航空会社/空港情報

ANAアップグレードポイントとは?最も価値が高い使い方教えます。

2017/08/31

ANAの上級会員のことを調べているとアップグレードポイントという言葉をよく目にします。

アップグレードというと座席をエコノミーからビジネスにアップグレードするときに使えるのかなーと推測してしまいそうですが、実際どのようなものなのか調べてみました。

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

アップグレードポイントとは

アップグレードポイントとは1月~12月のANAグループ運航便のご利用で獲得されたプレミアムポイント数に応じて、翌年度のプレミアムメンバーにプレゼントする特別なポイントです。(ANA 公式サイトより)

 

ANAの公式サイトにはこのように記載があります。

ANAまたはスターアライアンス加盟航空会社に搭乗した際にもらえるプレミアムポイントが鍵となり、前年の獲得プレミアムポイント数に応じてアップグレードポイントが付与される仕組みとなっています。

では具体的にどのぐらいのアップグレードポイントがもらえるのかみていきましょう。

 

どのぐらいのアップグレードポイントがもらえるのか。

もらえるアップグレードポイント数一覧

 

こちらは前年のプレミアムポイント獲得数に応じてアップグレードポイントが何ポイントもらえるのかがわかる表となっています。

獲得できるアップグレードポイントは、最低4ポイントから最大で100ポイントまでと幅が広く、例えば2017年SFC会員になるために50,000プレミアムポイントを獲得したとしたら2018年に20アップグレードポイントがもらえることとなります。

その他、ANAブロンズ会員(30,000PP)は10アップグレードポイント、ANAダイヤモンド会員(100,000PP)は40アップグレードが付与されます。

 

アップグレードポイントの利用先について

獲得したアップグレードポイントは以下の3種類の用途において利用することができます。

 

  • 座席クラスのアップグレード
  • ラウンジの利用
  • ANA SKYコインへ交換

 

それぞれに詳しくみていきましょう。

 

座席のアップグレードに関して

【国内線】

 

まず初めに、獲得したアップグレードポイントを使って座席のアップグレードをする方法です。

国内線と国際線では、若干のルールの違いがあるのでまずは国内線からご説明します。

ANA国内線は飛行機に乗る当日、空港にて手続きをすることでアップグレードすることが可能となります。

しかし利用が可能なのは、当日手続きをする関係で”空席がある場合のみ”となっています。

ANA公式サイトによると・・・・

 

アップグレードポイントのご利用で、国内線(ANAグループ運航便)はプレミアムクラスへ、国際線(ANAグループ運航便・ユナイテッド航空運航便)はビジネスクラス、ファーストクラスへのアップグレードを承ります。

 

と表記があります。

国内線では1区間一律4アップグレードポイントにてアップグレードすることができます。

 

ANA1区間アップグレードポイント必要数

 

プレミアムクラスの設定がない路線・機材ではもちろんアップグレードポイントを使うことができませんし、国内線はANAグループの運行便に限ります。

 

 

【国際線】

 

続いてANA国際線です。

 

ANA国際線アップグレードポイント必要数

 

国際線は路線によって飛行距離が大きく異なるため、路線によって、またクラスによってアップグレードポイントの必要数が異なります。

先ほど説明した通りSFC修行をして50,000プレミアムポイントを獲得した場合では20アップグレードポイントがもらえるのでどの路線においても一度はアップグレードできる可能性があるということになります。

ヨーロッパ行くときに運良く往復ビジネスクラスにできるなんてことも追加料金なしで可能になるわけですね!これはすごいです。

注意点は国際線は当日空港で手続きするのではなく事前予約が必要となる点にあります。

 

ANAウェブサイトの会員専用ページ、プレミアムメンバー専用デスクにて、ご搭乗日の355日前~ご搭乗便出発時刻の24時間前までの事前予約が必要です。ただし、アップグレードの要件(上位クラスのお座席、お食事など)が整った場合に限り、当日空港でもご利用いただけます。

 

とあります。

当日空港で手続きができる可能性もゼロではないですが、ビジネスクラスやファーストクラスが埋まってしまっていることも多いですので、できることなら事前に予約をして確保してしまいましょう!

 

ANAラウンジの利用について

ANAラウンジ画像

 

2つ目の利用先としてアップグレードポイントを使ってANAラウンジを利用することができます。

各ステータスによって細かい条件があるのですが基本的にプラチナ会員以上では本人は無料で利用できますので、同伴者も一緒に利用する際に代金の代わりにアップグレードポイントを支払うことで利用ができるようになります。(国内線の場合)

 

ANAプラチナサービスのラウンジ利用説明図

 

ブロンズ会員に関しては、ステータスカードを持っていても無料では利用することができませんので2アップグレードポイントを支払うことでラウンジが利用できるようになります。

 

ANAブロンズサービスのラウンジ利用説明図

 

国際線の場合や他のパターンはこちらをご覧ください。

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

ANAスカイコインに関して

ANAスカイコインロゴ

 

3つ目の利用先として、アップグレードポイントはANAスカイコインに交換することができます。

1アップグレードポイントは1,000スカイコインに交換することができます!!スカイコインは1コイン=1円計算ですので交換レートは良くはないです。

アップグレードポイントの価値を最も高められるのは「国際線アップグレード」、続いて「国内線アップグレード」を狙うに限ります。

 

まとめ。

ANAビジネスクラスカウンター

 

しかしアップグレードポイント、調べれば調べるほどワクワクしますね。

僕も2017年SFC修行が無事に終了すれば2018年には20アップグレードポイントが手に入ります。

皆さんは「座席のアップグレード」「ANAラウンジ」「ANAスカイコイン」の中からどの使い方を選択しますか?

残念ながらスカイコインに変えるのはレートが悪いのとせっかくなので、海外に行く際のエコノミー→ビジネスに利用したいと思います。

こちらも遠い将来旅行記書きますのでお楽しみに。

それでは今日もHalohaloがお送りしました。ALOHA〜!

 

 

陸マイラーの皆さんのブログはこちらから!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
 

-航空会社/空港情報