航空会社/空港情報

ANA特典航空券でマイルを貯める方法。ライフタイムマイル制度を活用しよう

シャルルドゴール空港のANAチェックインカウンター

忘れがち!特典航空券利用時にもマイルを貯めたい方は「ANAライフタイムマイル」を申請しよう

ANAライフタイムマイル(LTマイル)は、ANAマイレージクラブ入会から現在までの総飛行距離に応じて、通常のANAマイルとは別枠で貯められるシステムです。

みなさんは特典航空券利用時に、どうせマイル貯まらないからいいやと搭乗券を捨ててしまっていませんか?実はANAでは特典航空券利用時にもライフタイムマイルを貯めることが可能です。

総飛行距離に応じて加算されていくのでマイルを使った特典航空券利用時にも、ANAライフタイムマイルを貯めることができるのですが自動では加算されず、申請をしなければいけません。

ANA国際線利用時にはもちろん、国内線利用時には「デルタ航空のニッポン500マイルキャンペーン」と合わせてぜひ活用していきましょう!

 

スポンサーリンク


 

ANAライフタイムマイル(LTマイル)とは?

ANA logo

 

ANAライフタイムマイル(通称:LTマイル)とは、ANAマイレージクラブ入会から現在までの総飛行距離に応じて、貯めることができるマイルシステムです。

いわば飛行機に乗ることによって一生涯貯めてきた総マイル数(マイル口座に積算されたご搭乗分の区間基本マイレージの合計)ですので、通常のANAマイルとは別枠で貯めることができ、失効などといった概念もありません。

ANAライフタイムマイルは、「ソラチカルート」のように裏技的に貯める方法はなく、飛行機に乗ることでしか貯めることができないため難易度が高く、積み上げていくとANAから一生涯に渡り特典サービスを受けることが可能です。

 

ライフタイムマイルの特典内容について

ANAライフタイムマイラー一覧

 

ANAライフタイムマイル(LTマイル)を積み上げていくと「ミリオンマイラープログラム」の特典を受けることが可能となります。得られる特典は、以下の通りです。

ネームタグ 特典1 特典2 特典3
50万 × × ×
100万 ×
200万
300万

 

オリジナルネームタグをプレゼント

ANAライフタイムマイルのネームタグ

 

「50万」「100万」「200万」「300万」それぞれ積算してきたライフタイムマイル数に応じて、オリジナルのネームタグがプレゼントされます。

それぞれデザインが異なり、全ANAマイレージクラブメンバーの中でもごく少数の方々しか持っていないタグとして誇り高きネームタグとなっています。

 

特典1:生涯にわたるANA SUITE LOUNGEの利用権

ANAライフタイムマイルのラウンジ利用権

 

「200万」「300万」ライフタイムマイルホルダーの方に送られる特典として、一生涯に渡ってANA SUITE LOUNGEを利用することができます。

通常ダイヤモンドメンバーが利用可能となっているANA SUITE LOUNGEに、いつでもアクセスすることが可能となるのは大きなメリットです。

 

特典2:マイル有効期限が一生涯延長

ANAライフタイムマイル特典

 

「100万」「200万」「300万」ライフタイムマイラーに送られる特典として、保有しているANAマイルの有効期限を一生涯にわたって延長してくれるサービスが用意されています。

通常ANAマイルの有効期限は3年に設定されていますが、恐らくこのライフタイムマイル特典を受けることができる方々というのはたくさんのANAマイルを保有していることでしょうから、失効せずにずっと有効期限を延長できるのは非常に嬉しい特典です。

 

特典3:スーパーフライヤーズカード

ANAライフタイムマイル特典

 

「100万」「200万」「300万」ライフタイムマイラーには、スーパーフライヤーズの申し込み権利が特典として付与されます。

ここまでライフタイムマイルを貯める方々はすでにSFCをお持ちの方も多いかと思いますが、100万ライフタイムマイルを超えると年度のステータスに関わらず、いつでもSFCに申し込みをすることが可能となります。

スーパーフライヤーズカード(SFC)の詳細と種類については「ANAスーパーフライヤーズ全8種類を解説」をご覧ください。

 

ライフタイムマイルは特典航空券利用時にも積算可能

ANA

 

 

そんな様々な特典を受けることができる、ANAライフタイムマイルサービスですが総飛行距離に応じて貯めることができるので、通常マイルが貯まらない「特典航空券利用時」にも積算することが可能です。

当然、国内線・国際線どちらも対応しています。

 

  • 通常ANAマイル:積算×
  • ライフタイムマイル:積算○

 

それに加えて以前ご紹介した通り、ANA国内線利用時には「デルタ航空のニッポン500マイルキャンペーン」にてデルタ航空の500マイルももらうことができますので、実は特典航空券利用時にもマイルを貯める方法が存在しているということをここでは覚えておきましょう。

 

スポンサーリンク


 

 

実際に事後申請でライフタイムマイルを積算してみた

羽田空港のanaラウンジ

 

ただし、特典航空券利用時にANAライフタイムマイル(LTマイル)を積算しようと思ったら事後登録申請をする必要があります。残念なことに自動では積算してもらえません。

 

ANA国内線特典航空券・ANA国際線特典航空券のご利用でLTマイルの積算をご希望の場合は、ご搭乗から6カ月以内に事後登録手続きをお願いいたします。

ANAライフタイムマイル事後申請

 

今日は先日利用した「羽田ー伊丹往復航空券」の申請がまだなので、実際に申請をしてみたいと思います。上記画像の通り、積算される前のライフタイムマイル数は32,636LTマイルです(これまで申請を忘れてどれだけ損してきたことか・・・・)。

搭乗日翌日午後から申請が可能で、6ヶ月を過ぎてしまうと申請をすることができませんのでご注意ください。

まずはANAトップページにアクセスしてログイン後、マイメニューから会員情報・管理タブへ進み、「マイレージ事後登録」から国内線・国際線それぞれ申請したいボタンをクリックしましょう。

 

ANAライフタイムマイル事後申請

 

今回は、国内線の申請なので国内線事後登録ボタンをクリックします。

マイレージクラブお客様番号および氏名などの確認を終えたら、搭乗した便名などの入力画面へと進みます。

 

ANAライフタイムマイル事後申請

 

「搭乗日」「便名」「区間」「座席番号」を入力し、間違いがないことを確認したら「登録する」ボタンで確定させましょう。

 

ANAライフタイムマイル事後申請

 

完了画面には「加算0マイル」と表示されるため、うまく申請できていないのかなと考えがちですが、そんなことはありません。

あくまでも通常マイルの積算がゼロになっているだけで、入力ミスがない限りライフタイムマイルは加算されています。

 

ANAライフタイムマイル事後申請

 

もう一度ライフタイムマイル数を見てみると32,636→32,916ライフタイムマイルへ増えています。

ライフタイムマイル申請の事後申請は、ANA利用便であれば基本的に即時行われますので念のためしっかり加算されているかを確認するようにしましょう。

これにてライフタイムマイル積算のための事後申請は完了です!

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

ANAライフタイムマイルまとめ

 

ANAライフタイムマイル(LTマイル)についてまとめてきました。いかがでしたでしょうか。

 

  • 基本的には自動加算
  • 特典航空券でも積算可能だが事後申請必要
  • スターアライアンス便利用時にも積算可能

 

旅割などの料金プランにて代金を支払って購入した航空券の場合は、基本的に自動加算されますが特典航空券の場合は、事後申請が必要です。

また「中国国際航空パリ旅行」の記事でもお伝えした通り、スターアライアンス各社利用時にもチェックイン時申告するか、事後申請にて積算可能ですので、忘れずに利用しましょう。

僕もこれまで積算されていないことに気がつかなかったり、申請を忘れるなどしてたくさんのライフタイムマイルを失ってきました・・・。

そのようなことがないように、通常のANAマイルとは別枠で貯められるライフタイムマイル、たくさん貯めると特典もついてきますのでぜひチャレンジしてみましょう!

以上、Halohalo(ハロハロ)でした。ALOHA〜!

 

おすすめリンク

-航空会社/空港情報