▼当ブログへ初めてお越しの方必見▼

Nestle(ネスレ)が6,000円分無料配布中

ANA・JAL航空券を実質無料で購入する方法

年間20万マイルの貯め方!王道ルート公開中

【仮想通貨】Zaifコイン積立が250万円突破!

 

クレジットカード

最大4,000マイル!ANA VISAワイドゴールドカード新規入会キャンペーン中【2018年8月】

2018/08/13

ANAワイドゴールドカード

ANAマイルがザクザク貯まる「ANA VISAワイドゴールドカード」おすすめ最新キャンペーンまとめ。SFCゴールドへ切り替えも可能!

ANAワイドゴールドカードは、ANAカードの中でもソラチカカードと並んで非常に人気が高いクレジットカードです。

持っておくだけで普段ANA利用時にボーナスマイルがもらえたり、SFC取得時にはSFCゴールドへ審査無しで切り替えすることも可能な大変お得なカードで、マイル還元率は最大1.648%まで引き上げることが可能です。

当ページでは、ワイドゴールドカードに最もお得に入会する方法をご紹介します(参考:ANA上級会員を目指すSFC修行とは?)。カード入会前に必要な手順もあるので、見落とさないようにご注意を!

当ページでお伝えする2018年8月の最新キャンペーンを利用すると、最大で4,000ANAマイルを獲得することができ、毎月数十人の方がこちらのページから入会いただいていますので、ぜひご活用を!

 

スポンサーリンク


 

ANAワイドゴールドカードとは?

 

まずはじめに、ANAワイドゴールドカードの概要を確認していきましょう。

ANAワイドゴールドカードは、ANAカード(青色盤面)の上位クラスカードです。

ゴールドカード専用特典に加えて、フライト時のボーナスマイルも一般カードよりも高くなっているためマイルが早く貯まります。

 

  • カード名:ANAワイドゴールドカード
  • 年会費:14,000円+税
  • 利用枠:50万〜200万円
  • 旅行傷害保険:海外・国内ともに最高5,000万円補償

 

選べる3つのカードキャリア

またANAワイドゴールドカードは、3つのクレジットカードキャリアの中から選択をして作成することができます。

基本的にここで選択したキャリアでSFCを作成すると、ほぼ無条件にスーパーフライヤーズゴールドカードを獲得することが出来ることがほとんどですので、慎重に選択をするようにしましょう。

関連記事:ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)とは?

 

VISA

ANAワイドゴールドVISAカード

 

MasterCard

ANAワイドゴールドMasterCard

 

JCB

ANAワイドゴールドJCBカード

 

みなさんはどのキャリアを使っていますか?

僕はVISAのANAカードを使っていますが海外などに行っても「このキャリアのクレジットカードは使えません」と言われたことはなく、国際キャリアとして安定しているので満足しています。

JCBは国内での利用に強かったりしますし、JCBはピンクの翼がデザインされた限定カードや、デザインもキャリアに応じて変わってくるので一番納得のいくキャリアを選びましょう。

 

一番人気はVISAカード!

ANAワイドゴールドVISAカード

 

一般的に現状のANAワイドゴールドカードでは、一番VISA/Masterが人気です。

国際キャリアとしての実績があることはもちろんですが最大の理由は、年会費を一番安くすることができるからという点が大きいです。

 

還元率は最大1.648%

そしてもう一つ、VISAカードを選択するとカードの利用によって貯まったポイントをANAマイルに交換する際の還元率が最も良くなります。

通常ワイドゴールドカードの還元率は1%となっていますが、ANA VISAワイドゴールドカードの場合は1.648%まで引き上げることが可能です。

具体的に還元率を引き上げる方法については、下記記事が詳しいです。

 

 

 

理由:年会費を一番安くできるため

通常14,000円+税の年会費を、「Web明細+マイ・ペイすリボ」に登録することで9,500円+税まで割引することができます。

SFCの一般カード年会費は「11,070円」ですので割引制度を活用すると一般カードよりも安い金額でゴールドカードを保有することができます。

 

ANAスーパーフライヤーズ一般カード概要

 

実質的にゴールドカードでありながら、一般カードよりも年会費を安くすることができるということは非常にポイントが高いですし、審査が通る方であれば通常カードを持つよりも、間違いなくお得にANAマイルを貯めていくことができます。

その他の年会費割引の申し込み方法等の詳細は、下記記事をご覧ください。

関連記事:マイ・ペイすリボで年会費を割引する方法

 

 

 

 

主なカード特典

 

続いて、ANAワイドゴールドカードの主な特典を見ていきたいと思います。

 

  • 入会マイル2,000ANAマイル
  • カードポイント→ANAマイル移行手数料無料
  • 搭乗時25%ボーナスマイル
  • カードラウンジ利用可能
  • ビジネスクラスカウンターからチェックイン可能
  • 航空機遅延保険が付帯

 

空港のカードラウンジについて

様々な空港には各航空会社のラウンジに加えて、カードラウンジというものが存在します。

ゴールドカード以上の方は無料で利用ができ、室内ではソフトドリンクやアルコール類、時間帯によって軽食が提供されるラウンジも存在します。

 

 

室内はこのような雰囲気で、コンセントなども完備されているので待ち時間を快適に過ごす場所として、人気があります。

ANAワイドゴールドカードを保有すると、このようなカードラウンジを無料で利用することができます。

羽田空港のカードラウンジは下記記事が詳しいです。

 

 

 

航空機遅延保険について

  • 航空機が遅延して乗り換えに遅れてしまって追加費用が必要になった!
  • 搭乗予定の便が欠航になり宿泊費用が発生してしまう!
  • 手荷物が目的地に届かない!
  • 手荷物がなくなる(ロストバゲージ)状態になってしまった!

 

このようなことは旅行には付き物ですよね。誰でもこの状況になる可能性があると思います。そんな時に役に立つのが「航空機遅延保険」です。

ANA  VISA ワイドゴールドカードには自動付帯していてカードを所有すればこのような状況になったときに費用の補填をしてくれる制度です。年会費を支払うことでそれ以上の追加料金などはないのでとても嬉しい制度だと思います。

 

 

具体的にどのくらい費用補填がされるのかというと・・・・

 

  • 乗換遅延2万円
  • 欠航1万円
  • 手荷物遅延1万円
  • 手荷物紛失2万円

 

突然ホテル代が必要になったときなど、その場では自分で支払う必要がありますが後日申請をして金額を受け取ることができます。詳しい条件はこちらをご確認ください。

 

ゴールドカード専用デスクも利用可能

その他、ゴールドカードを所有した場合は困ったときに助けてくれるゴールドカード専用デスクが存在します。待ち時間を短縮してオペレーターと会話することができます。

このようにたくさんの特典を受けることができるのゴールドカードの特徴となっています。

 

 

 

 

なぜゴールドカードを保有するべきなのか。

では、なぜANAマイルを貯めようと思った時に、ゴールドカードを保有するべきなのでしょうか。

この点が気になった方もいるかと思います。

でも結論から申し上げて、やはりゴールドカードの方がいいのです。答えはポイントサイトで獲得したポイントをマイルに変えた後、「マイル→SKYコインに移行するとき」にあります。

(参考:ANA SKYコインとは?おすすめの貯め方と使い方まとめ

 

SKYコイン移行レート一覧

 

一般カードの場合、最大でも1.5倍の交換率となっていますが、ゴールドカードを保有している場合は1.6倍SKYコインに変換することができます。

例をあげて、もう少し詳しくご説明します。

50,000マイルをSKYコインに変えるときは・・・・

 

  • ワイドゴールド→80,000 SKYコイン
  • 一般カード→75,000 SKYコイン

 

以上のレートで、マイルからSKYコインを獲得することができます。

ただしご覧の通り、ゴールドカードを保有しているかいないかで、元は同じマイル数でも金額にすると約5,000円の開きが発生するという事実がそこには存在しています。

 

SFC修行時もゴールドカードが有利

ANA SFC修行の全てをマイルから移行したSKYコインを使って行いたいと考えている方もいらっしゃるかと思いますので、平均的な予算と言われている50万円で、ゴールドカード保有時と一般カード保有時の差を調べてみましょう。

※ここではぴったり50万円がかかると仮定しています。

 

ANAワイドゴールドカードの場合

  • 総額:500,000円
  • 必要なマイル数:312,500マイル(312,500×1.6=500,000)
  • 必要なポイント数:347,322ポイント(ソラチカルートを全て使った場合)

 

一般カードの場合

  • 総額:500,000円
  • 必要なマイル数:333,333マイル(333,333×1.5=500,000円)
  • 必要なポイント数:370,370ポイント(ソラチカルートで計算)

 

ゴールドカードと一般カードでは、差にしてSFC修行時の必要マイルに約20,000マイルの開きがあります。これは大きいです。

2万マイルと言えば、国内であれば「東京ー沖縄」を特典航空券で1往復できるマイル数です。

東京メトロポイントからANAマイルへ移行すると月間18,000ANAマイルが上限なので、20,000マイルというとソラチカルートだけを使ったと考えると1ヶ月以上の開きが発生してしまいます。

ただでさえSFC取得は1年間のうちにたくさんの飛行機に乗らないといけないというルールがあるため、1ヶ月という時間を失うことはできません。

 

ANAワイドゴールドカード申し込み方法

次に、ANAワイドゴールドカードの申し込み方法を確認していきましょう。

一般的にANAワイドゴールドカードの申し込み方法には、2パターン存在します。

 

  1. 既存ANAカードからの切り替え
  2. 新規申し込み

 

新規入会の場合は、たくさんの入会キャンペーンを適用することができるため、ボーナスマイルをより多く獲得することができます。

一方でクレジットカードの申し込みですので、どちらの場合も「カード保有基準を満たしているか」ということなどの入会審査が発生するのですが、審査という意味では「既存カードからの切り替え」の方が有利と言われています。

言い換えるならば切り替えの方が、ワイドゴールドカードを獲得するハードルが低く入会しやすいです。

それぞれの申し込みパターンについて、詳しくみていきましょう。

 

ANA一般カードから切り替えのパターン

まずはじめに、すでにANA一般カードをお持ちの方がそのまま同じキャリアのゴールドカードへ切り替え申請をするパターンです。

切替申請というのは、審査こそありますがこれまでの利用実績が考慮されますので、遅延や延滞がない場合は新規に申し込むよりも審査に通過しやすいと言われています。

よって基本的にANAワイドゴールドカードは今まで利用してきたキャリアを使用するのが現実的です。

 

ワイドゴールドVISAカードの切り替え方法

今回は私がVISAユーザーであるのでVISAのVpassの画面を使って申請方法を確認したいと思います。

 

Vpassログイン後のサイドバー一覧

 

Vpassにログインするとこのようなボタン列が表示されます。こちらのボタンの中から「カード種類を切替える」ボタンをクリックします。するとこのような画面が表示されます。

 

三井住友カード切り替え案内

 

この画面が表示されたらボタン一番右側「ANAカードをお持ちの方」ボタンをクリックして以下のような画面に表示が変わるのを確認します。

ANAカード切り替え案内

 

すると出て来ました「ANAワイドゴールドカード」です。

ページ下部に進むとお申し込み方法という欄がありますのでそちらの「お手続き」ボタンからANAワイドゴールドカードへ切り替えます。

 

注意:無条件に一般カードからゴールドカードへ切り替えができるということではありません。当然審査があります。過去に延滞履歴のある方や収入などの状況によって切り替えが出来ない場合があります。

 

筆者も実際に無事にワイドゴールドカードに切り替えをすることができました。下記記事にて、僕の申し込み時の年収などの必要情報について詳しく説明していますので、ご興味ある方は合わせてご確認ください。

 

 

新規申し込みパターン

 

次に、ワイドゴールドカードに新規入会するパターンです。

これまでANAカードを保有していなかった場合や今までJCBを使っていたけれど、ワイドゴールドカードはVISAを持ちたいというようにキャリアをこれまでと変更したい方は、この新規申し込みに当たります。

これまでVISAを使っていて、今後もVISAを使う方というパターンのようにこれまでとカードのキャリアが変わらない場合は、上記「一般カードからの切り替え」項目へご覧ください。

新規申し込みの場合は、まずVISAなどのキャリアを決める必要があります。

それぞれのカードキャリアへのリンクはANAワイドゴールド特設ページからどうぞ。

 

 

 

 

ワイドゴールドキャンペーン最新状況【2018年8月】

ANAワイドゴールドカードキャンペーン

 

通常ANAワイドゴールドカードは入会することで2,000ANAマイルがボーナスとしてもらえますが、それとは別に現在、ワイドゴールドカード新規入会キャンペーンとして下記ANAの新規入会キャンペーンが開催中です!!

 

VISAが一番お得なキャンペーンキャリア!

キャンペーンという側面からワイドゴールドカードを見ても、現在最もお得に入会できるキャリアは「VISA」です。

基本的には継続的にキャンペーンを行なっているので、VISAが最もお得な入会キャンペーンを実施している場合が多くなっています。

 

最大4,000ANAマイル獲得可能

VISAでは、現在開催中のキャンペーンを全てクリアすると最大で4,000ANAマイルが獲得可能です!

 

  • 通常入会特典:2,000マイル
  • マイ友プログラム:2,000マイル
  • リボ払い登録:最大15,000マイル
  • 家族カード入会:4,000マイル
  • 銀聯カード入会:6,000マイル

※打ち消されているものについては過去に実施例あり。現在は利用不可。

 

事前にマイ友プログラムで2,000マイル獲得

それではまずはじめに、登録するだけで2,000ANAマイルがもらえる入会キャンペーンとして「マイ友プログラム」をご説明します。

「マイ友プログラム」は”事前に”これからご説明する方法で申請をしておくことで、通常の入会ボーナス2,000マイルに加えてさらに2,000ANAマイルがもらえる仕組みです。

これは大きいです。

 

 

重要なことは”事前に”申請をしなければいけないという点で、もし忘れてしまってカードに申し込んだ後ではボーナス2,000マイルはもらえません

必ず入会前に申請を行いましょう。

 

マイ友プログラム申し込み方法

必ずカード入会を申し込む前に、マイ友プログラムの申請を行ってください。申請方法は以下の通りです。

繰り返しになりますがマイ友プログラムを使ってボーナスマイルを受け取るためには、必ず”事前”に申請を完了させましょう。

手順は以下の通りです。

 

  1. マイ友プログラムへ登録する
  2. ワイドゴールドカードを申し込む
  3. ボーナスマイル獲得

 

1:マイ友プログラムへ登録する

マイ友プログラム登録ページ

 

上記ページへ移動して、ページ中腹にある「登録用ページ」ボタンをクリックしましょう。

 

 

するとプログラムの入力フォームが表示されます。

登録の際に必要な情報は「紹介者名」「紹介番号」「申込者氏名」「申込者生年月日」の4点です。

紹介者の名前と番号を入力するよう促されますので、既存カードホルダーの僕からの紹介という形を取るために、僕の名前と紹介番号をご入力ください。こちらの入力を間違ってしまうとボーナスマイルが加算されませんので注意です!

 

紹介番号 00008511
カナ氏名 エンドウ シヨウタ

 

名前のところは「ショウタ」でも「シヨウタ」でもどちらでも大丈夫です。

マイ友プログラムの登録が完了したら、次はワイドゴールドカードへ申し込みましょう。

 

2:ゴールドカードへ申し込む

 

ゴールドカード申し込みページ

 

ここからは、通常クレジットカードを申し込む際と手順は同じです。

カードキャリア(VISA,Masterなど)は問いませんが、最もボーナスマイルをたくさんもらえるのはVISAですので、VISAがオススメです。

この際、家族カードや銀聯カードに申し込みをする際にはチェックボックスがありますので、ボーナスマイルを獲得したい方はチェックをお忘れなく!

 

3ボーナスマイル獲得

ANA VISAキャンペーン

 

上記手順通り「マイ友プログラム」に登録をしてゴールドカードの発行が終わったら、無事に2,000+2,000=4,000ANAマイルがボーナスマイルとしてプレゼントされます。

獲得マイルの確認は、カード入会後にANAマイレージクラブへログインをすることで確認が可能です。

マイ友プログラムは事前に申請をしておくだけでマイルがもらえるので、他に何か必要なことはありません。

たったそれだけで2,000ANAマイルも多くもらえてしまうので利用しないのは非常にもったいないのです、事前の登録をお忘れなくどうぞ!

その他のボーナスマイルについては、カード入会後に「(次回開催未定)ANA新規入会者限定キャンペーンページ」から申請することでボーナスマイルを獲得可能です!そちらも合わせてお忘れなくどうぞ!

 

 

 

まとめ

ANA logo

ANAワイドゴールドカードに最もお得に入会することができる方法を1から解説してきました。

ANAマイルを爆発的に貯めたいと考えている方は、ソラチカカードと合わせて入会はマストです。

通常のワイドカードとワイドゴールドカードどちらにしようかなと考えている方は、間違いなくゴールドカードがおすすめです。

ワイドゴールドの年会費を安くする方法でお伝えしている通り、VISAやMasterカードであれば、リボ払いなどに申し込むことによって年会費は通常のブルーカードとほぼ変わらない水準になります。

またワイドゴールドカード審査通過のコツは「ワイドゴールドカードに審査通過するための確認事項」にまとめましたのでぜひご覧ください。

 

 

年会費がほとんど変わらず、マイルがたくさんもらえるとなれば利用しない手はありません。

ぜひこの機会にゴールドカードを作ってSKYコインへの移行に備えましょう!

以上、Halohalo(ハロハロ)でした。ALOHA〜!

 

おすすめリンク

-クレジットカード