▼当ブログへ初めてお越しの方必見▼ 

SPG AMEXがお得!3.9万ポイント!

ハワイ人気NO.1ツアー体験してみた

今ならANA AMEXで9万マイル獲得可能!

JAL航空券をお得に手に入れる方法まとめ!

ANA・JAL航空券を実質無料で購入する方法

年間20万マイルの貯め方!王道ルート公開中

一発でマリオット/Ritzの上級会員になる方法

 

航空会社/空港情報

【香港NO.1】キャセイパシフィック航空ラウンジ THE PIERをレビュー!JAL上級会員も利用可能

2020/05/19

香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ the pierレビュー

旅の楽しみの一つ「空港ラウンジ」、今日は香港国際空港の「キャセイパシフィック航空ラウンジ「THE PIER(ザ・ピア)」をレビュー!

キャセイパシフィック航空のホームとなる香港国際空港にあって、キャセイパシフィック航空のビジネスクラス利用時やJAL上級会員や、「JALグローバルクラブカード」をお持ちの方も利用することができます!

2016年にリニューアルされたこのラウンジとにかく凄いんです・・・!かなり広いスペースとなっていることはもちろん、バーエリア、ヌードルバー、ティーハウス、シャワーなど設備が超充実。

世界中の空港にあるビジネスクラスラウンジの中でも、常にトップランクの評価を得ているラウンジの一つです。

香港空港にはキャセイパシフィック航空のビジネスクラスラウンジが4つもあるのですが、中でも個人的に一番オススメなのはこの「THE PIER(ザ・ピア)」!

充実のキャセイパシフィック航空ラウンジ、香港で乗り継ぎや出発前のひとときに利用してみてくださいませ!

※現在コロナウイルスの影響でサービスが一部変更になっています。ご注意ください。

 

スポンサーリンク


 

 

香港国際空港のキャセイパシフィック航空ラウンジTHE PIER概要

キャセイパシフィック航空ラウンジ THE PIER

 

まずはじめに、香港国際空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ「THE PIER」概要を見てみましょう。

 

名称 THE PIER
営業時間 05:30-24:30まで
フードコーナー
バーカウンター
シャワー
新聞・雑誌

 

香港国際空港には「THE PIER」「THE WING(ザ・ウイング)」「THE DECK(ザ・デッキ)」「THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)」4つのキャセイパシフィック航空ビジネスクラスラウンジがあり、今回ご紹介するTHE PIERは個人的に一番オススメのラウンジです。

朝05:30〜24:30まで営業しており、ホットミールを含めたフードコーナーに加えて、ヌードルバー、バーカウンターやシャワーも完備していて設備はかなり充実しています。

4つのラウンジは機能的に変わらないので基本的には搭乗口に近いラウンジを利用すればOK、とお伝えしたいところですが香港だけは「THE PIER」または「THE WING」の利用をオススメします。

THE WINGが一番良いという方もいますが、保安検査場を通過した場所から近いのでいつも混雑しているので、ゆっくりするならTHE PIERの方がおすすめ。(保安検査場から遠い場所にあるのはネックですが・・・)

 

利用可能ステータス一覧

JAL

 

香港空港のキャセイパシフィック航空のビジネスクラスラウンジは、以下のステータスを保有している方、搭乗客が利用することができます。

 

  • キャセイパシフィック航空ファーストクラス搭乗客
  • キャセイパシフィック航空ビジネスクラス搭乗客
  • キャセイパシフィック航空の上級会員
  • ワンワールド加盟航空会社ファーストクラス搭乗客
  • ワンワールド加盟航空会社ビジネスクラス搭乗客
  • ワンワールド上級会員(エメラルド・サファイア)

 

キャセイパシフィック航空のファーストクラス・ビジネスクラス、それからJALを含むワンワールド加盟航空会社のファーストクラスやビジネスクラス、上級会員となっている方は利用することができます!

くくりとしてはJAL上級会員に位置付けられていますが、JALクリスタル会員の方はラウンジを無料利用することができませんのでご注意ください。

またJGC修行をするなどしてサファイア以上のステータスを保有している方は、文句なしに利用可能ですので、乗り継ぎに時間がある場合などにラウンジホッピングする場合に利用するのはいいですね!

※ちなみに・・・キャセイパシフィック航空の航空券はアラスカ航空のマイルを使って発券する方法が圧倒的にお得です!詳細は「アラスカ航空のマイルの貯め方・使い方」からどうぞ。

 

 

 

 

実際に訪れてみた様子をレポート!

2020年1月、「キャセイパシフィック航空 成田ー香港ビジネスクラス」搭乗時にTHE PIER(ザ・ピア)を訪れましたので様子をレポートしたいと思います!

キャセイパシフィック航空ラウンジ THE PIERは、制限エリアにあるため手荷物検査&出国審査を終えた後に利用が可能です!!

 

香港乗り継ぎ

香港空港乗り継ぎ

 

今回は東京ー香港経由ーモルディブへの乗り継ぎでしたので、香港に到着したら乗り継ぎゲートから制限エリアへと入りました。

香港空港は乗り継ぎ時の導線が非常にスムーズで、飛行機を降りてからあっという間に制限エリアへ進むことができました。せっかくの乗り継ぎ時間でたっぷりラウンジを満喫したいと思っていたので、助かる!

 

アクセス方法

香港空港マップ

キャセイパシフィック航空ラウンジ THE PIER

 

キャセイパシフィック航空ラウンジ THE PIERは、搭乗口65番付近にあります。

本当にいいラウンジなのでぜひ利用していただきたいのですが、残念ながら保安検査場からは一番遠いキャセイパシフィック航空ラウンジとなっているのが今回ご紹介する THE PIER。

搭乗口が65番に近い場所だった場合には文句なしで利用をおすすめしますが、もし遠い場合には保安検査場に近い場所にある「THE WING」の利用がオススメ!

 

キャセイパシフィック航空ラウンジ THE PIER

 

キャセイパシフィック航空ラウンジ THE PIERは、1つ下のフロアにあります。

今回はビジネスクラス利用でしたのでビジネスクラスラウンジを利用できましたが、ファーストクラスを利用する場合には同じく65番搭乗口付近にある「THE PIER ファーストクラスラウンジ」を利用することができます。

入り口の感じがかなり似ていて間違えやすくなっていますので、ご注意くださいね!

 

キャセイパシフィック航空ラウンジ THE PIER

 

エスカレーターを下るとキャセイパシフィック航空ラウンジ THE PIERのエントランスが見えてきます。

キャセイパシフィック航空はJALと同じワンワールドに加盟しているということで、ワンワールドに加盟する航空会社各社のロゴも掲示されていて、入り口から香港NO.1と言われるラウンジにふさわしい開放的な作りとなっています。

ラウンジ入り口にフロントデスクがありますので、搭乗券とパスポートを提示して入室しましょう。

 

キャセイパシフィック航空ラウンジ THE PIER

 

ラウンジで受付を終えると、搭乗券に「THE PIER」と書かれた再入場用の受付印が押されます。

一旦ラウンジ外に出る場合には、こちらのスタンプを提示すれば詳しい確認不要で入退場が可能です。

香港空港にはキャセイパシフィック航空のビジネスクラスラウンジが4つ用意されていますが、それぞれラウンジ名の入ったスタンプが押されますよ〜!

 

 

ラウンジ内の雰囲気

キャセイパシフィック航空ラウンジ THE PIER

 

キャセイパシフィック航空ラウンジ THE PIERは2016年6月にリニューアルされ、併設されるファーストクラスラウンジと合わせた総面積は約3,300平方メートルという巨大ラウンジ(でもJALの成田空港国際線ラウンジは4,000平方メートルなのでそれよりも巨大だったりします)。

香港のストリートをイメージしたラウンジ内には「フード・ホール」「バー」「ザ・ヌードル・バー」「ティー・ハウス」「シャワールーム」「リラクゼーションルーム」など様々なラウンジ機能が備わっています!

驚くべきはその一つ一つの質の高さ。ヌードルバー、ティーハウスなどもライブキッチン形式でかなり本格的で、そこだけ切り取るとホテルのレストランのような空間に仕上がっています。

いい意味で非日常を感じられる素晴らしい空港ラウンジです。

 

香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ

 

ラウンジは横長の構造になっていて、まず一番入り口近いエリアにあるのが「フード・ホール」と呼ばれるブッフェ料理などが提供されるエリア。

 

香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ

 

続いて、好みを伝えることで壁面にずらっと並んだリキュールを使って、スタッフがアルコールを作成してくれるバーエリア。

 

香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ

 

そして香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ名物と言われる、ヌードルバー。ライブキッチン形式でオーダー式の麺類を楽しめます。

 

香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ

香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ

 

そして空港ラウンジ機能としては非常に珍しく、爽健美茶のCMでお馴染み「ハトムギ・玄米・月見草・・・・」のような様々なブレンド茶をいただける「ティーハウス」。

 

香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ

 

さらに奥へ進むと、シャワールーム・ソファベッドが設置されたリラクゼーションエリアが続いています。

まず始めにざっとラウンジ内を一周してみたのですが、ファーストクラスラウンジと言われても全く遜色ない、様々な機能が整った”楽しい”ラウンジだなという印象を持ちました!これは素晴らしい。

 

香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ

香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ

香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ

 

座席もエリアによってゆったりめのソファ中心だったり、食事をするスペースはテーブルが大きかったり、それぞれのエリアに一番使いやすい形で提供されていて、快適に過ごすことができました!

それぞれのエリアを、もう少し詳しく見てみましょう。

 

 

 

 

食事(フードコーナー)の様子

まずは一番エントランスに近いエリアに設置されたフードホールへ。

ここのエリアが一番空港ラウンジとしてイメージしやすい作りとなっている場所で、ブッフェ料理がディスプレイされているので、好きな料理を取って食事を楽しめます。

基本的には自分で料理を取ることができるようになっていますが、一部エリアはスタッフの方に欲しいものを指差して取ってもらうメニューも用意されています。

 

香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ

香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ

香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ

香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ

香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ

香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ

香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ

香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ

香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ

香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ

 

ラウンジ内にはパンなどの簡単な軽食や中華料理などのホットミールがあり、充実しています。

通常の空港ラウンジであればこれでも十分な食事の種類ですが、香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジはデザートにもおまけがあって・・・

 

香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ

 

ハーゲンダッツがもらえるんです!!!

成田空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ」でもハーゲンダッツが提供されていますので、キャセイラウンジと言えばハーゲンダッツのイメージ。

ショーケースに並べられている訳ではなくて、スタッフの方にオーダーするとバニラ、ベリー、チョコレート、コーヒー味から選べます。アイスクリーム好きな方は見逃しやすい場所にありますので、お忘れなく!

 

香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ

香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ

 

アルコールを含むドリンクも大きな冷蔵庫が設置されていて、飲み放題となっています。香港ビールなどの瓶ビールも用意がありましたよ!

個人的になぜか海外に行くと生ビールじゃなくて、瓶ビールが飲みたくなるのですっごく助かります笑

お酒はバーカウンターでオーダーすることもできますので、合わせて利用してみましょう!

ラウンジ内の新聞コーナーには、日本語の日経新聞も用意されていましたし、コンセントは、日本のプラグでも入るものでしたので変換プラグなどは必要ありません

ただし全ての座席に設置されているわけではないので、パソコンやスマートフォンの充電に利用する際にはコンセント付近の座席確保はマストです!

 

ラウンジ名物ヌードルバーは必見!

香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ

香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ

 

香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ THE PIERには、キャセイパシフィック航空ラウンジ名物となっている「ヌードルバー」が用意されています。

 

香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ

香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ

 

ライブキッチン形式で提供されているのは、担々麺・ワンタン麺・トムヤムクン・とんこつラーメンなど!

やはりオススメは「担々麺(Dan Dan Mien)」!最高に美味しいです。

キャセイパシフィック航空ラウンジに行ったら、様々な設備が用意されていますがここは外せないポイントの一つ!お見逃しなく!

 

ティーハウスの様子

香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ

 

もうここまででお腹いっぱいという感じではありますが、香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ THE PIERには「ティーハウス」と呼ばれるお茶を楽しむエリアが用意されています。

こちらは香港国際空港のラウンジでしか楽しめない限定エリア!

常設10種類のお茶と、シーズンごとに1種類のお茶が用意されているので、11種類のお茶の中から好きなフレーバーやテイストを吟味しながら飲み比べなどが可能です!

担当スタッフとお話していると本当にお茶についての知識が豊富で、こんな感じのお茶が好きと伝えるだけでオススメのお茶も出してくださいました。

航空会社のラウンジでお茶専用エリアがあるのは恐らく香港だけじゃないかな思うので、こちらも必見です!

 

シャワールームの様子

香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ

香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ

 

ティーハウスを通り過ぎて、さらに奥へと進むと香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ THE PIERには「シャワールーム」が設置されています。

シャワールームエリアに専用の受付がありますので、先着順にてシャワーを利用することができますので、お時間のある方は利用してみましょう。

空港ラウンジでまだシャワーを利用されたことがない方は、一度騙されたと思って利用されることをオススメします。

爽快感とリラックス効果、それから機内での爆睡するためには最高ですよ!

今回はすぐに利用することができましたが、順番待ちが発生する場合には受付に搭乗券が必要になります。

搭乗券と交換する形で呼び出しベル(自分の番が回ってくると音とバイブレーションでお知らせするタイプ)をもらえますので、気長に待ちましょう。

 

香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ

 

シャワールームは、歯ブラシ・ドライヤーなどのアメニティも充実しています。シャンプーなどはオーストラリアの人気ブランド「aesop」を用意!豪華なシャワールームです!

清掃などもバッチリでした!

 

香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ

香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ

 

シャワールームがあるエリアには、リラクゼーションスペースとしてソファベッドなどが用意されています。

今回ラウンジ内は比較的空いていましたが、ここのソファベッドだけは常時満席状態でした。

それもそのはず、一つ一つのソファが大きくてゆっくり横になれて、照明も薄暗く設定されているので仮眠をするには最高の環境です。

乗り継ぎの時間が長い場合にはこちらもオススメ!!

 

香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ

香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ

 

またラウンジエントランス付近には、ヨガエリアも用意されていました!

長い時間ラウンジにいる場合には、このようにリラックスできるエリアがたくさん用意されているのはいいですね!

 

 

 

 

まとめ

香港空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ THE PIER(ザ・ピア)の様子をレポートしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

  • 香港NO.1ラウンジ
  • スペース広々
  • 飲食物充実
  • 名物はヌードルバーの担々麺

 

ラウンジ内は非常に広々としていて座席数も多く、開放的な作りです。

香港のストリートをイメージしたラウンジ内には「フード・ホール」「バー」「ザ・ヌードル・バー」「ティー・ハウス」「シャワールーム」「リラクゼーションルーム」など様々なラウンジ機能が充実!

質も非常に高いので、ぜひ香港から東京などへ出発する際にはこちらのラウンジ利用してみましょう!

-航空会社/空港情報