▼当ブログへ初めてお越しの方必見▼ 

SPG AMEX入会は今!4.5万ポイント!

今ならANA AMEXで9万マイル獲得可能!

JAL航空券をお得に手に入れる方法まとめ!

ANA・JAL航空券を実質無料で購入する方法

年間20万マイルの貯め方!王道ルート公開中

一発でマリオット/Ritzの上級会員になる方法

 

クレジットカード

海外クレジットカードの闇!現地通貨か日本円はどちらで決済するのがお得?

海外でクレジットカード日本円と外貨

海外でクレジットカードを利用する際の注意点!現地通貨、日本円比較してみた

海外でクレジットカード決済をしようと思った時に「現地通貨決済にするか、日本円決済にするか」という選択肢を迫られたことはありませんか?

普通のレストランであれば、店員さんも当記事に記載しているような理由があることを知らない場合がほとんどだと思うので「どちらも同じ金額だけどどっちがいい?」くらいのテンションでサラッと聞いてくる。

だけど実際は、現地通貨を選ぶか日本円を選ぶかによって大きく結果は変わってきます

これ、知れば知るほど本当に知っておかないと怖いと感じています。

アメリカならば米ドルか日本円、欧州ならユーロか日本円、どの地域でも結果は基本的に同じなのでぜひ頭に入れておきましょう!

 

スポンサーリンク


 

 

現地通貨にするか?日本円建てにするか?

添好運クレジットカード

 

日本では「VISA」「マスターカード」「JCB」「アメックス」など様々なカード会社のクレジットカードが発行されており、カード文化が進む海外では、カードが信頼の証となっています。

もちろん、日本で入会したクレジットカードも海外で利用できるわけですが、レストランやカフェ・ショップなどでカードを利用する際に「現地通貨決済にするか?日本円決済にするか?」選択を迫られることがあります。

選択肢が提供される方法は様々で・・・

 

  • 店員さんから尋ねられる場合
  • 端末で自分で選ぶ場合
  • 勝手に選択されている場合

 

店員さんに聞かれたり、端末で自分で選ぶ場合に間違えた選択をしてしまった場合には自分が知らなかったことがいけないので100歩譲って納得できますが、勝手に選択されて損をしている場合にはもう最悪としか言いようがありません。

そんなことあるの?と疑問に感じる方もいるかもしれませんが、実際に僕もフランス・パリのカフェで勝手に損をする形で決済された経験があり、すぐにレシートを見て気が付いたので決済し直してもらった、ということがありました。

 

円建てはNG。現地通貨でクレカ決済

台北

 

さて、本題です。現地通貨と円建てどちらがお得なのでしょうか?

答えは、ほぼ100%に近い形で「現地通貨決済」を選択するのが正解です。

端末に現地通貨額と日本円のマークが表示されていると、現地通貨は為替レートを計算するのが面倒ですし、やはり見慣れている日本円の方が安心感があるので、一瞬気の迷いを起こします。

でもその気持ちはグッと押し殺して、現地通貨決済を選びましょう。

はっきり言って日本円で決済も出来ますよ!という便利さをウリにした、究極のトラップ(引っ掛け)がそこには存在しています。

 

ANA VISAカード
 

 

なぜ円建ては高くなるのか

添好運の値段

 

もう少し詳しく説明します。

日本で発行されたクレジットカードを海外で「現地通貨決済」すると、明細に上がってくる金額は以下の数式に当てはめて請求がなされます。

 

  • カード会社ごとの基準レート×商品価格+カード会社の外貨取引手数料

 

VISA・マスター・JCB・AMEX、それぞれ国際ブランドごとに為替レートを参考に決められた基準レートとカードごとに決められた外貨取引手数料の合計金額が請求額となります。

カード会社の定めた基準レートは公開されているので透明性があり、手数料は多少の差こそありますがカード会社ごとに約1.60~2.50%の範囲の中で設定されているので最高でも0.5%程度の開きです。

正直0.5%でも高いと言われればそれまでなのですが、これは現地通貨 or 日本円の選択のようにユーザー側で操作できるものではないので海外でカードを利用するためには仕方ありません。

ここでは会社ごとに価格差がそれほど大きくないと覚えておけば十分ですが、あえて突っ込むならば「Diners<JCB<VISA=Master<AMEX」の順に手数料が高めと覚えておきましょう。

実はアメックスカードは海外で利用しようとすると、ブランドとしては他社よりも手数料が高めです。

 

円建て選択時の計算数式

ANAスーパーフライヤーズカード

 

一方で、決済時に円建てを選択した時の計算数式はどのようになるのでしょうか。

 

  • 加盟店が決めた基準レート×商品価格+カード会社の外貨取引手数料

 

パッと見てこの怖さがお分かりになりますでしょうか。カード会社の外貨取引手数料は円建ても外貨建ても同じです。

異なるのは円建てを選択した場合に「加盟店が決めた基準レート」で代金が計算されている点で、極端な話をすると加盟店が通常の為替レートに10%の手数料を載せた金額だったしても、現在のルールでは有効な金額として決済されてしまうのです。

これめちゃめちゃ怖くないですか!!知らず知らずに損をしていた可能性がある方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

VISAホームページの注意文について

visa

 

VISAのホームページを見てみるて、今回の件についてこんな風に書かれていました。

 

決済通貨が選択できる場合

お店によっては、現地通貨、日本円(JPY)どちらで決済を希望するか選択いただける場合があります。
日本円を指定した場合、その場で支払金額を確定できるメリットがありますが、お店が決定した為替レートで日本円に換算されることから、弊社で日本円に換算する場合に比べて割高になる可能性がありますのでご注意ください。
日本円での請求を希望しない場合は、その場でお店へ申し入れを行ってください。
また、希望した通貨とご利用代金明細書に記載の通貨が異なる場合には、弊社までご連絡ください。

 

やはり気になるのは「お店が決定した為替レート」です。

経済の専門家でも投資家でもないお店の関係者でも、為替レートを決められてしまうのです・・・。

僕は初めて知った時、今までに何度か日本円で決済してしまったことへの後悔と、どれだけ理不尽なルールが多くの方の身近なところに存在しているんだよという憤りを覚えました。

実は度々、このことはインフルエンサーと呼ばれるような方々が問題視しているのですが、お店もカード会社も結託して収益源の一つになっていることは間違いなく、一向に改善される気配がありません。

本当に気をつけないとあからさまなケースだとフランスのカフェのように、断りなく日本円決済を選択しようとしてきます。

じゃあ利用しなければいいのかと言うと、やはりクレジットカードは便利なので、利用者側で注意をしてトラブルにならないよう備えましょう。

 

 

 

まとめ(対応策)

VISA・マスターカード・AMEXなどクレジットカードを海外で利用しようとすると、聞かれる「現地通貨決済か日本円決済か」の選択の謎をまとめてきました。

これまでに何度も日本円で決済する方を見てきましたが、ほぼ全てのケースで現地通貨決済を選択した方がお得なので、間違えないようにしましょう。

 

  • はっきりと現地通貨決済したいと伝える
  • 金額を確認する
  • レシートを確認する

 

とはいえクレジットカードは上手く使えばかなり便利なので、損をしてしまわないようにこれらのことに注意しながら、海外で活用して行きましょう!

 

おすすめリンク

-クレジットカード