▼当ブログへ初めてお越しの方必見▼ 

JAL航空券をお得に手に入れる方法まとめ!

ANA・JAL航空券を実質無料で購入する方法

年間20万マイルの貯め方!王道ルート公開中

【仮想通貨】Zaifコイン積立が250万円突破!

 

ホテル情報/宿泊記

ザ・プリンスパークタワー東京の朝食はどこがおすすめ?レストラン・和食・ブッフェ・ラウンジを比較!

ザプリンスパークタワー東京の朝食

東京タワーが目の前に広がる最高のロケーションにあるホテル「ザ・プリンス パークタワー東京(The Prince Park Tower Tokyo)」に宿泊してきました!

クラブラウンジでは写真に収まりきらないくらい大きな東京タワー、部屋からはレインボーブリッジも見え、サービス・ホスピタリティもよく充実した滞在となりました。

当記事ではそんなザ・プリンス パークタワー東京の朝食をレポートします!

ザ・プリンス パークタワー東京では「33Fレストラン ブリーズヴェール(洋食)」「33Fモーニングビッフェ Panorama33 スカイバンケット」「B1F 日本料理芝桜(和食)」のうちいずれか一つと、クラブラウンジアクセス権がある方はラウンジでも朝食が用意されているので最大4か所の中から選択することが可能です。

洋食+和食というように2つ以上のレストランを利用することはできないので、どの朝食を選択するのがベターなのか比較していきましょう!

 

プリンスホテルへのお得な宿泊方法については「プリンスホテル宿泊券を初ゲット!」にて詳しく解説しています。合わせてどうぞ!

 

スポンサーリンク


 

<概要>4つの選べる朝食会場

ザプリンスパークタワー東京の軽食

 

ザ・プリンス パークタワー東京(The Prince Park Tower Tokyo)では、3つのレストラン(洋食・ブッフェ・和食)+クラブラウンジの最大4か所の中から選択して利用することができます。

 

  • 33F:レストラン ブリーズヴェール(洋食)
  • 33F: Panorama33 スカイバンケット(モーニングブッフェ)
  • B1F:日本料理 芝桜(和食)
  • 32F:クラブラウンジ

 

朝食時間について

ザ・プリンス パークタワー東京では、どのレストラン・ラウンジも共通して「07:00-10:00」の時間帯に朝食をいただくことができます。

 

レストランを複数利用することは不可

ここまでにご紹介した3つのレストラン(洋食・ブッフェ・和食)ですが、洋食+和食というように1日に複数箇所利用することはできません。

いずれか1つを選択することになります。

 

クラブラウンジは重複利用可能!

ザプリンスパークタワー東京のラウンジ

 

ただし例外として、32階にあるクラブラウンジを利用する権利をお持ちの方は「レストラン+ラウンジ」というように重複して利用することが可能です。

レストランで物足りなさを感じたり、アルコールを取りたい時、もっとくつろぎたい方はレストラン後にクラブラウンジも利用してみましょう(クラブラウンジ朝食の様子は後述)。

朝の時間帯は、夜の時間帯よりも空いていて利用しやすかったですよ!

 

 

 

 

レストラン ブリーズヴェール(洋食)をレポート!

ここからは実際に利用した際の写真を交えながら朝食会場の様子をレポートしていきたいと思います!

まずは33Fにあるオーダー式で洋食がいただけるレストラン ブリーズヴェール(洋食)です。

 

レストランの雰囲気・様子

ザプリンスパークタワー東京の朝食

 

レストラン内は一面に大きなガラス窓があり、とても開放感があります。いい雰囲気。

窓からは東京湾・レインボーブリッジなどを一望することができます(東京タワーは逆側になるので見えません)。

直射が当たる場所ではかなり眩しくなるので、お好みで場所をチョイスしましょう。

 

ザプリンスパークタワー東京の朝食

ザプリンスパークタワー東京の朝食

ザプリンスパークタワー東京の朝食

 

朝食メニューはオーダー式!

ザプリンスパークタワー東京の朝食

 

レストラン ブリーズヴェール(洋食)では、ドリンク・ヨーグルト・トースト&クロワッサン・メインディッシュ・食後の飲み物で構成された朝食をいただけます。

ドリンク・メインディッシュについては複数種類あるうちから選択することが可能です。

 

メインディッシュの種類

レストラン ブリーズヴェール(洋食)では下記3つのメインディッシュが用意されており、内1つを選択することが可能です。

 

  • 卵料理(スクランブルエッグ・プレーンオムレツ・フライドエッグ)
  • カリフォルニアモーニング
  • ベリーベリーブリオッシュフレンチトースト(1日10食限定

 

フレンチトーストは1日10食限定

ザプリンスパークタワー東京の朝食

 

ベリーベリーブリオッシュフレンチトーストは、1日10食限定です。

レストランの方にお聞きしたところ、平日で9時・金土日だと8時30分には無くなってしまうことが多いようです。

7時の開店と同時に行く必要はなさそうですが、絶対フレンチトーストがいい!という方は8時過ぎにはレストランに伺った方が良さそうです。

 

 

 

実際の食事の写真

ザプリンスパークタワー東京の朝食

ザプリンスパークタワー東京の朝食

ザプリンスパークタワー東京の朝食

 

ジャムととして提供されているフランス産「アランミリア」は、フランスの4ツ星・5ツ星ホテルの約半数、高級レストラン約1,100店舗で採用されている高級ジャムです。

程よい甘さでとても美味しかったです。

 

ザプリンスパークタワー東京の朝食

ザプリンスパークタワー東京の朝食

 

今回は2名で伺ったので、メインディッシュは卵料理のプレーンオムレツと1日10食限定のベリーベリーブリオッシュフレンチトーストをいただきました。

ベリーベリーブリオッシュフレンチトーストはかなりのボリューム!

「残される方も多いので無理なさらずに」とお声かけいただきましたが、二人がかりで食べきりました笑。

たっぷりと染み込んだフレンチトーストは美味しかったのですが、後半はかなり甘さが目立ってくるので甘いものが苦手な方はやめておいた方がいいかもしれません。

食後はゆっくりとコーヒー・紅茶を飲みながら、優雅な朝のひとときを過ごすことができました!

この日は平日でしたが、僕ら以外にいたお客様は1組だけで、クチコミ通り混雑しているブッフェよりも落ち着いて食事をいただくことができました

非常にホテルの雰囲気にもあっていると思いますので、利用をオススメできるレストランです!

プリンスポイントを使って自分のお金は一円も使っていないのに、こんなに贅沢な経験ができるなんて最高!!!(参考:プリンスホテルにお得に泊まる方法!

 

 

 

ラウンジでの朝食をレポート!

ザプリンスパークタワー東京の朝食

 

レストラン ブリーズヴェールでの食事を終えたあと、1つ階を下がって32階にあるクラブラウンジを訪れました。

ラウンジから見えた朝の東京タワーもいい風景ですね!

レストランは3つのうち1つを選択する形になりますが、クラブラウンジはアクセス権がある方であれば重複して利用可能です。

僕も今回クラブラウンジアクセス権付きのお部屋を利用していましたので、ラウンジでの朝食も堪能してきました!

 

食事メニューの写真

ザプリンスパークタワー東京の朝食

 

ザプリンスパークタワー東京の朝食

ザプリンスパークタワー東京の朝食

ザプリンスパークタワー東京の朝食

ザプリンスパークタワー東京の朝食

 

ライブキッチンあり

ザプリンスパークタワー東京の朝食

 

ブッフェ形式の朝食に加えて、ライブキッチンスタイルの料理も用意されていて、オーダーに応じてシェフが調理してくれます。

用意されているメニューは下記、3種類です。

 

  • 国産牛のソテー おろしポン酢
  • スクランブルエッグ
  • フライドエッグ

ザプリンスパークタワー東京の朝食

 

33階レストランでも食べてお腹いっぱいのはずですが、お肉と聞いたら食べないわけいきません!

朝からこのようにお肉がいただけるのは贅沢ですし、味もさっぱりしていて美味しかったです!

 

アルコールは一部制限あり

ちなみにお肉を食べるとアルコールが飲みたくなりますが、朝の時間帯はアルコール(シャンパン・ワインなど)が一部用意されていません。

冷蔵庫に入っているビールなどは、朝もいただくことができますのでアルコールを摂取したい方はそちらを利用しましょう!

一通り食べ終えたらフルーツなどでお口直しをして、ラウンジを後にしました。

ラウンジアクセス権があって、ゆったりと食事をしたい方は「レストラン ブリーズヴェール+ラウンジ」の組み合わせオススメです!ぜひお試しあれ!

 

 

 

 

Panorama33 スカイバンケット(モーニングブッフェ)をレポート!

 

レストラン ブリーズヴェールと同じフロアにある「Panorama33 スカイバンケット」は、モーニングブッフェをいただくことができる朝食会場です。

子連れファミリー層を中心に、人気(来場者の多さ)は3つのレストランの中でNO.1です。

7時からのオープンですが8時を超えてくると待機列ができる日もあるほどの人気ぶりで、子どもたちの声がたくさん聞こえることも少なくありません。

ファミリー層には最適で非常に賑やかなレストラン会場ですが、ゆっくりと落ち着いて食事をしたい方には向きません。

大人だけであれば「レストラン ブリーズヴェール」を利用した方が、落ち着いて食事できそうです。

※今後訪問次第、実際の訪問記として更新予定です。

 

日本料理 芝桜(和食)をレポート!

 

View this post on Instagram

 

Today's fab #JapaneseBreakfast set at the hotel 🎌❤️ #jessdigests #ellejessinjapan

JESSICA YAMADAさん(@jessyamada)がシェアした投稿 -

 

View this post on Instagram

 

Breakfast(Japanese set), Shibazakura, The Prince Park Tower Tokyo, Tokyo #和朝食 #芝桜 #プリンスパークタワー #東京グルメ

flying doctorさん(@suestagram1102)がシェアした投稿 -

 

View this post on Instagram

 

ゆさん(@bebechax7)がシェアした投稿 -

 

安倍総理をはじめ各界の著名人にも人気のある「日本料理 芝桜」では、和食御膳をいただくことができます。

様々な方の口コミを見ていると味は美味しいようですが、ボリューム(満足感)はいまいち

スパに向かうために芝桜の前を通りかかったところ、利用されてい年齢層も高めだったので、個人的には絶対和食がいい!というこだわりある方以外はあまりオススメできないかなーという印象です。

ただお店の入り口など雰囲気は最高なので、レストラン ブリーズヴェールと同じく落ち着いて食事したい方は検討してみましょう!

※今後訪問次第、実際の訪問記として更新予定です。

 

プリンスポイント宿泊券の利用がお得!

プリンスポイント宿泊券

 

そんなザ・プリンス パークタワー東京への宿泊は、プリンスポイントを活用した宿泊券の利用が大変オススメです!

僕も今回の滞在では、約7万円/2名1室のお部屋をたった20,000ポイントで宿泊することができました。

ホテル宿泊券と言えば、SPGアメックスが近頃は人気ですが残念ながらプリンスホテルには無料宿泊できません(参考:SPGアメックスとは?)。

SPG・マリオットグループ宿泊時にはSPGアメックスで、プリンスホテル宿泊時にはプリンスポイントで、とお互い補える関係が期待できそうです。

プリンスポイントを使った無料宿泊方法については「プリンスホテル宿泊券を初ゲット!」にて詳しく解説しています。合わせてどうぞ!

 

 

 

 

ザ・プリンス パークタワー東京の朝食比較まとめ

ザプリンスパークタワー東京

 

ザ・プリンス パークタワー東京(The Prince Park Tower Tokyo)の朝食をまとめてきました。いかがでしたでしょうか?

 

  • 33F:レストラン ブリーズヴェール(洋食)
  • 33F: Panorama33 スカイバンケット(モーニングブッフェ)
  • B1F:日本料理 芝桜(和食)
  • 32F:クラブラウンジ

 

3つのレストラン+クラブラウンジアクセス権がある方はラウンジも加えた4つの場所から朝食会場を選ぶことが可能です。

 

オススメNO.1は洋食+ラウンジの組み合わせ

ザプリンスパークタワー東京のラウンジ

 

個人的なオススメNO.1は「レストラン ブリーズヴェール+ラウンジ」の組み合わせ朝食です。

ブッフェは休みの日を中心に混雑し待機列ができるほどですが、同じフロアにあるブリーズヴェールは空いていて非常に落ち着く雰囲気です。味ももちろんGood!

足りないなと感じた方はラウンジに行けばビュッフェ形式の食事を楽しむことができますので、ぜひ利用してみましょう!

 

>>楽天トラベルでザ・プリンスパークタワー東京を検索する

>>Expediaでザ・プリンスパークタワー東京を検索する

>>Agodaでザ・プリンスパークタワー東京を検索する

 

おすすめリンク

-ホテル情報/宿泊記