SFC修行/搭乗記

ANA92便「石垣ー羽田」搭乗記。国内乗継制度を活用して片道5,000円!

2017/09/27

ANA92便「石垣ー羽田」路線、エコノミークラスの搭乗記です。朝9時に石垣入りしてから滞在約5時間の観光を終え、羽田へと戻ります。

当便は「石垣ー羽田ーシドニー」へと続くフライトの1便目で「国際線(国内区間)」として、片道5,000円にて購入しました。

この記事では海外航空券の乗継割引の詳細や、フライトの様子をお伝えできればと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク


 

 

フライト概要

 

まずはじめに、今回僕が搭乗したフライト概要を見ていきたいと思います。

概要は以下の通りです。

 

  • 日時:2017年8月6日
  • 出発地時刻:石垣/15:10
  • 到着地時刻:羽田/18:05
  • 航空会社:ANA/全日空
  • クラス:エコノミークラス
  • 便名:ANA92
  • 使用機材:B787-9(789)
  • 価格:5,000円/国際線乗り継ぎ

 

今回のフライトは「羽田ーシドニー」路線の国際線乗り継ぎとして、「石垣ー羽田」便に搭乗しました。

国際線乗り継ぎについては、後ほど詳しく記述しますが国際線利用の際の国内線乗り継ぎの、国内線利用分が「格安」になるもので、ANAがオフィシャルにサービス提供しています。

今回初めてとなった石垣島訪問は、約5時間の滞在でしたが、レンタカーを借りて1周ぐるっと石垣島を回ることができたので、非常に満喫することができました。また必ず帰って来ます。

人が温かくてとても、心が豊かになるいい場所でした。

また今回はシドニーSFC修行(羽田ー石垣ー羽田ーシドニー羽田ー沖縄ー羽田)の一貫で当便に搭乗をしました。シドニーSFC修行のルート案やPP単価など、SFC修行に必要な情報はこちらの記事をご覧ください。

 

 

 

海外乗継割引とは

今回、海外乗継割引を利用することになったというのは、SFC修行にて以前から行きたかった「羽田ーシドニー」国際線をメインとしてSFC修行ルートを考えていったことに起因しています。

ANAでは、今回のように「羽田ーシドニー」など国際線利用の前後に、国内線の乗り継ぎを格安にて付けることができます。

それもそのはず、東京在住の方は「成田か羽田」どちらかを利用すれば、自然と海外には乗り継ぎなしで行けるという考えが定着してしまっていますが、国際線が就航していない地域に在住の方は、東京や大阪など国際線が就航している空港へ、一度国内線に乗ってアクセスしなければいけません。

ANAでは、この国際線に乗るための国内線乗り継ぎ区間を格安で提供する割引サービスを提供しています。これが運賃区分でいう「国際航空券(国内区間)」という項目に当たるフライトです。

価格は、驚きの日本全国どこでも往復1万円です。「沖縄ー東京」も今回利用する「石垣ー東京」も、国内線であれば一律往復1万円です。非常に安いです。

獲得マイルとプレミアムポイントに関しては、従来通り飛行距離に応じて計算がされるので、価格が同じであればできるだけ長い距離を飛んだ方がSFC修行的にはいいということが言えます。

今回、石垣に飛んだのはこのサービスを利用するためで、50,000PPに乗せるためには沖縄/那覇では最終的にプレミアムポイントが50,000PPに届かなくなってしまうので、よりPPを稼ぐことができる石垣を選択してみました。

また国際航空券(国内区間)は運賃区分「運賃4」に区分され、通常の旅割よりも獲得できるプレミアムポイントが高くなっています。

 

 

価格は格安、もらえるプレミアムポイントは旅割より高いとなればこれを利用しない手はないですね。ぜひ利用しましょう。

海外乗継割引利用時(エコノミークラス)における獲得プレミアムポイントは以下の通りです。

 

  • 沖縄/那覇ー羽田:1,968PP
  • 石垣ー羽田:2,448PP

 

乗り継ぎで搭乗時間が長くなるといえど、石垣ー羽田路線を5,000円で、これだけのプレミアムポイントを獲得して飛ぶことができるというのは非常に価値が高いです。

その他、予約方法の詳細などはこちらの記事にまとめていますので、ご参考にどうぞ。

 

 

ちなみに、海外乗継する際の割引はスタートした国内空港と最後にゴールする国内空港が同一である必要はありません(石垣でスタートしたからといって石垣に戻って来る必要はありません)。

今回の僕の旅程も「石垣ー羽田ーシドニーー羽田ー沖縄/那覇」というように国際線の同時予約区間は石垣で始まり、那覇で終わる旅程になっています。

通常利用する場合は、なかなかこのような使い方をすることはありませんが、海外から帰って来て国内のどこかへそのまま旅行へ行く場合には非常に有効ですし、何よりSFC修行時には自由にフライトを組むことができるのでとても有効です。ぜひ活用していきましょう。

 

 

ANA92便搭乗記

空港到着〜出発まで

 

石垣島観光をするために借りたレンタカーをお店に車を返却して、送迎バスに揺られること数分で空港に到着をしました(歩こうと思ったら歩ける距離)。

空港は子ども連れのファミリー層を中心にかなり混み合っていました。

 

 

後ほど分かったことですが機内アナウンスで「満席の予約をいただいている」旨の案内があり、今回搭乗をするANA92便は満員のようでした。

先ほど、海外乗継割引の項目でもご説明した通り、全旅程において当便は「石垣ー羽田ーシドニー」へと続くフライトの1便目で、海外乗継運賃にて購入をしていたので、いつも通り搭乗券を発券をしようとANAカウンターへ向かうと・・・・ANAカウンターは大行列。

 

 

この長蛇の列は、預け入れ荷物の待機列なので、今回は僕は預け入れ荷物がないということで、幸いにも並ぶ必要はなく、ほとんど並んでいなかった発券機で発券をすることにしました。

 

海外乗継利用時の発券方法

いつも通り、機械にANAカードを読み込ませて発券しようとすると、エラーメッセージがすぐに表示されてしまいました。正確な文言は控えるのを忘れてしまったのですが、

 

「国際線乗り継ぎの場合、カウンターにて承ります。」

 

という趣旨の内容のエラーメッセージでした。

「まじか・・あの列に結局並ばないといけないのか・・・。」と思っていたらカウンターに座っていた地上係員の女性が、感じ取ってくれたのか「こちらへどうぞ。」と言いながら、誰も並んでいない「購入・搭乗手続き」カウンターへ案内をしてくれました。

 

 

待ち時間ゼロです。ラッキー。

色々な話をしていると、基本的にどの空港においても発券のために手荷物待機列と同じように長蛇の列で並んでもらうことはないと思う、ということをお話しされていたので、今回は石垣でしたが沖縄や札幌など国際線乗り継ぎで機械にて発券ができないエラーメッセージが出て長蛇の列ができてしまっている時は、素直に並ぶのではなく事情を話してみることをオススメします!

優しい地上係員の方のおかげで、スムーズに発券ができました。今回チェックインカウンターで、受付完了と同時にもらったものは4つです。

 

 

  • 石垣ー羽田の搭乗券
  • 羽田ーシドニーの搭乗券
  • 羽田空港のANAラウンジ等案内図
  • 国際線乗り継ぎバス乗車票

 

国際線乗り継ぎは初めての経験ですが、毎度空港にて発券するのではなく、最初の空港にて国際線分も含めて全てチェックインをして、海外の到着空港まで発券をしてくれるのですね。ありがたいです。

国際線乗継のバスチケットとは、羽田空港到着後「国際線ターミナル→国内線ターミナル」へ行くためのバスに乗るためのチケットで、通常通れない制限エリア内をバスで走るため、飛行機を近くで見られたりしてなかなか面白いです。

 

 

時間がある方は利用してみることをおすすめします。

 

 

スポンサーリンク


 

 

機内の様子

フライトは順調

 

羽田ー石垣便の往路については台風5号の影響を受けて、途中揺れたり、ベルト着用サインが出たり、ルートを変更したりといつものフライトとは様子が違う感じだったのですが、復路便についてはほとんど影響なく順調なフライトでした(一度ベルトサインが出た程度)。

キャプテンアナウンスでは、もしかすると多少揺れるかもしれないということでしたが、結果ほとんど揺れませんでした。

機内はファミリー層が多いため、多少賑やかでしたがそれはそれで僕にとってSFC修行の夏の思い出となりそうです。(子どもが好きなので、そういったことについては寛容な僕です笑。)

 

座席「11K」の感想。

 

今回のフライトにおいて、僕が利用した座席は「11K」でした。この座席を選んだ理由としては、今回の使用機材において11列目の後ろは壁となっており、自由にリクライニングできるという状況を体験してみたかったからです。

というのは往路が同日朝の6時台発であったことや、石垣到着後に運転が多くなることが事前に分かっていたので、恐らく疲れて寝てしまうと考えていました。

よってエコノミークラスの中で少しでも寝やすい席をと思い、非常口席かリクライニングが自由にできる後ろが壁の席を、と思っていたところ、以前に非常口席は体験をしたことがあり快適なのは分かっているので、ちょうど空席のあった11Kを今回は選択してみました。

 

結果・・・・「快適」。

 

リクライニングを最大まで倒すと、足も完全に伸ばせるので寝るには非常に良かったです。今後非常口席の窓際が確保できなかった時には、後ろが壁の席も僕は活用していきたいと思います。

一点だけ注意点としては、後ろが壁ということでお手洗いが背後に設置されている機材になる可能性が高く、たまに流水音が聞こえて来ます。

音楽を聞いて爆睡している時には全然気になりませんでしたが、起きているとうっすら聞こえて来るので敏感な方は利用を控えた方が良さそうです。ご注意ください。

 

羽田空港到着。

順調なフライトは、ほぼオンタイムでの運航であっという間に羽田空港へ到着しました。

これにて、朝に羽田空港を出発して、石垣島観光をして、夕方に羽田空港へと戻ってくることができました。これからシドニーへのフライトがあることを考えると非常に濃い1日ですが充実が実感できるいいフライトでした!

 

搭乗実績について

 

それではここからは、今回のフライトにおける獲得マイルなどの情報です。

獲得することが出来たマイル数やプレミアムポイント数などのデータは以下の通りです。数値はANAゴールドカード保有の数値で計算をしました。

 

  • 価格:5,000円
  • 種別:国際線乗り継ぎ
  • 獲得マイル数:1,530
  • 獲得PP数:2,448
  • PP単価:2.04

 

このフライトをもって、これまで搭乗した13便の合計の獲得プレミアムポイントは23,436PPになりました。

もう少しで目標である50,000PPの半分、25,000PPに到達します。

国際線に乗ると一気に稼げるのでしょうが、今回のSFC修行プランでは後半に国際線が固まってしまったので、なんだかここまで来るのにすごく時間がかかった印象です。

すでに50,000PPに到達してSFC申し込み基準をクリアされている方もTwitterなどでお見かけするので、僕も早く追いつけるように頑張りたいと思います。

また海外乗継割引は、旅割とは運賃区分が異なるので獲得マイル並びにプレミアムポイント/PPの計算方法が異なります。

 

旅割 海外乗継
那覇 1,476 1,968
石垣 1,836 2,448

 

片道5,000円という破格の安さで、通常の旅割よりもプレミアムポイント/PPが稼げる。これは利用しない手はありません。シドニーが今回の旅のメインですが、石垣にも行けて一石二鳥でした。

 

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

 

12Leg目を終えて

 

ANA92便「石垣発ー羽田行」エコノミークラスの搭乗記をお伝えして来ました。この便の搭乗をもって2017年のSFC修行も12Leg目となりました。下記リンクをクリックするとそれぞれの搭乗記にご覧いただけます。

 

2017年1月1日

1.  ANA461便:羽田ー沖縄Pクラス / 2017SFC修行開幕

2.  ANA994便:沖縄ー羽田Pクラス / フライト遅延発生

3.  ANA473便:羽田ー沖縄エコノミー / 保安検査締め切り間に合わず

4.  ANA478便:沖縄ー羽田エコノミー / 初めての非常口席

 

2017年5月7日(GW最終日)

5.  ANA475便:羽田ー沖縄エコノミー/GW最終日の空港の様子

6.  ANA478便:沖縄ー羽田エコノミー/GW明けガラガラのフライト

 

2017年7月18日

7.  ANA999便:羽田ー沖縄エコノミー/羽田ー那覇深夜便がおすすめの理由

8.  ANA1000便:沖縄ー羽田エコノミー/日の出フライトの様子。

 

2017年7月19日

9.   ANA999便:羽田ー沖縄エコノミー/2日連続のギャラクシーフライト

10. ANA1000便:沖縄ー羽田エコノミー/那覇空港の深夜営業状況

 

2017年8月6日〜10日

11. ANA089便:羽田ー石垣Pクラス/台風直撃フライトの行方

12. ANA092便:石垣ー羽田エコノミー/国内乗継で価格は5,000円(今ここ)

13. ANA879便:羽田ーシドニー/初めてのプレミアムエコノミー

14. ANA880便:シドニー羽田プレエコ/初ブロンズフライト

15. ANA463便:羽田ー沖縄エコノミー/オーバーブッキング体験記

16. ANA478便:沖縄ー羽田Pクラス/お盆の沖縄路線の注意点とは

 

海外乗継する際の割引制度についてご理解いただけたでしょうか。国際線利用の前後に「国内どこでも」行くことができ、出発地と最終地が同一である必要もありません。しかも往復で1万円です。

これだけ自由度が高いというのは非常にお得です。ぜひSFC修行に組み込んでみてくださいね!

予約方法については、こちらの記事をご覧ください。

 

 

以上、Halohalo(ハロハロ)でした。ALOHA〜!

 

 

-SFC修行/搭乗記