▼当ブログへ初めてお越しの方必見▼ 

Nestle(ネスレ)が5,000円分無料配布中

ANA・JAL航空券を実質無料で購入する方法

年間20万マイルの貯め方!王道ルート公開中

【仮想通貨】Zaifコイン積立が250万円突破!

 

仮想通貨/資産運用

【口座開設で7,000円】bitflyer(ビットフライヤー)がポイントサイト「ECナビ」でポイントアップ中!

bitflyerポイントサイト

ハピタスで話題沸騰となった仮想通貨取引所「bitflyer」案件がECナビで7,000円!

ビットコインを取引するために必要となっている、仮想通貨取引所の口座開設をするチャンスです。

連日マスコミにも大きく取り上げられた年始のXEM大量流出問題などによって、価格が下落していた仮想通貨ですが、近頃は相場も大変動するようなことはなく、上向き傾向にあります。

僕も「Zaifでコイン積立」でコツコツ毎月積立しながら投資をしています。

今回、大手仮想通貨取引所の「bitflyer」の口座開設案件がおすすめとなっていますので、ご紹介します!

 

 

スポンサーリンク


 

ECナビとは?

ECナビトップページ

 

今回bitflyer案件のポイント数が高騰しているのは、ポイントサイト「ECナビ」です。

ポイントサイトの「ECナビ」は、会員登録やクレジットカード発行など与えられた案件をクリアすることでポイントがもらえるサービスです。会員数は400万人を誇る優良ポイントサイト!

貯めたポイントは10ポイント=1円の交換レートで現金化したり電子マネーに交換することができる他、ANAマイルを貯めることも可能となっています。(参考:ソラチカルート改悪のお知らせ)。

 

bitflyerが口座開設+取引で7,000円

bitflyerポイントサイト

 

そんなECナビにて、仮想通貨取引所の口座開設案件が期間限定でポイントアップしています。

今回ポイントがアップしている取引所は、成海璃子さんがイメージキャラクターでおなじみの「bitflyer(ビットフライヤー)」です。

bitflyerは、「2018年初挑戦したい!仮想通貨取引所まとめ」でもお伝えした通り、ビットコイン取引量が日本一になったこともある仮想通貨取引所で、御三家と呼ばれる仮想通貨取引所の1つです。

 

 

少額でレバレッジを効かせて取引ができるビットコインFXは、チャート分析なども充実していて操作性も良いのでおすすめですが、XEM(ネム)・XRP(リップル)などのアルトコインは、販売所形式のため手数料が高くオススメできません。

関連記事:仮想通貨の取引所と販売所の違いとは?

 

デメリットこそありますが、御三家としてユーザー数も多いのが事実なので、手数料が多少高くてもたくさんの人が使っている方が安心という方は、今回ポイントが高騰している「bitFlyer(ビットフライヤー)」に登録しましょう。登録作業も他社に比べてかなりスムーズです。

 

 

 

 

bitflyer案件の詳細

bitflyer

 

今回のECナビ案件をクリアするための、詳しい条件を見てみましょう。

 

本人確認書類承認かつアカウント作成日から30日以内に入金及び合計0.2BTC以上のお取引完了でポイント加算対象です。(日本語サイトからの登録のみ対象)

※ご注意ください※
・ポイント数は予告なく変動する場合がございます。予めご了承くださいませ。

以下の場合はポイント加算対象外です。
・アプリ経由での登録
・当広告主を利用したことがある方
・30日以内に入金及び合計0.2BTC以上のお取引完了が確認できない方

 

残念ながら今回の案件は、口座開設だけで完了する案件ではありません。

口座開設+0.2BTC(ビットコイン)の取引が完了すると、条件達成となる案件内容になっています。

2018年5月16日現在1BTCは約94万なので、0.2BTC=約19万円分の取引が必要です。

ここは少々ハードル高めです。ただこれまでの傾向を見る限り、ビットコインの価格が上がろうが下がろうが、0.2BTCという条件に変更はないので、今後も仮想通貨レートが上昇していった場合はさらに条件達成のハードルが上がることになりますので、個人的には早めの利用が吉だと思います。

 

 

スプレッドにも注意が必要!

bitbank(ビットバンク)の取引画面

 

そして、今回の案件の注意点をもう一つ。

これまでにポイントサイトのFX案件をクリアしたことがある方であれば、「買ってすぐに売ればほとんど損もないから簡単だな」とお考えの方もいるかもしれません。

しかしECナビの注意文には記載がありませんが、bitflyerをはじめとする仮想通貨取引はまだまだ発展途上となっているため、場面によってはスプレッド(価格差)が大きく開いている時があります。

 

btc

 

例えば5月16日現在のBTC販売価格を見て見ると、買いと売りで約18,000円の開きがあります。

意味するところ、18,000円×0.2BTC=3,600円となるので買った瞬間にすぐ売ったとしても、3,600円の損失になってしまいます。

今回ECナビで条件達成によってもらえる7,000円と差し引くと、約3,500円程度がお得額になりますので、買ってすぐ売りたいと考えている方は、頭に入れておきましょう。

個人的にはどのタイミングで売ればいいのか、買えばいいのか正解を導き出すのは難しいので、今回の案件は約3,500円と取りに行って、普段は「Zaifでコイン積立」などでコツコツ積立していくのがオススメです。

 

 

 

 

ポイントサイトbitflyer案件まとめ

ポイントサイト「ECナビ」にて、ポイントが高騰している「bitflyer(ビットフライヤー)」案件をお伝えしてきました。

 

  • 口座開設+0.2BTC取引が条件
  • スプレッドに注意

 

口座開設に加えて、0.2BTCが条件となっていますので注意しましょう。

話題の仮想通貨取引所は、今後もなんども注目を浴びることになると思いますので、今のうちに口座開設してお金がもらえるというのはお得です。

Zaifでコイン積立」などとうまく合わせながら、仮想通貨取引を充実させていきましょう。

以上、Halohalo(ハロハロ)でした。ALOHA〜!

 

 

関連おすすめリンク

-仮想通貨/資産運用