▼当ブログへ初めてお越しの方必見▼ 

SPG AMEXがお得!3.9万ポイント!

ハワイ人気NO.1ツアー体験してみた

今ならANA AMEXで9万マイル獲得可能!

JAL航空券をお得に手に入れる方法まとめ!

ANA・JAL航空券を実質無料で購入する方法

年間20万マイルの貯め方!王道ルート公開中

一発でマリオット/Ritzの上級会員になる方法

 

航空会社/空港情報

【超混雑】シンガポール空港 第3ターミナル マルハバラウンジをレビュー!プライオリティパス利用可

2020/06/07

シンガポール空港第三ターミナルのマルハバラウンジ

旅の楽しみの一つ「空港ラウンジ」、今日はシンガポール・チャンギ国際空港 第3ターミナルの「Marhaba Lounge(マルハバラウンジ/メルハバラウンジ)」をレポート!

ニュージーランド航空やアシアナ航空などの出発・到着ターミナルになっている第3ターミナルにあって、「Priority Pass(プライオリティパス)」「LOUNGE KEY(ラウンジキー)」「ダイナースカード」をお持ちの方も利用することができます!

ラウンジは1フロアの構造となっており、ドリンクや食事類は充実していますがとにかく混雑・・・

このラウンジはいつ行っても本当に混雑しています。今日はそんなMarhaba Lounge(マルハバラウンジ)の様子をレビュー!

※チャンギ国際空港には第三ターミナルには、プライオリティパスラウンジとして「SATSプレミアラウンジ」や「アンバサダートランジットラウンジ」などが用意されています。一番オススメは「SATSプレミアラウンジ」、そちらを利用するのがベターです。

 

スポンサーリンク


 

 

シンガポール空港のマルハバラウンジ概要

Marhaba Lounge(マルハバラウンジ)

 

まずはじめに、シンガポール・チャンギ国際空港・第3ターミナルにあるMarhaba Lounge(マルハバ/マーハバラウンジ)概要を見てみましょう。

 

名称 Marhaba Lounge
営業時間 24時間営業
フードコーナー
アルコール
シャワー
新聞・雑誌

 

チャンギ国際空港の第3ターミナルにあるMarhaba Lounge(マルハバラウンジ)は、充実した内容のホットミールを含めたフードコーナーやドリンク、シャワールームなどが提供されています。

 

Marhaba Lounge(マルハバラウンジ)

 

よく見たら、第一ターミナルにあってJALの指定ラウンジにもなっているdnataラウンジと同じ運営になっていました。

dnataラウンジも人気のラウンジとなっているので、機能が充実しているのは納得です。

ただ皮肉にも、どちらのラウンジも常に混んでいるという・・・・。

 

prioritypass

 

Priority Pass(プライオリティパス)」「LOUNGE KEY(ラウンジキー)」「ダイナースカード」などカードを提示して利用する場合には、最大3時間まで滞在可能となりますのでご注意を!

シンガポール空港は世界一ラウンジが充実していると言われており、今回ご紹介するラウンジ以外にもたくさんのプライオリティパスラウンジがありますのでぜひ比較して利用してみましょう!

個人的に一番オススメは第一ターミナルのプラザプレミアムラウンジ !!

ラウンジ機能が充実していて、シャワーも綺麗、食事も美味しいです!JAL利用ターミナルとなっていますのでオススメ!

第三ターミナル内だったら、SATSプレミアラウンジガ2018年にはプライオリティパス内のアワード受賞歴もあるラウンジとしてオススメです!

 

 

 

実際に訪れてみた様子をレポート!

それではここからは2019年9月、実際にシンガポール・チャンギ空港のMarhaba Lounge(マルハバラウンジ)を訪れましたので様子をレポート!!

 

ラウンジの場所

Marhaba Lounge(マルハバラウンジ)

 

チャンギ国際空港 第三ターミナルにあるMarhaba Lounge(マルハバラウンジ)は、制限エリア内にあるためチェックイン→手荷物検査&出国審査を終えた後に利用が可能です!

ちなみに・・・制限エリア前に「Priority Pass(プライオリティパス)」を保有していて利用できるラウンジは、流れる滝で有名なJEWELエリアに「チャンギラウンジ(Changi Lounge)」があり利用可能です!

またこちらのラウンジは、いくつかの航空会社の指定ラウンジとなっており・・・

  • チャイナエアライン
  • ガルーダインドネシア航空
  • ミャンマー航空
  • スリランカ航空

などの航空会社を利用する際の指定ラウンジになっています。ということは・・・設備充実!航空会社の指定ラウンジになっていると、設備が充実しているラウンジが多いです!

シンガポールは巨大空港ということもあり、各ターミナルごとに本当にラウンジが充実していて、世界で一番ラウンジが充実している空港と言われています。

無事に出国審査を終えると「Marhaba Lounge」の文字が見えてきますので、表示に従って進みましょう。Singapore Food Streetの近くにラウンジがあります。

JAL利用ターミナルの第一ターミナルや、ANA利用の第二ターミナルなどから訪れる場合には、無料シャトルが空港内を循環していますので、乗り込むことで移動可能です。

 

シンガポール第二ターミナルのSATSプレミアラウンジ

 

ラウンジに入室するとすぐにフロントデスクがありますので、搭乗券とパスポート、それから「Priority Pass(プライオリティパス)」などを提示して入室しましょう!

 

到着時にも利用できる?

シンガポール空港のSATSプレミアラウンジ

 

ちなみに…シンガポール・チャンギ国際航空は出発ターミナルと到着ターミナルが一体型の構造となっているので、到着時にもラウンジを利用することが可能です!

深夜到着便などで朝まで空港内にいたいな・・・という場合にも利用可能ですので、ぜひ利用してみましょう。

今回実は僕も到着時の利用でしたが、全く問題ありませんでした。

ただしこちらのラウンジは、最大で利用が3時間までと制限されていますのでご注意を!

 

 

 

 

 

ラウンジ内の雰囲気

Marhaba Lounge(マルハバラウンジ)

Marhaba Lounge(マルハバラウンジ)

 

Marhaba Lounge(マルハバラウンジ)を利用する際の注意点として、いつも大混雑ということが挙げられます。本当にいつ行っても混んでいます(上記写真は公式サイトのもの)。

実は2020年初旬の段階ではシンガポール航空ラウンジが改装中となっていたために、シンガポール航空の指定ラウンジとなっているんですよね・・・そのためシンガポール航空のビジネスクラスを利用する方などを中心にラウンジ内はごった返しています。

ビジネスクラス利用時にこの混雑でクレーム出ないのだろうか・・・。

工事が終わったら空くことを願います。混んでいなければ吹き抜けの構造で、開放感もあっていいラウンジだと思います。

わざわざこのためだけに第三ターミナルを訪れる必要はないと思いますが、出発ターミナルが第三ターミナルの場合には比較的空いていることが多い「SATSプレミアラウンジ」の利用がオススメです!

一応夜間など横たわって寝るのは禁止とのことですが、利用者はほぼみんな横たわるようにして寝ていました笑。

 

 

 

 

食事(フードドリンクコーナー)の様子

「SATSプレミアラウンジ」

 

なんとか座席が確保できたところで続いて、フードドリンクエリアへ!

 

Marhaba Lounge(マルハバラウンジ)

Marhaba Lounge(マルハバラウンジ)

Marhaba Lounge(マルハバラウンジ)

Marhaba Lounge(マルハバラウンジ)

Marhaba Lounge(マルハバラウンジ)

Marhaba Lounge(マルハバラウンジ)

 

カウンターテーブルにはパスタ、スープ、サンドウィッチ、チキンヌードルなど多数のホットミールを中心に、パン・サラダなどが用意されています。

食事はホットミールの種類も多いですし、フライト前に利用するラウンジとしては十分です!カップラーメンなんかも用意されていました。

食事はプライオリティパスラウンジの中では充実しているので、十分こちらのラウンジで食事を済ませることも可能かと思いますよ〜!!

シンガポール空港内にはたくさんのラウンジがありますので、気分によって使い分けてもいいかもしれないですね!

もちろんデザート含めて全てのメニューを無料で楽しめます!

今回利用したのは夜だったのですが、午前などに利用すると一部メニューが変わるようです。季節によっても変わるようですし、時間帯ごとに楽しめる内容もいいですね!

 

無料アルコール提供あり!

Marhaba Lounge(マルハバラウンジ)

Marhaba Lounge(マルハバラウンジ)

Marhaba Lounge(マルハバラウンジ)

Marhaba Lounge(マルハバラウンジ)

 

実はこちらのラウンジは、いくつかの航空会社の指定ラウンジとなっていることもあって、ドリンクはかなり充実しています!!

冷蔵庫にソフトドリンクの用意があるのはもちろん、アルコールコーナーが用意されていて、カクテルなどはこちらで作ることもできます!

赤白ワイン、ビールなどのアルコールがしっかり提供されていて全てのメニューが無料!!tingerビールの生ビールサーバーも嬉しい!!

同じく第三ターミナルにあるアンバサダートランジットラウンジは、アルコール有料となっていたので、ラウンジによって差があるようです。用途に合わせて使い分けるのがオススメ!

アルコールは飲みたい方はSATSプレミアラウンジか、こちらのMarhaba Lounge(マルハバラウンジ)へ!

 

Marhaba Lounge(マルハバラウンジ)

 

その他、ラウンジ内には新聞コーナーなども完備していますので、混雑さえしてなければ数時間であれば問題なく過ごすことできると思いますよ!

またラウンジ内の各所にはコンセントが設置されていて、充電可能です。

ほぼ全てがユニバーサル対応しているコンセントだったので、日本のコンセントタイプもそのまま利用できます。USBも利用OK!

 

シャワールームの様子

チャンギ空港第一ターミナルのSATSプレミアラウンジ

 

シンガポール空港のMarhaba Lounge(マルハバラウンジ)は、ありがたいことにシャワールームを用意しています!

基本的にセルフサービスで利用するという感じでしたが、随時清掃されていて綺麗で十分すぎる設備でした!!!

シャワールームの入り口にタオルなども用意されているので、追加料金なしで利用できます。時々、用意がないことがありますが、その場合はフロントの方に伝えたら問題なくもらえます。

ただシャワールーム内にシャンプー・コンディショナーの用意がなく、ボディソープのみの用意なので必要な方は持参する必要があります。

それか「SATSプレミアラウンジ」ならシャンプーなども充実しているので、使い分けしましょう!

今回は大混雑だったので、早々にラウンジを後にして訪問完了です!!!

 

スポンサーリンク


 

 

まとめ

Marhaba Lounge(マルハバラウンジ)

 

シンガポール・チャンギ国際空港の第三ターミナルにあるMarhaba Lounge(マルハバラウンジ)の様子をレポートしてきました、いかがでしたでしょうか。

 

  • プライオリティパス利用可能
  • ラウンジ内はいつも大混雑
  • 航空会社指定ラウンジ
  • アルコール無料
  • 食事充実
  • シャワーあり

 

航空会社の指定ラウンジになっているということもあってアルコールコーナーがあり、座席もゆったりめのソファ席が多く設備は充実しています。

ただ大きな問題は混雑。今回も大混雑で座るところもほとんどない状況だったので、混んでいなかったらシンガポール空港にて乗り継ぎの際、フライト前にぜひ訪れてみましょう!

総合的に見てみると同じ第三ターミナルにある「SATSプレミアラウンジ」の方がオススメですよ!!それでは!

 

-航空会社/空港情報