アメックス祭り クレジットカード

AMEX祭りお詫びポイントANAマイルへ。方法、移行先

2017/04/09

AMEX祭りの影響でアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードを作りましたが、公共料金キャンペーンは強制終了となってしまいお詫びポイントの10,000ポイントだけが付与される形になりました。

10,000ポイントというのは実に中途半端で、使い方に困るのが現状です。

今日はAMEXお詫びポイントの使い道を考えてみたいと思います。

スポンサーリンク


AMEX祭りお詫びポイントとは?

AMEXゴールド公共料金キャンペーン

アメリカン・エキスプレス・カードに入会後、公共料金など対象サイトやサービスにて利用すると1件につき、2,000AMEXポイントをプレゼントというキャンペーンのことです。

最初は上限がなく100万ポイントを集めたい方も登場するなどしました。途中から上限が60,000ポイント(=60,000ANAマイル)と制限がかかりましたがそれでも年会費無料でポイントサイトのポイントなども合わせると7万マイル以上が一度に獲得できることから陸マイラーのみならず一般の方を巻き込んで一気に加熱しました。

U-NEXTなどの支払いを使って少額で大量のマイルを獲得できることが知れ渡ると、さらに祭りは勢いを増しAMEX側は予定していた数よりも多くの募集が殺到してしまったため、強制終了(ルール通りに課金をしてポイントがもらえる予定の方も現状でポイント加算されていなければ無効)という形で祭りは幕を閉じました。

すでに支払いを終えてポイントの付与を待っていたクレジットカード入会者からは批判が殺到しましたが、対応としてはお詫びポイントとして対象者に1万マイル相当のポイントを付与することで祭りは完全に終了しました。

以下、それぞれのカードのお詫びポイント数です。

  • ゴールドカード:10,000ポイント
  • グリーンカード:5,000ポイント

当初、最大で60,000ポイントもらえるはずが、一律で10,000ポイントになってしまいました。

 

AMEXポイントの移行先

AMEXポイントを移行する際にはAMEXが提供する「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録するかしないかの選択が迫られます。料金は3,000円+消費税です。

それでは未登録の場合と登録済みの場合の還元率を比べてみます。

 

メンバーシップ・リワード・プラス未登録

 

メンバーシップ・リワード・プラス登録済み

 

いずれも登録した方が還元率が良くなっています。

残念ながら、2017年4月からANA以外の航空会社へのポイント移行レートが改悪されます。現

在は1,000ポイントが1,000マイルになりますが、4月から1,250ポイントで1,000マイルに変更になります。

この改悪はAMEX祭りの影響があると思います。

冒頭に100万ポイント以上獲得した人がいるとお伝えしましたが、そういった大量ポイントを祭りで獲得した人は当然ANA以外のマイレージプログラムへも交換をしていきますので、対応策を取ったと考えられます。

話がそれましたが、いずれにせよANAマイルへ移行しようと思ったら登録しないという選択肢はありません。登録料を払って登録を済ませましょう。

 

AMEXポイントの移行にかかる費用

AMEXポイントをANAマイルへ移行する際には上記メンバーシップ・リワード・プラスに加えてANAマイル交換手数料が必要になります。

  • メンバーシップ・リワード・プラス:3,000円+消費税
  • ANAマイル交換手数料:5,000円+消費税

ANAマイルへ移行しようと思ったら2つの料金が必要になります。合計すると「8,000円+消費税」が必要になります。また注意事項としてAMEXポイント→ANAマイルへの移行は年間8万マイルという上限が設定されています。

8万マイル以上を保有している方は複数年かけてANAマイルに移行する必要があります。

スポンサーリンク


 

10,000ポイントをどうするか

では次にお詫びポイントで得た10,000ポイントをどうするか、を考えます。

おすすめは「AMEXポイント→ANAマイル→ANA SKYコイン」のルートです。

10,000AMEXポイントのために8,000円の手数料を払うのは少々惜しい気もしますが支払わないとANAマイルへの移行ができませんので、支払います。

10,000AMEXポイント=10,000ANAマイルへ交換できます。

獲得したANAマイルに関してはスカイコインに移行します。

ANA SKYコイン交換比率

ダイヤモンド・プラチナ・ブロンズいずれかのステータスの方は1.7倍の17,000SKYコインへ、ワイドゴールドカードのなどのゴールドカードを保有している方は1.6倍の16,000SKYコインへ交換ができます。

全部をカバーするのは難しいですが、ANAマイルからSKYコインにすることで倍率がかかりますので手数料の一部額を負担することができます。ここがSKYコインに変える最大のメリットです。

一時的に8,000円がかかりますが、相殺できるということを覚えておきましょう。

ちなみにですが、50,000マイルまで貯まるのが待てない!という方は10,000マイルをSKYコインにすることもできますがその際には最大でも1.3倍にしかなりませんので注意が必要です。移行効率を最大まで引き上げたい方はソラチカルートなどからマイルが入ってくるのを待ちましょう。

今日はアメリカンエキスプレスのお詫びポイントの話題でした。僕は年会費無料が切れる1年以内に解約をする予定ですので早々にANAマイルへ移行しておきたいと思います。

Halohalo(ハロハロ)でした!ALOHA〜!

陸マイラーの皆さんのブログはこちらから!
少しでも参考になったら1CLICKで応援お願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

合わせてどうぞ!

-アメックス祭り, クレジットカード