ポイント関連

保険案件の流れをまるまる解説!ポイントサイト応募〜ポイント付与まで

2017/10/05

ポイントサイトの3大ポイント獲得ジャンルは「FX口座開設」「クレジットカード入会」、そして今日お話する「保険案件」であると思います。

自分の保険の見直しをしたかったために、試しにポイントサイトから何社か応募してみました

そして何回かポイントサイトの保険相談を実施するうちに、ポイントサイトを使った応募からポイント付与までの流れが掴めましたので流れを追ってまとめてみたいと思います。

 

スポンサーリンク


 

そもそも保険案件とは?

ポイントサイトの「保険」ジャンルに掲載されていて、ポイントサイトごとに個々の条件の差は多少ありますが基本的には以下の行為が該当行為に当たります。

 

  • 新規保険の加入
  • すでに入っている保険の見直し

 

大きく分けると、ポイントサイトを使って保険相談をする目的はこの2つのみです。

要は今回の相談を持って新たに保険に加入する”可能性”がある方を対象としています。

可能性というところがミソで、ポイントサイトを経由して応募したからと言って必ずしも保険に加入する必要はありません。

ただ、当然FPの方も商売としてやっていますので、基本的に保険知識だけをレクチャーしてもらう為が目的だと判断されてしまうとポイントサイトからのポイント付与の対象にはなりませんのでご注意ください。

基本的にどのポイントサイトにもジャンルとして「保険」というジャンルが設けられています。

例としてポイントサイトで人気が高いハピタスを取り上げてみます。

 

ハピタスポイント獲得ジャンル一覧

 

しっかりポイントサイトの「サービスでためる」項目の中に保険ジャンルがありますね。

一概に保険といってもたくさんの種類の保険があります

一番わかりやすいものでいうと個人で加入する生命保険や医療保険、その他だと自動車の保険などもこのポイントサイトの「保険」ジャンルには含まれます。

 

 

ポイントサイト保険案件の流れ!

①ポイントサイトで案件を検索

まずポイントサイトの保険ジャンルの中にたくさんある保険会社の中で、たくさんポイントが獲得できるものや自分好みの会社を選択します。

 

ハピタス保険案件一覧

 

ここで注意点です。

高ポイントを狙って一番高いものから応募しようとしたとします。しかし注意が必要です。

ポイントサイト利用時の鉄則は”判定条件を確認すること”です。例えば上のハピタスの画面を見てみてください。

一番高いポイントは「保険ジャパン」というサイトが出していますが条件のところに「面談+契約完了”」の文字があります。

最初から絶対保険に加入する、または必ず今のものを見直すつもりなのであればもちろんOKですが、それ以外の方で「とりあえずポイントももらえるし話聞いてみる」という方はこの案件に申し込んでしまうとせっかく時間を取って話を聞いても最終的にポイントサイトからポイント付与がされません。

ただ基本的には面談のみでポイントサイトからポイント加算されるものが多数ですのでしっかり見分けて利用しましょう!

そしてもう1つ注意点!

判定条件に「25歳から」など年齢制限がある場合や「夫婦のみ」といった現在の状況を指定している会社もあります。

ポイントサイトのポイント付与条件をしっかり読んで、間違えて該当しない会社へ申し込まないようにしましょう!

 

②:自分好みの会社が決まったら各会社のページへ!

ポイントサイトのリンクから各保険会社のページへ飛ぶと、必要情報の入力を求められます。

各保険会社によって入力フォームに差はありますが

 

  • 名前などのプロフィール
  • 住所
  • 電話番号
  • 家族構成
  • 現在の保険加入状況
  • 現在の健康状態
  • どのようなことを相談したいか
  • 都合のいい日程

 

などの項目を入力する必要があります。

保険会社によっては年収や仕事先の入力を求める場合もあります。

全ての入力が終わったら「申し込み」ボタンを押しましょう。

 

③:担当者からの連絡を待つ

女性が電話をしている風景

 

後日保険見直し申し込みをした会社から連絡が来ます。基本的には電話ですがメールの会社もあるようです。

この電話は本人確認をしている意味合いも大きいので知らない番号だと思ってスルーしないようにしましょう。

基本的には電話に出ないと留守電に入れてくれますので確認ができます。

そして後日、各個人の状況に合わせて担当のフィナンシャルプランナーが決まります。

会社からの連絡にプラスしてフィナンシャルプランナーからも日程の連絡が入る可能性がありますのでご注意ください。

この連絡がつかないと「面談の意思なし」と判断され、ポイントサイトからポイントが付与されなくなってしまいます。

 

④日程が決まったら当日指定場所へ行く

面談の場所は「自宅・勤務先・喫茶店」のいずれかになると思います。

僕は一人暮らし用のマンションに住んでいますが全て自分の部屋に来てもらって面談をしました。

基本的に喫茶店利用の場合の喫茶代は折半となるようです。

着席すると、いよいよ面談スタートです。

 

⑤面談は約1時間!

保険会社が提携するFPとは数社面談をして最短で40分、最長で1時間15分でした。

一から分かりやすく説明してくれる会社や状況だけを聞いてどんどん進める会社など様々な印象でした。

 

保険面談風景

 

ここで保険案件をする際に知っておかなければいけないことがあります。

それは「一回では保険面談は終わらない」ということです。基本的に1回1時間の面談を2回繰り返す必要があります。

というのもポイントサイトの保険案件というのは以下のセットで成り立つからです。

 

  • 1回目:状況確認
  • 2回目:具体的な保険の提案

 

僕の場合は、数社面談をして1回目から具体的な保険プランを持ってくる会社はありませんでした。

会社にとってはフィナンシャルプランナーを選ぶためなんでしょうが、消費者にとっては何のための申し込み画面の入力だよ、と思ってしまいますorz

 

⑥検討結果をFPへ連絡

NO選択している画像

 

保険面談後、一定期間が過ぎると連絡があります。

「保険に入りますか?」という質問が飛んできますので入る、入らないを”はっきりと”伝えましょう。

ここで大事なことはお断りする場合、はっきり伝えることが大切です。断りづらいかもしれませんがここははっきり伝えましょう。

中途半端な態度だと「では、もう一度説明させてください」という流れになってきますので笑。

ここで保険に加入をする場合はもう一度、日程を合わせて加入の書類を書くことになります。ということは加入の場合は面談1回目から契約まで3回1時間ほどの時間を取ることになりますね。

 

最後のアンケートを忘れない!

最後の判断が終わるとそれがフィナンシャルプランナーを通して会社に伝えられ、保険会社から今回の相談に関するアンケートがメールで送られてきます。

このアンケートの内容は「分かりやすかったか?」など一般的なものです。

ポイントサイトのポイント付与条件にこのアンケート回答までを条件にしている会社もありますので、最後まで注意が必要です。

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

晴れてポイント付与!

 

ここまで終了して、一定期間が経つとようやくポイントサイトからポイントが付与されます。お疲れさまでした!

保険案件の全体の流れはこのような形になります。いかがでしたでしょうか。

正直サクッとできるものではないと思います。

最低でも2回は1時間の時間を取らないといけません。

ただ土日でも対応してくれますし、時間なども比較的に自由に組むことが出来ますのでもしお時間のある方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

ポイントサイトからポイントがたくさんもらえるものになると一件で1万ANAマイルを超えてきます

低いものでも5,000マイルくらいにはなりますので2時間で100万円分の買い物をしたときと同じくらい、ポイントサイトの保険案件をクリアするとマイルがもらえると考えれば費用対効果はいいのかもしれません!

以上Halohalo(ハロハロ)でした!ALOHA〜!

 

-ポイント関連