▼当ブログへ初めてお越しの方必見▼ 

SPG AMEXがお得!3.9万ポイント!

ハワイ人気NO.1ツアー体験してみた

今ならANA AMEXで9万マイル獲得可能!

JAL航空券をお得に手に入れる方法まとめ!

ANA・JAL航空券を実質無料で購入する方法

年間20万マイルの貯め方!王道ルート公開中

一発でマリオット/Ritzの上級会員になる方法

 

航空会社/空港情報

JAL国内線の当日アップグレード方法まとめ!クラスJ・ファーストクラス攻略方法とコツ!

2019/04/22

JAL当日アップグレード方法

普通運賃、先得、特典航空券、どこかにマイル、ブリティッシュエアウェイズのマイルを使ったJAL特典航空券などJAL航空券をゲットする方法は様々ですが、その全てで座席アップグレードをすることが可能です。

普通席から+1,000円でアップグレードできるクラスJ、+8,000円でアップグレードできる国内線ファーストクラスはいずれも人気で、満席(空席待ち)となっていることも多いので、なかなか利用するチャンスに恵まれません。

当記事では、そんなJAL国内線の当日アップグレード方法をまとめてみました。アップグレードしやすくするコツもご紹介していますので、参考にどうぞ!

 

スポンサーリンク


 

 

ファーストクラス・クラスJの当日アップグレード料金

JALクラスJアップグレード

 

では、まずはJAL国内線の当日アップグレードではどのような座席に、いくらでアップグレードすることができるのかチェックしてみましょう。

JAL国内線でアップグレード可能な座席は、以下の2つです。

 

  • クラスJ
  • 国内ファーストクラス

 

JAL国内線の当日アップグレードでは、普通席からクラスJ、または国内線ファーストクラスへ追加料金を支払ってアップグレードすることが可能です。

普通席→クラスJ→ファーストクラスの順にいい座席となります。それぞれのアップグレード料金が以下の通りです。

 

  • 普通席→クラスJ:+1,000円
  • 普通席→ファーストクラス:+8,000円
  • クラスJ→ファーストクラス:+7,000円

 

普通席→クラスJは1,000円でアップグレードできるため非常に手頃、就航路線が限られますがファーストクラスは8,000円の追加料金でアップグレードすることができます。

 

ANA A321プレミアム

 

参考までにANA国内線の普通席→プレミアムクラスへのアップグレードは路線ごとに異なりますが、東京ー沖縄では+14,000円となっていますので、JALはお手頃な価格でアップグレードをすることが可能です!

参考:ANAプレミアムクラスアップグレード価格一覧

 

 

 

JAL国内線の当日アップグレードの座席種類

続いて、そんな当日アップグレードで利用可能なクラスJやファーストクラスの座席がどのようなものなのか確認してみましょう!

 

【JAL国内線】クラスJ座席紹介

JALクラスJアップグレード

 

普通席からたった1,000円でアップグレードできる「クラスJ」は、国内数多くの路線で導入されている座席クラスです。

普通席に比べて座席幅(シートピッチ)が18cmアップ、シート幅3cmアップ、座席間の肘掛け幅も12cmアップして、快適性が向上するシートとなっています。

 

JALクラスJアップグレード

 

1,000円でアップグレードできる手頃さで、コスパが良いと人気のシートですのでぜひ体験してみましょう!

※ただし食事・ドリンク等のサービスは普通席と同じで、JALラウンジも利用することができません。

 

追記:実際に普通席→クラスJへアップグレードしてみました。

 

【JAL国内線】ファーストクラス座席紹介

JAL国内ファーストクラス座席

 

続いて普通席から+8,000円、クラスJから+7,000円でアップグレードできる「国内線ファーストクラス」です。

 

普通席 クラスJ ファースト
シートピッチ 約79cm 約97cm 約130cm
シート幅 約44cm 約47cm 約53cm

 

シートピッチやシート幅は、クラスJよりもさらに30cm以上広いゆったり仕様の本革シートは「ANAよりも良い!」と定評があります。

ちょうどANAのプレミアムクラスと同等の座席クラスとして扱われていますが、JALの方が主要路線は当日アップグレード料金が安いのでお試ししやすいシートですね。

関連記事:ANAプレミアムクラスへのアップグレードが2日前から可能に!変更点まとめ

 

JALファーストクラス食事

 

またJAL国内線ファーストクラスでは、国内線でも時間帯によって異なる食事(朝食、夕食、夕食)が提供されます。

空腹時には追加でオーダーできるカップ麺なども用意がありますので、非常に優雅な空の旅を体験することが可能です。

ただし路線はかなり限定的で東京(羽田)-福岡・札幌(新千歳)・大阪(伊丹)・沖縄(那覇)にて定期運行していますので、機会があればぜひアップグレードに挑戦してみましょう!

※出発空港では専用保安検査場、Diamond Premier Lounge(DPラウンジ)、サクララウンジを利用することも可能です。

 

 

ANA VISAカード
 

 

全ての航空券運賃・特典航空券で利用可能<種類>

JALクラスJアップグレード

 

JAL国内線の当日アップグレードは、先得などの様々な割引運賃で購入した航空券やマイルを使って発券した特典航空券であっても当日アップグレードをすることが「可能」です。

JALの特典航空券と言えば、往復6,000マイルで日本のどこかに行けるミステリーツアーならぬミステリー航空券の「どこかにマイル」を利用する場合にもアップグレードすることが可能です。

実際に僕もどこかにマイル利用時にアップグレードの経験があります。片道3,000マイル+1,000円でクラスJに乗れるんですからね・・・かなりコスパ良いです。

関連記事:JALどこかにマイルでクラスJへ当日アップグレードしてみた!

 

またJALは、ブリティッシュエアウェイズのマイルを使ったJAL特典航空券もお得で便利ですが、もちろんBA発券の特典航空券でも当日アップグレードすることができます。

関連記事:ブリティッシュエアウェイズ BAマイル(Avios)の貯め方!JAL国内線特典航空券にオススメ

 

当日アップグレードの手順方法

JAL国内線に搭乗する際に当日アップグレードをしたい!という場合には、以下の手順でアップグレードすることが可能です。

 

  1. 空席を確認する
  2. 当日空港カウンターでアップグレード申請
  3. アップグレード完了

 

当日アップグレードは早い者勝ち。空席確認が大切!<方法>

JALクラスJアップグレード

 

まず当日アップグレードをしたいという方に知っておいて欲しい事は、「当日空席がある場合は早い者勝ちでアップグレード可能」というルールです。

JALには一般会員、上級会員(クリスタル・サファイア・ダイヤモンド・JGCプレミア)など会員によってステータスの違いがありますが、当日アップグレードに関してステータスは関係ありません。

残席が埋まるまで「早いもの順」でアップグレードの受付が行われていきますので、事前に空席があるかどうかを確認しておくことは非常に重要です。

実は満席なのに空席を確認せずに当日早く空港に行ってもアップグレードできませんし、せっかく空席があってアップグレードができる状況なのに、空港到着がギリギリになったために先客で満席となりアップグレードできなかったという状況を避けることが可能となります。

事前の空席確認はJAL公式HPにて、自分の搭乗する便を検索して確認しましょう!

 

JALクラスJの空席

 

クラスJ、ファーストクラスそれぞれ○、△、×、または空席数が表示されているので、自分の搭乗する便の空席状況を確認して空いている場合にはアップグレードを狙ってみましょう!

 

 

 

 

当日アップグレードができる場所

JAl

 

いざ、自分が搭乗予定の便のクラスJやファーストクラスに空席があることを確認したら、当日アップグレードに挑戦することができます。

当日アップグレードは「有人チェックインカウンター」または「自動チェックイン機」で行うことが可能です。

有人チェックインカウンターは混雑していることも多いので、自動チェックイン機でサクッと自分で操作をしてアップグレードした方が手続きのスピードは早いです!

 

空港にて空席がある場合は、すべての運賃でアップグレードが可能です。(別途料金が必要です)

※自動チェックイン・発券機でも変更可能です。

※チェックインがお済みの場合でも変更可能です。

空港での空席待ちの際は、空席待ち券発行時に、ご希望のご搭乗クラスをお知らせください。

 

空席状況によって時間はかかるけど安心・確実な有人チェックインカウンターと、スピードが早い自動チェックイン機を使い分けるのがオススメです!(有人チェックインカウンターが並んでいなかったら、僕はチェックインカウンター派です)

自動チェックイン機で行う場合は、予約情報を読み込んで座席確認画面に「アップグレード」というボタンがありますので、ご希望の座席を選択すればアップグレード完了です!

 

空席待ちになったら上級会員優先

JAL

 

クラスJ・ファーストクラスそれぞれ満席だった場合、同じ要領で自動チェックイン機でも空席待ちを入れることができます。

空席がある限り一般会員・上級会員に関係なく早いもの順でアップグレードが可能になるJALの当日アップグレードですが、満席となった場合には早いもの順ではありません。

ここは大事なポイント。

ステータスごとに振り分けられた種別、整理番号が記載された空席待ち整理券が配布され、仮に空席が発生した場合には上級会員から順番にアップグレード手続きを行うことが可能となります

 

  1. 種別S:JMBダイヤモンド・JGCプレミア・oneworldエメラルド
  2. 種別A:JGCグローバルクラブ・JMBサファイア・JMBクリスタル・oneworldサファイア・oneworldルビー
  3. 種別B:一般会員

 

当然S→A→Bの順番にアップグレードされていきますので、沖縄などの人気路線で一般会員の場合はアップグレードするのがかなり厳しくなりますね・・・。

同じ種別の人が複数人いる場合には、基本的には発券順で整理番号が振られていきます。例えば種別Sの1、Sの2といった具合です。

種別S+全ての整理番号が呼び終わると種別Aへ、種別Aの全ての整理番号が呼び終わると種別Bへ移っていきますので覚えておきましょう。

アップグレードの呼び出しは搭乗口付近で約20分前から開始しますので、ラウンジを利用の場合は早めに搭乗口へ向かいましょう。

そちらで種別ごとの空席待ちの人数も確認することも可能です。あとは空席待ちが落ちてくるのを祈りましょう・・・!!

 

 

 

 

当日アップグレード成功のコツは早く空港に行くこと

羽田空港JAL

 

JAL国内線で当日アップグレードをするコツは「前日に空席を確認して、当日はできるだけ早く空港に行くこと」これに尽きます。

前日の段階ですでに満席となっている場合で一般会員の方は、空席待ちとなって種別Bになるのでほぼほぼアップグレードは厳しいと思いますので・・・当日も従来通りの時間でOKで、そこまで早く空港に行く必要はないと思います。

参考記事:国内線は何分前に空港到着するべき?ANA/JAL/LCCの締切時間まとめ

 

クラスJ・ファーストクラスに空席がある場合には、早いもの順でアップグレードを確約できますのでできるだけ早く空港へ向かいましょう。

JALのホームページを見ると、最新の空席状況が分かりますのでギリギリのタイミングで早く空港に行くかどうかを決断しても良いと思います。

 

羽田空港JAL

 

残席がある場合はもちろんですが、満席となっている場合でも種別SまたはAを獲得できる方の中で、とにかくアップグレードの確率を高めたいという方は空港に早く行くべきです。

同じ種別の中で発券が早い方からアップグレード可能となっていますので、いち早く発券しましょう!

※注意:整理番号を該当便の空席待ちの人数を示すものではありません。例えば整理番号が100番となっていても100人待ちというわけではなく、当日朝からの累積の人数が表示されていますので、該当便が100番から呼び出しスタートになる可能性もあります。

 

 

 

 

JAL国内線の当日アップグレードまとめ

JALカウンター

 

今日は、JAL国内線の当日アップグレードを勝ち取るコツをまとめてみました。

 

  • 空席の確認が大切
  • 空席がある場合は先着順
  • 満席の場合は種別・整理番号順で上級会員優先
  • 自動チェックイン機でも手続き可能
  • 早く空港に行こう

 

とにかく前日・当日の空席確認てはは非常に重要です。空席状況によって動き方が変わってきます。

空席がある場合にはステータスに関係なく先着順、満席となった場合に上級会員から順番に振り分けられていきます。

意外と知られていませんが自動チェックイン機でもアップグレードの手続きは可能なので、一刻を争う時には機械でアップグレード手続きをするとスムーズに完了することができますよ!

 

おすすめリンク

-航空会社/空港情報