▼当ブログへ初めてお越しの方必見▼ 

JAL航空券をお得に手に入れる方法まとめ!

ANA・JAL航空券を実質無料で購入する方法

年間20万マイルの貯め方!王道ルート公開中

【仮想通貨】Zaifコイン積立が250万円突破!

 

ホテル情報/宿泊記

ザ・プリンス パークタワー東京宿泊記ブログ!約10万円のクラブフロアにお得に泊まる方法

ザプリンスパークタワー東京

東京タワーが目の前に広がる最高のロケーションにあるホテル「ザ・プリンス パークタワー東京(The Prince Park Tower Tokyo)」に宿泊してきました!

クラブラウンジでは写真に収まりきらないくらい大きな東京タワー、部屋からはレインボーブリッジ、無料の食事ルームサービスに、無料の靴磨きとサービス・ホスピタリティもよく充実した滞在となりました。

当記事ではプリンスパークタワー東京を訪問レポート付きで徹底解説します!

今回宿泊したプレミアムクラブフロア プレミアムキング(クラブフロア特典付き)は、通常7〜10万円/泊ほどする高級ホテルですが、お得に泊まる方法もご紹介しています!

写真多めで長めの記事になりますが、最後までお付き合いどうぞ!

スポンサーリンク


 

アクセス方法

まずはアクセス方法の確認から。

 

 

電車の場合

○JR線・東京モノレール浜松町駅から徒歩12分。
○都営地下鉄浅草線・大江戸線大門駅(A6)から徒歩9分。
○地下鉄日比谷線神谷町駅(1番)から徒歩12分。
○都営地下鉄大江戸線赤羽橋駅(赤羽橋口)から徒歩2分。
○都営地下鉄三田線芝公園駅(A4)から徒歩3分、御成門駅(A1)から徒歩5分。

 

JR浜松駅から歩いて12分、ですが東京タワーを見ながらお散歩する感覚でホテルに向かうことができるので、数字ほどの距離の遠さは感じないと思います。

都営線の芝公園か大門が近くて便利です。

 

浜松町駅までの送迎バスあり

ザプリンスパークタワー東京の送迎バス

 

ザ・プリンス パークタワー東京では、シャトルバスが1時間に2往復程度しているので利用すると便利です。

宿泊者はもちろん無料で利用することができます。

 

駐車場も完備(有料)

ザ・プリンスパークタワー東京は駐車場も完備しています。宿泊客は1泊¥1,500で利用することが可能です。ただし2.1mの高さ制限があるのでご注意を!

チェックインの際に、駐車場利用の旨をフロントに伝えましょう。

 

 

 

 

ホテル外観

ザプリンスパークタワー東京

 

ここからは実際にホテルの写真を交えた訪問記になります!

ザ・プリンス パークタワー東京はJR浜松町駅など複数の駅からアクセスすることができますが、今回は都営三田線の芝公園駅からホテルへと向かいます。

東京タワーに隣接する形でそびえ立つガラス張りの建物が、ザ・プリンス パークタワー東京です。

このように写真でみても、いかに東京タワーと近い位置にホテルがあるのかが分かりますね!

 

フロント・チェックインカウンターの様子

ザプリンスパークタワー東京のフロント

 

車寄せのあるメインエントランスから入るとフロントがあります。

これだけ部屋数の多いホテルの割りには小さめな印象があるフロント全体ですが、落ち着いた雰囲気でスタッフの方々のホスピタリティも良く高級感があります。

予約名を告げると「クラブラウンジを利用可能なお部屋となっていますので、ラウンジでチェックインを・・・」ということで、クラブラウンジに向かうことになりました!

フロント付近のソファスペースは広くないので、宿泊客をうまく分散するためだと思いますが、やはりせっかくの滞在ですのでこのような計らいは嬉しかったです!

 

ザプリンスパークタワー東京のフロント

 

これまたおしゃれな渡り廊下を通ってエレベーターホールへと向かいます。

上を見上げると最上階まで吹き抜けの形の設計で開放感があり、訪れた外国の方などがたくさん写真を撮っていました。

いざラグジュアリーステイのスタートということで、ワクワクします!

 

 

 

専用エレベーターでラウンジへ

ザプリンスパークタワー東京のプレミアムキング

 

ザ・プリンス パークタワー東京のクラブラウンジは32階、クラブラウンジアクセス権付きのお部屋があるフロアは29〜31階ということでクラブフロア宿泊者専用のエレベーターが設置されています。

しかも複数台あるので、なかなかエレベーターが来ないというようなことは滞在中一度もありませんでした。

カードキーをかざさないと自動ドアが開きませんのでご注意を!もちろんクラブフロアにアクセス権のないカードキーをタッチしても、自動ドアは開かない仕様です!

 

クラブラウンジでチェックイン!

ザプリンスパークタワー東京のラウンジ

ザプリンスパークタワー東京のラウンジ

 

ザ・プリンス パークタワー東京のクラブラウンジは、32階にあります。

通常のチェックインに加えて「ウェルカムドリンクをご用意させていただきます」ということで、優雅にも昼からシャンパンを美味しくいただきました!

そして何と言っても東京タワーを目の前にしたロケーションが最高。

大きな窓ガラスからは、写真に収まりきらんばかりの大きな東京タワーをたっぷりと楽しむことができます。

クラブラウンジの様子・営業時間や食事の内容等については「プレミアムクラブラウンジをレポート!」で詳しく解説していますので、合わせてどうぞ。

 

 

 

プレミアムキングルームをレポート!

クラブラウンジで一休みできたところで、こちらも楽しみなプレミアムキングルームを見に行きましょう!

 

ザプリンスパークタワー東京のプレミアムキング

ザプリンスパークタワー東京のプレミアムキング

 

優しい色の木目調でキングベット一台+ソファスペースなどで構成されているお部屋はとても綺麗で、広すぎず・狭すぎずちょうどいい広さです(38㎡)。

 

ベッドスペース

ザプリンスパークタワー東京のプレミアムキング

ザプリンスパークタワー東京のプレミアムキング

 

ベッドスペースとシャワーブースなどへは隔壁を経て繋がっているのですが、可動式の扉となっているため開けると全ての空間が一つに繋がります

とても開放感があって良かったです!

 

バスルーム・水回り

ザプリンスパークタワー東京のプレミアムキング

ザプリンスパークタワー東京のプレミアムキング

 

ザプリンスパークタワー東京のプレミアムキング

ザプリンスパークタワー東京のプレミアムキング

 

執務・作業スペース

ザプリンスパークタワー東京のプレミアムキング

 

アメニティも充実

ザプリンスパークタワー東京のプレミアムキング

ザプリンスパークタワー東京のプレミアムキング

 

ザ・プリンス パークタワー東京の各部屋では、アメニティも充実しています。

シャンプーは1838年に創業し、アメリカで最も歴史あるアポセカリー(調剤薬局)と言われる「C.O.Bigelow(シー・オー・ビゲロウ)」です!

あのトーマス・エジソンやエレノア・ルーズベルト大統領婦人も愛用者の一人であるとされている有名なブランドです。

世界中のハイランクホテルで採用されているシャンプーなので、ぜひこの機会にお試しあれ!

 

ミネラルウォーターのプレゼントあり

ザプリンスパークタワー東京のプレミアムキング

 

お部屋にはプリンスホテルオリジナルパッケージのミネラルウォーターも計4本設置されていました。

いずれも「無料です」という札がかけられているのが親切でいいですね!

 

 

 

 

有料ミニバーも設置あり!

ザプリンスパークタワー東京のプレミアムキング

ザプリンスパークタワー東京のプレミアムキング

 

お部屋には無料のミネラルウォーターに加えて、有料のアルコール・カクテル・ソフトドリンクなどが入ったミニバーも設置されています。

コカコーラの缶が500円はじめ、値段は高級ホテル相応となっていますので利用する際にはご注意を!

 

BOSEスピーカーが使い勝手◎

ザプリンスパークタワー東京のプレミアムキング

ザプリンスパークタワー東京のプレミアムキング

 

それからお部屋に設置されていた持ち運び可能なBOSEスピーカーが、今回のステイでは大活躍!

BluetoothでiPhoneと接続すればお部屋の中どこにでも置いて音楽を楽しめるので非常に便利でした。

 

 

 

夕食はクラブラウンジへ

ザプリンスパークタワー東京のラウンジ

ザプリンスパークタワー東京のラウンジ

 

17:30からは、先ほどチェックインをしたクラブラウンジで夜の食事(カクテルタイム)がスタートします。

ライトアップされた東京タワーを目の前にした最高のロケーションで、ブッフェ形式の食事を楽しむことができます。

その場で調理してもらえるライブキッチンもあり、ラウンジアクセス権のある方であれば食べ放題・飲み放題!

クラブラウンジの様子・営業時間や食事の内容等については「プレミアムクラブラウンジをレポート!」で詳しく解説していますので、合わせてどうぞ。

 

スパ・プール・フィットネスが快適!

ザプリンスパークタワー東京のプール

 

お腹いっぱいになったところでスパへと向かいます。

ザ・プリンスパークタワー東京のスパは「エクササイズエリア」「プールエリア」「大浴場エリア」などで構成されており、広々としています。

中の写真は撮れないので割愛しますが、プールにはウェア・キャップ・ゴーグルまで全て揃っており手ぶらで楽しめるのが良かったです。

予約をするとマッサージなども受けられるようでした。

 

ボーリング場もあり!

ザプリンスパークタワー東京のボーリング場

 

スパの入り口にほど近い場所にはボーリングサロンも用意されています。

 

  • 貸し靴代金:420円
  • 平日14:00-18:00:520円/1ゲーム
  • 平日18:00-22:00:670円/1ゲーム
  • 休日終日:670円/1ゲーム

 

宿泊者の方は、以上の料金でボーリングを楽しむこともできます!

靴代含めて1ゲーム1,000円ほどなので時間が余っている時には気分転換にいいかもしれないですね!

 

コンビニもホテル内にあり

ザプリンスパークタワー東京のコンビニ

 

またコンビニエンスストア(ローソン)も、ホテル施設内には開店しています。

ホテルがあるような地域には意外と少ないコンビニですが、エレベーターで降りるだけでコンビニがあるというのは非常に助かります。

 

レインボーブリッジの夜景も楽しめる!

ザプリンスパークタワー東京の夜景

ザプリンスパークタワー東京の夜景

 

さっぱりしたところでお部屋に戻ってみると、窓からはレインボーブリッジ・ビル群に映る東京タワーなどが楽しめました。

プレミアムキングルームには東京タワーが見えるお部屋もあるようですが、東京タワーは「クラブラウンジ」でたっぷり見ることができるので個人的にはレインボーブリッジが見える、こちら側で良かったのかもと感じています。

毎日24時にレインボーブリッジのライトアップは終了(消灯)となりますので、その瞬間を大切な人と見届けるのもいいかもしれませんね!

 

スポンサーリンク


 

 

無料の軽食サービスあり

ザプリンスパークタワー東京のプレミアムキング

 

まだまだ夜は終わりません。

ザ・プリンス パークタワー東京のクラブフロアに宿泊すると、なんと無料のルームサービス(食事1つ+ドリンク1つ)が特典としてついてきます!(チェックイン時に説明があります)

クラブラウンジでお腹いっぱい食べたところですが、サウナでたくさん汗かいて小腹も空いてきていたのでオーダーすることにしました。

下記の通り時間帯によってオーダーできる内容が異なりますのでご注意ください。

食事1つとドリンク1つを選択して、2名宿泊の場合はそれぞれ1セットずつ計2セット注文することができます。

 

朝食:06:00-11:00

  • コンチネンタルブレックファスト
  • ビーフパストサラミと野菜のサンドウィッチ
  • パンケーキ

 

昼食・夜食:11:00-25:00

  • 讃岐うどん
  • スパゲッティミートソース
  • 骨付き鶏のから揚げ
  • アイスクリーム

 

共通:ドリンク類

  • コーヒー
  • 紅茶
  • ペリエ
  • オレンジジュース
  • グレープフルーツジュース
  • ボトルビール
  • 冷酒

 

ザプリンスパークタワー東京の軽食

 

今回は「讃岐うどん+ビール」と「アイスクリーム+オレンジジュース」をオーダー!

テーブルクロスが敷いてある可動式テーブルで運び込まれてきます。

お箸がなかったのはご愛嬌として・・・もう深夜24時を回っている遅い時間でしたがすぐに持ってきてくださり、美味しくいただきましたよー!!

 

朝焼けの時間帯もおすすめ

ザプリンスパークタワー東京の景色

 

ふかふかのベットで朝まで気持ちよく眠って、外を見てみると朝焼けが綺麗に見えました。

コーヒーを飲みながら朝焼けに染まる東京のビル群や、空気が澄んでいたのでレインボーブリッジなどお台場方面もはっきりと見え、贅沢な朝の時間帯となりました。

 

靴磨き無料(シューシャインサービス)!

ザプリンスパークタワー東京の靴磨きサービス

 

ザ・プリンス パークタワー東京のプレミアムクラブフロアでは、シューシャイン(靴磨き)の無料サービスも提供されています。

せっかくならばということで・・・革靴を履いていたので、夜のうちにお願いして朝届けてもらうようお願いしてみました!

しっかり指定された時間に届けられた革靴は、綺麗に磨かれていてツヤもいい感じ!まさに至れり尽くせりな朝のスタートとなりました。

 

朝食は最大4ヶ所から選択可能!

ザプリンスパークタワー東京の朝食

 

ザ・プリンス パークタワー東京では「33Fレストラン ブリーズヴェール(洋食)」「33Fモーニングビッフェ Panorama33 スカイバンケット」「B1F 日本料理芝桜(和食)」のうちいずれか一つと、クラブラウンジアクセス権がある方はラウンジでも朝食が用意されているので最大4か所の中から選択することが可能です。

今回は33階の「レストラン ブリーズヴェール」をチョイスしてみました。結果大満足!

限定10食メニューなどもありますので、それぞれの会場のメニューの詳細などは「ザ・プリンスパークタワー東京の朝食をレポート!」をご覧ください。

 

羽田・成田空港行きバス停あり

ザプリンスパークタワー東京の空港バス

 

ザ・プリンス パークタワー東京の通常チェックアウト時間は12時です。名残惜しさがありますがフロントでチェックアウトしました。

そのまま帰路・旅行に向かう方は羽田・成田空港への民間リムジンバスも運行しています。

 

  • 羽田空港:930円
  • 成田空港:3,100円

 

以上の片道料金で乗ることができますので必要に応じて使いましょう。

成田空港に行く方でお時間のある方は、無料のシャトルバスで浜松町→電車で東京駅→八重洲口から高速バスのルートを活用した方が東京駅から成田空港まで約1,000円なのでお得です。

 

プリンスポイント宿泊券の利用がお得!

プリンスポイント宿泊券

 

そんなザ・プリンス パークタワー東京への宿泊は、プリンスポイントを活用した宿泊券の利用が大変オススメです!

僕も今回の滞在では、約7万円/2名1室のお部屋をたった20,000ポイントで宿泊することができました。曜日によっては10万円くらいする日もあるお部屋です。

1ポイント=5円相当で使えている計算になりますね。これはお得。

ホテル宿泊券と言えば、SPGアメックスが近頃は人気ですが残念ながらプリンスホテルには無料宿泊できません(参考:SPGアメックスとは?)。

 

spgアメックス

 

SPG・マリオットグループ宿泊時にはSPGアメックスで、プリンスホテル宿泊時にはプリンスポイントで、とお互い補える関係が期待できそうです。

プリンスポイントを使った無料宿泊方法については「プリンスホテル宿泊券を初ゲット!」にて詳しく解説しています。合わせてどうぞ!

 

 

ザ・プリンスパークタワー東京宿泊記まとめ

ザプリンスパークタワー 宿泊記

 

ザ・プリンス パークタワー東京(The Prince Park Tower Tokyo)宿泊の様子をまとめてきました。いかがでしたでしょうか?

 

  • クラブラウンジあり
  • クラブラウンジ専用エレベーターあり
  • 選べる朝食会場
  • 無料ルームサービス

 

などなど特典盛りだくさんで身も心もお腹いっぱいの滞在となりました。

特に東京タワーを目の前にしたラウンジのロケーションは最高で、お酒も料理も美味しくいただけました!

土日を中心に特に夕方以降は窓際席が人気なので、早めの来場をオススメしてみましょう!

以上、Halohalo(ハロハロ)でした。ALOHA〜!

 

 

おすすめリンク

合わせてどうぞ!

-ホテル情報/宿泊記