SFC修行/搭乗記 クレジットカード

ANAワイドゴールドカードを最もお得に申し込む最新キャンペーン情報

2017/09/03

今日はANAワイドゴールドカードの話題をお伝えします。

前回はポイントサイトで稼いだポイントをより効率的に移行していく「ソラチカルート」を活用するためにANA To Me Card、ソラチカカードを作ってください!というお話をしました。

 

 

そして今回はANAワイドゴールドカードの話をしていきたいと思います。

 

ANAワイドゴールドカード

 

かっこいいですよね。ANAカードというだけでもテンションあがるのにゴールドカードですよゴールド。

飛行機が好きな方はこれを持つだけで自慢したくなる、そんなカードです。

 

スポンサーリンク


 

 

ANAワイドゴールドカードについて

 

ANAワイドゴールドカードはANAカードの上位クラスカードになります。

ゴールドカード専用特典に加えて、フライト時のボーナスマイルも一般カードよりも高くなっているためマイルが早く貯まります。

 

  • カード名:ANAワイドゴールドカード
  • 年会費:14,000円+税
  • 利用枠:50万〜200万円
  • 旅行傷害保険:海外・国内ともに最高5,000万円補償

 

カードキャリアについて

またANAワイドゴールドカードは3つのクレジットカードキャリアから選択をして作成することができます。

基本的にここで選択したキャリアでSFCを作成すると、ほぼ無条件にスーパーフライヤーズゴールドカードを獲得することが出来ることがほとんどですので、慎重に選択をするようにしましょう。

 

VISA

ANAワイドゴールドVISAカード

 

MasterCard

ANAワイドゴールドMasterCard

 

JCB

ANAワイドゴールドJCBカード

 

みなさんはどのキャリアを使っていますか?

僕はVISAのANAカードを使っていますが海外などに行っても「このキャリアのクレジットカードは使えません」と言われたことはなく、国際キャリアとして安定しているので満足しています。

JCBは国内での利用に強かったりしますし、JCBはピンクの翼がデザインされた限定カードや、デザインもキャリアに応じて変わってくるので一番納得のいくキャリアを選びましょう。

 

一番人気はVISA!

ANAワイドゴールドVISAカード

 

一般的に現状のワイドゴールドカードでは一番VISA/Masterが人気です。

国際キャリアとしての実績があることはもちろんですが最大の理由は、年会費を一番安くすることができるからという点が大きいです。

通常14,000円+税の年会費を「Web明細+マイ・ペイすリボ」に登録することで9,500円+税まで割引することができます。

SFCの一般カード年会費は「11,070円」ですので割引制度を活用すると一般カードよりも安い金額でゴールドカードを保有することができます。

 

ANAスーパーフライヤーズ一般カード概要

 

実質的にゴールドカードでありながら、一般カードよりも年会費を安くすることができるということは非常にポイントが高いです。

その他の年会費割引の申し込み方法等の詳細はこちらの記事を是非ご覧ください。

 

主なカード特典

 

ワイドゴールドカードの主な特典を見ていきたいと思います。

 

  • 入会マイル2,000ANAマイル
  • カードポイント→ANAマイル移行手数料無料
  • 搭乗時25%ボーナスマイル
  • カードラウンジ利用可能
  • ビジネスクラスカウンターからチェックイン可能
  • 航空機遅延保険が付帯

 

カードラウンジについて

様々な空港には各航空会社のラウンジに加えて、カードラウンジというものが存在します。

ゴールドカード以上の方は無料で利用ができ、室内ではソフトドリンクやアルコール類、時間帯によって軽食が提供されるラウンジも存在します。

 

 

室内はこのような雰囲気で、コンセントなども完備されているので待ち時間を快適に過ごす場所として、人気があります。

ANAワイドゴールドカードを保有すると、このようなカードラウンジを無料で利用することができます。

 

航空機遅延保険について

  • 航空機が遅延して乗り換えに遅れてしまって追加費用が必要になった!
  • 搭乗予定の便が欠航になり宿泊費用が発生してしまう!
  • 手荷物が目的地に届かない!
  • 手荷物がなくなる(ロストバゲージ)状態になってしまった!

 

このようなことは旅行には付き物ですよね。誰でもこの状況になる可能性があると思います。そんな時に役に立つのが「航空機遅延保険」です。

ANA  VISA ワイドゴールドカードには自動付帯していてカードを所有すればこのような状況になったときに費用の補填をしてくれる制度です。年会費を支払うことでそれ以上の追加料金などはないのでとても嬉しい制度だと思います。

 

 

具体的にどのくらい費用補填がされるのかというと・・・・

 

  • 乗換遅延2万円
  • 欠航1万円
  • 手荷物遅延1万円
  • 手荷物紛失2万円

 

突然ホテル代が必要になったときなど、その場では自分で支払う必要がありますが後日申請をして金額を受け取ることができます。詳しい条件はこちらをご確認ください。

その他、ゴールドカードを所有した場合は困ったときに助けてくれるゴールドカード専用デスクが存在します。待ち時間を短縮してオペレーターと会話することができます。

このようにたくさんの特典を受けることができるのゴールドカードの特徴となっています。

 

スポンサーリンク


 

 

ワイドゴールドカード申し込み方法

ここからは申し込み方法を見ていきましょう。

一般的にワイドゴールドカードの申し込み方法は2パターンが考えられます。

 

  1. 新規申し込み
  2. 既存ANAカードからの切り替え

 

クレジットカードの申し込みですので、どちらの場合も「カード保有基準を満たしているか」ということなどの入会審査が発生しますが、審査という意味では「既存カードからの切り替え」の方が有利と言われています。

断定的な言い方ができないのは、各会社とも明確なカード基準を公開していないためです。

自分が審査をする立場に立ってみると、わかりやすいと思います。これまで自分のお客さんとして利用してくれていたAさんと、初めて申し込みをしてきたBさんではAさんの方が返済能力やいくらぐらい使うのか、などといった情報が分かるので信頼感があります。

実際のところカード会社の審査はほとんど自動(カード会社が定めた基準を満たしているか)で行われており、当落線上の方は手動で、と言われていますがカード会社にとって判断材料が多いということはポジティブに働いていることは事実です。

もちろん!返済にたくさん遅れていたりするなど悪い情報もカード会社には情報として貯まってしまいますので注意が必要ですよ。

それでは、それぞれの申し込みパターンについてそれぞれ説明していきたいと思います。

 

新規申し込みパターン。

 

これまでANAカードを保有していなかった場合や今までJCBを使っていたけれど、ワイドゴールドカードはVISAを持ちたいというようにキャリアをこれまでと変更したい方はこの新規申し込みに当たります。

これまでVISAを使っていて、今後もVISAを使う方というパターンのようにこれまでとカードのキャリアが変わらない場合はもう少し下へスクロールして「一般カードからの切り替え」項目へお進みください。

新規申し込みの場合は、まずVISAなどのキャリアを決める必要があります。

それぞれのカードキャリアへのリンクはこちらからどうぞ。

 

2017年9月最新キャンペーン状況

現在、ワイドゴールドカード新規入会キャンペーンとしてANAの「マイ友プログラム」が利用可能です。

”事前に”これからご説明する方法で申請をしておくことで、通常の入会ボーナス2,000マイルに加えてさらに2,000ANAマイルがもらえ、計4,000ANAマイルもらえます!

これは大きいです。

 

重要なことは”事前に”申請をしなければいけないという点で、もし忘れてしまってカードに申し込んだ後ではボーナス2,000マイルはもらえません。

必ずカード入会を申し込む前に、マイ友プログラムの申請を行ってください。申請方法は以下の通りです。

 

マイ友プログラム申請方法

繰り返しになりますがマイ友プログラムを使ってボーナスマイルを受け取るためには、必ず”事前”に申し込みをする必要があります。

まとめると手順は以下の通りです。

 

  1. マイ友プログラムへ登録する
  2. ワイドゴールドカードを申し込む
  3. ボーナスマイル獲得

 

 

1:マイ友プログラムへ登録する

マイ友プログラム登録ページ

上記ページへ移動して、ページ中腹にある「登録用ページ」ボタンをクリックしましょう。

 

 

するとプログラムの入力フォームが表示されます。

登録の際に必要な情報は「紹介者名」「紹介番号」「申込者氏名」「申込者生年月日」の4点です。

紹介者の名前と番号を入力するよう促されますので、僕の名前と紹介番号をご入力ください。こちらの入力を間違ってしまうとボーナスマイルが加算されませんので注意です!

 

紹介番号 00008511
カナ氏名 エンドウ シヨウタ

 

ショウタではなく、全てカタカナ大文字で「シヨウタ」ですのでお間違いないようにご注意ください。

マイ友プログラムの登録が完了したら、次はワイドゴールドカードへ申し込みましょう。

 

 

2:ゴールドカードへ申し込む

ゴールドカード申し込みページ

 

ここからは、通常クレジットカードを申し込む際と手順は同じです。カードキャリアは問いません。

入会ボーナスとして2,000ANAマイルがプレゼントされます。

 

3ボーナスマイル獲得

 

上記手順通り「マイ友プログラム」に登録をしてゴールドカードの発行が終わったら、無事に2,000+2,000=4,000ANAマイルがボーナスマイルとしてプレゼントされます。

獲得マイルの確認は、カード入会後にANAマイレージクラブへログインをすることで確認が可能です。

 

またカード会社それぞれに実施しているキャンペーンも存在します。入会キャンペーンでいえばVISAが最も充実しています。

現在、先ほどのマイ友プログラムに加えて「最大66,500ANAマイル」がもらえるキャンペーンも展開中です。

そういう点から考慮してもやはりVISAは、ワイドゴールドカードのキャリアとして人気がある理由がわかります。

ぜひチェックください。

 

ANA一般カードから切り替えが可能。

ANA一般カードをお持ちの方は、そのまま同じキャリアのゴールドカードへ切り替え申請をすることができます。

切替申請というのは、審査こそありますがこれまでの利用実績が考慮されますので、遅延や延滞がない場合は新規に申し込むよりも審査に通過しやすいと言われています。

よって基本的にANAワイドゴールドカードは今まで利用してきたキャリアを使用するのが現実的です。

今回は私がVISAユーザーであるのでVISAのVpassの画面を使って申請方法を確認したいと思います。

 

Vpassログイン後のサイドバー一覧

 

Vpassにログインするとこのようなボタン列が表示されます。こちらのボタンの中から「カード種類を切替える」ボタンをクリックします。するとこのような画面が表示されます。

 

三井住友カード切り替え案内

 

この画面が表示されたらボタン一番右側「ANAカードをお持ちの方」ボタンをクリックして以下のような画面に表示が変わるのを確認します。
ANAカード切り替え案内

 

すると出て来ました「ANAワイドゴールドカード」です。

ページ下部に進むとお申し込み方法という欄がありますのでそちらの「お手続き」ボタンからANAワイドゴールドカードへ切り替えます。

 

注意:無条件に一般カードからゴールドカードへ切り替えができるということではありません。当然審査があります。過去に延滞履歴のある方や収入などの状況によって切り替えが出来ない場合があります。

 

無事にワイドゴールドカードに切り替えをすることができました。別記事で、僕の申し込み時の年収などの必要情報と震災について詳しく説明しています。

 

 

なぜゴールドカードなのか。

ここ気になった方もいるのではないでしょうか。でもゴールドカードの方がいいんです。答えはポイントサイトで獲得したポイントをマイルに変えた後、「マイル→SKYコインに移行するとき」にあります。

 

SKYコイン移行レート一覧

 

一般カードの場合、最大でも1.5倍の交換率となっていますがゴールドカードでは1.6倍SKYコインに変換することができます。金額にすると約5000円の開きです。

50,000マイルをSKYコインに変えるとき

 

  • ワイドゴールド→80,000 SKYコイン
  • 一般カード→75,000 SKYコイン

 

となります。

SFC修行の全てをマイルから移行したSKYコインを使って行ったとすると、、SFC修行は約50万円がかかるので計算すると(ぴったり50万円かかると仮定)

 

ワイドゴールドカードの場合

  • 総額:500,000円
  • 必要なマイル数:312,500マイル(312,500×1.6=500,000)
  • 必要なポイント数:347,322ポイント(ソラチカルートを全て使った場合)

 

一般カードの場合

  • 総額:500,000円
  • 必要なマイル数:333,333マイル(333,333×1.5=500,000円)
  • 必要なポイント数:370,370ポイント(ソラチカルートで計算)

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

差にして約20,000マイルの差があります。これは大きいです。

ソラチカルートで移行すると月間18,000ANAマイルが限界なので、20,000マイルというとソラチカルートだけを使ったと考えると1ヶ月以上の開きが発生してしまいます。

ただでさえSFC取得は1年間のうちにたくさんの飛行機に乗らないといけないというルールがあるため1ヶ月という時間を失うことはできません。

ぜひこの機会にゴールドカードを作ってSKYコインへの移行に備えてください!SKYコインに移行する際必須になるのがソラチカカード。まだゲットしていない方はいますぐにチェックを!

以上、Halohalo(ハロハロ)でした。ALOHA〜!

 

宜しければANAワイドゴールドカードに関連する他の記事もご覧ください。

 

陸マイラーの皆さんのブログはこちらから!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

合わせてどうぞ!

-SFC修行/搭乗記, クレジットカード