▼当ブログへ初めてお越しの方必見▼ 

SPG AMEXがお得!3.9万ポイント!

ハワイ人気NO.1ツアー体験してみた

今ならANA AMEXで9万マイル獲得可能!

JAL航空券をお得に手に入れる方法まとめ!

ANA・JAL航空券を実質無料で購入する方法

年間20万マイルの貯め方!王道ルート公開中

一発でマリオット/Ritzの上級会員になる方法

 

航空会社/空港情報

ついに来た!シンガポール航空A380が成田就航決定!超豪華スイートクラスに乗れるチャンス!

2019/03/07

シンガポール航空a380

シンガポール航空A380が成田に就航決定!新スイートクラスの注目ポイント、特典航空券、導入スケジュール

シンガポール航空においてファーストクラスよりも高い位置付けにある「スイートクラス」をご存知でしょうか?

シンガポール航空の一番いい座席クラスはファーストクラスよりもさらに快適な座席クラスを目指すスイートクラスという位置付けになっています。

現在、総二階建てA380機材にのみスイートクラスが設定がされているのですが・・・なんとそのスイートクラスを搭載したA380の東京(成田)就航が決定しました!!!!これはビックニュース。

現状「成田ーシンガポール」路線はB787-10にて運行されていますが、2019年4月27日から1日2往復のうち1往復がA380にて運行されることとなりました。詳細をまとめます。

 

スポンサーリンク


 

 

2019年4月27日から成田路線にA380導入へ

シンガポール航空機材

 

シンガポール航空A380は既に関空に期間限定で就航していますが、2019年4月27日からは東京(成田)路線に就航となることが発表になりました!!!

東京在住の自分としては、これはかなり嬉しい!!

東京からシンガポールまで、シンガポール航空のA380の超豪華スイートクラスで行くことができるようになります!

 

シンガポール航空の新スイートシングルベッド

 

シンガポール航空のA380は、ビジネスクラスなども評価が高いのでスイートクラスと合わせて非常に楽しみですね!

 

1日2往復のうち1往復がA380に変更

シンガポール航空a380

 

現在シンガポール航空の「成田ーシンガポール路線」はB787-10型機、B777型機で1日2往復していますが、A380運航となるのは1往復のみ(SQ637便・SQ638便)です。

残りの1往復については、これまで通りB777で運航される予定となっていますのでご注意を。

 

  • SQ11便-SQ12便(B777)
  • SQ637便-SQ638便(こっちがA380へ)

 

SQ638 シンガポール(23:55)→成田(翌08:00)、SQ637 成田(11:10)→シンガポール(17:20)の2便がA380運航となりますので、A380に乗りたいと思ったのに間違えてSQ11-12便のフライトを選択してしまわないように注意しましょう。

 

 

ANA VISAカード
 

 

4月〜6月は旧型、7月からは新A380導入へ

シンガポール航空a380

 

そしてもう一点。

A380が東京に導入される4月27日〜6月まではA380の中でもキャビン設備が古いタイプのA380を、7月以降に新しい機内設備を搭載したA380を利用することができるようになる予定です。

具体的に7月の何日から利用が開始されるかは未定なので、7月に入っても旧型A380となる可能性があるということは頭に入れておきましょう。

新型のA380は春先は飛びません!!!夏以降の便でご予約を!(詳細日程未定)

 

座席クラス紹介

シンガポール航空

  • スイートクラス
  • ビジネスクラス
  • プレミアムエコノミークラス
  • エコノミークラス

 

A380には、最上級のスイートクラス、ビジネスクラスやプレミアムエコノミークラス・エコノミークラスが用意されており、それぞれ非常に評価が高いので場面に応じて使い分けてみましょう。

やはりおすすめはスイートクラス・ビジネスクラスです!

 

 

 

 

クリスフライヤー特典航空券必要マイル数

シンガポール航空a380

(往復) Saver Advantage
エコノミー 50,000 90,000
プレミアムエコノミー 65,000 -
ビジネス 86,000 140,000
ファースト/スイート 130,000 230,000

 

シンガポール航空のマイレージプログラム「クリスフライヤー」にて貯まっているシンガポール航空マイルは、ファースト(スイート)を含む全ての座席クラスの特典航空券に交換することが可能です。

シンガポール航空のマイルは比較的貯めやすい部類に入るマイルなので、今のうちに貯めておきましょう。

 

 

ANA特典航空券ではビジネス以上予約不可!

ANAビジネスクラスとエコノミークラス

 

シンガポール航空と言えば、ANAと同じスターアライアンスに加盟しているのでANAマイルでシンガポール航空の特典航空券を取得することも出来ますが、ビジネスクラス以上の座席についてはANAに座席を開放していません(たまにシステムのバグやキャンペーンで取得可能になることもあるが基本的に予約不可)。

 

 

シンガポール航空ビジネスクラス・ファーストクラスの特典航空券を取得したい方は、シンガポール航空のマイルを貯めて発券しましょう。

 

2019年1月24日から必要マイル数アップの改悪あり

(往復) Saver Advantage
エコノミー 50,000 90,000
プレミアムエコノミー 69,000 -
ビジネス 94,000 140,000
ファースト/スイート 140,000 240,000

 

ちなみに・・・シンガポール航空マイルを使った特典航空券ですが、2019年1月24日取得分から必要マイル数が増加する改悪が行われます。

プレミアムエコノミー往復65,000→69,000マイルへ、ビジネス往復86,000→94,000マイルへ、ファースト(スイート)往復130,000→140,000マイルへ最大1万マイル値上げとなります。

往復1万マイル値上げか・・・シンガポール航空は結構やることが大胆ですね。特典航空券の取得は1月23日までに済ませることをオススメします。

 

 

エコノミークラスの予約はANAマイルがお得!

ANAシンガポール特典航空券

 

もう一点補足で、東京からシンガポール航空エコノミークラス特典航空券を取得する場合にはシンガポール航空マイルを使うよりも、ANAマイルを使う方が必要マイル数が少なくお得です。

 

  • シンガポール航空:往復50,000マイル
  • ANA:往復35,000マイル

 

JAL特典航空券はBAマイルで取った方がお得」なように、シンガポール航空エコノミークラスの場合は本家シンガポール航空のマイルよりもANAマイルを使った方がお得というラッキー仕様なので、頭に入れておきましょう。

 

 

繰り返しになりますが、ANAマイルを使ってシンガポール航空の特典航空券を取得する場合はビジネスクラス・ファーストクラス(スイートクラス)特典航空券が開放されていないので、ご注意を。

 

 

 

 

 

シンガポール航空スイートクラスとは?

シンガポール航空

 

それでは、ここからは今回導入となるシンガポール航空のA380の中で一番おすすめとなる「スイートクラス」を見てみましょう。

スイートクラスは、シンガポール航空が提供する最高ランクの座席クラスでファーストクラスよりも高い位置付けとなっている座席です。

 

機種は総二階建てA380のみ

シンガポール航空のa380

 

現在、シンガポール航空が保有する機材の中で「スイートクラス」の設定がある機材は「A380」のみでボーイングシリーズでは設定なしとなっています。

A380は「ANAがホノルル路線に2019年5月から新規就航」することでも近頃は有名ですが、総二階建ての機材となっておりスペースを広く取れるのが特徴です。

 

 

A380には旧型・新型が存在するので注意!

シンガポール航空のa380新旧

 

そしてシンガポール航空のA380「スイートクラス」を利用するためには、「旧スイートクラス(改修前機材)」と「新スイートクラス(改修後機材)」の2種類があることも把握しておく必要があります。

今や世界中で飛び交いエミレーツ航空やエティハド航空など中東系の航空会社も多く保有しているA380ですが、実は最初のローンチカスタマー(A380最初のフライト)となったのがこのシンガポール航空です。

世界で一番早い2007年10月15日からA380を運航しているので、就航から10年が経った2017年から内装を含む機内装備品のアップデートを順次実施しています。

新しい機内装備にするための費用は驚愕の8億5,000万米ドル(当時のレートで約970億円)・・・!桁違いの金額ですね・・・。

 

 

 

 

 

シンガポール航空A380の新型・旧型を見分ける方法

シンガポール航空カウンター

 

では、どのようにしてシンガポール航空のA380の新型・旧型を見分けることができるのでしょうか。

いくつか方法をご紹介します。

 

機種名:A380Rが最新スイートクラス!

シンガポール航空a380

 

自分の搭乗しようとしている便が新旧どちらのスイートクラスなのかを見分ける方法として、航空券を購入する際に機種名を確認する方法があります。

 

  • 旧型:A380
  • 新型:A380R

 

新スイートクラスが搭載されている機材は「A380R」と記載がされていますのでチェックしてみましょう。

A380Rは2017年12月17日に就航し、現在はシンガポールーロンドン・シドニー・チューリッヒ便などで利用されています。

 

座席配列1-1・全6席が最新スイートクラス!

続いて、座席指定をする際に座席配列を確認することで旧型なのか新型なのか見分ける方法もあります。

 

旧スイートクラスの座席配列

シンガポール航空旧スイートクラス座席

 

まず、旧スイートクラスの座席配列についてです。

旧型のA380スイートクラスは1F(メインデッキ)最前方に「1-2-1」の配列で座席が設置されており、全12席が設けられています。

 

最新スイートクラスの座席配列

シンガポール航空新スイートクラス座席

 

一方で最新スイートクラスは1Fではなく、2F(アッパーデッキ)最前方にあり、座席配列も横2席の「1-1」全6席しか設けられていません。

全471席の中でたった6席のみ用意された、最高の贅沢空間となっています。

 

 

 

 

新スイートクラス注目ポイント一覧

 

続いて、最新スイートクラスの注目ポイントをまとめてご紹介します。

 

窓際ダブルベッドが実現!

シンガポール航空の新スイートダブルベッド

 

何と言っても新型A380の最大の目玉は、夫婦などで利用する際には2席のパーテーションを下げて布団を敷くことで「窓際ダブルベッド」として利用することができるようなる点です。

写真を見る限り、もはやホテルの部屋かというくらいの高級感・雰囲気となっていますよね・・・。すごい。

 

シンガポール航空新スイートクラス座席

 

ダブルベッドを利用したい場合には、上記座席表のベッドマークがついている「1A+2A」か「1F+2F」を座席指定して、客室乗務員さんにダブルベッド仕様にしたい旨を伝えると実現可能となります。

ベッドマークのついていない「3A」「3F」についてはダブルベッド仕様にすることが出来ませんのでご注意を。

 

シンガポール航空旧スイートクラス座席

 

ちなみに・・・これまでの旧スイートクラスの座席表を見てみると「2C+2D」「3C+3D」の中央席にベッドマークがあります。

窓側の座席にはベッドマークがないので、旧スイートクラスでは窓際にダブルベッドを作ることが仕様的に不可となっていました。

しかし新スイートクラスではしっかりと改善され、窓際席でもダブルベッドスタイルにすることができるようになっています(まぁ1-1の横2席なので窓際しかないということもありますが笑)。

 

シングルベッドでも十分快適

シンガポール航空の新スイートシングルベッド

 

ではダブルベッドに出来ない場合は快適ではないのかというと、そうではありません。

見てください、この座席・・・。もはや座席というか部屋と呼んだ方がいいレベルです・・・。

ソファのような座席とシングルベッドがそれぞれ用意されていますので、十分快適に過ごすことが可能となっています。

 

個室感が増したスライド扉付き座席

シンガポール航空の新スイートクラス

 

さらにシンガポール航空の新スイートクラスはスライド式ドアが設置されており、さらに個室感が増したというレポートが多数上がっています。

もはや飛行機の中なのか高級ホテルの中なのかよく分かりませんが、いざ乗ることが決まったら誰にも邪魔されることなく長時間の国際線フライトも乗り切ることが出来そうでワクワクしますね。

 

評価の高い機内食。BOOK THE COOKも必見。

シンガポール航空の新スイートクラスの機内食

 

ウェッジウッドのお皿に盛り付けられた、シンガポール航空・新スイートクラスの機内食は非常に評価が高いです。

出発の24時間前まで利用できる「BOOK THE COOK」は事前に機内食をオーダーしておくことができるサービスで、自分の食べたいものを事前にリクエストしておくことでサービスを円滑にし、「あれが食べたかったのに・・・」という機内食の品切れを防ぐことができるようになりますので、ぜひ利用してみましょう。

 

 

 

 

マイルが足りない方は陸マイラーデビューを!

シンガポール航空

 

特典航空券を取得するためのマイルが足りない方はいち早く「陸マイラー」デビューして、マイルを貯めはじめましょう!僕もこの方法を実践してマイルを毎年何十万マイルも貯めています。

先日は1度の旅行で4度もファーストクラスに乗れる特典航空券も一人18万マイルで発券してみました。

 

 

一気にマイルを貯めたい方は1枚で9万マイル越えの「ANAアメックスゴールドカード」入会キャンペーンも合わせてどうぞ。

 

ANAワイドゴールドカードとSFC

 

またスターアライアンス運航便を利用する予定の方は「スターアライアンスゴールドメンバー」となっておくことも大切です。

 

 

ゴールドメンバーになるとスターアライアンスに加盟している航空会社であれば、どこでも上級会員としてラウンジなどを利用できますので、ぜひ今のうちに「SFC修行」などをして備えておきましょう。

僕も2017年に実施して、一生涯のANA上級会員の資格を手に入れました。

それでは、ぜひマイルを貯めてシンガポール航空のA380航空券ゲット目指していきましょう〜!

 

 

-航空会社/空港情報