SFC修行/搭乗記 航空会社/空港情報

【ANAプレミアムクラス裏技】2ヶ月+14日前に航空券を予約する方法

2017/08/25

「ANAプレミアムクラスを予約できるのは2ヶ月前の同一日9:30から!」

 

と聞いたことはありませんか?これは事実です。

しかしもっと早く予約する方法があることも事実です。

これからご紹介する方法で予約をすると「2ヶ月+14日前」からANAプレミアムクラスを予約することができます。知っているか知らないかでは航空券を獲得できる確率が大きく変わります。

例えば2017年1月1日に搭乗する航空券を獲得したいと思ったら2ヶ月前だと11月1日から販売開始ですが2ヶ月+14日前の10月18日から1月1日のANAプレミアムクラスのチケットは予約できるということになります。

この方法を利用するかしないかは別として販売の波に乗り遅れないように知っておく必要があると思います。

実際に2017年はSFC修行僧の増加に伴って通常の2ヶ月前では航空券が確保できない状況が発生しています。

 

Halohalo
https://halohalo.space/archives/1838
ーANAマイルとセール情報のまとめブログー

 

この記事では、そのような予約方法の説明と具体的な予約方法を解説しています。

 

 

 

ANAの予約注意事項にヒントあり。

ANAには何日前から国内線プレミアムクラスの予約ができるか、ということに関してこのように書いてあります。

 

予約は、搭乗日2ヵ月前同一日*の09:30より承ります。
* 2ヵ月前に同一日がない場合は、2ヵ月前末日。閏年は2月29日に4月29日~30日搭乗分を受け付けます。

 

これが冒頭で述べた「ANAプレミアムクラスは2ヶ月前から購入できる」というルールです。これをどこかで見たり聞いたりしてプレミアムクラスは2ヶ月前にならないと購入できないんだ、という思い込みが起こります。

何度も言うように実際には2ヶ月+14日前からANAプレミアムクラスの予約が可能です。

ではそれはどのようなルールに則って予約ができるのか、、それもちゃんと注意事項に書いてあります。

 

一括ご予約サービスでは、往復または2区間以上のご旅行の場合、第1区間のご予約と同時に発売開始前の第2区間以降のご予約を承ります1回のご予約で同時に申し込みできる運賃・旅程についてはこちら

  • ※ 第2区間以降の搭乗日が、第1区間予約取得日の2ヵ月後の同一日(予約取得日が月末の場合は、翌々月の月末)から14日以内の場合に限ります。
  • ※ 発売開始前の第2区間以降の予約は、第1区間の予約と同時にお申し込みください。
  • ※ 全旅程の航空券は同時にお買い求めください。
  • ※ 運賃によっては一部お取り扱いできない場合がございます。
  • ※ 第2区間以降の運賃の設定が未定の場合は、お取り扱いできないことがございます。
  • ※ ご希望運賃が設定されていて、その空席がある場合に限ります。

 

お分かりいただけたでしょうか?これだけで全てを理解できたらすごいことです。文字で見ているとすごく分かりづらいですがそんなに難しいことはありません。

今の段階ではざっくり「2便以上を一緒に予約すると2便目からは2ヶ月+14日まで予約できる」と覚えておけば大丈夫です。

 

なぜこのようなルールが必要なのか。

 

単刀直入に「飛行機は往復予約を同時にする方がほとんどなので、2ヶ月前だけのルールで縛ってしまうと使い勝手が悪い」からです。

 

  1. プレミアムクラスに搭乗したい日の2ヶ月前、9:30に準備をしておいて往路を予約する
  2. 復路はまだ2ヶ月前になっていないのでその場で予約できない
  3. 後日、復路の2ヶ月前になったらプレミアムクラスを予約して往復チケット予約の完了

 

これでは予約が大変ですし、もし仮に往路だけ予約できて復路は満席などの理由で予約出来なかったなんてことになったら航空会社も対応が大変です。

それを避けるために「往復または2区間以上を同時予約する場合、第1区間の予約と同時に発売開始前(2ヶ月+14日前まで)の第2区間以降の予約ができる」というカラクリです。

ここまでが理解できた方は具体的な予約方法の解説に移りましょう。

 

スポンサーリンク


 

 

2ヶ月+14日後のチケットを予約する方法

 

ここからは具体的な予約方法の説明に移ります。この2ヶ月+14日という方法は縛りがきついようで実は自由度が高くいろいろなアレンジができるのですが、今回は一番ベターな方法を紹介します。

 

【設定:2017年1月1日羽田ー石垣便往復のSFC修行をするための航空券を予約したい】

  1. 勝負の日は「2016年10月18日朝の9:30」
  2. キャンセル料のかからない運賃で通常購入(プレミアムクラスは最大2ヶ月後)できる航空券を選択する
  3. 2便目からは2ヶ月+14日のルールが適用になるので2017年1月1日の羽田ー石垣往路を予約する
  4. 3便目も2ヶ月+14日のルールが適用になるので2017年1月1日の石垣ー羽田往路を予約する
  5. 1月1日の2ヶ月前9:30になったら1便目をキャンセルして2,3便目の予約だけを自分の正式な予約とする。

①勝負の日は「2016年10月18日朝の9:30」

2017年1月1日のチケットをゲットしたいと思ったら勝負の日は2016年10月18日朝9:30になります。

なぜ9:30なのかというとプレミアムクラスの販売は2ヶ月前の同一日9:30より販売が開始される、というルールによるものです。人気路線の沖縄便、石垣便などはすぐ埋まってしまうこともありますので出来るだけ9:30前後の予定を空けておきましょう。

 

②キャンセル料のかからない運賃で通常購入(プレミアムクラスは最大2ヶ月後)できる航空券を選択する

10月18日、朝の9:30になったらまずはじめに2ヶ月後の12月18日の航空券を予約します。

 

 

今回は「羽田ー沖縄便」で説明していますが別にこの路線にこだわる必要はありません。後に詳しく説明しますがこの便はあとでキャンセルします。それなのでどこでもいい、という方は値段の安い路線を選びましょう。フライト時間などに関してもどの時間帯でも大丈夫です。

ここでの注意点は普通運賃価格で予約をするということです。これすごく重要です。というのもこのフライトは後にキャンセルしますので、ここで仮に旅割などのキャンセル料が発生する価格で予約してしまった場合、後にキャンセル料を支払わなくてはいけなくなってしまいます。

クラスに関しても縛りはないため「エコノミークラスの片道運賃」を選択するのが無難でしょう。それでもいつも旅割の価格を見てると別に購入して搭乗するわけではないのですが高いなーと感じると思います。

 

③2便目からは2ヶ月+14日のルールが適用になるので2017年1月1日の羽田ー石垣往路を予約する

2便目からは先ほどから繰り返し説明している通り2ヶ月+14日先まで航空券を予約することができます。今回のお目当て「2017年1月1日 羽田ー石垣便」を検索します。

 

 

すると先ほどはエラーで表示できなかった1月1日の羽田ー石垣便の予約状況が表示されます。

 

 

ご希望のフライトを選択して3便目(復路)の予約に移ります。

 

④3便目も2ヶ月+14日のルールが適用になるので2017年1月1日の石垣ー羽田往路を予約する

流れは2便目(往路)を予約した際と同じです。出発地を石垣、到着地を羽田に設定します。

 

 

ご希望のフライトを選択して予約の確認画面に移ります。

 

⑤予約の確認をして予約を確定させます。

しっかり予約は確認しましょう。ちなみに上記画像はどこかを間違えてしまっています。

このままだと痛い目をみることになってしまいます。お分かりになりましたか?

正解は「1便目を旅割で予約してしまっていること」です。先ほども説明した通り、1便目はあくまで2便目、3便目を取るために予約していることに過ぎないので後日キャンセルをします。ここでは1便目はキャンセル料のかからない運賃で予約する必要があります。

 

 

⑥決められた期日までに後にキャンセル予定のフライトを含んだ全ての代金の支払いをします。

決められた期日までに全てのフライトの代金を支払います。後にキャンセルする予定の1便目のお金もここで払わないと2ヶ月前の販売期間内になっていない2便目,3便目を予約することができなくなってしまいます。

キャンセルをした後に代金は返ってくるので、ここでは一度支払いをしましょう。

 

⑦1月1日の2ヶ月前9:30になったら1便目をキャンセルして2,3便目の予約だけを自分の正式な予約とする。

自分が今回獲得したかった搭乗日(今回のケースは2017年1月1日)の2ヶ月前を過ぎたら1便目をキャンセルしましょう。通常2ヶ月前から販売が開始されるので、ここで1便目をキャンセルしても通常で1月1日のチケットを予約することができるので予約が無効にならないからです。

その際、普通運賃で予約した1便目の航空券は返金されます。ただし、430円の払い戻し手数料がかかります。これは避けられません。

・クレジットカードで購入した場合はクレジットカード口座へ2-3ヶ月後、返金されます。
・現金で購入の場合は指定の口座へ1-10日で振り込み(別途振り込み手数料が必要)されます。
・SKYコインで購入の場合は即日SKYコインとして返却されます。

 

⑧1便目の返金を受け取ります。

⑨2017年1月1日 羽田ー石垣往復ができます。

 

この方法の注意点とデメリットは以下の通りです。

 

スポンサーリンク


 

 

最大4区間まで購入可能

 

ANAでは一度の予約で最大4区間まで予約することができます。1便目は後にキャンセルするのでカウントしないとしても3区間を2ヶ月+14日前から購入できます。

2ヶ月+14日ということは2017年修行をする方はこの方法を使えば、既にお正月のプレミアムクラス航空券が確保できるようになってきています。有効活用して自分の理想とするフライトのチケットを確保できるよう尽力していきましょう!

同時予約の便数上限についてはこちらの記事をご覧ください。

 

 

この方法のデメリット

 

早く予約できるというメリットがあれば当然デメリットもあります。

 

  • 一時的ではありますが、普通運賃で購入するため多めの資金が必要。
  • キャンセルを忘れると普通運賃分の値段が消えてなくなる。

 

この方法のデメリットは主にお金の面に関してです。

一度普通運賃で予約をして決済をする必要があります。後日キャンセルをして返金がされますが数ヶ月後となることもあるために、例えばクレジットカードなどで支払った場合は一時的に請求が上がってきてしまうために支払いをしなければならない可能性があります。

陸マイラーの活動に資金的な余裕を持って取り組んでいる方はいいですが、ギリギリで回している方は注意が必要です。当然リボなどに回すこともできますが年間15%ほどの金利がついてしまいます。

良いこともあれば、悪いこともあります。両面をしっかり見て自分にとって適切であればぜひ活用していきましょう!

 

 

 

Halohalo(ハロハロ)でした!ALOHA〜!

 

陸マイラーの皆さんのブログはこちらから!
少しでも参考になったら1CLICKで応援お願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
 

合わせてどうぞ!

-SFC修行/搭乗記, 航空会社/空港情報