SFC修行/搭乗記 航空会社/空港情報

【復活】ANA・JALは正式に2017年2月より燃料サーチャージ導入を発表

2017/04/17

クリスマス前に残念なお知らせがANA・JALから飛び込んできました。

以前からお伝えしていて先月から為替の上昇などによって噂されていた「燃油特別付加運賃」、通称:燃料サーチャージが2016年2月発券分より導入されることが正式に発表となりました。

本文中はANAを中心に解説していますがJALも同様に10ヶ月ぶりに復活が発表になりました。

 

 

今日はその経緯と具体的な金額についてまとめます。

 

スポンサーリンク


 

 

燃料サーチャージとは

空港のJALとANA機

 

別名、燃油特別付加運賃。世界で航空燃料が高騰していることに伴って、通常の航空券代にプラスして購入者へ燃料費負担を求める額のこと。原油生産地の政情不安や為替、世界情勢の変化などによって価格が変化しています。

原油は1バレルという単位で取引されます。1バレルは約160リットルで60USドル(1ドル100円計算で6000円)が1つの基準となっています。

 

  • 1バレル60USドル(6000円)以上:燃料サーチャージ適用
  • 1バレル60USドル(6000円)以下:燃料サーチャージ適用なし

 

ANAやJALでは60USドルを基準に燃料サーチャージを適用するか否かを決めています。この基準額の詳細に関しては航空会社によって異なるため他の航空会社では1バレルの基準額が異なります。

貨物は毎月、旅客は2ヶ月に一回料金の見直しが行われます。今回、復活が決まってしまったということはこの基準額を上回ってしまったことが言えます。

 

今回発表されたANAのプレスリリース

 

今回発表されたものはタイトルもズバリ、、

国際線旅客「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)」を改定

です。

このタイトルだけを見れば下がっていてもおかしくありませんが、今までは0円でしたのでこれ以上下がることはありません。0円の状態で改定ということは値上げです。

詳細の説明はANAのプレスリリースに記載されている文章を拝借します。

 

当社グループでは、燃油特別付加運賃額を2カ月ごとに、直近2カ月間の燃油市況価格平均に基づき見直しています。今般、2016年10月から2016年11月におけるシンガポールケロシン市況価格の2カ月平均が1バレルあたり58.69米ドル、為替レートは1ドル=106.00円でした。よって、シンガポールケロシン市況価格の円貨換算額は6,221円となったため、改定することといたしました。

 

ギリギリ、目安の60USドルは下回ることができましたが現在為替が円安に向かっているため、円換算(今回は1ドル=106円)すると基準となる6,000円を超えてしまいます

よって今回は復活してしまうことになりました。

「なんだよー、ちょっとくらいおまけしてよー」と言いたくなるところですが、1円でも基準を上回っている以上は会社判断として導入です。いい意味で、基準とは感情を排除できるそういうものだと思います。

ではその改定内容を見てみましょう。

 

値幅は200円〜3,500円。

 

国際線の航空券代金に上乗せされる形になります。国内線は追加で払う形の燃料サーチャージはありません。単純に航空券の価格が値上がりする可能性があります。

 

燃料サーチャージ価格

 

上記表は国際線1区間における燃料サーチャージの価格になります。往復の場合は2区間となりますので表示額の倍額が必要になります。

ご覧の通り燃料サーチャージは距離が近いほど安く、遠いほど高いです。今回の導入では最大で往復7,000円の導入です。

7,000円ならまぁしょうがないかーと思いたいところですが、何事も最初は少しづつスタートするものです。残念で仕方ありません。

 

対象は2月〜3月発券分。

今回の発表額が適用になるのは2017年2月〜3月発券分となります。

以前お伝えしたように2017年1月発券分までは燃料サーチャージ未導入が決まっていますので、料金は発生しません。

 

 

2017年の早い段階でのSFCカード取得を目指している方は、1月中に駆け込んでSFCカード取得条件となる50,000プレミアムポイントまでのフライトも予約するのも1つの手かもしれません。

 

まだまだ上がる可能性あり。

今回は基準レートが106円ですが、直近のドル円為替レートは118円をつけています。もし仮にですが今回の1バレル=58.69ドルを118円で計算すると・・・

 

58.69 × 118 = 6,925円

 

となります。

 

ANAの改定基準によると、6,000円台で収まってくれれば段階としては最初の段階の燃料サーチャージ、7,000円を超えてくるとさらなる値上げとなります。

12月〜1月の為替レートと原油価格で判断されますので今後もう少しレートが下がってくれることを期待しましょう。

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

年末に残念なお知らせとなりましたが、今後の展開に注視してお得にSFC修行を終えられるよう頑張りましょう!僕も30万円台で終えられるよう頑張りたいと思います。

今回のプレスリリースはこちらから全文見ることができます。

 

 

それではHalohalo(ハロハロ)でした!ALOHA〜!

 

 

 

陸マイラーの皆さんのブログはこちらから!
少しでも参考になったら1CLICKで応援お願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

合わせてどうぞ!

-SFC修行/搭乗記, 航空会社/空港情報