セール/格安航空券

春秋航空”新737セール”概要まとめ!成田/関空発着の国内外路線が737円

2017/06/04

春秋航空日本の毎月恒例「737」セールと春秋航空の「999」セールが2017年4月から合体し、同時開催されています。

 

 

お伝えした通り、今日から”新737キャンペーン”セールが始まっていますので、これまでの737・999セールとの価格の比較をしながらセール価格をまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク


 

 

春秋航空日本とは

logo-springjapan

 

「春秋航空日本」は中国の格安航空会社「春秋航空」が主に出資をして2012年に作った日本の格安航空会社であり東京・成田空港を拠点に就航しています。

最初、広島や佐賀などのみの就航でしたが2016年になって国際線(武漢、重慶)、そして国内線(新千歳、関西)に就航を開始しました。現在では計9都市を結んでいます。

毎月7日より「737セール」を開催しています。

 

セール概要

 

今回のセールは春秋航空日本がこれまで開催していた「737」セールと、春秋航空が開催していた「999」セールを合体させた新セールで、今後はこの合体した形で毎月セールが開催されることになりました。

 

  • セール期間:2017年4月7日12時〜4月13日12時まで
  • 予約対象期間:2017年4月20日〜2017年7月25日
  • 購入方法:春秋航空日本公式HP

 

先日下記記事(春秋航空日本737円格安セールが改悪。999円キャンペーンと合併を発表)にてお伝えした通り今月から999円セールと合体になるので、ニュアンス的に737円セールは値上がりになるのではないかという記事を掲載しましたが、実際には今まで通りの価格で発売される運びとなりました。

 

 

 

対象路線・価格

国内線:737円

  • 東京(成田)ー 札幌(新千歳)
  • 東京(成田)ー 大阪(関西)
  • 東京(成田)ー 広島
  • 東京(成田)ー 佐賀

国内線4路線は、これまでの毎月恒例737セールと同じく片道737円となっています。

 

 

国際線

  • 東京(成田)ー 重慶:3,999円
  • 東京(成田)ー 武漢:3,999円
  • 東京(成田)ー ハルビン:3,999円
  • 東京(成田)ー 天津:3,999円
  • 東京(羽田)ー 上海:3,999円
  • 茨城 ー 上海:2,999円

 

成田、羽田路線は片道3,999円、茨城は2,999円となっています。

以下、関空・名古屋路線については全路線最安999円〜です。

 

  • 大阪(関西)ー 上海
  • 大阪(関西)ー 重慶
  • 大阪(関西)ー 武漢
  • 大阪(関西)ー 天津
  • 大阪(関西)ー 西安
  • 大阪(関西)ー 揚州
  • 名古屋(中部)ー 合肥
  • 名古屋(中部)ー 銀川
  • 名古屋(中部)ー 常州
  • 名古屋(中部)ー ハルビン
  • 名古屋(中部)ー フフホト
  • 名古屋(中部)ー 石家荘
  • 名古屋(中部)ー 寧波
  • 名古屋(中部)ー 上海
  • 高松 ー 上海:999円
  • 佐賀 ー 上海:999円
  • 札幌(新千歳)ー 上海:5,800円

 

 

スポンサーリンク


 

 

最安価格探してみた。

それでは、「成田ー関空」「成田ー札幌」「羽田ー上海」路線の最安価格を調べながら、これまでのセール価格と比較していきたいと思います。

検索システムが変更になっていますので、成田ー関空路線については詳しく説明します。

 

「成田ー関西」

まずキャンペーンページから、東京発→関空着を選択するとカレンダー表示の最安状況が表示されます。

 

 

週の中頃に最安価格が集まっていますね。このあたりについては以前よりも見やすくなっています。

ちなみにですが、5月以外についても火・水・木曜日が最安価格が多くなっていました。

 

カレンダーの中から、希望の日時を選択すると詳細の選択画面へと移ります。

予約を進めるためには「詳細を見る」ボタンを押します。

 

 

すると価格の詳細、キャンセル料などについての注意が出ますので、問題なさそうであれば「予約ボタン」で次へ進みます。

 

 

ただし、ここで1点注意が必要です。

これまでは往復ともに同時予約が可能でしたが、”新”キャンペーンになり往復同時予約をしようとすると復路は最安価格で購入できなくなってしまいました

これから、同じ日程で片道ずつ予約してみますので、同時予約時には3,470円の文字が並んでいるのをよく覚えておいてください。

 

 

上記、カレンダーは片道で検索した時の「関空ー成田」路線の最安カレンダーです。

先ほど、往復同時検索時には5月24日は3,470円と表示されていましたが片道ずつ検索をすると「737円」でしっかりと出てきます。

これ覚えておかないと間違えてしまいますので、今後毎月行われるセール時には注意が必要です。

よって往復の空席状況を確認したら、片道ずつバラバラに購入をしていきましょう。

「予約をする」ボタンを押すと、春秋航空のアカウントにログインをするよう求められます。

 

 

アカウントを持っていないと、今回のセール価格では購入ができませんので無料会員登録を済ませておきましょう。

ログインをするといよいよ諸税込みの価格がわかります。(ここまでくるのが大変・・・。)

 

 

今回のセール価格は737円、諸税込みで片道1,117円です。ということは往復2,234円!!

相変わらず格安航空券は健在です!!

 

「成田ー札幌」

同じ要領で、札幌便についても検索をかけていきます。

 

こちらも関空便に同じく往復諸税込みで2,234円となりました。

 

「羽田ー上海」

続いて、国際線「上海便」です。

基本的な流れは国内線と同じとなっています。

 

 

羽田ー上海便の最安価格は2,999円となっています。

荷物については15Kgまではエクストラ料金を払う必要はありません。

 

15KG無料手荷物額持込+受託手荷物の総重量は15KGまで、うち持込手荷物の数は1件に限って重さは5KGまで且つ3辺サイズは20×30×40cmのものとします

 

 

国際線は燃料サーチャージの金額が異なりますので、往路・復路でそれぞれ価格が異なります。

  • 往路:7,169円
  • 復路:10,299円

復路の方が3,000円ほど高くなりました。合計金額は17,468円です。

現在、東京ー上海路線では、ジェットスターが就航記念セールとして往復6,000円台の格安航空券を販売中ですので、上海路線はそちらを利用するのが良さそうです。

 

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

所感。

 

毎月恒例のセールとして、開催されていた春秋航空日本の737セールと春秋航空の999円が今月から合体することになりました。

合体して1つのセールになることは、事前発表があったので周知の事実となっていますが、実質的に737セールは消滅し、999円セールの価格に統一されるのではないかという憶測が飛んでいました。

しかし、実際は今まで通り、1つのセールになったといえど「777円」「999円」、路線ごとに2つの価格で発売がされ、価格は今まで通り、破格の安さとなりました。

東京から札幌や大阪へ往復2,000円台はめちゃめちゃ安いです。

安いということもあって、サーバーはめちゃめちゃ重いです!!!根気強く待ちましょう。

今日ご紹介したセールは毎月7日から、今後も開催される予定ですので、早いところ乗りたい路線がある方はゲットしてしまいましょう!

それでは素敵な格安旅行ライフを!

Halohalo(ハロハロ)でした。ALOHA〜!

 

 

陸マイラーの皆さんのブログはこちらから!
少しでも参考になったら1CLICKで応援お願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

-セール/格安航空券

注目記事!

1
羽田空港パワーラウンジ/Power Lounge訪問記(2017年4月新オープン)

2017年4月27日、羽田空港国内線に新たな有料ラウンジがオープンになりました。その名も「Power Lounge/パワーラウンジ」。 第一、第二ターミナルともに1箇所ずつ、計2箇所のラウンジをパワー ...

2
2017年6月ソラチカキャンペーンでカード入会時に最もマイルをもらう技

みなさんはANAマイルを貯める際にどのクレジットカードを使っていますか? ANAマイラーであれば誰もが認める、作るべきオススメのANAカードが存在します。   ANA To Me Card( ...

3
ANA475便「羽田ー沖縄」搭乗記。5月7日GW最終日の混雑状況レポート

2017年5月GW最終日(5月7日)、天気は「くもり」。 以前、予約した際にもお伝えしたSFC修行5Leg目となる「羽田/HNDー沖縄/OKA」路線に搭乗しましたので、搭乗記をお届けします。 GW最終 ...