▼当ブログへ初めてお越しの方必見▼ 

SPG AMEXがお得!3.9万ポイント!

ハワイ人気NO.1ツアー体験してみた

今ならANA AMEXで9万マイル獲得可能!

JAL航空券をお得に手に入れる方法まとめ!

ANA・JAL航空券を実質無料で購入する方法

年間20万マイルの貯め方!王道ルート公開中

一発でマリオット/Ritzの上級会員になる方法

 

航空会社/空港情報

ANAアップグレードポイントの使い方・貯め方ガイド!最もお得な利用方法は?

ANAアップグレードポイント使い方

ANAアップグレードポイントの貯め方・使い方!国際線・国内線の座席クラスアップグレード、ラウンジ利用、スカイコインに交換も可能

ANA上級会員のことを調べていると「アップグレードポイント」という言葉をよく目にする方も多いのではないでしょうか。しかしどのようなものかよく分からないと言う方も多いはず。

ANAアップグレードポイントは前年の搭乗実績によって付与されるポイントで、国際線・国内線の座席アップグレードやANAラウンジ利用権、キャンペーン期間中であればANAスカイコインに交換することが可能です。

当記事では、そんなANAアップグレードのとは何なのか?どのように貯めるのか?どのように使えばいいのか?を解説しています。

毎年、年度末に利用しきれなかったANAアップグレードポイントは失効となってしまいますので、忘れずに利用しましょう。

 

スポンサーリンク


 

 

 

ANAアップグレードポイントの貯め方

ANA logo

アップグレードポイントとは1月~12月のANAグループ運航便のご利用で獲得されたプレミアムポイント数に応じて、翌年度のプレミアムメンバーにプレゼントする特別なポイントです。

-ANA 公式サイトより

 

ANAアップグレードポイントは、ANAまたはスターアライアンス加盟航空会社に搭乗した際にもらえる前年のプレミアムポイント(PP)に応じてもらえる「ポイント」です。

アップグレードポイント獲得の鍵となるのは「プレミアムポイント」なので、プレミアムポイントが積算されないマイルを使った特典航空券で、いくら飛行機に乗ってもアップグレードポイントはもらえません。

 

ANA搭乗券

 

つまりANAアップグレードをたくさん貯めるためには、前年に有償航空券を使ってANAまたは提携航空会社に乗ることが必要となっています。

マイルを大量に保有している「陸マイラー」としては、特典航空券でプレミアムポイントが貯められないのは痛いところですね・・・。

マイルを保有していて、どうしてもアップグレードポイントが必要な方はマイルを「ANAスカイコイン」に交換して、航空券を購入すればプレミアムポイントが付与されますので、航空券価格に応じて検討してみましょう!

 

 

ANA VISAカード
 

 

【PP別】獲得アップグレードポイント数

もらえるアップグレードポイント数一覧

 

では具体的に、どれだけのプレミアムポイントを獲得するとANAアップグレードポイントがもらえるのでしょうか。

 

プレミアムポイント数 アップグレードポイント数
250,000〜 100
200,000〜249,999 80
150,000〜199,999 60
120,000〜149,999 50
80,000〜119,999 40
40,000〜79,999 20
30,000〜39,999 10
20,000〜29,999 8
10,000〜19,999 6
1〜9,999 4
0 0

 

こちらは前年のプレミアムポイント獲得数に応じてANAアップグレードポイントが何ポイントもらえるのかがわかる表となっています。

獲得できるANAアップグレードポイントは、最低0ポイントから最大100ポイントまでと幅が広く、例えば僕と同じように「ANA SFC修行」を実施して50,000プレミアムポイントを獲得したとしたら翌年には「20アップグレードポイント」がもらえることとなります。

 

 

その他、ANAブロンズ会員(30,000PP)は10アップグレードポイント、ANAダイヤモンド会員(100,000PP)は40アップグレードポイントが付与されます。

 

 

 

 

ANA上級会員はさらに4ポイントもらえる

ANAスーパーフライヤーズカード

 

さらにANA上級会員(ダイヤモンド・プラチナ・ブロンズかつスーパーフライヤーズ会員)となっている方は、前年の獲得プレミアムポイントとは別に「一律4ポイント」がもらえます。

 

ANAアップグレードポイント

 

よって、「ANA SFC修行」を実施して50,000プレミアムポイントを獲得した方は翌年24ポイント(20+4)のアップグレードポイントがもらえます!

 

ポイント前借りも可能!?

ANAカウンター

 

ANAのアップグレードポイントですが前年のプレミアムポイント数に応じて付与がされますので、既に来年にプレミアムポイントを獲得できる条件をクリアしている場合、アップグレードポイントの前借りをすることが可能となっています(非公式情報ですが実際にやっている方多数)。

これからご説明する、ポイントの利用方法にてアップグレードポイントを利用する時に「ちょっとポイントが足りない」という時や「少し贅沢したい」という時などに非常に有効です。

ポイントの前借りに関してはネットで申込をすることはできず、ANA問い合わせデスクへ電話をして、手続きをすることができますの必要に応じてぜひ活用しましょう!

 

 

 

 

アップグレードポイントの使い方

ANAファーストクラス

 

獲得したANAアップグレードポイントは、以下の3種類の用途において利用することができます。

 

  • 座席クラスのアップグレード
  • ラウンジの利用
  • ANA SKYコインへ交換

 

それぞれに詳しくみていきましょう。

 

①座席アップグレード

【4ポイント】国内線プレミアムクラスにアップグレード

ANAラウンジ

 

まず初めに、獲得したANAアップグレードポイントを使って座席のアップグレードをする方法をご紹介します(国内線と国際線では、若干のルールの違いがありますのでご注意を)。

ANA国内線は、飛行機に乗る当日に空港にて手続きをすることでアップグレードすることが可能となります。(追記:ご搭乗2日前から事前アップグレードできるようになりました)

しかし利用が可能なのは、当然ですが”空席がある場合のみ”となっています。

 

ご搭乗2日前より空席がある場合に、特典航空券を含む運賃(一部を除く)でご利用いただけます。アップグレードご希望便の普通席の航空券を予約・購入済みであることが必要です。

なお、アップグレード手続き時、予約内に複数のお客様が含まれる場合、すべてのお客様がANAマイレージクラブ会員である必要があり、すべてのお客様がアップグレードの対象になります。一部のお客様のみのアップグレード手続きはできません。

 

国内線でアップグレードしたい場合には、1区間一律4アップグレードポイントにてアップグレードすることができます。

嬉しいことに国内線は「特典航空券」利用時にも、アップグレードポイントでプレミアムクラスにアップグレード可能です!

陸マイラー」の方は、マイルで特典航空券を取得して、アップグレードポイントでUGすればかなりお得にプレミアムクラスに乗れますね!

 

ANA1区間アップグレードポイント必要数

 

プレミアムクラスの設定がない路線・機材ではもちろんANAアップグレードポイントを使うことができませんし、国内線はANAグループの運行便に限りますのでご注意を。

 

【国際線】

ANA国際線アップグレードポイント必要数

 

続いてANA国際線です。

国際線は路線によって飛行距離が大きく異なるため、路線によって、また座席クラスによってANAアップグレードポイントの必要数が異なります。

一度は乗ってみたいファーストクラスも「ANA SFC修行」をして50,000プレミアムポイントを獲得した方であれば、24ポイントがもらえますので、一度はアップグレードできる可能性があるということになります!

 

ANAビジネスクラスとエコノミークラス

 

他にも20ポイントを使ってヨーロッパ行くときに運良く往復ビジネスクラスに、なんてことも追加料金なしで可能になるわけですね!これはすごいです。

注意点は国際線は当日空港で手続きするのではなく、事前予約が必要となる点にあります。

 

ANAウェブサイトの会員専用ページ、プレミアムメンバー専用デスクにて、ご搭乗日の355日前~ご搭乗便出発時刻の24時間前までの事前予約が必要です。

ただし、アップグレードの要件(上位クラスのお座席、お食事など)が整った場合に限り、当日空港でもご利用いただけます。

 

当日空港で手続きができる可能性もゼロではないですが、ビジネスクラスやファーストクラスが埋まってしまっていることも多いですし、せっかく355日前から予約できますので事前にアップグレード予約をして確保してしまいましょう!

 

 

 

 

②ANAラウンジの利用

ANAラウンジ画像

 

2つ目の利用先として、アップグレードポイントを使ってANAラウンジを利用することができます

 

ANAプラチナサービスのラウンジ利用説明図

 

各ステータスによって細かい条件があるのですが基本的にプラチナ会員以上では本人+同伴者1名までは無料で利用できますので、2名以上の同伴者も一緒に利用する際に代金の代わりにANAアップグレードポイントを支払うことで利用ができるようになります。(国内線の場合)

 

ANAブロンズサービスのラウンジ利用説明図

 

ブロンズ会員に関しては、ステータスカードを持っていてもANAラウンジを無料では利用することができませんが、2アップグレードポイントを支払うことでラウンジが利用できるようになりますので利用してみましょう。

 

 

③ANAスカイコインに交換

ANAスカイコインロゴ

 

3つ目の利用先として、ANAアップグレードポイントはANAスカイコインに交換することができます。

 

ANAスカイコイン

 

1アップグレードポイントは1,000スカイコインに交換することができますが、スカイコインは1コイン=1円として航空券購入時にお金の代わりに利用することができることを考えると、座席クラスアップグレードに利用した方が利用価値は高いです。

ANAアップグレードポイントの価値を最も高められるのは「国際線アップグレード」、続いて「国内線アップグレード」を狙うに限ります

年度末になっても余っている場合には、スカイコインに交換して航空券購入時の足しとして使いましょう!

 

 

 

 

まとめ

ANAビジネスクラスカウンター

 

今日は、前年の搭乗実績(獲得プレミアムポイント数)によってもらえるANAアップグレードポイントをまとめてみました。

僕も2017年にANA SFC修行が無事終了して、2018年には24アップグレードポイントが手に入りましたので、使える場面を模索していましたが、基本的に国際線は特典航空券で取得してしまうので余りました(若干、存在忘れてました・・笑)。

3月末を過ぎると失効していますのでそれまでにスカイコインに交換して、来年度の航空券購入時に利用したいと思います。

 

 

皆さんは「座席のアップグレード」「ANAラウンジ」「ANAスカイコイン」の中からどの使い方を選択しますか?

残念ながらスカイコインに変えるのはそこまでレートがいいわけではないので、海外に行く際のエコノミー→ビジネスや国内線普通席→プレミアムクラスに利用してみましょう!

 

-航空会社/空港情報