SFC修行/搭乗記 クレジットカード

ANAワイドゴールドカードに20代でも審査通過するための確認事項とは

2017/09/03

「私が証明です。」

どこかのCMでこんなフレーズがありましたが、まさにそんな事象が起こりました。ANA VISAワイドゴールドカードを20代前半の僕でも作ることが出来ました。

今日はなぜ審査に通過することができたのかということを考察してみたいと思います。

恐らく20代でSFCカードを取得したいと考えている方も多いと思いますので少しでも参考になったら嬉しいです。

 

スポンサーリンク


 

 

ANA ワイドゴールドカードとは?

 

ANAワイドゴールドカードとはVISA・JCB・MasterCardの3キャリアから出ているANAのゴールドカードです。

ワイドゴールドカードを持っていると

  • 「飛行機搭乗時の獲得マイルが割増になる」
  • 「ANAマイルからSKYコインへの交換レートが良くなる」

というメリットが発生するので、ANA陸マイラーの必須カードになっています。

2017年にSFC修行を控え、将来的にSFCゴールドの取得を目指す僕にとっては重要なカードです。

より詳細に関してはこちらにまとめてありますのでご覧ください。

 

 

今回は「マイ・ペイすリボ」と「WEB明細書サービス」の合わせ技で最も年会費を安くできるVISAカードを申し込みました。

 

申込み〜審査終了までの流れ

ANAゴールドカード

 

ANA VISAワイドゴールドカードを取得するための申し込み方法は大きく分けて2種類あります。

 

  • 新規申し込み
  • その他のANAカードからの切り替え

 

僕はこれまでANA一般カードを使っていましたので切り替え申請を行うことでゴールドカードの取得を目指しました。切り替え申し込み方法は画像を交えてこちらで紹介しています。

なお年会費をおさえるためにマイ・ペイすリボを申し込むことを検討している方は申し込み日に注意をする必要があります。

マイ・ペイすリボを初年度から年会費割引するためには以下の記事でご紹介した通り、申し込み期限があることが分かりました。チェック必須です。

 

 

切り替え前に準備したこと

 

切り替えを申請する前に少し準備をしました。

というのも今までVISAカードを使ってきて切り替えと言っても一般カードからゴールドカードになるわけですので”審査”が入ります。この審査に合格しなければANA VISAワイドゴールドカードに入会することはできません

審査の基準に関しては公開されていませんが主に

 

  • 「返済能力があるかどうか」
  • 「信用できる人かどうか」
  • 「資産はあるかどうか」

 

一般的にクレジットカードの審査はこの辺りが基準となると言われています。もう少し詳しく説明します。

 

返済能力

クレジットカード

 

判断基準となりうる項目としては

 

「年収」「職業」「勤務先」「勤続年数」「雇用形態」

 

この辺りから判断がされます。

毎月しっかりと利用分を支払えるのか、今後も支払える見込みがあるのかといったことが見られる項目となります。

 

信用力

判断基準になりうる項目としてクレジットヒストリー(クレヒス)と呼ばれる「これまでの利用実績」が挙げられます。

 

  • 毎月しっかりと決められた期日までに支払いができているか
  • 遅延や踏み倒しなどの実績はないか
  • クレジットカードは何枚保有しているのか

 

こういった項目が判断材料として考えられます。

もし自分のクレジットヒストリーを見たいという方は1,000円程の費用がかかりますがCICにて情報開示することで過去5年に渡って自分のクレジットカードや借入状況などが分かります。

不安のある方は利用をお勧めします。

 

資産

判断基準になりうる項目として

 

「預金」「不動産(居住状況や年数)」

 

などが挙げられます。

クレジットカード会社としては利用分はしっかり払って欲しいと考えるのが当たり前です。

もし仮に失職などして支払いが困難になったときの担保となりうるものがあるのかどうかが判断されます。

こういった項目をチェックされることに備えてVISA側からマイナス評価を受けてしまわぬよう、入力項目に誤りがないかそして抜け漏れがないかも確認しました。

 

  • 住所や郵便物お届け先の確認
  • 勤務先や年収の入力&確認

 

確認が終わったらいよいよ切り替え申請をして審査結果を待ちます。

 

いち早く結果が知りたい方はVpassへログイン!

 

審査結果を待っているときが一番ワクワク・ドキドキします。誰でも早く結果を知りたいと思うものです。

様々な方のブログを見ていると早い方だと数時間後には登録のメールアドレスに審査通過の連絡が来ます。遅い方だと1週間以上かかる例も報告されています。

1週間ともなると「大丈夫かな?」と不安も大きくなりますよね。

通常の新規申し込みの場合または申し込み番号が分かる方はこちらのサイトで情報を入力することにより現在の状況を照会することができます。

でも僕もそうだったのですが、「申し込み番号わからないーーー!」という方もいると思います。

そんな方で僕と同じ一般カードからの切り替え申請でしたらVpassの画面を見ることでいち早く審査結果を知ることができます。

VpassというのはVISAが提供するオンライン上で毎月のクレジットカード利用状況や登録状況を確認できるサービスです。

いち早く確認するためには「ログイン→カード種類を切り替える」画面をもう一度立ち上げます。すると個人情報の同意などがあってさらに進むと

 

こちらのカードは、すでにお申し込みいただいております。

 

という表示に変わります。VISAから公式にアナウンスが出ているわけではありませんので推測も含まれますがこの状態のときには「申し込みをしたけれどもまだ審査に入っていない状況」と考えていただいてほぼ間違いありません。

しばらくするとこちらの画面表示が変わります。

 

恐れ入りますが、ログインいただいているカードではお手続きできません。

 

正直、これを見たときは審査落ちたと思いました。

でも大丈夫です。まだ可能性は50:50です。このメッセージがでるというのは「申し込みが受理されて審査が開始されている」と推測することができます。

その数時間後(個人差があります)再度Vpassにログインしてみました。すると、、

 

 

「おまとめログインサービス」のご登録という見慣れないページに自動的に飛びました。最初ログイン後の仕様が変わったのかなとも思いましたが違いました。

 

”おまとめ”ということは2枚以上VISAカードが存在しているということじゃないですか!

 

もう少し下に画面を移すとメインカードの選択もできるようになっていました。

 

 

しっかりと記されています。「ANA VISAカード」と「ANA VISAゴールド」という2つのカードが!これをみて確信できました。

 

無事に審査通過。

 

やったー!!!!!

ついに ANA VISAワイドゴールドカードを取得することができます。昔の表現でいう関所を通過できた気分というところでしょうか。

いずれにせよ嬉しいです。正直通らないかも・・・・と思ってました。

 

僕が審査に通らないかもと思った理由

 

今回の申し込み時における僕の状況を公開します。

クレヒスなどが違うので僕と同じ年齢層や似通った状況で申し込みをしても通らない可能性もあれば僕よりも悪い状況で通る可能性もあります。

 

  • 年齢:20代前半
  • 勤続年数:3年以内
  • 年収:500万-750万の間
  • 学生時代からANA VISAカードユーザー
  • リボ残高&数年前に遅延歴あり

 

特に一番気になっていたのは数万円ですが旅行に行った時に利用したリボの残高が残っていたこと年齢の部分です。

日程を完全に忘れていて発生してしまった遅延に関しては時間が少し立っていますし問題はないだろうと思っていました。

年齢の部分に関しては以前はワイドゴールドカードは30歳以上という申し込み基準だったそうですが現在では20歳以上に改定されているとはいえ、やっぱり不安でした。

ですが結果は無事に通過本当に良かったです。

最後になぜ今回、審査を通過できたのかを考察して見ましょう。

 

スポンサーリンク


 

 

審査通過理由を考察する。

ANAカウンター

 

審査に無事に通過できた理由を考察してみたいと思います。

最終的にカード会社側にどの部分を評価いただいたのかは分かりませんが自分の感覚としてあるのは長年ANAカードユーザーとしてクレヒスを育ててきたことが大きかったのかなと思っています。

学生カードに始まり、一般カード、今回のゴールドカードと恐らく5年以上は使っていると思います。マイルを貯めたい一心でメインカードとして使っていたので毎月何らかの支払いをしていました。

それを長年続けてきたのが良かったと思っています。

他に考えられる理由としては数年前に一度遅延がありましたがその後は支払日までに引き落としされていましたし、目立って大きなミスもなくこれたのが良かったのかもしれません。

またVISAではありませんがこのカード以外にもゴールドカードを所有しているので、そういったところも審査の加点となった可能性はあると思います。

ざっと審査の流れをまとめてみました。もしこれから応募する方で分からないことがあれば問い合わせフォームからご連絡ください。

一度審査に落ちてしまっても、時間が経てば何度か挑戦することが可能ですので諦めずワイドゴールドカード狙って見ましょう!

Halohalo(ハロハロ)でした!ALOHA〜!

 

宜しければANAワイドゴールドカードに関連する他の記事もご覧ください。

-SFC修行/搭乗記, クレジットカード