▼当ブログへ初めてお越しの方必見▼ 

SPG AMEXがお得!3.9万ポイント!

ハワイ人気NO.1ツアー体験してみた

今ならANA AMEXで9万マイル獲得可能!

JAL航空券をお得に手に入れる方法まとめ!

ANA・JAL航空券を実質無料で購入する方法

年間20万マイルの貯め方!王道ルート公開中

一発でマリオット/Ritzの上級会員になる方法

 

ホテル情報/宿泊記

【無料宿泊】ロイヤルハワイアン宿泊記。8段階アップグレードでマイラニオーシャンコーナールームへ!

2019/10/01

ハワイ・ホノルルにある日本人に大人気のホテル「ロイヤルハワイアンホテル(The Royal Hawaiian, a Luxury Collection Resort)」に宿泊をしてきました!

シェラトンワイキキに隣接するロイヤルハワイアンホテルは、ピンクの外壁が特徴で「太平洋のピンクパレス」と呼ばれる日本人にも大人気のマリオット系列ホテルです。

ガイドブック常連の朝食ブッフェ「サーフラナイ」、クラブラウンジ(マイラニラウンジ)、プラチナ会員特典利用の様子など今回はマリオットポイントを使って、宿泊代無料滞在をしてきましたので、写真・動画でレポートします!

ぜひ宿泊時の参考にどうぞ。

 

<最新宿泊料金・口コミ検索はこちらから>

>>Expediaで検索する

 

スポンサーリンク


 

 

ロイヤルハワイアンとは?

ロイヤルハワイアンホテルのラウンジ

住所 2259 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815 USA
最寄駅 -
空港からの所要時間 約30分
チェックイン時間 15:00から
チェックアウト時間 12:00まで
マリオットカテゴリー 7
一泊に必要なポイント 60,000
朝食 あり
ラウンジ あり

 

ロイヤルハワイアンホテル(The Royal Hawaiian, a Luxury Collection Resort)は、 アメリカ・オアフ島にあるマリオットグループホテルです。

空港からは車で25-30分くらいの時間でアクセスすることができ、スターウッド・エアポート・シャトルやロバーツハワイなど乗り合いのシャトルバスなども運行されていますし、2名以上の場合はUber(タクシー)を使えばより簡単にアクセスすることが可能です。

 

カテゴリーと無料宿泊ポイント数

ロイヤルハワイアンカテゴリー

 

今回宿泊をしたロイヤルハワイアンホテル(The Royal Hawaiian, a Luxury Collection Resort)は、マリオットグループに加盟していますのでポイント宿泊も可能です。

カテゴリー7に属してますので、通常期であれば一泊60,000ポイントで宿泊することが可能です!

 

ロイヤルハワイアン料金

 

参考までに有償宿泊の場合の料金を調べてみると、一番低いランクのお部屋で一泊32,800円〜41,000円前後となっていました。この価格であれば、ポイント宿泊の方が価値が高いかなーと思います!

もし安い価格からさらに25%オフなるベストレート申請を狙える状況であれば、有償でも良さそうです。

日によって価格差が発生していますのでよく確認をして予約しましょうね!

※近頃はマリオット公式サイトの予約に際して「楽天Rebates」や「Ebates」などで最大10%程度のポイントバック(割引)を行ってますので、合わせてお忘れなくどうぞ!

 

リゾートフィー

ロイヤルハワイアンホテル(The Royal Hawaiian, a Luxury Collection Resort)

 

ロイヤルハワイアンホテル(The Royal Hawaiian, a Luxury Collection Resort)は、リゾートフィーの徴収対象ホテルとなっているため、一泊あたり1部屋43.69ドル(税込)のリゾートフィーがかかります。

高いですね・・・・。これはポイント宿泊の場合でも避けられません。

  • 客室内、ホテル公共エリア内での高速WiFiのご利用
  • オアフ島内でのWiFi接続が可能なMiFiホットスポット・レンタルのご利用(1室1滞在につき1台、ホテル滞在中無料、データ通信量に制限なし。ただし多すぎる場合に制限かかる場合があります)
  • マジックメモリーズでの記念写真撮影と4X8インチの写真を1室1滞在につき1枚進呈(要予約)
  • GoProカメラの1日レンタル(隣接する姉妹ホテルのシェラトン・ワイキキ1階ロビー内AT&Tデスクにて、1滞在につき1回。microSDカードはご自身でお持ちいただくか、1枚$30にて購入可能)
  • 国内および国際電話無料(無制限)
  • ボトルウォーター(1室につき500mlのボトル2本、お召し上がりの場合のみ毎日補充)
  • フィットネスクラスやカルチャークラス(レイ作り、ヨガ、ビーチでのモーニングセレモニー、ウクレレ・レッスン、フラ・レッスン等)
  • コレクションズ・オブ・ワイキキのクーポンブック
  • ホテル内サーフラナイでお食事になる大人1名様につき、同伴の12歳以下のお子様1名のお食事(キッズ・メニューまたは朝食ビュッフェ)無料
  • シーライフ・パークで1名様の入場につきもう1名様の入場が無料
  • ホテル内「マリエオーガニクス」にて$100以上のご購入につき$20分のギフトカード進呈(ホテル予約1回につき1回有効)
  • ロイヤル ハワイアン ベーカリーにてホテルのシグネチャー・ペイストリー商品のプレゼント(1室1滞在につき1袋)
  • ロイヤル ハワイアン ベーカリーにてギフトボックス入り商品の購入が10%オフ
  • 「 ハワイアン・キルト・コレクション」にて$50以上購入の場合15%の割引
  • ホテル内「マーティン&マッカーサー」にてコア製腕時計を購入の場合$50の割引(他の特典、割引との併用不可)

使えそうな特典としてはGoproレンタル、Wi-Fiルーターレンタル、写真撮影、ベーカリー商品プレゼントなどでしょうか。

お隣のシェラトンワイキキと共通の特典も多いですね。

リゾートフィーはアメリカの一部地域で徴収されている特別料ですが、僕個人としてはあまり好きな制度ではありません。

というのもほとんどがアジア・欧州などのホテルでは、当たり前のように行われているサービスを列挙して理由をつけて徴収している感が否めないので、徴収するならばよりお得になるオプションを用意すべきかなと感じています(ホテルによってはリゾートフィー支払いによってかなりお得になるケースもあります)。

ただそうは言ってもポイント宿泊含めて支払いは避けられないので、注意しましょう!

 

アクセス・立地

住所:2259 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815 USA

 

繰り返しお伝えしている通り、空港から多少距離があり電車はないので、車(レンタカー・タクシー・Uber・シャトルバスなど)を利用したアクセスが必要です。

駐車場は残念ながら有料でセルフパーキングはなし、バレーパーキングのみの運用で1泊24時間40ドル(約4,350円)となっています。こちらも高い・・・。リゾートフィーと合わせるとこれだけで80ドル超えです。

セルフパーキングとバレーパーキングの違いは下記動画をどうぞ。

 

 

 

ANA VISAカード
 

 

ホテル外観

ロイヤルハワイアンホテル

ロイヤルハワイアン外観

 

ロイヤルハワイアンホテル(The Royal Hawaiian, a Luxury Collection Resort)は、1927年にオープンしたワイキキエリア歴史あるラグジュアリーホテルで、2009年には大規模なリノベーションが行われました。

とても目立つピンクの外壁から「太平洋のピンクパレス」などと呼ばれ、一度は泊まってみたい憧れのホテルとして多数メディアにも登場し、過去にはたくさんの著名人が宿泊したそうです。

外観は多少古さが目立つ点もありますが、ガーデンなどは非常に綺麗に手入れされていて散歩しているだけでも非常に気持ちが良い作りとなっていて、同じマリオットグループの「シェラトンワイキキ」とロイヤルハワイアンはすぐ隣の敷地にて隣接しています(もはやほぼ同じ敷地内)。

 

エントランスの様子

ロイヤルハワイアン

ロイヤルハワイアンエントランス

 

ロイヤルハワイアンホテル(The Royal Hawaiian, a Luxury Collection Resort)のエントランスは、開放的な車寄せとは裏腹に想像以上にこじんまりとしています。

シェラトンワイキキのように開放的なエントランスもいいですが、限られた人しか入れないような限定感のあるエントランスもいいですね!

大規模ショッピングモールとなっているロイヤルハワイアンセンターからも歩いてすぐのロケーションなので、立地は最高です。

エントランス入って左へ進むとチェックインカウンター、コンシェルジュデスクのあるエリアへ。

 

ロイヤルハワイアンホテルエントランス

ロイヤルハワイアン

 

右側にフロントスペース、同じフロアの各所には数は多くありませんが、ふかふかのソファがあってくつろぐことができますのでくつろぐには最高です!

 

 

 

 

チェックインの様子

ロイヤルハワイアン

 

それでは早速チェックインをしていきましょう。

ロイヤルハワイアンホテル(The Royal Hawaiian, a Luxury Collection Resort)では通常15時からチェックイン開始となっているのですが、今回は14時過ぎにホテルへ到着しました。

特に事前にアーリーチェックインの希望などを出していたわけではありませんが、すぐにチェックインをすることができました。

早着する場合には必要に応じてアーリーチェックインなども対応してもらえる可能性もありますので、ぜひ事前にメールフォームやマリオットから予約する場合にはマリオット公式アプリのチャットフォームなどから問い合わせてみましょう。

もちろんお部屋が空いていればアーリーチェックインにかかる費用は無料ですので、便利です!

 

ロイヤルハワイアンチェックイン

 

ちなみに・・・チェックインカウンターに列を作っていたのは、全員日本人でした笑。

チェックインカウンターにはマリオット上級会員専用のプライオリティレーンが用意されていて、今回はマリオットのプラチナ会員として宿泊をしていますので使おうと思ったのですが「通常レーンに並んで!」と言われてしまいました泣。

マリオット上級会員になっていると特にハワイでは待ち時間を削減できたりすることが多いのですが、今回はラグジュアリーステイを楽しみだっただけに使えなくてちょっと残念・・・・。

10分ほど自分の番が回ってくるまでに時間がかかりました

僕がプラチナ会員っぽく見えなかったということかもしれないので、自分磨き頑張ります!笑

 

 

 

 

ルームのアップグレードについて

さて今回、僕はマリオットグループのプラチナ会員になっていますので、マリオットから予約した場合には、様々な特典を受けることができます。

その一つが「ルームアップグレード」です。繁忙期でも大幅にアップグレードしてもらえることがあるので、毎回とても楽しみにしています!

 

イラフSUI沖縄宮古オーシャンフロントコーナージュニアスイートルーム

マリオット山中湖の温泉付きプレミアムルーム

 

例えば「イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古」では、7段階ルームアップグレードで一泊12万円のジュニアスイートへアップグレード、「富士マリオットホテル山中湖」でも温泉付きルームにアップグレードになった経験があります。

もちろんアップグレード費用も無料です。

さて、今回はアップグレードどうでしょうか。結果・・・・「8段階アップグレーード」!

 

客室タイプ 面積
ヒストリック 27㎡
ヒストリックガーデン 27㎡
ヒストリックガーデン ジュニアスイート 49㎡
ヒストリックオーシャン 30㎡
ヒストリックオーシャン デラックス 43㎡
マイラニタワーオーシャン 32㎡
マイラニプレミアオーシャン 32㎡
ヒストリックガーデンスイート 80㎡
マイラニオーシャン コーナー 32㎡
マイラニファミリーロフトスイート 54
ヒストリックオーシャンスイート 66㎡
マイラニタワーオーシャンスイート 68㎡
クイーンカアフマヌスイート 186㎡
ロイヤルハワイアンスイート 164㎡
アリイスイート 122㎡
カメハメハスイート 268㎡

 

今回は最安のヒストリックルームから一気に8段階アップグレードして「マイラニオーシャンコーナールーム」へ無料アップグレードしてもらうことができました!!!!

憧れのロイヤルハワイアンで8段階もアップグレードしてもらえるなんて幸せです!!!

それにしてもロイヤルハワイアンはお部屋の種類が豊富ですね!全528室でガーデンサイドからオーシャンサイドまで様々用意されています。

マリオットプラチナ会員以上のステータスをお持ちの場合は、スイートルームへのアップグレードも実例が報告されていますのでぜひ聞いてみましょう!

参考までに一泊の値段を調べてみると・・・

 

ロイヤルハワイアン料金

 

一泊774USD(約8万3,700円)!!!!!諸税込みだと930ドル超えの超高級ルームです。

最安ルームとの価格差は表示価格で約380ドル(約41,100円)となっていますので、一概には言えませんが今回のアップグレードによって4.1万円分も得をすることができました!

 

マイラニオーシャンコーナールームをレポート

それでは早速今回無料アップグレードによって宿泊をする、ロイヤルハワイアン・ラグジュアリーコレクションの「マイラニオーシャンコーナールーム」へ向かいます。

 

ロイヤルハワイアンホテルのラウンジ

 

マイラニオーシャンコーナールームは、その名の通りマイラニタワーにありますのでチェックインカウンターのある本館(ヒストリック・ビルディング)から、渡り廊下を通って向かいます(チェックインの説明がテキトウで若干迷いました笑)。

こちらのロングカーペットは人気の撮影スポットで、常時たくさんの人が写真撮影をしています。

 

ロイヤルハワイアンホテルのラウンジ

 

マイラニタワーに入館するためにはカードキーをかざす必要があり、中へ入ると「マイラニラウンジ」、そしてマイラニタワー専用のエレベーターがあります。

こちらのラウンジはマイラニタワー宿泊者であれば誰でも利用することができ、「【プラチナ特典】ロイヤルハワイアンのマイラニラウンジをレビュー」 で詳しく提供されている食事やドリンクの様子をアップしていますので合わせてどうぞ!

 

ロイヤルハワイアンホテルのラウンジ

 

今回のマイラニオーシャンコーナールームは、10Fのお部屋にアサインされました。

ロイヤルハワイアンの中では高層階に分類されるお部屋です!

 

ベッドスペース

ロイヤルハワイアンのマイラニオーシャンコーナールーム

 

2009年に改装されたというお部屋に入ると1つのキングベッドがどかんと置いてあって、それでもなお余るスペースにはソファチェアーが用意されている仕様のベッドルームが用意されています。

広さは32-33平米ということで、それ以上に広さを感じますね!

マイラニオーシャンコーナールームは、2ダブルベッドタイプのお部屋もあるのでこだわりのある方は聞いて見てもいいと思います!

 

ロイヤルハワイアンのマイラニオーシャンコーナールーム

ロイヤルハワイアンのマイラニオーシャンコーナールーム

 

2ダブルベッドルームの場合には、大人2名+子ども2名まで宿泊可能ということですので、家族旅行でも活用していけそうです!

ベッドの上のレイは、チェックイン時にいただいたもので妻が並べてくれました笑。

 

お部屋の様子

ロイヤルハワイアンのマイラニオーシャンコーナールーム

 

ロイヤルハワイアンホテル(The Royal Hawaiian, a Luxury Collection Resort)は、メモ帳などの全てのグッズにはロイヤルハワイアンのオリジナルのロゴが記されています。

マリオットグループのホテルブランド「ラグジュアリーコレクション(Luxury Collection)」は、このようにオリジナルのロゴが利用されている場合も多いので、泊まるたびにとても楽しいですね!

 

ロイヤルハワイアンのマイラニオーシャンコーナールーム

 

お部屋にはアイロン、アイロン台、セーフティボックス、それからスリッパも用意されていました!

 

ウェルカムフルーツなし

今回は残念ながら、お部屋にウェルカムフルーツなどの用意はありませんでした。

 

コンセント・USBポート

ロイヤルハワイアンのマイラニオーシャンコーナールーム

 

お部屋には、各所にコンセントやUSBポートがたくさん用意されています。

日本のプラグと同じタイプなので、変換プラグは必要ありません。

 

バスルーム・水回り

 

入り口脇にはタイル調の背景がおしゃれなシングルシンクの洗面台、トイレ、奥にはシャワーブースも用意されています。

タオルもたくさん用意してあったので困ることはありませんでした(プールなどにはタオルが用意されているので持参する必要はありません)。

 

ロイヤルハワイアンのマイラニオーシャンコーナールーム

ロイヤルハワイアンのマイラニオーシャンコーナールーム

ロイヤルハワイアンのマイラニオーシャンコーナールーム

 

シャワーと同じ場所にはバスタブもありましたが、浅いタイプでゆっくりできそうもなかったので、今回はシャワーのみ利用。ハワイはこの浅いタイプのバスタブが主流なのでちょっと残念です・・・!

やはりリノベーションを行なっていると言ってもベースは1927年オープンとなっていますので、多少作りは古風な点もいくつかあります(古さが目立って気になるというようなことはなかったです)。

どんどんリニューアルも積極的に行なっているようなので、今のままでも十分ですがまた次の機会にさらに期待したいと思います!

 

コーヒー・紅茶あり

ロイヤルハワイアンのマイラニオーシャンコーナールーム

 

お部屋内には無料のミネラルウォーターが計2本、お湯を注げばすぐ飲めるタイプのコーヒ・紅茶パックが用意されています。ハワイということだけあって、コーヒーはコナコーヒーが用意されてますね!

お湯沸かし器(ケトル)もあったので、小腹が空いたらスーパーなどでスープやカップ麺などを買って食べることも可能です。

 

ロイヤルハワイアンのマイラニオーシャンコーナールーム

 

冷蔵庫も用意があって中には有料のミニバーなども入っていないので、ドリンクを冷やしておくこともできたのは便利でした!

 

アメニティ各種

ロイヤルハワイアンのマイラニオーシャンコーナールーム

 

アメニティは、ハワイ生まれでアラモアナセンターなどに店舗も構える大人気ブランドMalie Organics(マリエ・オーガニクス)で統一されています!

さすがはロイヤルハワイアン!アメニティにもこだわっていますね!ホテルのアメニティでマリエ・オーガニクスが使えるなんて!

とてもいい香りで2セット用意があったので、お土産に1セットは持ち帰ることに!オススメです。

シャンプー・コンディショナー・ボディソープ・ボディクリーム・ソープの各種アメニティが2セットずつ、残念ながら歯ブラシの用意はなかったので持参しましょう(もしかするとフロントに用意があるかも?)。

 

ターンダウンサービスあり

ロイヤルハワイアンのターンダウン

 

ロイヤルハワイアンではナイトタイムになると、お部屋のターンダウンをしてくれるサービスがあります。

カーテンが閉められ、照明が落とされ、ナイトタイムの雰囲気になっていたので、プールに遊びに行ってる間に・・・などお願いしたい場合には、ぜひ活用してみましょう!

最近はマリオットアプリのチャットフォームからホテルにお願いしておくこともできるので、便利ですよ!

タオルやアメニティなども再補充してくれるのでお願いする価値高めです。もちろん無料のサービスとして利用可能!

ロイヤルハワイアンでは上記写真のようにチョコレートとお水が再補充されていました。助かります・・・!

 

バルコニー

ロイヤルハワイアンのマイラニオーシャンコーナールーム

ロイヤルハワイアンのマイラニオーシャンコーナールーム

 

そしてロイヤルハワイアンのマイラニオーシャンコーナールームは、バルコニーも広めです!2面に渡ってバルコニーが設けられています。

さすがはコーナールームということでバルコニーも広めで、ソファチェアーに加えてテーブルの用意もあります。

 

ロイヤルハワイアンのマイラニオーシャンコーナールーム

 

そしてもちろん目の前にはワイキキビーチの絶景です!!右手にはシェラトンワイキキ、左手にはダイヤモンドヘッドなども見えていますね!

お部屋の位置にもよりますがモアナサーフライダー、ワイキキビーチ、ダイヤモンドヘッドまでほぼ遮るものなく一望することができます。

絶景というところでいうと前日に宿泊をしたシェラトンワイキキが勝りますが、シェラトンはロイヤルハワイアンほどのラグジュアリーさはありませんので、個人的にはロイヤルハワイアンのラグジュアリーな感じの方が好きです。

今回は最安ルームのヒストリックルームでしたが、もしアップグレードされない場合には海とは逆側のガーデンビューしかも低層階のお部屋になりますのでそこまでの眺望は見込めません。

アップグレードは空室状況にもよるので運の要素も強いですが、せっかくハワイにきたら絶景ワイキキビューのお部屋をゲットしたいですね!

 

 

 

ホテル館内の様子

一通りお部屋の探検が終わったところで、ホテル内を散歩してみることにしました。

 

ロイヤルハワイアン

 

さすがはラグジュアリーホテルということやウェディングも多数行われていることから、エントランスにはリムジンが泊まっていることも多く、滞在中良くみかけました!

 

ロイヤルハワイアン

ロイヤルハワイアン

 

ウェディングになると、このようにワイキキビーチ側のガーデンウェディングも可能なようで、この日はちょうどその準備が進められていました。

近くには披露宴会場として利用できる宴会場も用意されていて最高の雰囲気です、良いですね〜!!

 

ロイヤルハワイアンのラウンジ

ロイヤルハワイアンのベーカリー

ロイヤルハワイアンのベーカリー

ロイヤルハワイアンのベーカリー

 

ワイキキビーチ側ガーデンの近くには広々とした「コロネットラウンジ(CORONET LOUNGE)」の用意もあり、ロイヤルハワイアンオープンから現在までの様子が紹介されていました。

オープン当時のメニューや過去に著名人が宿泊した際の様子なんかも写真とともに掲載されていたので、ぜひチェックしてみるとラグジュアリーさ、そして歴史を感じることができると思います!

ちなみに夜になると・・・・

 

ロイヤルハワイアンの夜景

ロイヤルハワイアン

 

ピンクの外観がライトアップされてとても綺麗なので、合わせてチェックお忘れなく〜!

 

ジム・プール完備!

ロイヤルハワイアンのプール

ロイヤルハワイアンのプール

 

ホテル内には、24時間いつでも利用可能なジム・フィットネスセンターと時間限定のプールエリアが用意されていて宿泊者は無料で利用することができます。

 

ロイヤルハワイアンのプールエリア

ロイヤルハワイアンのプール

ロイヤルハワイアン

 

プールサイドは夏季(5月~8月)7:00AM-7:00PM、冬季(9月~4月)7:00AM-6:00PMの営業時間内で利用することができ、タオルの貸し出しなどのサービスが提供されていますが、時間外の利用はできません。

もちろん時間外はタオルサービスなどもありませんのでご注意を。

そして残念ながらロイヤルハワイアンのプールは広くありません。写真で見えている丸型のプール1つのみとなっていますので、お隣のシェラトンに比べるとだいぶ狭い印象です。

 

ロイヤルハワイアンのプール

 

それでも営業時間内になるとたくさんの人で溢れ返って、ビーチチェアーは満席になったりすることもあるのでロイヤルハワイアンのプールサイドを利用したい場合には早めに行く意識があると良さそうです!

 

シェラトンのプールを利用可能

シェラトンワイキキ(Sheraton Waikiki)のプール

 

そしてなんと!ロイヤルハワイアンのプールは小さくて狭いという弱みを補うべく、ロイヤルハワイアン宿泊者はお隣のシェラトンのプールを利用することが許可されています!!!

ただし利用できるのはファミリープールエリア「ヘルモア・プレイグラウンド」のみで、人気のインフィニティプールの利用はできません。

 

シェラトンワイキキ(Sheraton Waikiki)のプール

 

混雑しているインフィニティプールよりも、こちらのプールの方が広いので広々と使うことができ、ジャグジーもファミリープールエリアには設置されていますので、体が冷えたらこちらで温まるのも良かったです!

 

シェラトンワイキキ(Sheraton Waikiki)のプール

 

ファミリープールエリアにはビーチチェアもあるので、海を眺めながらのお昼寝最高でしたよ〜!!!!結構みんな自由にチェアーの配置を変えたりして、楽しんでいました。

 

シェラトンワイキキ(Sheraton Waikiki)のプール

シェラトンワイキキ

 

それから短いですがスライダーも用意されています。上記写真のようにロープが張られている時には使えないのと、くれぐれもお子さまが利用される際にはご注意を。

プールサービスはお部屋の用意ができてないチェックイン前やチェックアウト後も利用できるようですので、お部屋のタイミングが合わなかった場合にも申し出てみましょう!

 

有料チェア・カバナが多数!

ロイヤルハワイアンの有料チェア・カバナ

 

ロイヤルハワイアンのプール周辺には一部予約制&有料のチェアーやカバナが用意されています。

有料のものには「予約制」の札がかけられていますので、お間違えなく〜!

参考までに有料席の価格を掲載します。

  • プールサイド・カバナ: $175 (税別)
  • ロイヤル ハワイアン ビーチセット(ホテル前ビーチエリア用ビーチチェア2脚とパラソル): $40 (税別)

大部分は無料で利用できますが、上記の通り一部有料の特別席も用意がありますので必要に応じて使ってみましょう。

 

ロイヤルハワイアンの有料かばな

ロイヤルハワイアンの有料カバナ

 

さらに上質なステイ体験をできるかと思います。

※ここだけの話、昼間は有料チェアー・カバナに座っているとチェックが厳しいですが、夕方以降〜終了まではほとんどチェックされないよ・・・ごにょごにょ。

 

ワイキキビーチにもアクセス可能

ロイヤルハワイアンホテル

 

そしてロイヤルハワイアンホテル(The Royal Hawaiian, a Luxury Collection Resort)のプール目の前は、こちらも超人気スポットのワイキキビーチとなっていますので、専用通路を使って、ワイキキビーチへダイレクトアクセスすることが可能です!

戻るときも、いちいちフロント側へ回らなくてもビーチから直接ホテル敷地内へ戻ることが可能です。

 

ロイヤルハワイアン

シェラトンワイキキ(Sheraton Waikiki)のプール

 

タオルなどもそのままビーチに持ち込んで利用している方が多かったですが、パブリックビーチですので所持品の管理には注意しましょう。

いくら日本人の多い人気観光地と言っても海外ですので、日本以上の対策が必要です。

 

夕焼けが絶景

シェラトンワイキキ(Sheraton Waikiki)のプール

 

ロイヤルハワイアン・ワイキキビーチ周辺は夕焼けが綺麗に見えるスポットとしても人気です。

今回の旅行では、上記写真にあるシェラトン・ワイキキのインフィニティプールで夕焼けを見ることができましたが、最高でした!やはりハワイに来たら夕焼け鑑賞もオススメです!

 

 

 

 

 

朝食はプラチナ会員だと無料(同伴者1名まで)

ロイヤルハワイアンホテルのサーフラナイ

 

マリオットグループでは、上級会員としてプラチナ会員以上のステータスの方に朝食・ラウンジ利用権・16時までのレイトチェックアウトなどの特典を用意しています。

朝食会場はクラブラウンジまたはレストラン「サーフラナイ(Surf Lanai)」のブッフェがメインです。

 

ロイヤルハワイアンのサーフラナイ

ロイヤルハワイアンホテルのサーフラナイ

ロイヤルハワイアンの朝食サーフラナイ

ロイヤルハワイアンの朝食サーフラナイ

 

ビーチフロントの環境で、朝から優雅な朝食を食べることが出来ました!

ちなみに・・・有料で一人当たり大人42ドル(約4,500円)、6〜12歳の子ども21ドル(約2,300円)の料金がかかります・・・。超高級!

チップなどを含めると二人だで9,000円オーバーとかなり高級な朝食となりますので、ガイドブック常連のサーフラナイで2名まで無料にあるプラチナパワーは大きいですね!

ロイヤルハワイアンホテル(The Royal Hawaiian, a Luxury Collection Resort)朝食の様子は別ページ「ロイヤルハワイアンの朝食ブッフェをレポート!の料金・時間・メニュー」でさらに詳しくお伝えしていますので、合わせてどうぞ!

 

エグゼクティブラウンジの様子

ロイヤルハワイアンホテルのラウンジ

 

ロイヤルハワイアンホテル(The Royal Hawaiian, a Luxury Collection Resort)には、マイラニタワーのエントランスホールにマイラニラウンジというラウンジがあります。

 

ロイヤルハワイアンホテルのラウンジ

ロイヤルハワイアンホテルのラウンジ

 

朝の6時30分から夜の7時30分まで営業しており、ラウンジ内そこまで広くはありませんが海風に当たりながらゆったりとした時間を過ごすことができます。

マリオットプラチナ会員以上で無料利用可能、マイラニタワーのお部屋に宿泊すると利用できますので、予約時にチェックしてみましょう!

料金などのさらなる詳細は「【プラチナ特典】ロイヤルハワイアンのマイラニラウンジをレビュー」で解説しています、ぜひ参考にどうぞ!

 

リゾートフィー代でベーカリーのマフィンが無料に!

ロイヤルハワイアンのベーカリー

 

ロイヤルハワイアンの高額なリゾートフィー特典として、チェックイン時にロイヤルハワイアンベーカリーで使える無料券がもらえました!

 

ロイヤルハワイアンのベーカリー

ロイヤルハワイアンのベーカリー

 

1滞在につき1袋もらえて、中に好きなマフィンやパンを詰めることができます。

全員支払う必要のあるリゾートフィーの特典ですので、もらっておきましょう!僕は朝もらっておいて、午後のおやつにしました!

 

マリオットプラチナ会員になって最大限のお得に!

 

今回のケースのようにマリオット系列のホテルに宿泊する際には、プラチナエリートメンバー以上となって訪れることがオススメです。

マリオットプラチナ会員になると以下に代表される特典を受けることができます。

 

  • お部屋のアップグレード
  • エグゼクティブラウンジが無料
  • 朝食無料
  • プラチナ会員専用予約デスク
  • 午後4時までのレイトチェックアウト
  • 無料インターネット(Wi-Fi)サービス
  • 予約完全保証サービス
  • ルームタイプ保証サービス
  • 滞在時、50%ボーナスポイント付与

 

今回の宿泊もそうでしたが、プラチナ会員になるとルームのアップグレードやラウンジの利用など、レイトチェックアウトなど様々な特典を受けることができます。

 

 

ただ通常はマリオットのプラチナ会員になりたいと思ったら、1年間で50泊以上の宿泊実績が必要です。

50泊も出来ないな・・・・という方はホテル系カードNO.1の呼び声高い「スターウッドプリファードアメリカンエキスプレスカード/Starwood Preferred Guest American Express Card(通称:SPGアメックス)」を利用しましょう。

関連記事:SPGアメックス徹底解説。ホテル系NO.1カード

 

せっかくの旅行なら、旅行の際にいいお部屋に泊まりたいですよね?

SPGアメックスカードは、シェラトンやウェスティンホテルといった有名ホテルを抱えている、SPGグループが2001年から発行するクレジットカードなので発行するだけで(宿泊しなくても)、マリオットやリッツ・カールトンといった名だたる高級ホテルの上級会員になることができます。

 

 

SPGアメックスに入会すると、入会したその日から、SPGグループおよびマリオットグループ(リッツカールトン含む)会員制度において、一気にゴールドエリート会員になることができます

 

マリオットゴールドカード

 

ゴールド会員になると、一定期間に宿泊数を重ねることでプラチナ会員なれる「プラチナチャレンジ」に挑戦することが可能となりますので一気にプラチナ会員の可能性が近づきます。

関連記事:マリオットプラチナチャレンジとは?統合後の2019年新ルールまとめ

 

まともにプラチナ会員になろうとして一泊2万円だったとしたら、プラチナ到達までの100万円がかかる計算なのでとても簡単な数字ではありませんが、マリオットプラチナチャレンジなら費用を大幅に抑えてプラチナ会員になれてお得なので、近年はこの方法でプラチナ会員になる方がかなり増えていますよ!

上級会員になると、お部屋の無償アップグレードも利用できるようになります。

 

JWマリオットロサンゼルスのジュニアスイートルーム

JWマリオットロサンゼルスのエグゼクティブラウンジ

 

実際に、JWマリオットロサンゼルスに宿泊した際には一番安い部屋に貯まったポイントで宿泊したにも関わらず、なんとスイートルームへアップグレードされました!!もちろんアップグレード費用も無料です。

関連記事:JWマリオットロサンゼルス宿泊記。初スイートアップグレード!

 

イラフSUI沖縄宮古オーシャンフロントコーナージュニアスイートルーム

イラフSUI沖縄宮古オーシャンフロントコーナージュニアスイートルーム

イラフSUI沖縄宮古プール

 

日本でも「イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古」に宿泊した際に一番低いランクのお部屋→7段階アップグレードの「オーシャンフロント コーナージュニアスイートルーム」へアップグレードされました!

関連記事:イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古宿泊記

 

ぜひ、いますぐ下記「SPGアメックス全解説!メリット・デメリットまとめ」から詳細をチェックしてみましょう!

 

 

 

 

 

ロイヤルハワイアンまとめ

ロイヤルハワイアンホテルのサーフラナイ

 

アメリカ・オアフ島のロイヤルハワイアンホテル(The Royal Hawaiian, a Luxury Collection Resort)宿泊記をお届けしてきました。いかがでしたでしょうか。

 

  • マリオットカテゴリー7
  • 一泊60,000ポイントで宿泊可能
  • どこに行くにもアクセス便利
  • 日本人多め
  • プラチナ会員でラウンジ、朝食無料

 

ロイヤルハワイアンホテル(The Royal Hawaiian, a Luxury Collection Resort)はマリオットカテゴリー7に属します。

オフピーク期50,000ポイント、スタンダード期60,000ポイント、ピーク期70,000ポイントの必要ポイント数で宿泊することができます。

一度は泊まって見たいピンクパレスは、1927年創業の歴史あるラグジュアリーホテルです。普段の疲れを癒す非日常空間としては最高の環境ですのでオススメ!

ロイヤルハワイアンホテル(The Royal Hawaiian, a Luxury Collection Resort)宿泊の様子は下記、動画でもレビューしています。合わせてどうぞ。

 

(準備中)

 

以上、Halohalo(ハロハロ)でした。ALOHA〜!

 

<最新宿泊料金・口コミ検索はこちらから>

>>Expediaで検索する

>>Agodaで検索する

>>楽天トラベルで検索する

 

おすすめリンク

-ホテル情報/宿泊記