セール/格安航空券

スクート毎月恒例セール価格・路線まとめ。成田/札幌/福岡8路線が対象【2017年3月】

2017/09/28

スクートは毎月10日恒例の「飛んじゃえセール!」を開催中です。

今回のセールは、成田・札幌・福岡路線の国際線8路線が対象となっています。

最近の台北路線の各社セール価格状況についてもまとめました。

 

スポンサーリンク


 

 

スクート(Scoot)について

 

スクートはシンガポールのチャンギ国際空港を拠点に構える格安航空会社(LCC)で2011年に誕生しました。

現在約20都市を結んでいます。

スクートの特徴は機材が全てボーイング787であることです。LCCは通常シートの間隔が狭いなどの不自由さが目立ちますがScootはシートの間隔もフラッグキャリアと呼ばれるような大手航空会社と、同水準を保っており人気が高いです。

過去にはアジアのNO.1ローコストキャリアを受賞した他、今後はLCCのタイガーエアと統合してさらに規模拡大に努めてい予定の航空会社です。

僕も一度だけ搭乗したことがありますが、機材は787で綺麗ですし本当にLCCかと思うくらいの快適さでした。

 

スクートセール概要

 

スクートは毎月10日を「スクートの日」と名付けてセールを開催しています。

前回のセールの様子はこちらをご覧ください。

 

 

  • 販売期間:2017年3月10日11:00〜3月12日23:59
  • 予約対象期間:2017年3月22日〜10月28日
  • 購入方法:スクート公式ホームページ

 

販売期間が本日(12日)までとなっており、短いのでご注意ください。

 

セール対象路線・価格

 

今回のセールで対象となる日本の路線は以下の通りです。価格は全て片道です。

 

  • 成田ーシンガポール:14,000円〜
  • 成田ー台北:7,500円〜
  • 成田ーバンコク:11,900円〜
  • 札幌ーシンガポール:15,000円〜
  • 札幌ー台北:8,500円〜
  • 大阪ーシンガポール:15,500円〜
  • 大阪ー高雄:7,900円〜
  • 大阪ーバンコク:11,900円〜

 

全体的に前回よりもわずかながら値上げとなっています。

前回も値上げになっていたので、値上げ傾向が止まりません。

 

スクート利用時の注意事項

 

  • 燃料サーチャージ不要
  • 表示は諸税込み価格
  • 為替レートの変動で価格が変化する可能性あり

 

LCCに珍しくスクートは燃料サーチャージなしで表示の価格は諸税が含まれています。

ということは実際の航空券価格はもっと安いということになります。諸税込みの価格の方が非常に分かりやすくていいですよね。

その他のLCC利用時の注意事項などはこちらも合わせてご覧ください。

 

 

 

スポンサーリンク


 

 

セール最安価格探してみた。

それでは「成田ー台北」路線の今回の最安価格を探してみましょう。

 

 

 

スクートは諸税込み価格表示ですので、告知の通り最安価格は「7,500円」となりました。

 

 

 

復路の最安価格は「6,727円」ですので、往復の最安価格は「14,227円」となりました。

いつもなぜか復路は告知の金額よりも安い金額で出ています。

 

スポンサーリンク


 

 

 

セール所感。

 

今月のスクートセールも値上げになってしまいました。

先月は11,201円で台北を往復できる航空券が発売になってましたが、今月はそうはいきませんでした。

近頃の東京ー台北路線の各社セール状況をまとめてみました。

 

 

先月のスクートの価格が最安です。

ただ航空会社未定のものについては、フルサービスキャリアということを考えるととても安いですし、ぱっと見では一番価格が高くなっているチャイナエアラインの15,688はツアーですので、ホテルの込みの価格と考えるととても安いです。

まだ発売になっているものもありますので、詳細はそれぞれのリンクをクリックすると各記事へ飛べますのでご確認ください。

 

今回のスクート・キャンペーンページはこちらからどうぞ。

以上Halohalo(ハロハロ)でした。ALOHA〜!

 

-セール/格安航空券