▼当ブログへ初めてお越しの方必見▼

Nestle(ネスレ)が6,000円分無料配布中

ANA・JAL航空券を実質無料で購入する方法

年間20万マイルの貯め方!王道ルート公開中

【仮想通貨】Zaifコイン積立が250万円突破!

 

SFC修行/搭乗記 クレジットカード

ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)全8種類を解説。最もおすすめは?

2018/07/15

ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)まとめ。マイレージクラブ会員全体の1%しか持っていない超限定カード。ゴールドカードがおすすめ!

ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)は飛行機好きな方であれば、誰もが憧れるカードとしてSFC修行をするなどして、保有を目指す人が増加しています(参考:SFC修行とは)。

SFCは、ゴールドカードを含めると全部で8種類があり年会費やマイル還元率なども様々です。当記事の内容を把握して、自分にぴったりのSFCを見つけましょう!筆者おすすめNO.1のSFCもご紹介しています!

ANAカードをまだお持ちでない方は、最後の項目にボーナスマイルがゲットできるANAカード申し込み説明のコーナーも作りましたので、ぜひご覧くださいませ!

 

スポンサーリンク


 

ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)とは?

ANAスーパーフライヤーズカードロゴ

 

ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)は、年間50,000プレミアムポイント(PP)以上を獲得したメンバーだけが申し込みをできる特別なクレジットカードです。

ANA搭乗時にもらえる、プレミアムポイントを集めて年間50,000PP以上とならなければ、通常のクレジットカードのように申し込みをすることすら出来ません。

保有している人数については、正確な数値こそ発表されていませんがマイレージクラブ全体の約1%と言われており、限られた人のみが保有できるプレミアムカードとなっています。

 

メリット(特典)一覧

成田空港ANA SUITE LOUNGE

 

そんな限られた人のみが保有できるSFC会員となると、たくさんのメリットを教授することができます。

 

そんな僕も実際に2017年にANAの飛行機にたくさん乗って、プラチナステータス、そしてSFCゴールドを獲得しました!

SFC修行の詳細とSFC取得までの全20フライトの詳細は下記リンクからどうぞ。

 

 

家族カードも発行可能!飛び級でSFC会員へ

ANA国際線ラウンジ

 

スーパーフライヤーズカードは家族カードの発行も可能です。

お相手がANA平会員だったとして、一気にSFC会員に飛び級となりますので上記した特典を利用できるようになります。

これは家族4人で旅行に行く際などに大きな効果を発揮します。

SFC会員はANAラウンジを本人+同伴者1名まで無料で利用することができるため、家族カードを1枚発行していると計4人までANAラウンジを利用することができるようになります。

VISAワイドゴールドからSFCゴールドになった場合、家族カードは一枚8,100円で利用可能です。

本会員のカードと合わせて年会費は1.8万円前後となりますが、旅行する回数が多ければ多いほど充実の特典内容を利用することができるでしょう。

 

申し込み手順

  1. プラチナステータス獲得(50,000PP以上)
  2. WEBからSFC入会申込書の発送手続き
  3. 必要書類受け取り
  4. 必要事項記入
  5. 返送
  6. SFC到着

 

年間50,000プレミアムポイントを獲得すると、スターアライアンスゴールド会員となり、WEBからSFCカードの入会申込書を取り寄せし、到着次第記入して送り返すことで入会審査を経て無事にSFCカードの獲得となります。

 

ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)は何種類?

そんなANAスーパーフライヤーズカード(SFC)は、8種類のカードが存在しています。

せっかくたくさん飛行機に乗らないと獲得できないSFCですので、入会する際には慎重に選びたいところです。

1つ1つANAスーパーフライヤーズカード/SFCの種類を見ていきたいと思います。

 

ANA スーパーフライヤーズカード(SFC)
ANA スーパーフライヤーズゴールドカード(SFCゴールド)

ANA ダイナース スーパーフライヤーズカード
ANA ダイナース スーパーフライヤーズプレミアムカード

ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズプレミアムカード
ANA JCBスーパーフライヤーズカードプレミアムカード

ANA アメリカンエキスプレス スーパーフライヤーズゴールドカード
ANA アメリカンエキスプレス スーパーフライヤーズ プレミアムカード

 

SFCに限った話ではありませんが、SFCの中でも”プレミアム”と名称のつくものは年会費がとても高いので、手始めのANAスーパーフライヤーズカード(SFC)の種類としては、なかなか手が出しづらいと思います。

それぞれ、下記にて解説していきます。

まずは、メジャーな一般SFCカードからです。

 

種類①:ANA スーパーフライヤーズカード(SFC一般カード)

ANAスーパーフライヤーズ一般カードデザイン

 

こちらがいわゆる一般的なANAスーパーフライヤーズカード(SFC)になります。

ANA一般カードと同じ背景デザインですが、カード上部には金の帯でSFC会員の証「SUPER FLYERS」の記載がされているカードです。

カードキャリアはJCB、VISA、MasterCardから選べますのでお好みのものを選択しましょう。

基本的には、これまで利用して来たANAカードと同じキャリアを選択することをオススメします。

 

ANAスーパーフライヤーズ一般カード概要

 

一般SFCの年会費は11,070円、家族会員はその約半額(5,508円)となります。

年会費こそかかりますが、ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)には旅行保険も付帯されていますし、上級会員同等のサービスを受けることができると考えれば安いものでしょう。

一方で、一般SFCのデメリットとして「マイル移行費用がかかる」という点は見逃せません。

クレジット利用によって獲得したポイントをANAマイルへ変換する際、6,000円+税の手数料が発生してしまいます。しかも毎年更新なので、1年ごとにかかります。

毎年ポイントをマイルへ変えたいという方は、年会費+6,000円は避けられませんので実質17,000円程度の経費が毎年発生すると覚えておきましょう。

ここを考慮した上でこのSFCを選択したいところです。

ただ、このSFCは他のANAスーパーフライヤーズカード(SFC)と比べると年会費が安く、ゴールドカードよりも審査が緩いのでまずは確実にSFCを持っておきたいという方にオススメです。

ANA一般カードやワイドカードを持っていてこれまで利用して来た方は、ほぼ無審査(落ちることはほとんどない)でカードの切り替えが可能となっています。

 

 

 

種類②:ANA スーパーフライヤーズゴールドカード(SFCゴールド)

ANAスーパーフライヤーズゴールドカードデザイン

 

続いてSFCゴールドです。

こちらは①にてご紹介した、一般的なANAスーパーフライヤーズカード(SFC)の上位クラス「ゴールドカード」になります。

 

ANAスーパーフライヤーズゴールドカード概要

 

年会費は一般SFCより5,000円ほど高い16,200円。付随して家族会員も8,100円となっています。

キャリアもVISA、JCB、Masterと通常のSFCと同じく3つのキャリアから選べますが、僕はVISAをオススメします。

基本的に陸マイラーのみなさんは、年会費の安さと還元率の良さから「ANA VISAワイドゴールドカード」を所有していることかと思います。

クレジットカードはクレジットヒストリー、通称クレヒスと呼ばれるこれまでのクレジットカードを使った支払い状況が審査の1つの要素となります。当然、ANAスーパーフライヤーズカード/SFCを発行する際も審査があります

せっかく修行をして50,000プレミアムポイントを獲得したのに、ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)の審査が通らずカードを発行できない、という可能性さえゼロではありません。

その際、VISAワイドゴールドカードを持っている方は、一般論として同じキャリア(これまでVISAを使ってきているならばVISA)のクレヒスがあるVISAキャリアを選択すると良いと言われています。

これはVISAワイドゴールドカードを所有していて、今回もSFC VISAゴールドカードを申し込む場合、同じキャリアの同じランクのカードに申し込む、ということになるため実質ほとんど審査なくカードの"切り替え"が可能となります。

しかも同じキャリア同士での切り替えとなると、年会費を2重で請求されることはありません

VISA→Masterのようにキャリアを変えてしまうと即年会費が発生してしまうのですが、同じキャリアでの切り替えの場合すでに支払っているカードの年会費が切れ次第SFCの年会費が適用されるという形になりますので、そういった面を考慮してもやはりこれまで保有してきたキャリアと同じものを選択することをオススメします。

そんなSFCゴールドを保有したいと考えている方は、事前入会必須のワイドゴールドカードを持っていないという方は、まずは入会を検討してみましょう。詳細は下記リンクからどうぞ。

 

 

 

 

 

SFCゴールドカードはマイル移行も無料!

またSFCゴールドカードは、一般SFCカードの場合に発生するマイル移行手数料が無料になります。これも大きなメリットとなるでしょう。

ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)を利用すると貯まるポイントを最大効率でマイルへ移行しようとすると移行手数料が発生します。

先ほどお伝えした通り、10マイル移行コースは年間6,000円+税の手数料です。

 

  • 一般:11,070円+6,480円=17,550円
  • ゴールド:16,200円

 

単純にこれだけで一般SFCカードとの手数料でゴールドの方が条件が良くなります。

別に最大効率で移行しなくてもいい、という方は手数料無料のコースを選択することもできますが1ポイント5マイルになってしまうので1ポイントの価値は半減してしまいます。オススメできません。

こういったゴールドカードの特典を考慮すると、ゴールドカードと通常カードの年会費の差は簡単に埋まると思います。埋まるどころか逆転です。

ゴールドカードを保有できる方や既にANA VISAワイドゴールドカードをお持ちの方は、迷わずSFCゴールドを選択すると良いでしょう。

 

通常SFCとゴールドSFCどっちがいいのか。

結論、年会費や特典を考慮した結果、僕はSFCは「ゴールドカード」が最もオススメです。

 

ANAスーパーフライヤーズゴールドカードデザイン

 

年会費は一般SFCに比べて5,000円ほど高いですが、マイル移行手数料(6,000円+税)で相殺されますし、VISAゴールドカードは年会費を安くする裏技もあります。

この方法を活用すると実質1万円ほどでゴールドカードを持つことができます。

 

カード名称
基本年会費
割引後年会費
マイ・ペイすリボ申込
WEB明細書サービス申込
マイ・ペイすリボ&WEB明細書サービス申込
スーパーフライヤーズ 本会員 10,250円 9,275円 9,750円 9,275円
家族会員 5,100円 4,575円 5,100円 4,575円
スーパーフライヤーズゴールド 本会員 15,000円 11,500円 14,000円 10,500円
家族会員 7,500円 6,000円 7,500円 6,000円

 

一般SFCからゴールドカードへの切り替え時には審査がありますので、ANAスーパーフライヤーズカード/SFC申し込み前にゴールドカードを保有しておくといいでしょう。

するとプレミアムポイントが50,000になり、スターアライアンスプラチナ会員になり次第、すぐに無審査でSFCゴールドカードに切り替えることができるので、とても利口な方法だと思います。

 

種類③:ANA ダイナース スーパーフライヤーズカード(SFCダイナース)

ANAダイナーススーパーフライヤーズカードデザイン

 

ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)では上記2つの一般カードとゴールドカードを申し込む方が大半だと思いますが、その他のカードも簡単にご紹介します。

ダイナースは年会費が高めですが、付帯保険やボーナスマイル積算率はダイナース通常カードでもSFCゴールドカードと同等以上になっています。

 

ANAダイナーススーパーフライヤーズカード概要

 

このANAスーパーフライヤーズカード(SFC)の選択においてはダイナースが好き!という方以外はなかなか申し込む方は少ないのかなと思います。

 

種類④:ANA アメリカンエキスプレス スーパーフライヤーズゴールドカード

ANAアメリカンエキスプレススーパーフライヤーズゴールドカードデザイン

 

AMEXのゴールドカードも、SFCカードにて保有可能です。AMEXはダイナースと同様年会費は高めです。

 

ANAアメリカンエキスプレススーパーフライヤーズゴールドカード概要

 

このカードの面白いところはANAグループでクレジット利用した時と、通常クレジットカードを利用した時のもらえるポイント数が違うというところです。

ANAグループを利用した際には100円が2マイルになります。これはSFCゴールドの2倍の高水準です。

これまでの利用実績をみていて、ANA関連の決済がたくさんあるなーという方はオススメのカードです。

 

 

 

 

その他のSFCカード

その他のANAスーパーフライヤーズカード/SFCに関してはプレミアムカード扱いになるために年会費が高額です。もちろん審査も厳しくなります。参考までに年会費だけ載せておきます。

 

ANA ダイナース スーパーフライヤーズプレミアムカード 167,400円
ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズプレミアムカード 86,400円
ANA JCBスーパーフライヤーズカードプレミアムカード 75,600円
ANA アメリカンエキスプレス スーパーフライヤーズ プレミアムカード 162,000円

 

少なからず今の段階では僕はこれらのカードを持つイメージができないです。笑

まずはゴールドカードを保有して、インビテーションが来てからでも遅くないと思いますし、年間数百万円をカード決済する方以外は候補に含める必要はないでしょう。

全部で8種類のANAスーパーフライヤーズカード/SFCですが、年会費もピンキリです。

ゴールドカードであっても毎年1万円前後で保有が可能ですので、ぜひトライしてみましょう。

これからANAカードに申し込むよー!という方はここから下の項目で、ANAカード申し込みに際しボーナスマイルをゲットする方法をご紹介していますので読み進めてみてください。

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

これからANAカードを申し込む方へ

今はまだ、ANAカードを保有していない方は、まずはANAカードを作りましょう。

ここでは簡単にANAカード入会からSFCゴールドへの道のりを確認してみたいと思います。

 

  1. ANAカード
  2. ANAゴールドカード
  3. SFCゴールド

 

基本的にはこの3ステップでSFCゴールドへ到達するのが一般的です。

クレジットカード入会には”審査”が伴います。これが厄介で、過去のクレジットカード利用状況や年収などの個人情報から総合的に判断がなされます。

各カード会社の審査基準は公開されていません。

これまでのクレジットカード利用状況にもよりますが、基本的にはANA一般カードに申し込みをして、クレジットヒストリーと呼ばれる利用履歴を積み上げてからゴールドへ推移していくのが無難です。

要は、「この人はちゃんとANAカードを毎月使って、期限までに支払いをしてくれる有料ユーザーだな」という判断をしてもらえるようカード会社へ信頼を積み上げていく作業が必要となのです。

 

 

ANAカード入会キャンペーンに参加しよう!

 

ANAはANAカード新規入会キャンペーンを随時開催しています。

キャンペーンに参加することで最大数万マイル、最低でも数千マイルが獲得できますので活用しない手はありません!

これからご説明する方法を活用してボーナスマイルをゲットしましょう!

 

カード申し込み前にすべきこと

  • ポイントサイト:該当なし
  • ANAマイ友プログラム

 

2017年現在、ポイントサイトを経由することでポイントがもらえる案件が出ているポイントサイトは残念ながらありません。

2016年は何回か出てくることもあったのですが、認知が広がりカードの人気も高まってきていることが背景にあると考えられます。

ただまだ残された方法がもう1つあります。

2016年よりANAの新しいキャンペーン「マイ友プログラム」というキャンペーンが始まっていて、本サイト経由で事前登録をすることで500ANAマイルを獲得することができます!

事前申請をすることで通常の入会ボーナスマイルに加えて、さらにマイルがもらえますので申し込まない手はありません。

 

 

マイ友プログラム申し込み方法

マイ友プログラムを使ってボーナスマイルを受け取るためには、必ず”事前”に申し込みをする必要があります。

カード申し込み後に登録をしてもボーナスマイルはもらえません。

 

  1. マイ友プログラムへ登録する
  2. ソラチカカードを申し込む
  3. ボーナスマイル獲得

 

1:マイ友プログラムへ登録する

マイ友プログラム登録ページ

 

上記ページへ移動して、ページ中腹にある「登録用ページ」ボタンをクリックしましょう。

 

 

するとプログラムの入力フォームが表示されます。

登録の際に必要な情報は「紹介者名」「紹介番号」「申込者氏名」「申込者生年月日」の4点です。

紹介者の名前と番号を入力するよう促されますので、僕の名前と紹介番号をご入力ください。こちらの入力を間違ってしまうとボーナスマイルが加算されませんので注意です!

紹介番号 00008511
カナ氏名 エンドウ シヨウタ

 

名前のところは「ショウタ」でも「シヨウタ」でもどちらでも大丈夫です。

マイ友プログラムの登録が完了したら、次はソラチカカードへ申し込みましょう。

 

2:ANAカードへ申し込む

ANAカード申し込みページ

 

事前登録が終わったら、ここからのカードの申し込みは、通常クレジットカードを申し込む際と手順は同じです。

入会ボーナスとして1,000ANAマイルがプレゼントされることに加えて、初年度は年会費無料です。

 

3ボーナスマイル獲得

 

上記手順通り「マイ友プログラム」に登録をしてソラチカカードの発行が終わったら、無事に500+1,000=1,500ANAマイルがボーナスマイルとしてプレゼントされます。

獲得マイルの確認は、カード入会後にANAマイレージクラブへログインをすることで確認が可能です。

 

カード申し込み後

 

ここまでで1,500ANAマイルが獲得できたかと思います。

ここからはカード入会後に申し込み可能な、現在開催中のキャンペーンを見ていきたいと思います。

 

"2017年ANAカード入会キャンペーンページ"

 

カード入会後、上記リンクへ移動してキャンペーン登録をすることで、さらに500マイルを獲得することができます。

 

 

飛行機に乗らずして、入会に際していくつかの登録をするだけで合計2,000ANAマイルを獲得することができました。

さらに、各種条件をクリアすることで最大20,000ANAマイルまで入会キャンペーンで貯めることができます。活用しない手はありません。

 

 

ここまで一般カードを例に出してご説明してきましたが、もちろん絶対一般カードから始めなければいけないということではありません。実際にたくさんのゴールドカード入会審査合格が報告されています。

年収やこれまでクレジットカードをたくさん使ってきて、クレヒスに傷がない方を中心にゴールドカードから始めることも可能です。

そうすると一般カードを飛び級できるので、SFCゴールドを確保できる可能性がぐっと高まります。

いきなりワイドゴールドカードへ申し込みをする方は「ANAゴールドカードの審査に通過するための確認事項」の記事に、注意事項や僕が実際に審査に通過した際の各種データを掲載していますので宜しければご覧ください。

 

 

その他、文章中に何度か登場するSFC修行について詳しく知りたい方は、「ANA SFC修行とは?」にまとめてありますので、こちらも合わせてどうぞ!

それでは今日はこの辺で失礼します。

Halohalo(ハロハロ)でした!ALOHA〜!

 

おすすめリンク

合わせてどうぞ!

-SFC修行/搭乗記, クレジットカード