Tennis

2017年マイアミ・オープンの会場/チケット価格/購入方法/大会概要まとめ

2017/09/28

3月22日からATP World Tourのマイアミ・オープンがスタートになります。

先週のBNPパリバオープン/インディアンウェールズでは惜しくもベスト8で敗れてしまった錦織圭選手ですが、マイアミオープンは昨年準優勝をしている大会だけに、初のマスターズ制覇に向けて期待が高まります。

当記事では、マイアミオープンの大会概要やチケットの価格、購入方法などをまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク


 

 

Miami Openとは

 

マイアミオープンは毎年3月に開催される大会で、フロリダ州のクランドン・パークで開催されます。

前週のインディアンウェールズに続いてアメリカでの開催となる、この大会は「春の祭典」として位置付けられており非常に人気の高い大会となっています。

 

 

錦織選手はアメリカでの居住地としてフロリダに滞在しているため、いわば地元の大会ということもあり注目が集まります。

 

大会ランクについて

 

BNP Paribas Openは全豪、全仏、全英、全米の4大大会に次ぐ位置付けの「ATP ワールドツアー マスターズ1000」となるため、ランキング上位選手は出場義務がある大会です。

勝ち数に応じて獲得できるポイント数は以下の通りです。

 

  • 優勝:1,000ポイント
  • 準優勝:600ポイント
  • ベスト4:360ポイント
  • ベスト8:180ポイント
  • R16:90ポイント
  • R32:45ポイント
  • R64:25ポイント
  • R128:10ポイント

 

マスターズ大会は年間9つの大会が開催されていますが、例年シーズンの一番最初に開催されるマスターズ大会が、このパリバ・マスターズで非常に注目度が高い大会となっています。

錦織選手も4大大会制覇に向けてのステップとして「マスターズ優勝」を掲げているので、そういった意味でも注目の高い大会となっています。

 

2016年マイアミ大会について

2016年のマイアミ・オープンは3月23日〜4月3日に開催されました。

 

  • 優勝:ノバク・ジョコピッチ
  • 準優勝:錦織圭

 

2016年大会では錦織選手が自身2度目となるマスターズ大会の決勝進出を果たしましたが、惜しくも決勝戦でジョコビッチ選手に敗れ準優勝となりました。

Youtubeに決勝戦のハイライトが上がっています。

 

 

今年こそは、マスターズ制覇をして欲しいですね!

 

2017年マイアミ・オープンについて

 

  • 大会名:Miami Open presented by Itau / マイアミオープン
  • 開催地:米・フロリダ州クランドンパーク
  • 大会日程:2017年3月22日〜4月2日(3月20日から予選開始)
  • サーフェイス:屋外ハード
  • ドローサイズ:96
  • ランク:Masters1000

 

2017年シーズン2戦目のマスターズ大会です。

今回大会は世界ランキング自己最高の4位、さらにマレー選手、ジョコビッチ選手が怪我で欠場の為、第二シードで大会に臨みます。

ドロー表/トーナメント表はこちらからご確認ください。

ランキング通り順当に勝ち上がったとすると

  • 準々決勝:チリッチ選手
  • 準決勝:ラオニッチ選手 or ナダル選手
  • 決勝:ワウリンカ選手

以上の選手と対戦予定となっています。

 

 

2017年観戦チケットについて

 

2017 Miami Openのチケットが絶賛発売中です。

ATP Tourは大会ごとに販売座席や価格が大きく異なりますので、それぞれチェックしていく必要があります。

またATP World Tourのチケットを確保する方法はいくつかありますが、僕は余計な手数料や中間マージンが取られないため定価で購入することができるオフィシャルサイトでの購入をオススメしています。

 

スポンサーリンク


 

 

チケット種類・価格

 

こちらに記載する金額はいずれも最安価格です。

日程が進んでいくにつれて価格は高くなっていきますので、Finalが最も高い金額で決勝戦のチケットは有名大会になるほど争奪戦となっていきます。

Miami Openのセンターコートは「Stadium Court」と表現されており、その他のコートについてはGroudstandと表記されます。

 

 

  • 400 Levels:24$
  • Daily Double:45$
  • 300 Levels:50$
  • 100 Levels:100$
  • Ground stand:36$

 

 

400 Levalsはいわゆるセンターコート4階席、300はセンターコート3階席という座席設定になっています。

Daily Doubleチケットは、センターコートの4階席に限り昼セッション・夜セッション両方に入場することができます。

Ground Standチケットは、センターコートに入場することができません。グランドスタンドの予約を確定できるチケットになります。

チケット購入の参考に、昨年の錦織圭選手のコートデータは以下の通りです。

 

  • 2回戦:3月26日 センターコート 第一試合
  • 3回戦:3月28日 グランドスタンド 第一試合
  • 4回戦:3月29日 センターコート 第六試合
  • 準々決勝:3月31日 センターコート 第二試合
  • 準決勝:4月1日 センターコート 第三試合
  • 決勝:4月2日 センターコート 第一試合

 

ここまでご紹介したチケットはいわゆる「Daily Ticket」と呼ばれるもので、2日間チケットなど複数日に渡るチケットは割引価格で購入が可能です。

「Ticket Package」から検索をしてみましょう。

 

観戦チケット購入方法

Miami Openのチケットは公式HPから購入することが可能です。

 

 

TOPページ上部ボタンの「Ticket」をクリックし「All Ticket & Packages」を選択します。

 

 

すると購入可能なチケットが表示されますので、ご希望のチケットを選択します。

 

  • 1日/1試合チケットは「Daily Ticket」
  • 複数日チケットは「Ticket Packages」

 

 

すると、各日付ごとに選択できる画面になりますので、ご希望のチケット種類を選択して購入をしましょう。

選択をするとチケットサイトに飛びますので、案内に従って座席を決定しクレジットカードで決済すればチケット購入完了です!

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

当ブログについて

 

当ブログは「格安航空券」「マイル」をメインジャンルに置いています。

ATP Tourが日本で開催されるのは有明で開催される「楽天オープン」のみで、全米・全英などの4大大会に代表されるようにほぼ全ての大会が海外で開催されています。

20代サラリーマンでも海外で開催される大会に観戦に行くために、できるだけ安い航空券を探しながら限りなくお金をかけずに旅行できるよう準備を進めています。

僕の夢はテニスとF1を観戦しながら世界中を回ることです。早速今年は2017年11月にフランス・パリで開催されるParibas Mastersを観戦予定です。東京とパリの航空券については往復4万円でチケット確保することができました。

2016年から準備を始め、少なく見積もっても年間25万ANAマイルのペースでマイルを貯めることができるようになり、2018年には貯めたマイルを使ってたくさん観戦に出かける予定です!

僕がマイルを貯めている方法はこちらで解説していますので、宜しければ覗いてみてください。何かのヒントになるかもしれません。

 

 

日々格安航空券情報を更新していますので、思い出した時に是非また当ブログの記事を読みに来てくださいね!

昨年準優勝と気分も乗りやすい大会で、初のマスターズ制覇を手に入れて欲しい限りです。

先週のインディアンウェールズはベスト8で格下相手に負けてしまいましたが、世界ランキングは上昇して第4位。この順位を全仏までキープできれば上位まで強豪とは当たらないシードになりますので4大大会でも期待が高まります。

 

Go K.Nishikori!

 

大会公式サイトはこちらからどうぞ。

Halohalo(ハロハロ)でした。ALOHA〜!

-Tennis