▼当ブログへ初めてお越しの方必見▼ 

HIS初夢フェア2019開幕!オススメまとめ

JAL航空券をお得に手に入れる方法まとめ!

ANA・JAL航空券を実質無料で購入する方法

年間20万マイルの貯め方!王道ルート公開中

【仮想通貨】Zaifコイン積立が250万円突破!

 

旅行情報

【2018年最新】ESTA申請方法を徹底解説。5分で登録できる記入例付き(写真20枚)

2018/06/07

ESTA申請公式サイト

ESTA申請方法を記入例付きで徹底解説!2018年最新版。

米国(アメリカ)に入国する場合に必要となる、電子渡航認証システム(ESTA/エスタ)の申請方法を解説します。

実際の登録画面をお見せしながら、記入例を分かりやすく解説しますので、申請に必要となるパスポートとクレジットカードをご準備の上、読み進めてみてくださいね!

初めての方も画面通り申請すればOKです。誰でも最安価格で申請することができますよ!!

 

スポンサーリンク


 

ESTA(エスタ)とは?

アメリカ合衆国ビザ

 

ESTA(エスタ)は、アメリカ合衆国に渡航する際に必要となる電子渡航認証システムです。

ESTAという名前は、電子渡航認証システム英語名「Electronic System for Travel Authorization」の頭文字を取って名付けられています。

平成21年1月よりテロ防止の観点から、ハワイ・グアム・ニューヨーク・ロサンゼルス・サンフランシスコなどアメリカに入国する際に、取得が必要となりました。

日本を含む諸国では、アメリカへの短期滞在する際にビザ(査証)を免除する優遇制度が設けられているため、アメリカはこのESTA(エスタ)申請内容から、入国希望者の情報を得ているという背景があります。

要はインターネットなどを活用して「ビザなしで訪米する条件を満たしているか」ということが、チェックされているのです。

日本国民は90日以内の短期渡航であれば、ビザは不要ですがESTAの申請をして認証を受けることは必要ですので、忘れないようにしましょう!

 

申請対象者について

もう少し具体的にきちっと、ESTAを申請対象者を定義すると以下のようになります。

 

  • Visa Waiver Program対象国の市民または資格のある国民
  • 現在訪問者ビザを保有していない方
  • 渡航期間が90日以下
  • 米国への渡航目的は商用または観光
  • 個人または2人以上のグループで、新規に渡航認証の申請する方

 

これらに該当する方はESTAの申請が必要です。

 

 

 

 

ESTA申請方法と手順

visa

 

それでは、早速ですがESTA(エスタ)申請の方法と手順を解説します。

当記事に掲載している実際の画面(スクリーンショット)を見ながら、ご自身でも申請をしてみましょう!

 

ESTA申請

 

流れとしては「情報入力→支払い」で、5分〜10分の時間がかかりますが、1つ1つの内容自体は難しくありません。

※例として赤字で記載している名前や情報は架空のものです。ご自身の情報を入力ください。

 

ESTA公式サイトへアクセス

ESTA申請公式サイト

 

まずは、アメリカ政府が提供する「ESTA申請の公式サイト」へアクセスしましょう。

英語のページが表示されるかもしれませんが、画面右上に言語設定を変更するボタンがありますので日本語に設定すればOKです。

 

ESTA申請の言語設定

 

よく「ESTA申請を代理で引き受けます!○円です」というような広告を見たことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、代理店を利用する必要はありません

ページは日本語表示できますし、順を追っていけば決して難しくありませんよ!この申請で代理申請料を取られるのはバカバカしいです。

日本語表示に切り替えられたら「新規の申請」ボタンから次へ進みましょう。

 

個人申請 or グループ申請を選択

ESTA申請方法

 

「新規の申請」をクリックすると、画面が下へと進み個人による申請なのか、グループ(複数名)の申請なのかが問われます。

対応するボタンをクリックしましょう。

 

ESTA申請規約

 

クリックするとセキュリティに関する通告が表示されますので、「確認&続行」で次へ進みます。

 

免責事項の確認

ESTA申請の免責事項

 

ここから、実際に申請へと移っていきます。

まずは免責事項の確認です。問題がなければ合意タブにチェックを入れて次に進みます。

 

申請者情報を入力

ESTA申請方法

ESTA申請方法 ESTA申請方法 ESTA申請方法 ESTA申請方法

 

まずはじめに、申請者の情報を入力します。入力を求められる項目は以下の通りです。

 

  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 出生地
  • パスポート番号
  • 国籍
  • 発行日
  • 発行した国
  • 有効期限
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 勤務先情報
  • GEメンバーシップ

 

入力項目の記載は全て英語で行ってください。名前や期限などはパスポートの表記と間違いがないかよく確認をしましょう。

 

渡航情報の入力

ESTA申請渡航情報の入力

ESTA申請滞在先情報 ESTA申請方法

 

続いて渡航情報(滞在先)を入力します。

米国内の連絡先については、滞在先のホテル情報を入力すればOKです。

また緊急連絡先は日本の方でも大丈夫なので、僕は父親の名前と番号を入力しました。

 

適格性に関する質問

ESTA適格性に関する質問

ESTA申請方法

 

次に、「感染症・薬物依存性・犯罪履歴」などいくつかの質問項目が表示されます。問題がない方は「いいえ」を入力していきましょう。

アメリカが懸念するテロなどに直結する項目となるため、二重チェックがあります。問題がなければ「申請内容に関する証明」にチェックを入れて申請を完了させましょう。

 

申請内容の確認

ESTA申請内容の確認

ESTA申請方法

 

 

ここまで入力が完了したら、入力内容の確認画面となります。

特にパスポートの情報と相違がないことをよく確認して、再度パスポートの表記通り名字とパスポート番号などを入力し、ESTA申請を完了させます。

 

申請料の支払い

ESTA申請料支払い方法

ESTA申請料支払い方法

 

入力が全て終わったら、続けて申請料を支払います。2018年3月現在、ESTA申請料は14ドルです。

支払い方法は「Paypal(ペイパル)」または「クレジットカード」を利用可能です。

今回は、クレジットカードを利用して支払いをしました。

 

ESTA申請料支払い方法

 

クレジットカード情報を間違えることなく入力をしたら、「続行」から進みます。

 

ESTA申請料支払い方法

 

ESTA申請方法

 

支払い手続き実行中の画面を経て、「認証は保留中です」という画面が表示されればOKです。

ESTA申請はすぐには認証が下りず、内容に問題がなければ申請から72時間以内に認証される仕組みとなっていますので、時間を空けて再度チェックしてみましょう。

無事に認証されれば、これにてESTA申請が終了です!

 

 

 

 

 

エスタ申請時のよくある質問

ここからは、ESTA申請に関してよくある質問をまとめていきたいと思います。

申請時の参考にどうぞ。

 

ESTA申請の公式サイトは?

ESTA申請公式サイト

 

ESTA申請には様々な代理店が存在し、どのサイトが公式サイトなのか分かりづらいです。

アメリカ政府が提供する「ESTA申請の公式サイト」が本物です。申請料は14ドルで、それ以外の料金はかからないというのも公式サイトを見つけるヒントです。

 

 

近頃、あたかも公式サイトのような振る舞いで知らず知らずのうちに手数料取られてた・・ということが多発しているので、ご注意を。

 

ESTA申請は代理店を通したほうがいいですか?

全くその必要はありません。

あえて代理店を活用するメリットを挙げるとすれば、複数名分を入力しなければいけない時などに、面倒がかからないということと英語が本当に苦手な場合に助かるということでしょうか。

しかし順を追えば当記事でご説明した通り、自分で申請できますので余計なお金を支払いたくない方は、ESTA申請の公式サイトからご自身で入力しましょう。

 

ESTAは日本語で申請できる?

ESTA申請の言語設定

 

日本語で環境で入力することができます。その他主要な言語は、全て対応しています。

 

ESTA申請はどのぐらいの時間がかかる?

ESTA申請

 

ESTA申請には最大72時間がかかります。余裕を持って渡航する5日前には申請を終えておきましょう。

 

ESTA申請が通っているか確認する方法は?

ESTA確認方法

 

ESTA公式サイトの上部バナー「ESTA申請状況の確認」または、トップページ下部「申請状況の確認」から、申請状況を確認可能です。

 

ハワイやグアムへ行く際にESTA申請は必要ですか?

必要です。

アメリカ本土・ハワイ・グアムをはじめとする離島どこに行くとしてもアメリカに入国する際には必要になりますので申請を忘れないようにしましょう。

 

ESTAの有効期限は申請してから何日間?

ESTAは、正式に渡航許可を得た日から2年間有効です。

2年が経過したあとは再申請が必要になりますのでご注意ください。

 

 

 

 

まとめ

ハワイ・ワイキキビーチ

 

今日は米国(アメリカ)に入国する場合に必要となる、電子渡航認証システム(ESTA/エスタ)の申請方法をまとめてきました。

 

  • アメリカ短期旅行時に必要
  • 渡航の72時間前までに申請
  • 申請料は14ドル
  • 申請代行業者に注意

 

この辺りに注意をしながら、当記事に掲載の実際の登録画面通り申請をすれば、誰でも簡単に申請をすることが可能です。

最大72時間がかかりますので、早めに申請を済ませましょう!

以上、Halohaloでした。ALOHA〜!

 

おすすめリンク

-旅行情報