▼当ブログへ初めてお越しの方必見▼ 

【2,300円】moppy入会キャンペーン実施中

ANA・JAL航空券を実質無料で購入する方法

年間20万マイルの貯め方!王道ルート公開中

【仮想通貨】Zaifコイン積立が250万円突破!

 

航空会社/空港情報

2018年2月〜3月発券分のANA燃料サーチャージ値上げが正式発表。ついに片道1万円の大台突破へ。

ANA logo

ANAからプレスリリースが発表になり、2018年2月〜3月発券分における燃料サーチャージ額が発表になりました。

多方面のメディア発表通り、さらに1段階が値上げになることとなってしまいました。今回の値上げで最も燃料サーチャージが高い地域は片道1万円の大台突破です。航空券代とは別に往復2万円が必要と考えると非常に痛手ですので、航空券の予約は1月中の予約をオススメします。

発表された各路線ごとの燃料サーチャージ額を見て行くことにしましょう。

 

スポンサーリンク


 

ANA燃料サーチャージとは

空港のJALとANA機

 

別名、燃油特別付加運賃。燃料サーチャージは世界で航空燃料が高騰していることに伴って、通常の航空券代にプラスして購入者へ燃料費負担を求める料金のことを指します。

燃料サーチャージは数ヶ月に一回の割合で原油生産地の政情不安や為替、世界情勢の変化などによって価格が変化しています。ANAの場合は2ヶ月に一回改定があります

肝心の燃料サーチャージの計算方法ですが、現在は原油は1バレルという単位で取引されており、1バレルは約160リットルで60USドル(1ドル100円計算で6,000円)が1つの基準となっています。

 

  • 1バレル60USドル以上:燃料サーチャージ適用
  • 1バレル60USドル以下:燃料サーチャージ適用なし

 

ANAやJALでは60USドルを基準に燃料サーチャージを適用するか否かを決めていますが、この基準額の詳細に関しては航空会社によって異なるため他の航空会社では1バレルの基準額が異なりますのでチェックが必要です。

国内航空会社のANAとJALでは基準額が同じですので、基本的には両者とも同じ価格になっています。

また、6,000円を超える金額となった場合、7,000円・8,000円・9,000円と1,000円上がるごとに燃料サーチャージも倍増して行きますので、仮に適用されるとしてもできるだけ6,000円台の最小価格で抑えたいというのが、現状の燃料サーチャージのシステムとなっています。

 

2018年2〜3月発券分について

ANA

 

今回ANAから2017年10月〜11月の原油価格を参考に、2018年2月〜2018年3月発券分の燃料サーチャージ額が、発表になりました。

以下、ANAから発表されたリリース文です。

 

2017年10月から2017年11月におけるシンガポールケロシン市況価格の2カ月平均が1バレルあたり71.22米ドル、為替レートは1ドル=112.94円でした。よって、シンガポールケロシン市況価格の円貨換算額は8,044円となったため、下記の通り改定することといたしました。

 

2月〜3月は痛恨の1段階値上げへ

ANAプレスリース内にて、2018年2月〜2018年3月発券分における燃料サーチャージ額は、前期(2017年12月〜1月)から1ランクアップ(値上げ)することが発表になりました(泣)。

 

ana燃料サーチャージ

ana燃料サーチャージ

 

2017年から燃料サーチャージが復活となり、今回の値上げで適用なしよりも3段階もアップをしてしまいました。これはSFC修行や旅行を計画している方にとって痛恨の値上げです。

しかも上記記載の価格は全て片道の価格です。

燃料サーチャージ額は、距離に応じて決まりますので日本から距離の近い路線の方が価格は安くなる仕組みになっています。

今回本当に悔しいのは、円換算額が8,044円だったことですよね。たった44円上回ってしまったがために値上げとなってしまいました。もし7,999円であれば、先月の額を維持する結果となっていました。

わずかですが、ルールはルールなので仕方がないですが・・・。

また燃料サーチャージという形で課金されるのは、国際線のみですがこれまでの傾向でいうと燃料サーチャージが高くなると国内線価格も高くなり、シドニー修行のようにたくさんの路線を乗り継ぐような修行ルートのPP単価が悪くなり、組み込みづらくなります。

実際に2017年に筆者が行った一度に2万PP以上を稼ぐことができるシドニーSFC修行の詳細は、シドニー路線SFC修行ガイドをご覧ください。

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

終わりに。

ANAカウンター

 

ANAから、2018年2月〜2018年3月発券分の燃料サーチャージ情報をお伝えしてきました。

残念ながら燃料サーチャージはさらに一段階アップとなり、500〜10,500円の値幅で導入されることになってしまいました。

これまでの燃料サーチャージ価格の推移(最大額)を見てみましょう。(それぞれの月をクリックするとその時の詳細がご覧になれます)

 

 

ついに10,000円という大台突破です。片道で10,000円なので往復2万円・・・・これは大きいですね。

燃料サーチャージが上がると、格安航空券も出て来なくなりますし、セールも全体的に高くなり見送り傾向が高まります。

2018年は、国際線利用時の国内乗り継ぎにおけるマイル積算率の変更も控えていますので、SFC修行を行う方にとって非常に難しい一年になりそうです。

以上、Halohalo(ハロハロ)でした。ALOHA〜!

 

ANA関連リンク

-航空会社/空港情報