▼当ブログへ初めてお越しの方必見▼ 

JAL航空券をお得に手に入れる方法まとめ!

ANA・JAL航空券を実質無料で購入する方法

年間20万マイルの貯め方!王道ルート公開中

【仮想通貨】Zaifコイン積立が250万円突破!

 

仮想通貨/資産運用

bitbank(ビットバンク)のメリット・デメリットや評判は?【取引手数料無料】

2018/04/22

bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)は全ペア取引手数料ゼロ!アルトコイン取引にオススメな取引所!メリット・デメリット・評判まとめ

bitbank(ビットバンク)は、2014年に設立された仮想通貨取引所です。

Zaif(ザイフ)bitFlyer(ビットフライヤー)Coincheck(コインチェック)の御三家に比べると地名度は高くない取引所ですが、コインチェックの一連の騒動により割って入る存在としてbitbankへの注目度が高まっています。

現在、全ペア取引手数料ゼロキャンペーンを開催しており、イーサリアム、ビットコインキャッシュなどアルトコインを取引する際におすすめの取引所となっていますので、メリット・デメリットなどをまとめていきたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク


 

bitbank(ビットバンク)とは?

ビットバンクロゴ

 

bitbank(ビットバンク)は、東京都品川区に本社を構えるビットバンク株式会社によって運営されている仮想通貨取引所です。

 

  • Coincheck:2012年8月
  • bitFlyer:2014年1月
  • bitbank:2014年5月
  • Zaif:2014年6月

 

bitbank(ビットバンク)は、御三家に肩を並べる形で2014年に会社が立ち上がっており、2017年より後述する手数料ゼロキャンペーンを開催していることで注目が集まってきています。

それまで御三家に比べると爆発的にユーザーが増えなかった理由として、全く取引をした事がないというような超初心者にとっては操作性が難しかった事に起因していると感じています(あくまでも僕個人の見解です)。

しかし難し過ぎて全く扱えないという訳ではなく、数回仮想通貨を取引をした事がある方であれば十分に利用する事ができるため、bitbankに移行を検討する価値は十分にあるでしょう。

僕も近頃、アルトコインの取引はZaif(ザイフ)bitbank(ビットバンク)を活用しています。

 

運営会社概要

社名
ビットバンク株式会社
代表取締役CEO 廣末紀之
設立 2014年5月
資本金 11億3100万円
所在地
東京都品川区西五反田7丁目20-9 KDX西五反田ビル7F

 

moppyの代表取締役も参画中

moppyのlogo

 

その他耳寄り情報としては、ポイントサイトでおなじみの「moppy(モッピー)」運営会社に当たる、株式会社セレスの代表取締役「都木聡」さんもビットバンク株式会社取締役として参画しています。

今後、ポイントサイトで稼いだポイントを仮想通貨で受け取ったり、通帳に入っているポイントを貸し出す事で金利が受け取れるというような時代、すぐそこまで来ているのかもしれませんね。

 

取り扱い通貨について

 

bitbank(ビットバンク)では、以下の通貨の取引を行う事が可能です。

 

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH/BCC)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)

 

どの銘柄も2017年に高騰した銘柄ばかりですね。

 

 

 

 

bitbank(ビットバンク)のメリット・デメリット

メリットまとめ

bitbank(ビットバンク)の特徴

 

bitbank(ビットバンク)は、いわゆる取引所形式で仮想通貨を売買する事が可能となっているため、イーサリアム、ビットコインキャッシュなどアルトコインの手数料が安いという事が大きなメリットです(参考:仮想通貨の取引所と販売所の違い)。

御三家に名を連ねるbitFlyer(ビットフライヤー)Coincheck(コインチェック)は、ビットコイン手数料は安くなっていますが、その他のアルトコインについては手数料が高く最大10%程度取られている事もしばしばです。

要は上記2社は、初心者向けのUIとCMで門戸を広く開き、様々なコインを取引してもらう事で利益を確保しているという事が言えると思います。

一方でbitbank(ビットバンク)は、何回か仮想通貨取引をした事がないと扱うのは難しいのですが、初歩的な仕組みさえわかっていれば手数料安く様々なコインを取引する事ができますのでオススメです。

 

 

デメリットまとめ

bitbank(ビットバンク)の取引画面

 

一方で、ログイン後いきなり取引画面になる点などが初心者にとっては慣れるまで使い方が難しいかもしれません。

また取り扱い銘柄も多くはないので、いわゆる草コイン取引をしたいという方には向いていません。

 

bitbank(ビットバンク)の評判は?

 

 

スポンサーリンク


 

 

bitbank(ビットバンク)のキャンペーン

bitbank(ビットバンク)

 

bitbank(ビットバンク)は、金融庁への仮想通貨交換業登録記念として2018年3月まで、アルトコイン全ペアの取引手数料をゼロにするキャンペーンを開催中です。

 

期間:2017年10月16日〜3月31日

 

以下の銘柄が全て手数料ゼロになりますので、今が購入のチャンスです。

 

bitbank(ビットバンク)の手数料ゼロキャンペーン

 

  • XRP/JPY
  • LTC/BTC
  • ETH/BTC
  • MONA/JPY
  • MONA/BTC
  • BCH/JPY
  • BCH/BTC

 

話題のリップルやライトコイン、モナコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュを購入する際にはbitbankがおすすめです。

 

 

 

スポンサーリンク


 

 

bitbank(ビットバンク)まとめ

bitbank(ビットバンク)の特徴

 

金融庁認可の仮想通貨取引所「bitbank(ビットバンク)」をまとめてきました。

 

  • アルトコイン取引手数料が格安
  • 3月までは手数料ゼロ
  • 超初心者には不向き

 

これらのことを踏まえた上で、個人的にはZaif(ザイフ)の次に重宝しているのが、このbitbank(ビットバンク)です。その他の仮想通貨取引所については「2018年初挑戦したい!おすすめ仮想通貨取引所6選」でご紹介していますので合わせてご確認を。

最初は使い勝手の良さからbitFlyerも利用していましたが、アルトコイン取引時には手数料が高すぎます。ぜひアルトコイン取引時にはbitbank(ビットバンク)の利用を検討してみましょうね!

以上、Halohalo(ハロハロ)でした。ALOHA〜!

 

 

 

おすすめリンク

-仮想通貨/資産運用