▼当ブログへ初めてお越しの方必見▼ 

半額満載!楽天スーパーSALE開催中!

ANA・JAL航空券を実質無料で購入する方法

年間20万マイルの貯め方!王道ルート公開中

【仮想通貨】Zaifコイン積立が250万円突破!

 

SFC修行/搭乗記

羽田ー上海ビジネスクラス搭乗記!ゆりかごシートレビュー。特典航空券利用がオススメ!【ANA971便】

2018/07/28

ANAビジネスクラス搭乗記

これまで貯めてきたANAマイルを使って特典航空券を利用してNH971便「東京(羽田)ー上海(浦東)」ビジネスクラスに搭乗してきました!

2017年にSFC修行を実施して、ANA上級会員になってから初めてのビジネスクラス(Cクラス)です。(参考:SFC修行とは?初めて聞いた方向け全解説

近頃のビジネスクラスはスタッガード&フルフラットになるタイプの座席も増えていますが、短距離の上海路線では「ゆりかごシート」と呼ばれるシートを採用しています。

そんな初体験のゆりかごシートと東京ー上海路線ビジネスクラスの様子をたっぷりの写真とともにお届けします!!

 

スポンサーリンク


 

 

ANA971便フライト概要

ana971便

 

まずは今回のフライト概要をまとめていきましょう。

当記事でご紹介する今回僕が搭乗したフライト概要は、以下の通りです。

 

  • 出発地:羽田/18:30
  • 到着地:上海(浦東)/20:35
  • 飛行時間:3時間5分
  • 航空会社:ANA(全日空)
  • 便名:ANA971便
  • クラス:C(ビジネス)

 

日本と中国の間には1時間の時差があるので、現地時間だけを見ればフライトは2時間ですが+1時間加算されフライト時間は約3時間となります。

 

ビジネス特典航空券は35,000ANAマイル!

ANA必要マイル数

 

また今回は「ソラチカカード」や「ANA航空券を実質無料で購入する方法」を活用して貯めてきたANAマイルを使って特典航空券を取得しました。搭乗クラスはマイルを奮発して、ビジネスクラスです!

東京ー上海路線(ZONE3)のビジネスクラス特典航空券必要マイル数は・・・・

 

  • ローシーズン:35,000ANAマイル
  • レギュラーシーズン:40,000ANAマイル
  • ハイシーズン:43,000ANAマイル

 

以上のようになっており、今回は幸いローシーズン期間でしたので往復35,000ANAマイルで発券することができました!

ちなみにエコノミークラスの場合はそれぞれ17,000・20,000・23,000ANAマイルで発券できますので、合わせてどうぞ。大体ビジネスクラスはエコノミークラスの約2倍のマイル数といった具合ですね!

 

 

 

 

羽田ー上海ビジネスクラス搭乗記

それではANA971便「東京(羽田)ー上海(浦東)」ビジネスクラス搭乗記をお届けします!

 

ビジネスクラスカウンターでチェックイン!

羽田空港国際線ターミナル

 

NH971便「東京ー上海」の定刻は18:30となっているため、少し早めの16時に羽田空港国際空港に到着をしました。

羽田空港から国際線がたくさん就航するようになって、都内からのアクセスが本当に便利になりましたよね。品川から羽田空港まで京浜急行を使うと約20分ですからね・・・最高です。

基本的に旅行先を選ぶときに、羽田空港から就航しているかで行き先を選ぶようになってきたのは僕だけでしょうか笑。

余談はさておき、今回はマイルを使った特典航空券でビジネスクラスを確保しましたのでビジネスクラスのチェックインカウンターへと向かいます。

 

ANA国際線チェックインカウンター

 

この時間ビジネスクラスカウンターはガラガラでしたが、エコノミークラスのチェックインカウンターには列ができていましたので、時間短縮をすることができました。

ちなみにSFC修行などをしてANA上級会員になっている方(プラチナ・SFC会員)や他社スターアライアンス加盟航空会社の上級会員(スターアライアンスゴールドメンバー)になっている方は、エコノミークラスを利用する際にもビジネスクラスのチェックインカウンターを利用することができます

上級会員の資格を持っている方は、迷わずビジネスクラスのカウンターへ進みましょう。

 

anaファーストクラスチェックインカウンター

 

ふと隣に目をやるとビジネスクラスの隣は、赤じゅうたんが敷かれたファーストクラスのチェックインカウンターになっています。

ANAダイヤモンド会員の方は、座席クラスに関わらずファーストクラスカウンターでチェックインできるので、ファーストクラスチェックインカウンターでチェックインをしている方は、ファーストクラスに搭乗する方かANAダイヤモンド会員の二択です。

 

優先保安検査場の利用がおすすめ!

羽田空港優先保安検査場

 

無事に発券を終えたら、保安検査場へと進みます。

ANA上級会員およびSFC会員の方をはじめ、各航空会社の上級会員の方は優先保安検査場を利用することができます。

この日はそこまで通常のレーンも混雑していませんでしたが、せっかくなので優先保安検査場を利用してみました。ガラガラです。

 

パスポート自動化登録は必須

続いて入国審査には若干の列ができていましたが、8月シドニーへ渡航した際に自分で出入国ができるように自動化登録してあったので、こちらも待ち時間ゼロで通過です。

出入国自動化は混んでいるときほど本当に便利なので、ぜひ利用されることをおすすめします。自動化登録した際の様子は「ANA879便 羽田ーシドニー搭乗記」をご覧ください。

 

 

 

制限エリアのANAラウンジへ

ANA国際線ターミナル

 

自分で指紋認証をして自動出国手続きが完了したら、制限エリアへと進みます。

成田空港では「ANAラウンジ」に加えて、スターアライアンス上級会員の方が利用できる「ユナイテッド航空ラウンジ」が存在しますが、羽田ではANAラウンジ一択です。

JAL系列のワンワールド側にはJALサクララウンジに加えて「キャセイパシフィック航空ラウンジ」もあるので、羽田にもユナイテッドあたりのラウンジできて欲しいですね。

 

ANA国際線ラウンジ

 

また羽田国際線ターミナルのANAラウンジの2つのうち1つ(114番ゲート付近、制限エリア入って左側)は、6:30~13:30 / 20:00~24:00と営業時間が限定されていて午後〜夕方の時間帯は利用することができませんので、ご注意ください。

ちょうどこの日も間の時間帯だったので、誰もいないANAラウンジ入り口をパシャり。

 

定刻で機内へ

ANA971便搭乗記

 

ANAラウンジで過ごしていると時が過ぎるのはあっという間で、搭乗時刻になりました。

この日はオンタイムで搭乗が開始され、優先搭乗を利用して自動改札を通過しました(参考:ANA優先搭乗の順番まとめ)。

 

ANA搭乗口

 

渡り廊下を歩いていくと運命の分かれ道、今日はビジネスクラス(Cクラス)なので左側へと進みます。

 

 

ゆりかごシートに初対面!

ANAゆりかごシート

 

いざ、ボーイング787機材に導入されているANAビジネスクラスの「ゆりかごシート」にご対面です。

 

短距離国際線のビジネスクラスでは、ゆりかごのような心地よさを追求した「クレードル」シートリクライニングの「ANA BUSINESS CRADLE」を搭載いたします。

 

ANAビジネスクラス搭乗記

 

12.1インチのタッチモニター(最前列は10.6インチ)はエコノミークラスと同じ大きさの画面ですが、広々とした作りのため大きく感じました。

 

ANAビジネスクラス座席

 

足元もとても広く、当然思いっきり足を伸ばしても前の座席にぶつかることはありません。

 

ANAビジネスクラスの食事

 

初めてのゆりかごシートを堪能している間に、担当CAの方がご挨拶にいらっしゃって食事のメニュー(和食 or 洋食)を決めました。

ゆりかごシートはフルフラットにはなりませんがかなり倒れるので、フットレストも活用すれば足を伸ばして寝転ぶことも十分可能です。

短いフライトなので食事をしているとそこまで長い時間寝る時間はありませんが、不便さは感じませんでした。これがゆりかごなのかどうかは分かりませんが笑。

 

ビジネスクラス上海路線の食事

ANAビジネスクラスの食事

ANAビジネスクラスのドリンクメニュー

 

オンタイムで離陸後、飛行も安定していたのですぐにベルトサインが消えて、ドリンクの配布が開始です。

せっかくならということで・・・シャンパンからスタート!

 

ANAビジネスクラスの食事

 

今回は和食を選んでみました!

 

  • 赤にし貝土佐酢和え
  • 牛しゃぶ
  • 枝豆と蓮根すり身寄せ
  • 青パパイヤ金平
  • 鯵小袖寿司
  • メカジキ 玉葱ソース
  • 俵御飯
  • 味噌汁
  • 南蛮菓 ざびえる

 

ANAビジネスクラス食事を事前リクエスト

 

ちなみにビジネスクラスが満席に近い場合の機内食は、自分の希望する食事を食べられないということもあるようで、ANAでは事前予約サービスも実施しています。

出発の24時間前までにANA予約詳細画面から選択できますので、希望する食事を食べたいという方はぜひ利用してみましょう!

和食の肝心のお味は・・・・・ノーコメント笑。(察してください)

 

浦東空港到着!まさかの沖止め!

ANA971便

ANA971便搭乗記

 

フライトは非常に安定していて、途中では綺麗な夕焼け空を眺めることができました。

今回向かって右側の列(K列側)を座席指定したのですが、NH971便に搭乗する場合はK列側を選ぶと夕焼けが見れます。(季節やフライトルートで変更の可能性あり)

せっかくの旅を彩る夕焼けオススメです。

ほぼオンタイムで上海・浦東国際空港へ到着したNH971便はまさかの沖止めとなりました。

そういえばSFC修行中の「中国国際航空の東京ー上海便搭乗記」でもお伝えした通り、前回の上海訪問時も沖止めでしたね。これで二回連続の沖止めです。

こんなに大きなANAの飛行機を目の前でみられる機会はなかなかないので、いい経験になりました。

 

バスでターミナルへ

上海空港バス

 

沖止めの機体を降りると、乗り合いのバスでターミナルへと進みます。

参考までに進行方向向かって左側から乗って、ターミナルで降りるときは右側なのでいち早く入国審査に進みたい方は乗り込んだらできるだけ反対側まで進むことをおすすめします。

上海の入国審査はいつも混んでいるので、時間を急ぐ方はできるだけ早く進む意識が必要です。

 

上海空港では指紋登録あり

上海入国審査

 

10分ほどバスに乗ってターミナルに到着するとまず待っているのは、自動指紋登録機です。

パスポートをかざして、指紋を登録する簡単な作業ですが地味に時間がかかります。

バス降り口に近い方の機械に人が集まりやすいですが、実は奥側にも機械はたくさんあって写真の通り奥の機械はガラガラなので、どんどん先へ進んでいきましょう。

指紋登録が終わったら入国審査です。この日は並び始めてから30分後に自分の番が回ってきました。

特に質問されることはなく無事に中国に入国完了!これにて初めてゆりかごシート体験のビジネスクラス搭乗記完結です!

 

 

まとめ

上海空港の税関

 

NH971便「東京(羽田)ー上海(浦東)」ビジネスクラス搭乗記をお伝えしてきました。

 

  • 優先チェックインあり
  • 優先保安検査場あり
  • ゆりかごシートはそこそこ快適
  • 食事(和食)はイマイチ

 

ビジネスクラス利用時には、空港到着から機内に到るまで優先レーンが設置されているので優先的に進んでいくことができます。

上海空港の入国審査で優先レーンが使えればさらに最高なのですが・・・・。

ゆりかごシートはそこそこ快適でした!食事は改善の余地ありです。今後に期待しましょう!

全体としては満足度の高いフライトとなりましたよー!ANAビジネスクラスは短距離路線もおすすめです!

 

その他のおすすめリンク

-SFC修行/搭乗記