▼当ブログへ初めてお越しの方必見▼ 

JAL航空券をお得に手に入れる方法まとめ!

ANA・JAL航空券を実質無料で購入する方法

年間20万マイルの貯め方!王道ルート公開中

【仮想通貨】Zaifコイン積立が250万円突破!

 

旅行情報

【ベニスビーチ】おすすめ観光スポット9選と駐車場情報

ベニスビーチ

アメリカ・ロサンゼルスにはたくさんのビーチエリアがありますが、その中でおすすめスポットの1つとなっているのが「ベニスビーチ(Venice)」です。

サンタモニカにもほど近い場所に位置するベニスビーチの周辺には、雰囲気の良いホテルが立ち並び、サーフィンスポットとしても人気です。

当記事では、そんなベニスビーチのおすすめ観光&買い物スポットと駐車場情報をお伝えしていきたいと思います!

 

スポンサーリンク


 

ベニスビーチ概要

 

ベニスビーチは、 ロサンゼルス国際空港から約20分の距離に位置する観光スポットです。

ロサンゼルスの有名観光スポット「サンタモニカ」にも近く、レンタサイクルなどを利用して海岸沿いをサイクリングしながら、訪れることも可能となっています。

 

ベニスビーチのレンタサイクル

ベニスビーチのサイクリングロード

 

サイクリングロードもあるので、海風を感じながら大変走りやすいですよ!

また、ベニスはストリートパフォーマー発祥の地としても有名で、たくさんのパフォーマーが昼夜問わずパフォーマンスしていますので合わせて必見です。

 

 

おすすめ観光(買い物)スポット

ベニスビーチ

 

そんなベニスビーチのおすすめ観光(お買い物)スポットを、見ていきましょう。

 

①ベニスサイン

ベニスサイン

 

ベニスビーチにある、「VENICE」と記されたサインはとても人気があります。

この辺りはとても活気があり、黒人の物売りもかなりしつこく付いてくるのでご注意を!

サインがある場所は、車が行き交う場所なので交通マナーに気をつけて写真撮影を楽しみましょうね!

 

②ビーチサイド

ベニスビーチ

ベニスビーチ

ベニスビーチ

 

絵になりますね〜。ベニス”ビーチ”と言うだけあってサンタモニカの方面までずっと海岸が繋がっていて、夏は海水浴を楽しむ方々で溢れかえります。

筆者が訪れた日は冬の時期(冬といっても20度くらい)だったので、サーフィンをする方々くらいでしたが、暖かくて散歩コースに最適です。

 

③マッスルビーチ

マッスルビーチ

マッスルビーチ

 

あの、シュワちゃんことアーノルド・シュワルツェネッガーもここで体を鍛えていたというジムが「マッスルビーチ」です。

ベニスサインにほど近い場所に位置しています。

屋根などはなく太陽の光を浴びて、筋トレするマッチョな方々が常にたくさんいる場所です。

日本ではあまり見かけないスタイルですが、欧米諸国では公園にこういった筋トレ器具があることも少なくないので、ぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

 

ベニスビーチのバスケットコート

ベニスビーチのシャワー

 

周囲にはバスケットボールコート(ロスはとにかくバスケ人気が凄い)や、バスルームもあります。

日本でもおなじみ、ゴールドジム1号店も近くにありますのでご興味ある方は訪れてみてはいかがでしょうか。

 

④フィッシング・ピア

フィッシングピア

フィッシングピア

フィッシングピア

 

マッスルビーチから南へ1キロほど進むとあるのがフィッシングピアです。

写真からも分かるように海に伸びた桟橋で、その名の通り「釣り」を楽しむ人が大勢いますので、邪魔にならないよう注意しましょう。

 

⑤カラフルな飲食店&お土産店

ベニスビーチ

ベニスビーチ

ベニスビーチのお土産店

ベニスビーチのお土産店

ベニスビーチのお土産店

 

ベニスビーチには、たくさんのお土産屋さんが店を構えています。

特にベニスサイン、マッスルビーチ周辺はお店の数が多く活気があります。

複数商品を購入する時には交渉すると安くしてくれることもあるようなので、大量購入する時には思い切って値切ってみましょう。

売っている商品はTシャツ、バッジ、キーホルダー、ステッカーなどがメインです。

 

⑥パブリックアート(壁画)

touch of art

ベニスビーチのパブリックアート

 

ベニスビーチ周辺の壁や建物には、たくさんのパブリックアートが描かれています。

中でもベニスサイン近くにある白黒で描かれた「Touch of Venice」は有名で、写真でみる以上に大きな作品なので感動することでしょう。

 

ベニスビーチの路面アート

 

その他にも、デニスホッパーや路面にもデザインされている絵が至るところにありますので、ぜひお時間ある方はたくさん探してみるのはいかがでしょうか。

 

⑦スケートパーク

 

たくさんのスケーターが滑るスケートパークが、ベニスビーチにはあります。

 

 

普段から滑っている方が多いのでコースを熟知していて、後ろ向きに滑ってみたりジャンプしてみたりとダイナミックなスポットです。

周囲にはギャラリーも多く、技が飛び出すと歓声が上がるなどアメリカらしさを感じられるスポットでしょう。

 

⑧ビーチサイドの別荘

ベニスビーチの別荘

ベニスビーチの別荘

 

ベニスビーチ周辺は別荘地となっており、ホテルや大きな家、そしてスタイリッシュな建物が多いので、見ていてとても楽しくなります。

散歩しながら海側だけでなく、建物にも注目してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

ベニスビーチのサーフィン情報

ベニスビーチは、サーフスポットとしても有名です。

ロサンゼルスにはマリブビーチ、ハンティントンビーチなどいくつものサーフスポットがありますが、ベニスビーチもいつも名前が挙がっているビーチの一つです。

波はそこまでビックウェーブが来るような場所ではありませんが、空港からのアクセスがよく利便性が良いというのが長所から、季節問わずサーフィンをしている人が見受けられます。

100ドル程度でサーフィンレッスンスクールもいくつも開講されていますので、記念に利用してみるのも良いかもしれません。

 

ベニスビーチの駐車場情報

ベニスビーチの駐車場

 

ベニスビーチ周辺にはたくさんの駐車場(スポット)が営業しています。

主に以下の2つを利用すると良いでしょう。

 

  • (短時間)路上パーキング
  • (長時間)パブリックパーキング

 

路上パーキングについて

ベニスビーチ周辺には、たくさんの路上駐車スポットが存在しています。

緑色の看板に記載されている駐車可能表示を見ながら、駐車しましょう。

パーキングメーターが設置されているスポットでは、駐車代金の先払いが必要になります。旧式のメーターではコインのみ、新しいタイプのものだとクレジットカードも利用可能です。

 

 

場所にもよりますが15分=15セント程度と安価ですので、無賃で切符を切られないようしっかり代金を支払っておきましょう。

ロサンゼルスは、駐車違反の取り締まりがかなり厳しいので利用する時間より多めに入金しておくと安心です。

youtubeにいくつか動画も上がっているので、ぜひ参考にどうぞ!

 

パブリックパーキングについて

 

ベニスビーチ周辺にはたくさんのパブリックパーキングも存在しています。

基本的にどのパブリックパーキングも、1日料金を採用しているので1時間停めた場合と、1日フルで停めた場合の運賃は変わりません。

料金は6ドル〜15ドル程度なので長時間停めておく場合にはパブリックパーキングを、雰囲気だけ味わってすぐに再出発するという方は路上駐車スポットを探すのがオススメです。

パブリックのオススメスポットは、フィッシングピアの近くにある「オーシャンフロントウォークパーキング」です。ベニスビーチの中心からは若干離れるということもあり、1日6ドルで停められます。

 

 

まとめ

ベニスビーチ

 

ベニスビーチのオススメ観光スポットをご紹介してきました。

ロサンゼルス国際空港(LAX)から車で20分ほどとアクセスがよく、有名観光地のサンタモニカにも近いのでぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

  • ベニスサイン
  • パブリックアート
  • マッスルビーチ

 

時間がない方は、とりあえずここだけは抑えておきましょう!どれも近いので歩いて回ることができます。

ストリートパフォーマー、サーファー、たくさんの物売りなどとにかく賑やかなベニスビーチ、一度は訪れてみるべきスポットですよ!

 

おすすめリンク

-旅行情報