▼当ブログへ初めてお越しの方必見▼ 

SPG AMEXがお得!3.9万ポイント!

ハワイ人気NO.1ツアー体験してみた

今ならANA AMEXで9万マイル獲得可能!

JAL航空券をお得に手に入れる方法まとめ!

ANA・JAL航空券を実質無料で購入する方法

年間20万マイルの貯め方!王道ルート公開中

一発でマリオット/Ritzの上級会員になる方法

 

航空会社/空港情報

【吉報】燃油サーチャージ19年10月〜11月発券分は1段階値下げ!最大10,500円へ

ana-oil

先月、JAL・ANA各社から2019年10月〜2019年11月発券分における燃油サーチャージ額がプレスリリース発表になりました。

2019年4月〜5月は一気に3段階値下げになって歓喜していたら、2019年6月〜7月は再び1段階値上げとなり、前回はさらに1段階値上げ、今回はなんとか再び値下げすることになりました!

ANA・JALは同じ算出方法となっていますので同様に値上げですので「SFC修行」「JGC修行」を計画している方にとっては、朗報ですね!

マイルを大量保有している「陸マイラー」の皆さんも、特典航空券を取得する際には必要マイルとは別に諸税が発生するので燃油代が安い時に購入するのが吉です。今のうちに発券しておきましょう!

※8〜9月中に発券済みの特典航空券の燃油代は10月以降に安くしておきましょう!詳細は「【特典航空券】燃油サーチャージが安くなった時に差額を返金する方法」からどうぞ。

 

スポンサーリンク


 

燃油サーチャージとは?<概要>

空港のJALとANA機

 

燃油サーチャージは世界で航空燃料が高騰していることに伴って、通常の航空券代にプラスして購入者へ燃料費負担を求める料金のことを指します。別名、燃油特別付加運賃。

燃油サーチャージは発券した日に基づいて計算がされますので、実際に旅行する日は関係ありません。

あくまでも「いつ発券したか」が重要です。

例えば同じ1月1日に旅行をする2組の家族がいた場合に、A家族は燃油サーチャージが適用なしの期間に予約(発券)していたのに対し、B家族は一人5,000円の燃油サーチャージがかかる期間に予約してしまったらB家族だけ燃油代を支払う必要があります。

それってかなり損ですよね・・!?一人ならダメージは少ないかもしれませんが家族旅行ともなれば、倍々になってきますのでヘタしたら10万以上の差額になるなんてこともあるかもしれません。

なので燃油サーチャージを理解する上で「いつ発券するか」はかなり重要と、ここでは覚えておきましょう。

色々考えるのが面倒という方は最初から燃油サーチャージが徴収されない航空会社(または限りなく安い航空会社)を選ぶのも手です。詳細は「特典航空券で燃油サーチャージを無料にする方法」からどうぞ。

 

 

 

 

燃油サーチャージは2ヶ月に一回改定

ANA特典航空券

 

そんなANA・JALの旅客用燃油サーチャージは2ヶ月に一回の割合で原油生産地の政情不安や為替、世界情勢の変化などによって価格が変化しています。

 

  • 6,000円以上:燃油サーチャージ適用
  • 5,999円以下:燃油サーチャージ適用なし

 

少し難しい話になると・・・ANAやJALでは、1バレル米ドル価格(約160リットル)× 為替レートの2ヶ月平均金額が、6,000円を超えると燃油サーチャージ適用になるという仕組みで計算がされています。

掛け算になるので1バレルの価格が上がっても、為替レートが円安になってもダメ(燃油サーチャージ支払者にとってはマイナス)という結構シビアな国際ルール。

国内航空会社のANAとJALでは基準額が同じですので、基本的には両者とも燃油サーチャージは同じ価格となります。

また、6,000円を超える金額となった場合、7,000円・8,000円・9,000円と1,000円上がるごとに燃油サーチャージも倍増して行きますので、仮に適用されるとしてもできるだけ6,000円台の最小価格で抑えたいというのが、現状の燃油サーチャージのシステムですね。

実際に、近年の燃料サーチャージ価格の推移(最大額)を見てみましょう。

 

  • 2016年12月〜1月:適用なし
  • 2017年2月〜3月:3,500円
  • 2017年4月〜5月:7,000円
  • 2017年6月〜7月:7,000円
  • 2017年8月〜9月:3,500円
  • 2017年10月〜11月:3,500円
  • 2017年12月〜1月:7,000円
  • 2018年2月〜3月:10,500円
  • 2018年4月〜5月:10,500円
  • 2018年6月〜7月:10,500円
  • 2018年8月〜9月:14,000円
  • 2018年10月〜11月:14,000円
  • 2018年12月〜2019年1月:14,000円
  • 2019年2月〜3月:17,500円
  • 2019年4月〜5月:7,000円
  • 2019年6月〜7月:10,500円
  • 2019年8月〜9月:14,000円
  • 2019年10月〜11月:10,500円

※金額は片道。

 

2016年12月〜1月に燃油サーチャージ適用なしとなってからというもの、その後は一度も燃油サーチャージがなくなったことはありません。

あくまでも最大額ですが、3,500円〜17,500円の間で徴収され続けています。

ちなみにこの金額は片道ですので17,500円の路線(基本は距離が遠くなれば高くなると覚えればOK)を往復する場合は、航空券や空港税とは別に「3.5万円の燃油サーチャージ」が徴収されることになり超高額です。

家族3名で海外旅行しようと思ったら、燃油代だけで10万円超えですからね・・・。本当バカにできない金額です。

 

19年10月〜11月発券分の燃油サーチャージ金額

jalカウンター

 

今回JAL・ANA各社から2019年6月〜2019年7月の原油価格から算出された、2019年10月〜2019年11月発券分の燃油サーチャージ額が、発表になりました。

以下、ANAから発表されたリリース文です。

 

2019年6月から2019年7月におけるシンガポールケロシン市況価格の2カ月平均が1バレルあたり76.58米ドル、為替レートは1ドル=108.14円でした。よって、シンガポールケロシン市況価格の円貨換算額は8,282円となったため、下記の通り改定することといたしました。

 

 

ANA VISAカード
 

 

燃料サーチャージは1段階値下げへ

2019年10月〜2019年11月発券分における燃油サーチャージ額は、前期(2019年8月〜2019年9月)から1段階ダウン(値下げ)になることが発表になりました!!!

各方面ごとの燃料代は、以下の通りです。

 

ANA

 

前々回1段階アップ、前回さらに1段階アップということで嫌なムードでしたが、今回はなんとか1段階ダウンで持ち直すことができました!

これは少しでも安く特典航空券や航空券を購入するためには、値下げ後となるの2019年10月〜11月が特典航空券発券期となりそうです。ファーストクラスなどの発券もお得になって来ます。

 

 

ちなみに・・・ロンドンの空港税はかなり高いので、燃油代も高くなってくるとダブルパンチです。燃油代だけでなく空港税にも注意が必要ですので合わせてどうぞ!

関連記事:ロンドン・ヒースロー空港は諸税が高い!乗り継ぎで空港税を安くする裏技

 

新規就航したウィーンや今後就航になることが決定しているモスクワ・ウラジオストクあたりも、予約が開始されればかなりお得に発券しやすくなるので、早く予約開始して欲しいですね・・!

 

 

 

 

 

シンガポール石油の円換算額は8,282円

今回の燃料代決定の参考価格となった、2019年6月〜7月のシンガポール円換算額は「8,282円」となっているため、もうちょっとで2段階ダウンになる予定でした。なんとか7,000円台になってくれたら・・・。

次回以降に期待ですね!

 

SFC修行・JGC修行にも好影響あり

長崎空港の展望デッキ

 

また燃料サーチャージという形で課金されるのは、国際線のみですがこれまでの傾向でいうと燃料サーチャージが安くなると、国内線価格も比例して安くなり、シドニー修行のようにたくさんの路線を乗り継ぐような修行ルートのPP単価が良くなり、組み込みやすくなります。

特にSFC修行にも多く活用されていて、国内線でも距離が長めの東京ー沖縄路線などは影響を受けやすいのでご注意を!

それぞれの上級会員修行詳細は、下記記事からどうぞ。

 

安く旅行に行きたい方へ

どこかにマイル

 

多少安くなってきたとは言え、今回も値上げになってしまいましたしまだまだ欧州・北米方面の航空券単体で購入するのは難しい現状もあります。

そんな時は安めの国内航空券を探すか「楽天トラベル」「HIS(エイチ・アイ・エス)」そして「JTBセール」などで格安ツアー商品の購入検討してみましょう。

 

楽天トラベルソウルツアー

楽天トラベル台北ツアー

 

ポイントサイトを活用して航空券価格を抑えるのも有効な方法ですね!

関連記事:ANA航空券を実質無料にする方法

 

JALが実施している往復6,000マイルで”どこか”に行ける「どこかにマイル」は非常にいい制度だと思います、うまく活用してみましょう。

ANAも対抗して、片道3,000マイルから発券可能な「ANAトクたびマイル」をスタートになりました。

 

僕も2019年はどこかにマイルで高松へ行ってきました!クラスJへ当日アップグレードもできますので、オススメです。

 

 

また燃料代が高いと感じる時には、燃油代がかからない航空会社のマイルを使って特典航空券を取得する方法も有効です。下記リンクの詳細をどうぞ。

 

 

ホテル予約はSPGアメックスで!

SPG amex

 

今回ご紹介している「ANA航空券」は、航空券のみとなりますので、宿泊を伴う旅行の場合は別途ホテルを予約する必要があります。

そんな際にはホテル系カードNO.1の呼び声高い「スターウッドプリファードアメリカンエキスプレスカード/Starwood Preferred Guest American Express Card(通称:SPGアメックス)」を利用しましょう。

関連記事:SPGアメックス徹底解説。ホテル系NO.1カード

 

せっかくの旅行なら、旅行の際にいいホテルに泊まりたいですよね?

SPGアメックスカードは、シェラトンやウェスティンホテルといった有名ホテルを抱えている、SPGグループが2001年から発行するクレジットカードなので発行するだけで(宿泊しなくても)、マリオットやリッツ・カールトンといった名だたる高級ホテルの上級会員になることができます。

上級会員になると、お部屋の無償アップグレードや、場合によってはエグゼクティブラウンジが無料で利用できるようになります。

 

JWマリオットロサンゼルスのジュニアスイートルーム

JWマリオットロサンゼルスのエグゼクティブラウンジ

 

実際に、JWマリオットロサンゼルスに宿泊した際には一番安い部屋に貯まったポイントで宿泊したにも関わらず、なんとスイートルームへアップグレードされました!!もちろんアップグレード費用も無料です。

関連記事:JWマリオットロサンゼルス宿泊記。初スイートアップグレード!

 

イラフSUI沖縄宮古オーシャンフロントコーナージュニアスイートルーム

イラフSUI沖縄宮古オーシャンフロントコーナージュニアスイートルーム

 

日本でも、イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古に宿泊した際には一番安い部屋に貯まったポイントで宿泊したにも関わらず、なんとスイートルームへアップグレードされました!!もちろんアップグレード費用も無料です。

 

 

ラグジュアリーステイを体験したい方は、下記「SPGアメックス全解説!メリット・デメリットまとめ」をご覧ください。

 

 

 

 

JAL燃料サーチャージまとめ

ANAカウンター

 

JALから発表になった、2019年10月〜2019年11月発券分の燃料サーチャージ情報をお伝えしてきました。

前回は最高なことに一気に3段階も値下げとなることになりましたが、今回は1段階アップ。

これまでの燃料サーチャージ価格の推移(最大額)を見てみましょう。

 

  • 2016年12月〜1月:適用なし
  • 2017年2月〜3月:3,500円
  • 2017年4月〜5月:7,000円
  • 2017年6月〜7月:7,000円
  • 2017年8月〜9月:3,500円
  • 2017年10月〜11月:3,500円
  • 2017年12月〜1月:7,000円
  • 2018年2月〜3月:10,500円
  • 2018年4月〜5月:10,500円
  • 2018年6月〜7月:10,500円
  • 2018年8月〜9月:14,000円
  • 2018年10月〜11月:14,000円
  • 2018年12月〜2019年1月:14,000円
  • 2019年2月〜3月:17,500円
  • 2019年4月〜5月:7,000円
  • 2019年6月〜7月:10,500円
  • 2019年8月〜9月:14,000円
  • 2019年10月〜11月:10,500円

 

最大10,500円、特に欧州やアメリカなども特典航空券の燃油代が高いので、10月以降の予約がお得になって来ます。

まだ高いなと感じる方は飛行距離が長くなるほど燃料代も高くなりますので、影響の少ないアジアへ旅行に行くか、楽天トラベルなどで安いツアーを購入するオススメです。

燃料サーチャージが上がると格安航空券も出てこなくなりますし、セールも全体的に高くなり見送り傾向が高まります。

2018年以降は国際線利用時の国内乗り継ぎにおけるマイル積算率の変更JAL特典航空券の改悪などもスタートとなっていますので、依然として飛行機を利用される方ににとってまだまだ難しい一年になりそうです。

 

 

以上、Halohalo(ハロハロ)でした。ALOHA〜!

 

おすすめリンク

-航空会社/空港情報