▼当ブログへ初めてお越しの方必見▼ 

SPG AMEX入会は今!4.5万ポイント!

今ならANA AMEXで9万マイル獲得可能!

JAL航空券をお得に手に入れる方法まとめ!

ANA・JAL航空券を実質無料で購入する方法

年間20万マイルの貯め方!王道ルート公開中

一発でマリオット/Ritzの上級会員になる方法

 

SFC修行/搭乗記

【JW954便】バニラエア函館-成田搭乗記!2年間のラストフライトをリラックスシートからレビュー

バニラエア JW954便のラストフライト

JW954便「函館ー東京(成田)」搭乗記!就航から約2年のラストフライトをレビュー!非常口座席(リラックスシート)も初体験!

2018年12月、日系LCCのバニラエアとピーチの統合が発表され、バニラエアとして運航していた路線は2019年3月から順次「ピーチ」として運航または路線撤退されていくことになりました。

 

 

その先駆けとして、2019年3月30日「函館ー東京(成田)」がラストフライトを迎え、記念に搭乗してきましので様子をレビューします!

 

 

今回ANAマイルを使ってお得にバニラエアの特典航空券を発券できたので、予約方法も合わせてどうぞ。

 

スポンサーリンク


 

JW954便フライト概要

バニラエア JW954便のラストフライト

 

当記事でご紹介する今回僕が搭乗したフライト概要は、以下の通りです。

 

  • 出発地:函館/17:45
  • 到着地:東京(成田)/19:25
  • フライト時間:1時間40分
  • 航空会社:バニラエア
  • 便名:JW954便

 

ANAとバニラエアはグループ会社なので、今回は「ANAマイルの貯め方」を実践しながら、今まで貯めてきたマイルで特典航空券を取得したので、費用は無料です!

 

バニラエア減額キャンペーン

 

現在は終了してしまいましたが「バニラエアが2019年10月に運航終了へ。マイル減額キャンペーン開催中」でお伝えしたキャンペーンレート適用で片道4,000ANAマイルで取得することができました!

 

 

成田という利便性を考慮しなければ通常、ANA運航便だと片道6,000マイルが必要になるのでバニラエアの方が2,000マイルほどお得な計算です!

 

 

 

 

JW954便搭乗レポート

路線名 運航終了日 今後
成田ー函館 3月30日 廃止
成田ー札幌 8月31日 9月1日からPeach運航
成田ー奄美 8月31日 10月1日からPeach運航
成田ー那覇 5月31日 6月1日からPeach運航
成田ー石垣 9月30日 10月27日以降Peach運航予定※
成田ー台北 10月26日 10月27日以降Peach運航予定※
成田ー香港 5月31日 廃止
大阪ー台北 5月7日 6月29日からPeach運航
大阪ー奄美 5月6日 10月27日以降Peach運航予定※
福岡ー台北 10月26日 10月27日以降Peach運航予定※
沖縄ー石垣 5月31日 廃止
沖縄ー台北 5月31日 6月28日からPeach運航

※10月27日以降Peach運航予定となっている路線については、ウィンターダイヤ期間(2019年10月27日〜2020年3月28日)の間に運航予定となっていますが詳細は未定です。

 

バニラエアは順次ピーチへの引き継ぎや路線撤退となりますが、函館はこのフライトをもって撤退となるラストフライトとなりました。

 

函館空港でチェックイン

バニラエア JW954便のラストフライト

 

まずは函館空港に到着後、チェックインカウンターでチェックインをすることにしました。

3列のレーンがあり左2列は預け入れ荷物がある方のレーン、一番混雑している一番左のレーンは預け入れ荷物がなく、機内持ち込みの手荷物のみの方のレーンです。

バニラエアの場合、機内持ち込みは2個・7Kgまでというルールがあり、全員荷物の重量を測るので時間がかかります。

この辺りはLCCなのでかなり厳密でした。重量オーバーの場合は預け入れ荷物に入れることになります。

 

バニラエア JW954便のラストフライト

バニラエア JW954便のラストフライト

 

荷物チェックを終わって、手荷物にタグをつけてもらったら、自動チェックイン機でチェックインをします。

がしかし・・・今回は非常口座席だったので自動チェックイン機ではチェックインを完了することができず、再び係員のいるカウンターに並び直しになりました。

どうやら非常口座席の場合には、係員による確認が必要なようです。

 

バニラエア JW954便のラストフライト

 

せっかく列に並んで荷物チェックを受けたのに・・・!情弱だった僕がいけないのですが、この辺りはもう少し分かりやすいといいなと思いました。

もし知って入れば最初からガラガラのレーンでチェックインをして、並ぶことなくチェックインをパスできたことになりますね!

諸々の空港到着時間の目安については「国内線は何分前に到着するべき?航空会社の締め切り時間まとめ」が詳しいです。合わせてどうぞ。

 

 

 

カードラウンジ「A Springs」で時間つぶし!

函館空港ラウンジA Spring

 

函館空港には、ANAラウンジもJALサクララウンジもないので「A Spring.」というカードラウンジを利用しました。

対象カードを保有していると無料になるラウンジなのでお得です!

 

函館空港ラウンジA Spring

 

対象カードの詳細やカードラウンジ A Spring訪問の様子は「【無料利用】函館空港のカードラウンジ「A Spring」訪問レビュー!北海道限定ドリンクあり。」にてレポートしていますので、ぜひ参考にどうぞ。

 

搭乗口の様子

バニラエア JW954便のラストフライト

 

ラウンジでくつろいで席に着いてゆっくりしたら、保安検査を抜けて搭乗口へと向かいました。

出発便の掲示板にも、バニラエアが表示されていますね!

 

バニラエア JW954便のラストフライト

バニラエア JW954便のラストフライト

 

ラストフライトのJW954便は5番搭乗口からの搭乗です。ラストフライトということで、スーツを着たバニラエアのスタッフの方々も見送りにきていました。

また今回は非常口座席(リラックスシート)を事前に指定していたので、優先搭乗を利用することができました。これがなかなか良かったです!

お子様・お手伝いが必要な方に続いて一般搭乗よりも先にゲートを通過することができ、後ろにはかなり長い列ができていましたのでこれはラッキー。

リラックスシートの指定で優先搭乗も利用できるようになるのはいいですね!

 

 

 

機内・座席の様子

バニラエア JW954便のラストフライト

バニラエア JW954便のラストフライト

バニラエア JW954便のラストフライト

バニラエア JW954便のラストフライト

 

優先搭乗を利用できたので、機内はまだガラガラです。

今回はA320の機材で3-3の配列となっており、緊急時の助けが必要となる代わりに足元が広い「非常口座席」を選択しました。

ルール等は基本的にANA・JALと同じでした。

 

バニラエア

 

バニラエアでは非常口座席をリラックスシートと呼んでいて、函館路線の場合は片道1,000円の追加料金で選ぶことが可能です。

 

バニラエア JW954便のラストフライト

バニラエア JW954便のラストフライト

バニラエア JW954便のラストフライト

 

実際に両方のシートに座ってみましたが、非常口座席は通常の座席と比べると前の座席の圧迫感がないので2倍くらいの広さを感じました。

 

12列目、14列目座席のご利用制限

12列目、14列目は、非常口座席です。
お客様の安全を確保するため、非常口座席には国土交通省の通達に基づいた、以下すべての項目を満たすお客様に限りご着席いただけます。万一の場合、客室乗務員の指示のもと、 緊急脱出時の援助をお願いします。あらかじめご了承ください。下記項目に該当しないお客様は座席を変更させていただきます。

【非常口座席にお座りいただける方】

  • 英語または日本語で客室乗務員と口頭で会話ができる方
  • 満15歳以上の方
  • 満12歳未満のお客様をお連れではない方
  • ご搭乗に際して付き添いの方や係員のお手伝いを必要としない方
  • エクストラシート、または大型楽器のための座席を購入されていない方
  • 緊急脱出援助にご同意いただける方
  • 脱出手順の案内および乗務員の指示を理解し、他のお客様へ口頭で伝えられる方
  • 妊婦の方は出産予定日から28日以内ではない方
  • 医療用酸素ボトルをお持込されない方
  • ご注意:
  • 12列目につきましてはリクライニングできませんので、あらかじめご了承ください。
  • 機内にお持込の手荷物は客室内の収納棚に入れていただきます。

 

片道1,000円の追加料金がかかりますが、ANAマイルを使った特典航空券であれば航空券代はかからないので追加料金のみで事前座席指定が可能です。

コスパいいなと思います。優先搭乗もできますしね!

しかもやはり皆さんは基本的に無料の範囲内から指定するので、今回のフライトは横3列誰もいませんでした。肘掛けをあげれば横になることも可能です。

2019年10月まではバニラエア自体は函館以外の路線で運航していますので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

機内食・ドリンクは有料

バニラエア JW954便のラストフライト

バニラエア JW954便のラストフライト

バニラエア JW954便のラストフライト

 

バニラエアはLCCということで、機内食やドリンク類は有料です。

ソフトドリンク200円、アルコール400円となっているので市販価格よりも高めの設定となっていました。フードについても同様なので、事前にお弁当を買って機内で食べている方も多かったです!

 

バニラエア JW954便のラストフライト

 

そして、今回のフライトで恐らく今後バニラエアに乗るのは最後になると思うので、オリジナルグッズのフライトタグ(500円)を購入してみました。

スターフライヤー搭乗の際にも購入したので今後フライトタグを集めつつ、ラストフライト搭乗の記念にしたいと思います!

 

オープンスポットへの沖止めで運航終了

バニラエア JW954便のラストフライト

 

ラストフライトとなったJW954便は基本的に順調なフライトで東京(成田空港)に到着をしました。

降下時は今までで一番じゃないかってくらいかなり揺れましたが・・・!

 

 

着陸から最後の機内アナウンスは動画を撮影してyoutubeにアップしてみましたので、興味ある方はどうぞ。

まだ10月までフライトが残っているので感動的な・・・というスピーチではありませんが笑。

 

バニラエア JW954便のラストフライト

 

降りる際に最前列のリラックスシートも見てみると、こちらも足元がゆったりとしていて乗り降りもスムーズなので良さそうでした。

非常口座席と価格は同じ1,000円なので、1列目も良さそうですね!

 

バニラエア JW954便のラストフライト

 

今回は沖止め(オープンスポット)だったので、最後に大きな機体「JA12VA」を近くで眺めることもできました!

 

バニラエア JW954便のラストフライト

 

バスでこちらも初めての利用となる成田空港のLCC専用ターミナル(第3ターミナル)へと向かいます。

 

成田空港第3ターミナルにグッズショップあり

バニラエア JW954便のラストフライト

バニラエア JW954便のラストフライト

バニラエア JW954便のラストフライト

 

5分ほどで成田空港の第三ターミナルに到着しました。

2015年にオープンした成田空港の第三ターミナルは簡素な作りですが、かなり綺麗で、人も多くごった返していました。

中にはバニラエアのショップもあり、こちらでも機内で販売していたグッズを購入できるようです。

機内では完売となっていたグッズもこちらのショップには置いてありましたので、お目当のグッズが機内で購入できなかった場合にはショップもチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 

成田空港の第三ターミナル初めての利用だったのですが難点もあって・・・バス停や駅がかなり遠いです。

大崎駅への1,000円バス」→「Uber」で自宅に戻るために第三ターミナルのバス停に向かったのですが、ターミナルから歩いて10分もかかりました・・・!

第一・第二などのメインターミナルでは、ターミナル出て目の前がバス停になっているので、徒歩10分はさすがに遠すぎかなと・・・。

利用者としてはLCCの安い航空券を購入できるのはいいですが、利便性が大きく落ちると使いたくないなと感じてしまいましたので、ぜひ今後の改善に期待したいです!

 

 

 

 

まとめ

バニラエア JW954便のラストフライト

 

JW954便「函館ー東京(成田)」ラストフライト搭乗の様子をお伝えしてきました。

セレモニーなどこそありませんでしたが、ラストフライトということで従業員総出のお見送りや、特別な機内アナウンスなどいつもと違ったフライトを楽しむことができました。

 

 

バニラエアが2019年10月に運航終了へ」でお知らせした通り、バニラエアは2019年10月の運航終了に向けて、順次「ピーチ」として運航または路線撤退していきます。

 

路線名 運航終了日 今後
成田ー函館 3月30日 廃止
成田ー札幌 8月31日 9月1日からPeach運航
成田ー奄美 8月31日 10月1日からPeach運航
成田ー那覇 5月31日 6月1日からPeach運航
成田ー石垣 9月30日 10月27日以降Peach運航予定※
成田ー台北 10月26日 10月27日以降Peach運航予定※
成田ー香港 5月31日 廃止
大阪ー台北 5月7日 6月29日からPeach運航
大阪ー奄美 5月6日 10月27日以降Peach運航予定※
福岡ー台北 10月26日 10月27日以降Peach運航予定※
沖縄ー石垣 5月31日 廃止
沖縄ー台北 5月31日 6月28日からPeach運航

※10月27日以降Peach運航予定となっている路線については、ウィンターダイヤ期間(2019年10月27日〜2020年3月28日)の間に運航予定となっていますが詳細は未定。

 

今回のフライトで函館ー成田路線は運航終了となりますが、バニラエア自体は10月までいくつかの路線で運航していますので、「陸マイラー」でマイルが余っている方など、機会がある方は搭乗してみてはいかがでしょうか!

 

おすすめリンク

-SFC修行/搭乗記