アメックス祭り クレジットカード

誰でも損せずにアメリカンエキスプレスカードを解約/退会する方法。

2017/10/02

早いもので、AMEX祭り強制終了からかなりの月日が経過しました。お詫びポイントも付与が終了し、この中途半端なポイントどうしようと悩みながらも放置する状況が続いています。

ポイントをどうするかさえ、決められればあとは時期を見て解約しようという方も多いのではないでしょうか。

 

  1. AMEX祭り参戦決定!ゴールドカードゲット
  2. AMEX/雨金祭り強制終了。
  3. AMEXお詫びポイントをANAマイルへ
  4. 空港ラウンジが使えるPriority Passゲット!
  5. AMEX入会時に自分で自分を紹介してポイントゲット
  6. ゴールドダイニングで無料ディナー獲得!
  7. 誰でも損せずにAMEXを解約する方法(今ここ)
  8. AMEXの解約引き止めに挑戦!

 

振り返って見ると、AMEX関連の動きだけで本当にたくさんのことがありました。

僕含め、AMEXに年会費無料キャンペーン中に入った場合1年以内に解約をする方も多いかと思いますので、今日はAMEXクレジットカードを作った方向けに解約方法や注意点をまとめたいと思います。

 

スポンサーリンク


 

 

AMEX祭りとは。

AMEXゴールド公共料金キャンペーン

 

別の名を雨金祭り、AMEX公共料金キャンペーンなどと言います。

ゴールドカードと通常のグリーンカード両方申し込みをした方は2枚ともキャンペーンの特典を受けることができる対象とすることが可能なキャンペーンだったため、2枚入会する方も見受けられました。

このキャンペーンが開始されていた2016年にAMEXに申し込んだ方は年会費無料が適用になる1年目で解約するとなると、2017年中には解約することが予想され、2017年はAMEXカード解約者が続出するのでは、と言われています。

 

 

このページ最下部でも参考として多少、詳細を掲載しています。

 

クレジットカード解約の注意事項

ANA VISAワイドゴールドカード

 

この祭りに参加するために僕もカードを申し込みしたわけであって、結果的に普段使わないアメックスに入会してしまった方も多いかと思います。実際に僕もそうでした。

これは今回のアメックスグリーンカードやゴールドカードに限ったことではありませんが、一般的に「クレジットカードを解約する」という行為には注意が必要です。

注意事項を理解した上で解約をしないと今後クレジットカードの発行が難しくなり、ポイントサイトなどでポイントを獲得できなくなる可能性があります。

 

「申込=個人信用情報機関に登録される」ということを理解する

 

個人信用情報機関というものをご存知でしょうか?

 

  • クレジットカードの申し込み状況
  • クレジットカードの保有状況
  • クレジット利用支払い履歴
  • 延滞などの状況

 

これらの情報は個人信用情報機関に登録をされています。一般的にはCIC(日本信用情報機構)が有名で、クレジットカードの入会申し込みがあったカード会社はここに問い合わせをして各個人の利用履歴(クレジットヒストリー/クレヒス)を見て総合的に判断します。

「申し込みから数年過ぎても毎月しっかり利用されて返済がされているから優良ユーザーだな」とか「毎月のように延滞してるから審査には通せないな」とかそういった判断材料になっているのがこの個人信用情報機関の情報です。

この情報を元にカード会社は基本的には申込者を点数化してコンピューターが発行可否を自動判断をしています。人為的に行われるのは当落線上の方々のみでしょう。

 

CICの情報は5年間残り続ける。

アメリカンエキスプレスカード

 

今回、アメックス祭りでキャンペーンが適用になったならないに関係なく、クレジットカード申し込みをした時点でCICに登録がされてしまっています。

例えば何か悪いことが起きた時にクレジットカードを解約すればすぐCICの情報から消えてくれればいいんですが、現在の決まりでは解約後5年間は情報として残り続けます。

ということは、遅延をすれば当然CICの情報に遅延マークが記載されてしまいますし、解約をする時には少し注意が必要ということになります。

基本的に各クレジットカード会社では「初年度無料」などのキャンペーンなどを行なっていることが多いので1年以内に解約をする人は少なくありません。入会後すぐに解約をするのは良くありませんが約1年くらいが申し込みから経過していて解約する分には問題ありません。

しかし、1点だけ意識した方がいいことがあります。

 

何度かカード利用をしてから解約をするようにする。

 

ということです。

カード会社は入会時のキャンペーンなどを多数展開していることも多いため作るだけ作って何も利用なく1年以内に解約というのは次にカードを申し込む時にマイナスに働く可能性があります。

可能性というのは、各カード会社によって審査基準が異なるために気にしない!という会社もあれば気にする!という会社もあるという意味ですのでひとくくりで語ることはできません。

繰り返しになりますが解約後も情報は5年間残りますので、一度の失敗は命取りです。注意しましょう。

 

ポイントの移行忘れに注意する。

カードを解約すると、せっかく貯めてきたクレジットカードポイントはゼロになってしまいます。解約手続きをする前にマイルなどに移行をしておきましょう。

 

 

またアメリカンエキスプレスゴールドカードの場合は、「Priority Pass」や「ゴールド・ダイニング」これらの付帯するサービスに関しても解約後は利用ができなくなりますのでご注意ください。

「何そのサービス!」「使ったことがないな」という方は下記記事を読んで解約する前に使っておきましょう笑。ゴールドダイニングはハイランクのコース料理が1名分無料になるので、なかなかいいですよ!

 

 

そのほかのアメックスカードの特典は、アメリカンエキスプレスが提供しているサービスは以下の動画が非常に分かりやすくまとまっています。解約をするとこのようなサービスも受けられなくなりますので、ご注意ください。

 

 

直近でAMEXカードを作成する予定はありませんか?

アメリカンエキスプレスカードでは、カード入会に際して紹介制度があり、紹介した人・紹介された人にポイントがもらえるという内容なのですが、自分で自分を紹介してカード発行をすることでもらえるポイントを総取りできるという方法があります。

入会に際してもらえるポイントと対象のカードは以下の通りです。

 

 

  • アメリカンエキスプレスカード:10,000
  • アメリカンエキスプレスゴールドカード:20,000
  • アメリカンエキスプレスゴールドカード/個人事業主向け:40,000
  • アメリカンエキスプレスゴールドカード/法人代表者向け:40,000
  • ANAアメリカンエキスプレスカード:11,000
  • ANAアメリカンエキスプレスゴールドカード:17,000
  • デルタスカイマイルアメリカンエキスプレスカード:5,000
  • デルタスカイマイルアメリカンエキスプレスゴールドカード:15,000
  • アメリカンエキスプレススカイトラベラーカード:8,000
  • アメリカンエキスプレススカイトラベラープレミアカード:12,000
  • スターウッドプレファードゲストアメリカンエキスプレスカード:17,000

 

 

ただしこれは、1枚以上アメックスのクレジットカードを保有していることが条件ですので、現状1枚しか持ってもらず解約をしてしまうと使えない方法となってしまいます。

直近でアメリカンエキスプレスカードに入会する予定がある方は、先に紹介制度を使って入会してポイントをもらったらマイル等へ移行して、それが終わったらいらなくなったカードを解約しましょう。

僕もこの方法を使って雨金祭りの際に作ったアメリカンエキスプレスゴールドカードからSPGアメックスに紹介入会して17,000AMEXポイントをもらい、17,000ANAマイルを獲得しました。

こちらの方法の詳細については、以下の記事に詳しくまとまっていますのでご覧ください。

 

参考AMEX入会時に自分で自分で自分を紹介する方法

 

 

スポンサーリンク


 

 

アメックスカード解約方法

ここまでの注意点を理解した方は、実際に解約をする手順へと進みましょう。

アメリカンエキスプレスカードを解約するためには電話でオペレーターにその旨を伝える必要があります。

以下に記載の番号におかけください。

通常カードとゴールドカードは似たような番号ですが番号が違うのでゴールドカードの方はお間違いないようにどうぞ。ゴールドカードの方はゴールドカードデスクにかけることできます。

 

アメリカン・エキスプレス・カード電話番号

アメリカンエキスプレスカード解約番号

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード電話番号

 

アメックスカードの解約あるある。

アメリカン・エキスプレス・カードは個別対応(特例)を頻繁に実施していることで有名です。いわゆる引き止め施策です。

AMEXカードは解約をする時に「なぜ解約を考えているのか」をオペレーターの方から聞かれます。その出てきた理由を利用者のニーズに対応する形で「ではその問題を今回は特別にこのような方法で解決しますのでお使いいただけませんか?」と提案をしてきます。

以下、ネット上で多数見かける対応例です。

 

  • 年会費が高い→2年目も年会費無料にします
  • 10,000ポイントを付与するので続けて欲しい
  • 来年はもらえる利用ポイントを2倍にします

 

などなど、辞めたい理由などに応じて今後もカードを続けてもらえるよう、利用状況などに応じて一人一人引き止め対応策は様々です。

3年目まではそういった対応がある(1年目を含めて3年間年会費無料になった!)ということも様々な方のブログでは報告されていますので、ぜひ提案された時には活用してみてくださいね!

 

 

残念ながら強制終了という形で幕を閉じたアメックス祭りですが、そのままカードを放置しておくのは良くありません。年会費も発生してしまいます。

特にアメックスカードは年会費が高いことで知られています。

CICの情報も頭の片隅に入れながら続けるのか、辞めるのかなど対応をしっかり考えておきましょう。

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

最後に。

 

今日はアメリカンエキスプレスカードの解約方法についてご紹介しました。

みなさんはクレジットカード入会をする際には、ある方法を活用することでキャッシュバックが得られることをご存知でしょうか?

クレジットカード1枚の入会で1万円以上キャッシュバックできることもあります。

知らないと損をしている可能性がありますのでもし知らないよー!という方でご興味のある方は、当ブログの以下の記事を是非ご覧になってみてください。お小遣い稼ぎや何かの生活の得になるかもしれません。

 

 

これまでたくさんのことがあった、AMEXゴールドカードですがいよいよ実際に解約をしてカードとはおさらばになります。

 

  1. AMEX祭り参戦決定!ゴールドカードゲット
  2. AMEX/雨金祭り強制終了。
  3. AMEXお詫びポイントをANAマイルへ
  4. 空港ラウンジが使えるPriority Passゲット!
  5. AMEX入会時に自分で自分を紹介してポイントゲット
  6. ゴールドダイニングで無料ディナー獲得!
  7. 誰でも損せずにAMEXを解約する方法(今ここ)
  8. AMEXの解約引き止めに挑戦!

 

これから解約をする方は、解約する前に特典をしっかり享受してから解約するようにしましょう!

最後までお付き合いありがとうございました。

終わり。ALOHA〜!

-アメックス祭り, クレジットカード