旅行情報

2017年神宮外苑前いちょう並木へ行きました!銀杏の見頃をレポート

2017/11/17

2017年11月11日神宮外苑いちょう

秋になると毎年、東京・外苑前のいちょう(銀杏)並木を見に行くHalahaloです、こんにちは。

今年(2017年)の神宮外苑いちょう祭りは、2017年11月17日〜12月3日までとなっていますが、一足先に今年の色づきを見に行ってきました!

これからいちょう鑑賞を目的に、神宮外苑前を訪れる方は、見頃はいつ?今どのぐらい色づいているのだろう?祭り開催中はどのくらい混むのだろう?と気になることも多いかと思います。

当記事では、少しでも力になるべく最新のいちょう並木&周辺様子をレポートしたいと思います。

 

スポンサーリンク


 

神宮外苑いちょう祭りとは

2017年11月11日神宮外苑いちょう

 

神宮外苑いちょう祭りは、毎年秋になるといちょう並木周辺で開催されるイベントで、約50のお店が立ち並んで来場者に飲食物を提供するなどしています。

いちょう通り両サイドに、ベストシーズンとなり黄色に染まるいちょうの木々は、必見です。

近年は日本人だけでなく、外国の方にも非常に人気でたくさんの方が来場されるので、毎年いちょう並木鑑賞に訪れる方は増えていて、大変賑わいのあるイベントとなっています。

特に土日は、歩くのがやっとというくらい人が訪れますので、時間帯をずらすなどして訪れることをオススメします。

下記に、いちょう祭り公式サイトからの案内文を掲載致します。

 

明治神宮外苑のシンボルともいえる聖徳記念絵画館といちょう並木。青山通りから絵画館に向かって四列に木々が連なるその景観は東京を代表する風景のひとつとなっています。四季折々に美しい姿を見せる並木は11月中旬から12月初旬の黄葉が最も美しく、毎年木々の色づきとともに多くの方が散策に訪れます。平成9年より、黄葉の時期に開催している「いちょう祭り」は季節のトピックスとして各種メディアにも取り上げられ、都心における秋の風物詩として定着し、近年は来場者数約180万人を超えるにぎわいをみせています。

 

2017年イベント開催概要

2017神宮外苑いちょう祭り

 

2017年の神宮外苑いちょう祭りは、2017年11月17日〜12月3日の間で開催がされます。時間は連日10時〜20時までです。

 

  • 住所:東京都港区北青山2丁目1
  • 開催日程:11月17日〜12月3日
  • 時間:午前10時〜午後8時
  • 入場無料
  • 雨天決行・悪天中止

 

12月に入ると、かなり散ってきてしまうので可能であれば11月中に訪れるのがオススメです。

また少雨では決行ですが、大雨・強風など悪天の場合はお店が出店しないなどの対応が取られることがあるので、注意しましょう。ただしお店が出店しなくても、いちょう並木は制限エリアで区切られている訳ではないので、常時見ることが可能です。

何と言ってもこのイベントの一番の良さは、無料で秋の風物詩である、綺麗ないちょうを鑑賞できるという点にあります。子連れの方も多数訪れています(ベビーカーだと混雑時は歩きにくい)ので、毎年の家族行事としても非常にいいですね!

 

追記:いよいよ11月17日からいちょう祭りがスタートしました!黄色一色の見頃は20日〜になりそうと言うことです。最新の色づき情報は公式TwitterやInstagramで「#神宮外苑」を入力して見ると見れますよ!!

 

 

アクセス方法

 

いちょう並木へは、東京メトロ銀座線の「外苑前」駅、または銀座線・半蔵門線・大江戸線「青山一丁目」駅の利用が便利です。

 

外苑前駅いちょう出口

 

今回、僕は外苑前駅からアクセスしました。駅に到着したら、4A出口を出ます。

4A出口を出たら、左へまっすぐ3分ほど進むと外苑前のいちょう並木が現れてきます。外苑前、青山一丁目ともに非常にわかりやすいアクセス経路となっていますので、ぜひご活用ください。

 

2017年の色付き状況をレポート

それでは、早速ですが2017年の外苑前いちょう並木の最新の色付き状況をレポートしたいと思います。

僕が訪れたのは11月11日、いちょう祭りが開催される一足先にいちょう並木の色付きを確認しに、外苑前へと行ってきました。

 

2017年11月11日神宮外苑いちょう

2017年11月11日神宮外苑いちょう

 

毎年見ていても、神宮外苑のいちょうは綺麗ですネーーー!!

どのぐらい色づいているかという点に関してですが、全体的なバランスで見てみると6〜7分色づいているかなーという印象でした。

 

2017年11月11日神宮外苑いちょう

 

このように銀杏並木の入り口付近の木々は、まだ緑の色が強かったです。

11日現在、奥に進めば進むほど、色づきが強く写真にもフォトジェニックなスポットが多かったです。

イベントは17日からということで、イベントが始まる17日頃にはちょうど見頃を迎えるのではないでしょうか。

 

並木沿いのお店は大混雑。

2017年11月11日神宮外苑SHAKESHACK

 

神宮外苑のいちょう並木沿いには、3つのお店が存在しています。

 

  • Royal Garden Cafe
  • KIHACHI
  • SHECKSHACK

 

いずれも非常におしゃれな雰囲気のお店であり、テラス席からは食事を楽しみながらいちょう鑑賞ができるので、いずれのお店も大混雑です。

普段の通常時でも、すぐには入れないのに、いちょう祭りの時は恐らく1年間で最も混むので、毎年のように数時間待ちは当たり前だったりします。

 

2017年11月11日神宮外苑KIHACHI

2017年11月11日神宮外苑Royal garden cafe

 

いちょうが見えるテラス席で・・・と気持ちも分かりますが、できればお茶をするのは場所を変えた方が賢明だと僕は思います。

歩くにも電車に乗るにも、1駅行けば表参道、渋谷と続くのでそちらの方がカフェはたくさんありますし、いちょう祭りよりは混雑を軽減することができます。ぜひ検討してみましょう。

 

常識ある鑑賞方法で。

2017年11月11日神宮外苑いちょう

 

また近年、いちょう祭り来場者のマナーの悪さが指摘されています。

いい写真を撮りたい気持ちが強くなるあまり、車が来てクラクションを鳴らされている中でも車道に出て写真を撮ったり、横断歩道が赤信号になっても写真を撮り続けたり、立ち入り禁止区域に立ち入ったり、ゴミを投棄する行為なども目につきます。(今年も何回も目撃しました。)

せっかくこのように綺麗ないちょう並木を、無料で見ることができるというのは非常に貴重なことので、ぜひこれから来場される方は注意をして、全体のマナーアップを図って行きましょう。

 

 

スポンサーリンク


 

 

終わりに。

2017年11月11日神宮外苑いちょう

 

2017年の最新、神宮外苑前いちょうの様子をレポートして来ました。

当ページでお伝えしたことの中で、重要点をまとめてみましょう。

 

  • 11日現在、6〜7分くらいの色づき
  • 大混雑。時間を少しずらす努力を
  • 鑑賞マナーを守ろう

 

毎年、いちょう祭り開催中の11時〜15時は非常に混雑しています。

お店は時間的にまだオープンしていませんが、朝早めに訪問するなどベストシーズンのいちょうを少しでも快適に鑑賞したいと思ったら、工夫が必要です。

以上、Halohalo(ハロハロ)でした。ALOHA〜!

 

-旅行情報