▼当ブログへ初めてお越しの方必見▼ 

SPG AMEXがお得!3.9万ポイント!

ハワイ人気NO.1ツアー体験してみた

今ならANA AMEXで9万マイル獲得可能!

JAL航空券をお得に手に入れる方法まとめ!

ANA・JAL航空券を実質無料で購入する方法

年間20万マイルの貯め方!王道ルート公開中

一発でマリオット/Ritzの上級会員になる方法

 

飛行機搭乗記

がっかりシート!成田ー香港ビジネスクラス搭乗記。キャセイパシフィック航空B777-300レビュー【CX509便】

キャセイパシフィック航空成田ー香港ビジネスクラス搭乗記

これまで貯めてきたアラスカ航空マイルを利用してCX509便「東京(成田)ー香港」路線のビジネスクラスに搭乗してきました!

キャセイパシフィック航空の東京ー香港路線は、羽田も含めるとA350、A330、B777が導入されている路線で、機材によって大きくビジネスクラスのシート仕様が異なります。

日本からも比較的近く旅行に行きやすい場所でありながら、いくつかの機材に乗ることができるので、旅行の際に違う機材に乗ってみるのも旅行の楽しみ方の一つですね!

今回搭乗した羽田路線のCX509便は、09:00発のフライトとなるので日中の香港観光を旅行初日から楽しみたい方にオススメの便!

ただ日にもよるのですが、がっかり機材な時が多い便でもあります・・・!

写真とともに詳細をレビューします!!

 

スポンサーリンク


 

 

CX509便フライト概要

キャセイパシフィック航空成田発ビジネスクラス

 

それでは、まずは搭乗した今回のフライト概要をまとめていきましょう。

当記事でご紹介する今回僕が搭乗したフライト概要は、以下の通りです。

 

  • 出発地:東京(成田)/09:00
  • 到着地:香港/13:25
  • 所用時間:5時間25分
  • 航空会社:キャセイパシフィック航空
  • 便名:CX509便
  • クラス:C(ビジネスクラス)

 

日本と香港の間には時差が1時間ありますので表示上は4時間となっていますが、実際は約5時間少々でフライトすることができます!

 

 

今回実は最初は羽田発のCX543便を特典航空券で予約していたのですが、なぜか出発1週間前くらいになって成田発のCX509便に予約が変更になってしまいました・・・。

もちろん「変更させていただいて宜しいですか?」というような断りはなく、一応確認してみたらいつの間にか変わっていたのでした・・・。

特典航空券を発券する際には機材変更、出発空港の変更、最悪の場合日程変更になるリスクがあるということをくれぐれもお忘れなくどうぞ。

今回もたまたま確認したので気が付けましたが、そのまま羽田に行っていたら・・・と思うと怖すぎます。ご注意を!

キャセイパシフィック航空の成田ー香港路線はA350、A330、B777の3機種が導入されていて、一概には言えないのですが基本的にはA350、A330の便を選択した方が良いシートとなっていることが多いです(場合によってはA330でもがっかりシートになっていることがあるので予約時にご注意を)。

それもあって、今回はA330機材便だった羽田の午前発を予約したのですが、航空会社都合のフライト変更になって、B777になってしまいました・・・。

B777もいくつかタイプがあって中長距離路線になるとファーストクラス設定のあるB777になったり、ビジネスクラスもフルフラットタイプの機材の場合もあるのですが成田ー香港路線は2-3-2配列のB777(77P)となっていることが多いです。

今回も残念ながら、そのB777の77Pという機材に当たってしまいました・・・。

こればっかりは本当に難しくて、今回搭乗したCX509便もA330で運航されている日も多いんですよね!というかベースはA330で運航されているようです。

日によってコロコロ変わるようですので、しっかり計画して予約して、最後は運次第かもしれませんね・・・!

 

ビジネスクラス特典航空券は片道22,500マイル!

キャセイパシフィック航空

 

キャセイパシフィック航空の特典航空券は、いくつかの発券方法がありますが「アラスカ航空のマイルを使って発券する」これが一番お得な方法です。

東京ー香港ーアジアが片道22,500アラスカ航空マイルで発券です!

アラスカ航空マイルは日本に住んでいるとなかなか馴染みのないマイレージプログラムですが、JAL・キャセイパシフィック航空などの特典航空券をかなりお得に発券できますので、マイラーは知っておくべきプログラムの一つです。

マイルの貯め方、お得なJALビジネスクラス発券方法などの詳細は下記へ。

 

 

しかもアラスカ航空は片道発券もOK、往復ビジネスクラスである必要はなく、ビジネス+エコノミーの組み合わせも可能ですので、検討してみましょう!

今回は東京ー香港経由ーモルディブの片道ビジネスクラスを、22,500マイルで発券しました。

あまり知られていない裏技としては東京ー香港ー関西、このフライトも片道のマイル数で発券できます(ただし香港滞在は24時間以内)。

大阪に行くのに、香港を経由して観光しても良いですし、世界トップクラスと言われるキャセイパシフィック航空のラウンジ巡りを楽しむのもいいですね!

日程の都合がつかなくなってしまってキャンセルしてしまったのですが、僕もこのルートは発券経験がありますのでご興味ある方はぜひ!

 

 

 

 

東京(成田)ー香港ビジネスクラス搭乗記

それでは、ここからは実際にCX509便「東京(成田)ー香港」キャセイパシフィック航空ビジネスクラス搭乗記をお届けします!

 

ビジネスクラスカウンターでチェックイン!

キャセイパシフィック航空成田発ビジネスクラス

 

CX509便「成田ー香港」の定刻は09:00となっているため、今回は7時ちょっと前に成田空港国際空港第二ターミナルに到着をしました。

成田空港第二ターミナルは、保安検査開始時刻が7:15〜となっていますので各社7時過ぎからチェックインを開始します。

7時に到着しようと思ったら、都内中心部を朝5時台に出発することになりますのでなかなかの早起きです・・!やはり東京の中心部からは、羽田空港の方が便利ですね!

 

キャセイパシフィック航空成田発ビジネスクラス

 

キャセイパシフィック航空のカウンターに到着してみると、このようにチェックイン開始時刻が記載されていて今回搭乗するCX509便は06:40チェックイン開始とのこと。

すでに開始時刻を回っていましたが、結局カウンターがオープンしたのは予定より遅れて07:00ちょうどでした。

そしてチェックインはできても保安検査は07:15にならないとオープンになりませんので、ラウンジなどには行けませんのでご注意を。

 

キャセイパシフィック航空成田発ビジネスクラス

 

この時間ビジネスクラスカウンターは数人が待っている状況でしたが、エコノミークラスのチェックインカウンターにはチェックイン開始を待つ列ができていましたので、今回も優先カウンターを利用して時間短縮をすることができました。

ちなみにJGC修行などをしてJAL上級会員(JMBダイヤモンドなど)になっている方や他社ワンワールド加盟航空会社の上級会員(エメラルド・サファイア)になっている方は、エコノミークラスを利用する際にもビジネスクラスのチェックインカウンターを利用することができます

上級会員の資格を持っている方は、迷わずビジネスクラスのカウンターへ進みましょう。

 

キャセイパシフィック航空成田発ビジネスクラス

 

預け入れ荷物などがなかったら、自動チェックイン機でチェックインするのも良いのかもしれないですね!(ただその場合は搭乗券がレシートのような薄いペラペラの用紙になります)

 

キャセイパシフィック航空

 

無事にチェックインをすることができました〜!

キャセイパシフィック航空のビジネスクラスカウンターでチェックインすると、ラウンジクーポンなどと一緒に上記画像のようなケースに搭乗券を入れてくれるんですね!なかなか良いサービス!

 

優先保安検査場の利用がおすすめ!

成田空港優先保安検査場

 

続いては、保安検査場へと進みます。

JAL上級会員およびJGC会員の方をはじめ、各航空会社の上級会員の方、ビジネスクラス利用・ファーストクラス利用の方は優先保安検査場を利用することができます。

この日は朝早い便だったのでそこまで通常のレーンもそこまで混雑していませんでしたが、せっかくなので保安検査場に設置された優先保安検査場を利用してみました。ガラガラなので、並ぶことなく保安検査場を通過することができました!

混雑している時はかなり時間短縮できると思いますので、優先保安検査場の利用もオススメです!

続いて、自動出国審査機で出国審査をサクッと終えて、制限エリアへと進んでいきましょう。

 

 

 
 

制限エリアのJALサクララウンジがオススメ

成田空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ

 

キャセイパシフィック航空は、成田空港に自社ラウンジ「キャセイパシフィック航空ファーストクラス&ビジネスクラスラウンジ」を構えています。詳しくは下記。

 

 

チェックインカウンターでもこちらのラウンジの利用をオススメされたのですが、正直あまりオススメはできません。

というのもキャセイパシフィック航空ラウンジは必要最低限という感じのラウンジですし、成田空港では同じワンワールドに加盟する「JALサクララウンジ」を利用することができるんですよね!!

JALは言うまでもなく東京をベースに国際線を各地に運行していますので、ラウンジもサクララウンジが一番充実しています。

本館、サテライトに二ヶ所JALラウンジありますが、広さや充実度は本館の方が充実しているので、どちらか迷ったら本館側のラウンジを利用しましょう!詳しくは「成田空港JALサクララウンジをレビュー」へ

加えて成田空港の第二ターミナルには、ワンワールドに加盟するアメリカン航空ラウンジ、カンタス航空ラウンジなどが存在しますので、お時間のある方はせっかくの機会なのでラウンジホッピングしてみるのも楽しいですね!

 

成田空港のJALサクララウンジ

 

2019年にリニューアルされて料理や設備も充実している、本館側JALサクララウンジオススメです!!!

今回は時間いっぱいまでJALサクララウンジでゆっくり過ごしました。

 

定刻で機内へ!B777にいざ搭乗!

キャセイパシフィック航空成田発ビジネスクラス

 

JALサクララウンジで過ごしていると時が過ぎるのは本当にあっという間で、搭乗時刻に。

朝早いフライトということもあり、そもそもラウンジに到着できるのが7:30くらいですからね・・・!1時間もすれば08:30の搭乗開始時刻となります。

今回は成田空港第ニターミナルの一番北側にある搭乗口「75」番が指定の搭乗口となっていました。

ビジネスクラス搭乗時には、キャセイパシフィック航空が搭乗時に実施している優先搭乗を使って機内へ入っていくことが可能です。

 

キャセイパシフィック航空成田発ビジネスクラス

キャセイパシフィック航空

 

今回搭乗したB777-300型機にはファーストクラスの設定はありませんので、ビジネスクラスが最上位クラスです。

早めに乗りたい方は、あらかじめラウンジから移動しておくことをオススメします!

 

キャセイパシフィック航空成田発ビジネスクラス

 

途中で機体前方に位置するビジネスクラス向けのブリッジと、エコノミークラス向けのブリッジに分かれ道がありました。

今回はビジネスクラス利用ですので、左側へと進みます。

 

 

 

 

B777-300(77P)のビジネスクラス座席

キャセイパシフィック航空成田発ビジネスクラス

キャセイパシフィック航空成田発ビジネスクラス

 

いざB777-300(77P)に導入されている、キャセイパシフィック航空のビジネスクラスの座席に初対面です。

この時ふと思ったのですが接続する香港ーモルディブ路線はA330型機だったので、羽田からフライト変更になってはしまいましたが、結果的に乗り比べができて良かったのかもしれません笑。

B777-300のビジネスクラスは、2-3-2配列で6列のみ計48席がビジネスクラスに設定されています。

せっかくのビジネスクラスの夢を壊すようですが、正直A777-300の短距離ビジネスクラス機材の座席は「がっかりシート」に分類されるのかなと思います。

今は1-2-1配列のスタッガード、フルフラット仕様などがスタンダードとなっていますからね・・・!

今回は香港で乗り継ぎをして、次のフライトはフルフラットと分かっていましたのでそこまで気になりませんでしたが、香港への単独フライトの場合にはやはりフルフラットシートを選択されることをオススメします。

日によって、シーズンによっても変わるのが一概には言えませんが基本的にはGoogleフライトなどで検索をして、A350、A330のフライトを選んであげるとフルフラット仕様の機材となる可能性が高いです。

料金や必要マイル数は変わりませんからね・・・できれば良い機材に乗ることをオススメします!

今回は窓側ビジネスクラスとしては最前方の12列目「12K」と「12H」を座席指定してみました!いわゆる前が隔壁のバルクヘッド席と呼ばれる座席です。

ちなみに特典航空券などを発券する際には、事前座席指定ができますのでぜひ事前にご希望の座席を指定しておきましょう!

 

キャセイパシフィック航空成田発ビジネスクラス

 

今回は幸いにも妻が隣のシートだったのでのびのびと使うことができましたが、2-3-2の真ん中席などはビジネスクラス感がかなり低い座席なのかな・・・と感じます。隣の席も利用客がいるとなおさらの窮屈感だと思います。

 

キャセイパシフィック航空成田発ビジネスクラス

キャセイパシフィック航空成田発ビジネスクラス

キャセイパシフィック航空成田発ビジネスクラス

キャセイパシフィック航空成田発ビジネスクラス

キャセイパシフィック航空成田発ビジネスクラス

キャセイパシフィック航空成田発ビジネスクラス

キャセイパシフィック航空成田発ビジネスクラス

 

座席周りに充電可能なUSBポート、ACコントローラーなどもありますが、いずれも旧式のもので決して新しく快適とは言えません。やはりこの辺りは文字通りがっかりシートという感じ。

僕は機内で映画を見ることがあまりないので気になりませんでしたが、バルクヘッド席の場合にはモニターも壁に設置されているタイプで遠くなりますのであまりオススメはできません。

 

キャセイパシフィック航空成田発ビジネスクラス

 

その場合には前に座席のある13列目以降のシートの利用をオススメします。

 

キャセイパシフィック航空成田発ビジネスクラス

 

座席に着くとウェルカムドリンクの提供があり、あっという間にドアクローズとなって、飛行機が動きだしました。

 

キャセイパシフィック航空成田発ビジネスクラス

 

この日の東京は弱い雨が降っていて、冴えない天気・・・!

 

ビジネスクラス 東京(成田)路線の食事

キャセイパシフィック航空成田発ビジネスクラス

キャセイパシフィック航空成田発ビジネスクラス

キャセイパシフィック航空成田発ビジネスクラス

 

オンタイムで離陸後、飛行も安定していたのですぐにベルトサインが消えて、ドリンク配布・機内食の提供が開始しました。

テーブルはそこそこ大きいのでパソコン作業などにも困りませんでしたが、やはり最先端のビジネスクラスと比べると見劣りしてしまいます。どこをとってもビジネスクラスという印象は弱く、旧型感は否めません。

 

キャセイパシフィック航空成田発ビジネスクラス

キャセイパシフィック航空成田発ビジネスクラス

キャセイパシフィック航空成田発ビジネスクラス

キャセイパシフィック航空成田発ビジネスクラス

 

キャセイパシフィック航空の日本路線ビジネスクラスでは、フライト時間こそ短いですがスパークリングワイン・赤白ワインなどのアルコールも追加料金なし無料で好きなだけ楽しめます。

今回は搭乗したCX509便は朝09:00発なので、朝食メニューの提供で、メニューにアルコールの記載はありませんでしたがオーダーしたら普通にもらえます

ただ長距離路線などに比べてワインリストなどは充実しているとは言えませんので、基本的にはラウンジなどで飲むのがオススメです。

 

キャセイパシフィック航空成田発ビジネスクラス

キャセイパシフィック航空成田発ビジネスクラス

 

今回僕はスクランブルエッグの卵メニュー、妻はうどんをオーダーしていましたが、どちらも味は日本人にも相性のいい味付けで美味しかったです!

 

キャセイパシフィック航空成田発ビジネスクラス

キャセイパシフィック航空成田発ビジネスクラス

 

食後にはヨーグルトとコーヒーをいただいて、今回は食事フィニッシュ。

ラウンジでもすでに食べていますし5時間ほどのフライトですからね!これで十分です。

ラウンジで食べてきているのだと思いますが、食事を食べていなかった方も数名いらっしゃいました。それもありだと思います!!

 

香港国際空港到着!

キャセイパシフィック航空成田発ビジネスクラス

 

機内食を食べた後は、音楽を聞いたり、充電したり、機内誌を読んだりしていたら、あっという間に飛行機は着陸態勢へと入って行きました。

 

キャセイパシフィック航空成田発ビジネスクラス

キャセイパシフィック航空成田発ビジネスクラス

 

東京は雨模様でしたが、香港は快晴!

九龍湾、尖沙咀、ビクトリアハーバーなどが機内から綺麗に見えました!風向きなどにも寄りますが右側(K列側)の座席を指定しておくと、良い景色が見えると思います!飛行機の上から見る景色は格別です!

 

キャセイパシフィック航空成田発ビジネスクラス

 

そして無事に香港国際空港に到着!

この日はそこまで搭乗者で混雑していませんでしたが、混んでいる時にはビジネスクラス利用客が一番最初に降りられますし、降機後もかなりの時間短縮になると思いますのでオススメです!

荷物を預けた場合には、プライオリティタグがつけられますのでバゲージクレームでも最初の方に荷物が出てきますよ〜!

さすがこの辺りはビジネスクラス!!というわけでこれにてキャセイパシフィック航空のビジネスクラス搭乗記完結です!

 

スポンサーリンク


 

 

まとめ

キャセイパシフィック航空

 

CX509便「東京(成田)ー香港」ビジネスクラス搭乗記をお伝えしてきました。

 

  • 優先チェックインあり
  • 優先保安検査場あり
  • A777-300はがっかりシート
  • A350かA330機材がオススメ

 

ビジネスクラス利用時には、空港到着から機内、そして現地空港まで優先的にスイスイと進んでいくことができます。

CX509便は朝早いフライトになりますので、そこまで混雑はしていないと思いますが、やはり優先的に案内してもらえるというのは嬉しいものです。

今回搭乗したA777-300(77P)は残念ながら、キャセイパシフィック航空のビジネスクラスの座席の中ではがっかりシート。

東京ー香港はA350、A330など便によって、人気のビジネスクラスシートを体験できますのでぜひ利用してみましょう!

基本的には特典航空券の利用がオススメで、その場合はアラスカ航空のマイルをうまく活用するとお得に乗ることができますよ!それでは!

 

おすすめリンク

-飛行機搭乗記