クレジットカード

ソラチカルートのメトロ→ANAマイル交換スケジュールに変更あり!?

ANAマイルへの還元率NO.1を誇るソラチカルートを扱うために必要となる、Tokyo Metro To Me Card・通称ソラチカカード。

僕がソラチカカードを保有したのは、今から約3年前。ただただ使い続けていましたが2016年になってから様々な方のブログを参考にしながら、より効率的な使い方を模索してきました。

ソラチカカードには、効率的にANAマイルへと交換していくスケジュールが存在することはご存知の方も多いかと思います。しかしその交換スケジュールに”変化”が出てきていることをご存知でしょうか。

偶然が重なって気がつくことができましたので、今日はそんなソラチカカードの新しい交換スケジュールについてまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク


 

 

ソラチカカードとは

ソラチカカードデザイン

 

ソラチカカードはANAカードの中で、圧倒的なANAマイル還元率を誇るカードです。

別名:ANA Tokyo Metro To Me Card、陸マイラーの皆さんの間では「ソラチカカード」という名で呼ばれています。

もちろんこのカードを所持していなくとも、ANA陸マイラーとして活動はできますが先ほどもお伝えした通りANAマイルへの還元率が全然違うのでANAマイルが貯まるスピードが圧倒的に早くなります

残念ながらJALにはここまで還元率のいいカードは存在しませんので、ANAマイラーのみが利用できるお得なカードがこの「ソラチカカード」という訳です。

ANA Tokyo Metro To Me Card(ソラチカカード)の主な仕様は以下の通りです。

 

  • 初年度年会費無料
  • 新規入会特典として1,000ANAマイル
  • 18歳以上
  • PASMO機能搭載
  • 東京メトロに乗るとポイントがもらえる
  • 旅行損害保険最高額1,000万円
  • 家族カード発行可能
  • JCBのみ

 

 

ANAマイル獲得ルート=ソラチカルート!

 

ソラチカカードを保有しているANA陸マイラーの方は以下のルートでANAマイルを貯めていきます。

 

  1. ポイントサイトでポイント獲得
  2. ポイント中継サイトへ移行
  3. 東京メトロポイント
  4. ANAマイルへ

 

ポイントサイトを活用したANAマイルの貯め方の詳細は別記事でご紹介していますので、宜しければどうぞ。

ソラチカカードを保有していることで東京メトロポイントを扱えるようになり、ANAマイルへの還元率をぐっと高めることができます。

参考までに還元率がいいということは、ポイントサイトにて獲得したポイントをより効率的にマイルに変換できるということを意味します。

「東京メトロポイント→ANAマイル」への移行レートは2017年現在、0.9倍です。

 

 

0.9倍ということはポイントサイトで貯めたポイントをほとんど無駄なく、ANAマイルへ移行することができます。

ポイントサイトで貯めた1万ポイントを、ソラチカカードを保有していると9,000ANAマイルへ移行することができます。

 

ANAマイルとポイント移行レート図

 

これはとんでもないことです。すごいです。航空マイルに限らず大抵のポイント移行をする場合には、ポイントサイトで稼いだポイント数の0.5倍(半減)するなどしてしまうことが普通です。

このポイントサイトからの0.9倍、高還元率の移行ルートは、ソラチカカードを使ったルートなのでソラチカルートと呼ばれています。

 

 

一方でソラチカルートのような高還元ルートがないJALは、同じポイントサイトで稼いだポイントをポイントサイトから移行しても、5,200JALマイルにしかなりません。

ポイントサイトの始まりは同じポイント数でも移行していくと、9,000ANAマイルと5,200JALマイル、どちらがお得かを判断するのはあなた次第です。

そんなソラチカカード入会等の最新情報はこちらの記事で随時更新しています。要チェック。

 

スポンサーリンク


 

 

交換スケジュール

 

ポイントサイトのポイントをソラチカルートを使って移行していく場合には、理想の移行スケジュールが存在をします。

 

  1. ポイントサイトでポイント獲得
  2. ポイント中継サイトへ移行
  3. 東京メトロポイント
  4. ANAマイルへ

 

それは、それぞれのサービスの締め日によるもので、移行申請を忘れてしまうなどするとANAマイルへ移行するタイミングがずれこんでいってしまいますのでスケジュールを守って移行していくことが求められます。

 

これまでの交換スケジュール

これまでは、それぞれ15日が締め日で15日までにそれぞれのポイント移行申請を行っていく必要があるとされていました。

 

  1. ポイント中継サイト→メトロ:毎月15日
  2. メトロ→ANA:毎月15日

 

仮に15日を過ぎてしまうと、翌月の15日まで締め日が来ないのでそれまでは保留扱いとなり翌月の処理を持って次のステップへと移行されていきます。

よって15日を過ぎてしまうと、1ヶ月の遅れを取ってしまうと考えられていました。

 

新交換スケジュール(仮)

ここからご説明する新交換スケジュールについては、100%正しいものではありません。オペレーターの方に聞いても、はっきりとした回答が得られませんでしたので、活用する際には自己責任でお願い致します。

時は6月19日、本来であれば15日を過ぎていますのでそれぞれのポイントの移行を完了させている時期となります。

 

 

しかしTwitterにも20日に書いた通り、うっかり東京メトロ→ANAマイルへ移行するのを失念してしまいました。

これは大問題です。東京メトロ→ANAの移行を忘れるということはソラチカルートの1ヶ月の最大獲得マイル数である、18,000マイルを取りこぼすことに等しいので、一人ショックを受けていました。

 

 

15日は過ぎてしまいましたが、来月も忘れてしまったらこれはもうさらに大問題へと発展してしまうので19日付で東京メトロ→ANA マイルへと移行申請をしておきました。

6月19日に移行申請をするということは・・・

 

  • 6月19日→7月15日受理→8月上旬にANAマイルへ

 

以上のスケジュールでマイルへ移行されていくことになるので、通常であれば6月15日までに申請をして、7月の上旬にANAマイルになるので、1ヶ月の遅れを取ってしまいますが時を戻すことはできないので、仕方ありませんでした。

時は流れ・・・7月上旬。

 

 

なんとなんと、6月19日に東京メトロポイントから申請した18,000マイルが付与されているではありませんか!!

 

 

これは15日締め日説の否定を意味する結果となったので、思い切って東京メトロへ問い合わせてみました。

(H:Halohalo、O:オペレーター)

 

H:あのー、すみません。東京メトロポイントからANAマイルへ移行する時って、何日までに移行申請すると効率的にできるんですか?

O:具体的に何日という決まりはありません。ただ中旬に締め日が設定されることは決まっています。

H:ということは、中旬であれば15日の時もあれば20日くらいの時もあるということですか?

O:はっきりとお答えできる決まりがあるわけではありませんので、おっしゃる通りです。

 

このような回答を得ることができました。

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

まとめ

 

これらのことを整理すると考えられる案を2パターンです。

 

  1. たまたま20日以降に締め日が設定されていた
  2. 実は毎月20日以降の締め日がされている

 

いずれのパターンが正解にせよ、15日が締め日絶対説は崩れたことになります。現実的に19日に申請をしても翌月上旬にANAマイルへ移行が完了しています。

僕と同じようにうっかり失念をしてしまっても、翌月の締め日付近まで移行申請を待つ必要はありません。思い切って移行申請してみましょう。

もしかすると、期待する日程で移行が完了するかもしれませんよ!

以上、Halohalo(ハロハロ)でした。ALOHA〜!

 

 

 

陸マイラーの皆さんのブログはこちらから!
少しでも参考になったら1CLICKで応援お願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

-クレジットカード

注目記事!

1
羽田空港パワーラウンジ/Power Lounge訪問記(2017年4月新オープン)

2017年4月27日、羽田空港国内線に新たな有料ラウンジがオープンになりました。その名も「Power Lounge/パワーラウンジ」。 第一、第二ターミナルともに1箇所ずつ、計2箇所のラウンジをパワー ...

2
2017年7月ソラチカキャンペーンで入会時に最もマイルをもらう方法

みなさんはANAマイルを貯める際にどのクレジットカードを使っていますか? ANAマイラーであれば誰もが認める、作るべきオススメのANAカードが存在します。   ANA To Me Card( ...

3
ANA475便「羽田ー沖縄」搭乗記。5月7日GW最終日の混雑状況レポート

2017年5月GW最終日(5月7日)、天気は「くもり」。 以前、予約した際にもお伝えしたSFC修行5Leg目となる「羽田/HNDー沖縄/OKA」路線に搭乗しましたので、搭乗記をお届けします。 GW最終 ...