▼当ブログへ初めてお越しの方必見▼ 

SPG AMEXがお得!3.9万ポイント!

ハワイ人気NO.1ツアー体験してみた

今ならANA AMEXで9万マイル獲得可能!

JAL航空券をお得に手に入れる方法まとめ!

ANA・JAL航空券を実質無料で購入する方法

年間20万マイルの貯め方!王道ルート公開中

一発でマリオット/Ritzの上級会員になる方法

 

ホテル情報/宿泊記

ついにJALも1年間のステータス延長を発表!2020年度ステータスを2022年3月末まで有効に!

2020/04/25

JALステータス1年延長

日に日にANA・JALの無料キャンセル可能期間が伸び続け、ついに国内線は2020年5月17日まで、国際線は5月31日まで払い戻し無料となって、収束が見えない新型コロナウイルス。

 

 

そんな中、ホテル業界から始まったステータス延長の波が、航空業界の「デルタ航空」に波及し、ついに日本にもやってきました。

日本航空JALが1年間のステータス延長を追加発表!!!!!!!!

JALはすでに「期間限定で搭乗時にもらえるFOPが2倍」などの特別対応も発表していますので、さらなる特別対応は想定していませんでしたがこれはビックサプライズ。詳細をまとめます。

追記:遅れること5時間後、ANAもステータス延長を発表しました。

 

スポンサーリンク


 

 

JALが1年間のステータス延長を発表!

成田空港のJALサクララウンジ

 

まずは今回発表された概要から!日本航空(JAL)は新型コロナウイルス特別対応として、下記内容を発表しました。

  • 2020年度ステータスを1年延長
  • 2022年3月末まで上級会員に
  • 2019年1月〜12月の搭乗実績による

なんと昨年(2019年1月〜12月)の搭乗実績によって付与されるFLY ON ステータス(上級会員資格)を、1年間延長するとのこと!!!

通常は2019年に上級会員資格を手に入れた場合には、2020年度(2020年4月1日〜2021年3月31日)がステイタス有効期間となりますが、これが2021年度(2021年4月1日〜2022年12月31日)まで利用可能になります!

  • 2021年3月31日→2022年3月31日まで

近年はこのような新しい施策はANAが先行して行って、JALが追従するという流れが続いていましたが、ここ近日中はJALが積極的に新しい施策を実施して形勢逆転。

ANAも恐らく追従することになると思いますし、何より今年は旅行できる状況ではなさそうなので昨年ステータスを獲得した方にとってはかなりの朗報となりそうです!

もう少し詳細をみていきましょう。

 

 

 

2020年度ステータスを2022年3月末まで1年延長

成田空港のJALサクララウンジ

 

JALは新型コロナウイルス特別対応として、2020年度現在の全てのFLY ON ステータス(上級会員資格)を2021年度末(2022年3月31日)まで延長すると発表しました!

 

先般、新型コロナウイルス拡大の影響で、日本においても緊急事態宣言が発出され、海外渡航も国内移動も難しい状況となっております。
JALグループも路線の運休や減便をさせていただいており、ご利用のお客さまにはご不便をおかけしております。

皆さまも、なかなか先の見通しが立たず、ご不安を感じながら過ごされ、ご旅行やご出張の計画を立てるのもままならない状況かと存じます。このような中、皆さまに少しでもご安心いただけますよう、

2019年1⽉〜12⽉のご搭乗実績で達成されました2020年度FLY ON ステイタス(有効期限:2021年3月末)を、2021年度(有効期限:2022年3月末)までの1年間延長いたします。

 

今日現在の2020年度JAL会員ステータスは、2019年JALの搭乗実績に基づくものなので、今回の発表によって2019年ステータス獲得日→2020年度→2021年度と2年度以上に渡って上級会員として扱われることになりますね!

もちろんクリスタル、サファイア、ダイヤモンドなど全ての上級会員資格が延長の対象。

これぞまさに神対応!

予定した旅行などが渡航不可となってしまうことが想定されますし、最悪の場合せっかく獲得したステータス特典をほとんど利用できないまま期間終了となることも考えられるので、今回の発表は対象者にとっては一番いい結果となったのではないでしょうか!

一応お伝えしておくと、対象は2019年のステータス獲得者なので、2020年にステータスを獲得した方、そしてこれからステータスを獲得した方は対象外ですので、悪しからず。

 

自身での手続きは不要

今回のステータス延長に関して、対象者は何か特別な対応をする必要はないとのこと!

自動的に2022年3月末まで上級会員として扱われるようです。

 

ヒルトンから始まったステータス延長が日系航空会社にも

ダブルツリー首里城

 

今回の新型コロナウイルスのステータス延長は、アメリカでホテルチェーン大手の「ヒルトンがステータス延長を発表」してから一気に旅行業界に広がって行きました。

ツイッターなどでは「ステータス延長あるかも?」と期待も込めて噂されていましたが、実際に発表した反応を見ても好評で、ホテルグループでは「マリオットも1年間のステータス延長」を発表しています。

航空業界のファーストペンギンになったのは、デルタ航空。ユナイテッド航空なども特別対応を発表して、今回日本にステータス延長の波がやってきました。

正直、このような状況ですので素直に喜べない状況ではありますが対象者の方は、しっかりメリットを享受できないまま期限満了を迎える可能性も高まってきているので、早めに手を打ってくれた日本航空はさすがです。

 

 

 

ANAも追従するかに注目

ANA国内線

 

次なる注目は、ANAも「2020年度ステータスの延長」を発表するかに注目が集まります。

が、これまでの両者の動きを見ているとほぼ間違いなく発表されて足並みが揃う形になるでしょう。早ければ今日にも発表されると思います。

ユーザーにとっては嬉しいニュースではありますが、JALは国際線ラウンジを全て閉鎖するようなニュースも入ってきてますし、豪州のヴァージンオーストラリア航空は事実上の破綻、アリタリアイタリア航空は国有化とかなり苦しい航空業界ですので、1日も早い回復が待たれます。

 

 
 

 

まとめ

JAL成田マニラビジネスクラス

 

今日は、日本航空(JAL)が発表した「ステータス延長」をまとめてきました。

  • 2020年度ステータスを1年延長
  • 2022年3月末まで上級会員に
  • 2019年1月〜12月の搭乗実績による

今回の発表、すでにJALは特別対応を発表していましたので、追加発表はインパクトが大きいように感じます!

内容は、2020年度ステータスを1年延長するというもの。

ホテルチェーン大手の「ヒルトンがステータス延長を発表」してから、ステータス延長が日系航空業界にも波及してきました。

今後ANAなどの日系航空会社も追従することが予想されるので、注目です。

今は健康・安全第一、Stay home。旅行好きにとっては苦しい時期となっていますが、みんなで乗り越えていきましょう!

 

おすすめリンク

-ホテル情報/宿泊記