▼当ブログへ初めてお越しの方必見▼ 

SPG AMEXがお得!3.9万ポイント!

ハワイ人気NO.1ツアー体験してみた

今ならANA AMEXで9万マイル獲得可能!

JAL航空券をお得に手に入れる方法まとめ!

ANA・JAL航空券を実質無料で購入する方法

年間20万マイルの貯め方!王道ルート公開中

一発でマリオット/Ritzの上級会員になる方法

 

Halohalo

なぜ人は10年苦労したことを自慢し、後輩に同じ苦労をするようアドバイスするのか。

本業とは別に、自分なりに3年間頑張ってきたことが功を奏したのか、ありがたいことにどんどん任せられることが増えてきて、近頃はプライベートに支障をきたすほどの重圧と時間のなさに悩んでいました。

いわゆるブラック企業に勤めているサラリーマンの状態に近いのかもしれません。

Aプランを選択するべきなのか、Bプランを選択するべきなのか、もしかしたらまだ自分でも気づけていないウルトラCの選択肢に出会わなければいけないのか。

これは自分の弱さだと思いますが、どの選択肢にもメリット・デメリットがあるので自分一人では判断することができず、様々な方に助言を仰ぐことにしたのですが、そこでいただいたたくさんのアドバイスに感じることがあったので、今日はストレートに綴ってみたいと思います。

あくまでも問題提起として温かく見守っていただけたら幸いです。

 

スポンサーリンク


 

アドバイスを求めた結果。

アドバイスを求めた方々は、自分から見たら年齢も人生経験も大先輩に当たる方々ばかりです。年齢幅は30代〜60代。

先輩方には、正直に悩んでいることを打ち明けて相談したのですが、返ってきた回答は8割型以下のような回答でした。

 

  • 甘い
  • 俺は10年耐えて今がある
  • 男ならプライベートより仕事を優先しろ

 

そしてどの意見にも共通して「俺はこのくらいは我慢したよ」という話がセットになってついてきました。

一方で残りの2割の方々は・・・

 

  • そこまで頑張ったんだったらいいんじゃない
  • プライベートまで犠牲にするようなことはやめたほうがいい
  • 今を大切にした方がいい

 

というような内容が大半でした。

 

なぜ人は苦労したことを自慢し、後輩に同じ思いをさせるのか

 

僕は冷静になっていただいたアドバイスを振り返ってみると、8割の方々がアドバイスしてくれた「自分と同じように苦労しなさい」という助言がどうもしっくりこないんです。

文句言うなら最初から聞くなよと言われてしまえばそれまでなのですが・・・・・でもやっぱりしっくり来ない。

こう言う風潮って日本にはあると思うんです。

「自分と同じだけ苦労しなさい論」

これってなぜ必要なのでしょうか。本当に必要なことでしょうか。自分が10年で経験したことならば、後輩には5年で越えさせてあげるというのがあるべき姿なのではないでしょうか。

Tweetを投稿してからたくさんの反応をいただきました。

 

共感派の主張(修行不要論)

スポンサーリンク


 

 半共感派の主張

 

反対派の主張

ぜひTwitterや当ページのコメント欄にお寄せください。随時ご紹介させていただきます。

 

 

スポンサーリンク


 

 

ジャンルによっては苦労することも大切という意見も。

 

心で分かっていても現実そうなってしまうのだろうか。

様々な方の意見を伺っていると、心では分かっていても現実は強要してしまうのではないかと感じ始めてきました。

 

ご意見お待ちしております。

更新しながら自分の考えをまとめていきたいと思います。

この問題について学問的に定義している人っていないのかな・・・・。

 

誰か教えてください。

 

おすすめリンク

-Halohalo