッポン500マイルキャンペーンで貯める

デルタ航空ニッポン500マイルキャンペーン

 

「デルタ航空ニッポン500ボーナスマイル・キャンペーン」は、ANAやJAL、バニラエア、ピーチなどのLCCを含む全ての国内線に搭乗した際の半券を申請フォームと一緒に送ることで500スカイマイルが獲得できるという大変お得な謎キャンペーンです!笑

ANA SFC修行JAL JGC修行に搭乗したフライトの積算も可能なので、搭乗券を捨てずに持っておいて、ついでに申請することでデルタ航空に乗らずしてスカイマイルを貯めることが出来るので、陸マイラーに最適なキャンペーン!

 

ANAラウンジ

 

例えセールで獲得した1,000円の路線であったとしても、マイルを使った特典航空券であっても500マイルがもらえます!

もちろん、当サイトおすすめの航空券を実質無料にする方法でゲットした航空券であっても、国内線であればデルタマイルが貯まりますので必見です!

デルタ航空ニッポン500マイルキャンペーンの詳細は、下記記事が詳しいです。

 

 

 

年間獲得上限は年間20,000マイル

成田空港のデルタスカイクラブラウンジ

 

デルタ航空ニッポン500マイルキャンペーンは、年間の獲得マイル数に上限が設定されています。

 

  • 一般会員:5,000マイル
  • メダリオン会員:20,000マイル

 

無料の会員登録をして、デルタ航空の飛行機にほとんど乗ったことがない方は「一般会員」となりますので年間5,000マイル(10フライト分)が上限となります。

飛行機にたくさん乗って上級会員のステータス(メダリオン会員)を得ると、一気に最大値が引き上がって年間20,000マイル(40フライト分)まで獲得可能となっていますので、有効活用していきましょう。

 

 

③クレジットカードで貯める

続いては、クレジットカードを活用してデルタ航空のマイルを貯める方法です。

 

デルタアメックスゴールドカード

デルタアメックスゴールドカード

 

デルタ航空のマイルを貯めたい!という方は、デルタ航空とアメリカンエキスプレスカードが提携して発行しているクレジットカードデルタアメックスゴールドカード(DELTA AMEX GOLD)がおすすめ。

十分に年会費を上回るメリットや特典が用意されているため、陸マイラーの方必見のクレジットカードです。

 

  • 入会:8,000マイル
  • 毎年継続:3,000マイル
  • 入会後カード利用でボーナス:最大10,000マイル
  • 利用で得られるマイル:4,000マイル
  • 入会後航空券購入+利用でボーナス:最大25,000マイル

 

入会で8,000マイル+毎年継続するたびに3,000ボーナスマイル付与をはじめ、カード発行後の航空券購入+初回搭乗ボーナスで最大25,000マイルなど今なら最大で47,000マイルがもらえる入会キャンペーン開催中です!

 

 

そしてデルタアメックスゴールドカード特典の一番の目玉は、デルタ航空の上級会員資格「ゴールドメダリオン」+スカイチームアライアンス上級会員資格が自動付与される点にあります。

カードを発行するだけでデルタ航空の上級会員になれてしまう超優良カードです!ANAやJALでは当然このようなカードは存在しないので、非常にお得!

 

デルタアメックスゴールド

 

さらにステータスマッチを行うと90日間限定ですがユナイテッド航空のプレミアゴールドも獲得可能なので、旅行中にANAラウンジをはじめとする航空会社ラウンジの利用を可能です!

 

 

成田空港では、デルタ航空の自社ラウンジを利用することが可能でした。

 

 

カードに入会するだけで航空会社の上級会員の資格が付与されるのは非常に価値が高いです。フライト時には上級会員としてラウンジなどを利用しましょう!

さらなるカードの詳細は「デルタアメックスゴールドカードのメリット・デメリットまとめ」からどうぞ。

 

 

 

 

SPGアメックスカード

spgアメックス

 

SPGアメックス(スターウッド・プリファード・ゲスト・アメリカン・エキスプレス・カード)は、シェラトンやウェスティンホテルといった有名ホテルを抱えている、SPGグループが2001年から発行するクレジットカードです(日本上陸は2013年)。

発行するだけで(宿泊しなくても)、同じグループのマリオットやリッツ・カールトンといった名だたる高級ホテルの上級会員になることができるお得なカードとして知られていますが、ポイントをマイル移行もすることが可能です。

 

spgアメックスステータスマッチ

 

100円決済につき3ポイントがもらえて、3ポイントは1マイルに交換できますので「100円→3ポイント→1マイル」の図式で還元率は1%です。

さらに、SPGアメックスは60,000ポイントをまとめてマイルに移行すると5,000マイルがボーナスでもらえる仕様になっており、通常60,000ポイントをマイルに変えると20,000マイルのところ、5,000マイルが上乗せされて25,000マイルになります!!

還元率は1.25%!!デルタ航空にポイントを交換するレートとしては、一番高いです。

 

 

さらに、SPGアメックス本来のホテル特典も利用できる上、ステータスマッチをすることでヒルトングループの上級会員にもなることも可能にします。

 

 

リッツカールトン京都

マリオット山中湖の温泉付きプレミアムルーム

 

特典としてお部屋の無料アップグレードが可能になったり(先日宿泊したホテルではスイートへアップグレード!)、レイトチェックアウトが利用できるようになったりと、高ランクのホテルに宿泊をお考えの方にとってはメリットが大きいカード!

継続2年目からは無料宿泊券ももらえるので、年会費相殺も可能です。

そんなSPGアメックスにお得に入会する方法、さらなるカードの詳細は「SPGアメックスを全解説!」をどうぞ。

 

 

 

 

 

スカイトラベラーカード

スカイトラベラーカード スカイトラベラーカード

 

最後にご紹介するクレジットカードは、アメリカンエキスプレスが発行している「スカイトラベラーカード」です。

スカイトラベラーカードは、クレジットカードでデルタ航空を含む提携27社の航空券を購入する機会が多い方におすすめです。

通常100円=1マイルの還元率1%が一般的ですが・・・

 

  • スカイトラベラーカード:100円=3マイル
  • スカイトラベラープレミアカード:100円=5マイル

 

航空券を購入する場合に限りスカイトラベラーカードは100円で3マイル、プレミアカードは100円で5マイルが貯まります。

クレジットカードで航空券を購入する機会が多い方は、圧倒的にデルタ航空のマイルが貯まりやすくなりますので入会を検討してみましょう。

入会は下記ボタンからの入会が一番お得です。

※特にクレジットカードで航空券を購入する機会が多くない方はこちらの選択肢は除外で大丈夫です。

 

 

④クレジットカードポイント移行で貯める

amextop

 

デルタ航空のマイルを貯めるためにおすすめのクレジットカードを数種類ご紹介しましたが、その他のクレジットカードについてもカード利用で貯まるポイントをデルタ航空のマイルに移行できるものがあります。

おすすめは「アメリカンエキスプレス」です。

1,250ポイント=1,000マイルに移行することができるので還元率は80%(0.8%)となり1%は割ってしまいますが、決して低い数字ではありません。十分オススメできるレベルです。

 

 

アメックスグリーンカードやアメックスゴールドカードは、初年度年会費無料で保有も可能なので、アメックスのポイントが多めに余っている方はぜひ検討してみましょう。

ちなみに・・・アメックスポイントを利用するとブリティッシュエアウェイズのマイルなども貯めることが可能で、僕も貯め始めています。

 

 

⑤ポイント購入・バイマイルで貯める

デルタスカイプライオリティ

 

今やポイントやマイルの貯め方は多様化しており、ポイントを購入することができたり、マイルを直接購入できる「バイマイル」という制度があることをご存知でしょうか?

デルタ航空も特典航空券を発券したいのだけれどマイルが足りない!という時に、以下のサイトでバイマイル(マイルを購入すること)が可能です。

 

 

デルタ航空公式サイトでマイルを購入する

デルタ航空のスカイプライオリティ

 

デルタ航空公式サイトでは、公式にマイルの販売を行っています。

2,000マイルから最大60,000マイルまで購入可能となっており、それぞれのマイル数の価格は以下の通りです。

 

マイル 料金
2,000 70.00ドル
4,000 140.00ドル
6,000 210.00ドル
8,000 280.00ドル
10,000 350.00ドル
12,000 420.00ドル
14,000 490.00ドル
16,000 560.00ドル
18,000 630.00ドル
20,000 700.00ドル
22,000 770.00ドル
24,000 840.00ドル
26,000 910.00ドル
28,000 980.00ドル
30,000 1,050.00ドル
32,000 1,120.00ドル
34,000 1,190.00ドル
36,000 1,260.00ドル
38,000 1,330.00ドル
40,000 1,400.00ドル
42,000 1,470.00ドル
44,000 1,540.00ドル
46,000 1,610.00ドル
48,000 1,680.00ドル
50,000 1,750.00ドル
52,000 1,820.00ドル
54,000 1,890.00ドル
56,000 1,960.00ドル
58,000 2,030.00ドル
60,000 2,100.00ドル

 

最大数60,000マイルを購入した場合には、2,100米ドル(約23万円)となりますので、コスパは悪めです。

マイルを購入したい方は、次にご紹介する「BUY AIRLINE MILES」の方がオススメ。

 

 

 

 

BUY AIRLINE MILESで購入する

デルタ航空バイマイル

 

アメリカのサイトになるので全て英語になりますが「BUY AIRLINE MILES」というサイトでもデルタ航空マイルを購入することが可能です。

公式サイトよりも安い金額でマイルを購入することが可能で、日本でも数多くの方が購入されている実績あるサービスです。

 

Miles Range Price
1,000 to 9,000 2.3¢
10,000 to 24,000 2.1¢
25,000 to 49,000
50,000 to 99,000 1.9¢
100,000++ 1.8¢
300,000++ Please email us for a quote

 

例えば東京ー北米デルタ・ワンスイート特典航空券に必要な最低マイルは片道70,000マイルなので・・・1,330米ドル(約14.6万円)で購入することが可能です。

 

デルタ航空バイマイル

 

路線やシーズンにもよりますが、デルタ・ワンスイートの価格は片道50万円を超える時にもザラにありますので、自分が購入したい日の価格を調べてマイルを購入した方が安いのか、通常購入した方が安いのか判断しましょう。

尚、その際通常購入した場合にはマイルが積算されるので、ほぼ同価格だったら通常購入した方がお得です。

 

マリオットポイントを購入する方法

マリオットポイント

 

その他にもマリオットポイントを購入して、デルタ航空マイルに移行する方法もあります。ただしオススメはできません。

マリオットポイントは年間50,000ポイントまで、1,000ポイント=12.5米ドルのレートで購入可能なので最大625ドル(約6.7万円)です。

2年間に跨いで60,000マリオットポイントを購入してデルタ航空マイルに交換しても、25,000マイルにしかならないので、コスパ悪め。

SPG・マリオットのプログラムが統合」される前は、SPGポイントが○%セールということを1年間に何度か行っていたのでポイント購入もおすすめだったのですが、近頃は割引セールを行う告知がないので今のところはそこまでオススメできません。

 

⑥ポイントサイトで貯める

モッピーtopページ

 

最後にご紹介するデルタ航空マイルを貯める方法は「ポイントサイト」を活用する方法です。

結論から申し上げて、ポイントサイト→デルタ航空マイルへの還元率が0.1〜0.3%と非常に悪いのでオススメできません

 

デルタ航空マイルとポイントサイト

 

  • Gポイント:300ポイント→50マイル(0.2%)
  • Pex:4,000ポイント→90マイル(0.2%)

 

ポイントサイトからデルタマイルへの交換率はGポイント300ポイントが50マイル、PeXは400円相当ポイント(4,000P)が90マイルとなので、どちらも還元率は0.2%台で超低空飛行です。

ポイントサイトでデルタ航空のマイルを貯めるのはやめましょう。ポイントサイトを活用して有効にマイルが貯められるのはANA(0.81%)・JAL(0.8%)・シンガポール航空(0.6%)などが代表格です。

 

 

ポイントサイトを活用して飛行機に乗らずに大量のマイルを貯めている方々を「陸マイラー」といい、僕も実際にANAマイルを毎月最低でも18,000マイル(年間21.6万マイル)を獲得しています。

ポイントサイトを活用したマイルを貯める方法は下記記事も合わせてどうぞ。

 

 

ポイントサイトとは与えられた条件(クレジットカード発行・ショッピングなど)をクリアすることでポイントがもらえ、その貯まったポイントはマイルなどに交換することが可能です。

近頃は、年間数十万〜数百万マイル貯めました!というようなブログ記事をご覧になる事があるかと思いますが、そのような方々はほぼ100%に近い確率でこちらの方法を活用しています。

2019年現在ANAやJALの航空マイルを大量に貯める王道ルートは飛行機に乗ることではなく、クレジットカード決済することでもなく、間違いなく「ポイントサイト」を活用することなのです。

※登録するポイントサイトに迷ったらmoppyポイントタウンハピタスがおすすめ

 

 

 

 

 

デルタ航空マイルを大量に貯めるならクレジットカード!

デルタアメックスゴールドカード

 

様々なマイルの貯め方をご紹介してきましたが、やはり一番のおすすめは「クレジットカード」を活用してマイルを貯める方法です。

「デルタアメックスゴールドカード」は、年会費が2.6万円と高めですが今なら入会キャンペーンで最大4.7万デルタ航空マイルが貯められるので、夢のデルタ・ワンスイート特典航空券がグッと近づきます。

さらに入会するだけでデルタ航空のゴールド会員になれるので「ニッポン500マイルキャンペーン」では、コツコツと年間20,000マイルまで貯められます。

合わせれば1年目から6.7万デルタ航空マイルを獲得することも可能ということになりますね!

ここまで入会キャンペーンを活用できている方であれば、条件達成のためにデルタ航空航空券を購入してビジネスクラスやエコノミークラスに乗っているでしょうから搭乗マイルも貯まり・・・

 

片道 往復
エコノミー 35,000 70,000
ビジネス 70,000 140,000
ファースト/スイート 設定なし

 

いよいよ東京ー北米路線のデルタ・ワンスイート特典航空券が見えてきます。

 

デルタ航空マイルはJTB商品券に交換可能

JTBロゴ

 

年会費の負担を少しでも軽くしたいという方は、デルタ航空マイルをJTB商品券に交換することも可能なので、金券ショップなどで換金すれば95%以上の換金レートで現金化することも可能です。

デルタ航空やスカイチームに加盟する航空会社のエコノミークラスに乗るので、上級会員になって優先チェックインや航空会社ラウンジ、優先搭乗などの恩恵を受けたいという方はこの方法が有効です。

さらにステータスマッチを行うと90日間限定ですがユナイテッド航空のプレミアゴールドも獲得可能なので「ANA SFC修行」をする際に、ANAラウンジを使いたい!という方もこちらの方法で換金化することで年会費の負担をかなり抑えてデルタアメックスゴールドカードを保有可能です。

ぜひお試しあれ。

 

 

 

 

デルタ航空マイルの貯め方まとめ

成田空港のデルタスカイクラブラウンジ

 

今日は、デルタ航空のマイル貯め方を解説してきました。いかがでしたでしょうか?

マイルの貯め方を整理すると・・・

 

  • スカイチーム搭乗で貯める
  • クレジットカードで貯める(最大1.25%)
  • クレジットカードポイント移行で貯める(0.8%)
  • ポイント購入・バイマイルで貯める
  • ポイントサイトで貯める(0.2%)

この辺りの貯め方が広く知られている、デルタ航空マイルの貯め方です。

繰り返しになりますがおすすめNO.1はクレジットカードを活用して貯める方法です。

ボーナス含めて1.25%の高還元率を叩き出している「SPGアメックス」や、最大4.7万マイルが獲得できる「デルタアメックスゴールドカード」、初年度年会費無料で保有できる「アメリカンエキスプレスカード」「アメリカンエキスプレスゴールドカード」をうまく活用していきましょう。

上級編としてはうまく組み合わせて利用できるとさらに効率的にデルタ航空マイルを貯められるようになると思います。

ぜひ自分のポイント残高を見ながら、いい還元率となるルートでデルタ航空マイルを獲得してみましょう!

それでは素敵なデルタ航空ライフを!!

 

 

-航空会社/空港情報