▼当ブログへ初めてお越しの方必見▼ 

JAL航空券をお得に手に入れる方法まとめ!

ANA・JAL航空券を実質無料で購入する方法

年間20万マイルの貯め方!王道ルート公開中

【仮想通貨】Zaifコイン積立が250万円突破!

 

SFC修行/搭乗記

ANA国際線乗継の国内区間を片道5000円で予約する2つの方法

2018/07/25

ANA国際線に乗る際に国内乗り継ぎ区間が日本全国どこでも片道5,000円になると聞いて、予約方法を調べていませんか?

ANAでは、通常2万円近くするような路線であっても国際線利用時の国内移動区間を片道一律5,000円にする制度を導入しています。

通常、地方からANA国際線を利用する際には「地方空港→東京→海外」というルートを取りますが、東京に出るまでの航空券代が高いと地方在住者にとって海外旅行が非常に不利になってしまいます。これを解決するために、国際線利用時限定で片道5,000円・往復1万円の価格で日本全国どこでも行くことができるというカラクリです。

地方在住者にとってお得な情報になることはもちろんのこと、SFC修行をする方は当記事の内容を理解することで効率的にSFC修行をすることができますよ!!

 

スポンサーリンク


 

 

ANA国内区間を片道5,000円で購入する方法

ANA国際線利用時に、国内区間を片道5,000円で購入する方法は2パターン存在します。

 

  1. 国際線予約ページにて購入
  2. 旅作にて購入

 

以下に、それぞれ解説して行きます。

 

方法①:国際線予約ページにて購入

ANA国際線予約画面

 

まず、初めにご紹介する方法はANA公式サイトの国際線予約ページから購入する方法です。

ANA国際線予約ページにアクセスしましょう。

今回は、サンプルとして「羽田ーシンガポール路線」の前後に片道5,000円で沖縄発着便を同時購入してみたいと思います。

国際線航空券検索画面から出発地「沖縄」、到着地「シンガポール」を選択します。

ご希望の日程、それから搭乗クラスを選択する際に、エコノミークラス以外(プレミアムエコノミー・ビジネスなど)を希望する方は検索ボックス下部「検索条件を追加する」ボタンをクリックしてウィンドウが開いたら「プレミアムエコノミー」などのご希望の搭乗クラスを選択します。

 

プレミアムエコノミークラス選択方法

 

また、エコノミークラスもプレミアムエコノミークラス利用時も共通して「前後3日の運賃を検索」には、チェックを入れておきましょう。次の画面で値段の比較がしやすくなります。

 

航空運賃比較画面

 

画面はエコノミークラス「沖縄ー東京ーシンガポールー東京ー沖縄」ルートの値段表です。

先ほど、「前後3日の運賃を検索」にチェックを入れることによって、一目で最安日を確認できる一覧で航空券を検索することができます。

左上にオレンジのマークを付いている最安価格日を探すと探しやすいでしょう。

画面の日程で検索をした場合は10月31日発ー11月3日戻りの便が61,160円で一番安く予約することができるようになっています。今回は他の日程との差が数百円程度ですが差が大きいときは数万円違うこともありますので、比較しながら安い日を選択していきましょう。

設定はできたら「次へ」を押して詳しい旅程の選択に移ります。

 

フライト選択画面

 

東京での乗り継ぎ便を選択する際の注意点は、東京で成田ー羽田間の移動を伴うルートを誤って選択しないように気をつけましょう。

もちろん、タイムスケジュール的にそれを望んでやる場合は構いませんが、予約したあとに気がついても予約の変更ができない場合があります。

移動を伴う、旅程を選んでしまうと基本的に自分で電車やバスなどの公共交通期間で移動しなかればいけませんので、面倒ですし時間もかかります。必ず確認をするようにしましょう。

フライトスケジュールを選択できたら次へ進めていきます。次画面では、一覧で諸税などの情報を確認することができます。

 

合計金額確認画面

 

今回検索をした日程では、沖縄ー東京往復+東京ーシンガポール往復の計4便を、運賃「55,000円」+税金という金額で予約することができました。安いですね。あとは画面に沿って個人情報の入力をしていけば、無事に国内区間を5,000円での予約が完了です!

 

実際に価格を比較してみた

それでは本当に「沖縄ー東京」「東京ー沖縄」の2便合わせて1万円になっているのか、「東京ーシンガポールー東京」のみの往復料金と比較してみましょう。

予約・検索の進め方は先ほどご紹介した方法と同じです。

ANAトップページから今度は「東京ーシンガポールー東京」を入力し、日付は先ほどに同じく10月31日発ー11月3日戻りの便で進めていき、合計金額表示画面で確認をしましょう。

 

合計金額確認画面

 

運賃の表示にご注目ください。45,000円と表示されています。

先ほどは運賃の欄が55,000円だったのでちょうど差し引き1万円です。ということは最初にご説明した方法で検索すると「海外乗継割引」が適用され、国内線区間が往復1万円になっているということが確認できました。

 

 

これにて、国際線予約ページから予約する方法完了です!決して難しいことはありません。

続いて、「海外乗継割引」を適用することができるもう1つの予約方法をお伝えします。

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

方法②:旅作にて購入

国内線区間が往復1万円になる海外乗継割引が適用になる、もう1つの購入方法それは「旅作」を使い予約する方法です。

旅作(たびさく)はANAが提供する「航空券+ホテル」が一緒になったツアープランのことです。

場合によっては、ホテルが付いても航空券のみで購入する際よりも安くなることもありますので、航空券購入時には一度チェックされることをオススメします。

 

旅作予約ボタン

 

ANA国際線トップページの予約画面から、左側のボックス「旅作」を選択します。

 

  • 国内線出発地「沖縄」
  • 国際線出発地「東京」
  • 到着地「シンガポール」

 

入力ボックスが出てきますので、今回のルートを上記の通り入力しましょう。

比較しやすいようにここでは先ほどと同じ日付(10月31日発ー11月3日戻りの便)で検索します。(2名1部屋利用プランで検索)

 

旅作2名予約画面

 

すると自動的に検索結果が表示されます。検索された価格を見てみると、最安価格は2名で120,200円、一人あたり60,100円です。

もう一度言いますが旅作は航空券とホテルがセットになった商品です。今回はシンガポールにて3泊がついてこの値段です。破格ですね。先ほどは航空券だけで61,120円でした。

陸マイラーさんの多くは1名で行く方も多いと思いますので一応1名でも検索してみました。

 

旅作1名予約画面

 

71,600円。2名で行くより1名で行く場合には、一人部屋追加料金が加算されるため1万円ほど高くなりました。これはしょうがないですね。日本でも1名料金は高かったりしますもんね。

料金検索時には、注意をしましょう。

この価格で納得であれば、あとは画面に沿って進めていくだけです。難しいことはありません。

 

マイルとPPの積算率について

旅作フライトマイル説明図

 

通常であればこれで安くできたー!よかったー!で終わりなんですがSFC修行をする方は、まだ確認すべきことがあります。それは購入する航空券のマイルおよびプレミアムポイントの積算率です。

旅作にてエコノミークラス予約の場合、便によってフライトマイル積算率が違います

その点、値段は高くなりますが当ブログで一押しの「プレミアムエコノミークラス」で旅作を利用した場合、いかなる場合も100%で積算されるため、エコノミークラスのように細かいことを気にする必要がありません。

プレミアムエコノミークラスへ迷わずアップグレードするべき!」の記事内でお伝えした通り、プレミアムエコノミークラスはチェックイン時にビジネスクラスカウンターが使えたり、出発前にはANAラウンジが使えたり、機内ではエコノミークラスよりシートが広かったりと非常におすすめです。

そうすることで東京から出発する場合「東京ー沖縄ー東京ー(海外)ー東京ー沖縄ー東京」と少々長旅になりますが一度の旅でたくさんのプレミアムポイントを貯めることができます。

また、出発地と到着地の空港が同じでなければいけないというルールもないので、筆者も実際に2017年のSFC修行では、シドニー路線の前後に石垣・那覇の路線をセットにして、SFC修行を実施しました。

 

出発 到着 費用 マイル PP PP単価
羽田 石垣 28,700 1,230 3,460 8.29
石垣 羽田 5,000 1,230 2,448 2.04
羽田 シドニー 72,740 6,078 7,694 9.45
シドニー 羽田 72,740 6,078 7,694 9.45
羽田 那覇 5,000 1,230 1,968 2.54
那覇 羽田 24,700 1,808 2,860 8.64
208,880 17,654 26,124 8.00

 

これにて、国際線利用時の国内乗り継ぎ区間を片道5,000円で購入する2つの方法の解説は終わります。

ぜひご活用くださいませ!!

それではHalohalo(ハロハロ)でした!Aloha〜

 

おすすめリンク

-SFC修行/搭乗記