SFC修行/搭乗記

【ANA461便】SFC修行の幕開け。2017年1月1日プレミアムクラス搭乗記

2017/04/09

2017年1月1日、いよいよ修行初日を迎えました。

期待と不安が交差する中で2017年初フライトは「羽田ー那覇便プレミアムクラス」です。

 

 

初めてのプレミアムクラス、初めてのANAラウンジなど初めてづくしのフライトになりましたので、今日はその様子を搭乗記という形でお伝えしたいと思います。

 

スポンサーリンク


 

 

フライト概要

今回Halohaloが搭乗したフライト概要は以下の通りです。

 

  • 日時:2017年1月1日
  • 出発地時刻:羽田/06:10
  • 到着地時刻:那覇/09:10
  • 航空会社:ANA/全日空
  • クラス:プレミアムクラス
  • 便名:ANA461
  • 使用機材:737-800(738)
  • 価格:25,090円/P旅割28
  • ハワイアン航空とのコードシェア便

 

今回が記念すべき初めてのプレミアムクラス搭乗になります。今回のプレミアムクラスは「ボーイング737-800」が使用機材のためプレミアムクラスは8席、用意がある便でした。

 

ANAプレミアムクラスのサービスについて

 

ANAプレミアムクラスは国内線における最上位クラスですので様々な特典を受けることができます。

 

空港到着〜搭乗まで

  • 専用チェックイン/保安検査場が利用可能(ANA PREMIUM CHECK-IN
  • 手荷物は40Kgまで無料で預け入れ可能
  • 荷物にはPriorityタグが装着される
  • ANAラウンジを利用可能
  • 優先搭乗ができる

 

Premium Check-Inに関しては利用できる空港に限りがあります。新千歳(札幌)、羽田、伊丹、福岡空港にて利用することが可能です。

また何と言ってもANAラウンジを利用できる点は大きな特典です。Premiumクラス利用する本人に加えて同行する1名の2名まで利用することができます。

 

搭乗後〜機内〜到着後

  • 前の方が気にならないくらい間隔が広いシート
  • 長時間フライトも疲れない快適シート
  • 電源・USBポート完備(機材による)
  • プレミアムクラス専用の食事が提供される
  • スパークリングワインを含むアルコール類の提供
  • 最優先に降機することができる

 

通常、国内線では食事は提供されませんがプレミアムクラスは違います。時間帯や季節に応じた特別な食事が提供されます。2016年12月よりメニューが新しくなっていますので、プレミアムクラスの食事の詳細はこちらの記事をご覧ください。

 

 

ざっと挙げただけでもこれだけの特典があります。今回、プレミアムクラスに初めて乗ってみましたが目に見えない「おもてなし」も格段にプレミアムクラスが優先されていました。

お待たせいたしました。ここからが詳細の搭乗記になります。

 

 

2017年1月1日搭乗記

羽田空港入り

時刻は04:30。

今回の出発空港である羽田空港は、幸いにも住んでいるところからとても近いのでタクシーで空港入りしました。まだ辺りは真っ暗です。

羽田空港に朝早く行く方法はこちらをご参考にどうぞ。

 

 

単純にANAのメインターミナルである羽田空港第二ターミナルに行ってもつまらないので、国際線ターミナルで降ろしてもらってそこから無料のターミナル循環バスで行くことにしました。

 

 

最も早い便は4時台から出ています。とてもありがたいです。

始発は4:48発で以後4分間隔で運行されていますので待っているとすぐ次の便が来ます。

今回、僕も4時52分国際線ターミナル発の循環バスに乗って第二ターミナル入りしました。国際線ターミナルを出発したら最初に停まるのが第二ターミナルです。

4時台ととても早いですが、外国の方を中心にとてもバスは混雑していて満員でした。なんとか全員乗れましたがタイミングが悪いと1本バスを待たないといけないことがあるかもしれませんので注意しましょう。

国際線ターミナルバス停から国内線第二ターミナルバス停までの所要時間は7分です。無事に第二ターミナルに着いたのは5時少し前でした。

 

航空券発券

連休中といえど時間が早いということもあって大混雑しているということはありませんが、それでも対人のチェックインカウンターは長蛇の列になっていました。ほとんど外国の方だったと思います。

よって預け入れ荷物がある場合を除いて、通常利用する際にはskipサービスを利用するか、自動チェックイン機でチェックインできるよう準備しておきましょう。

今回は記念すべき初Premium Classフライトということと、搭乗券が欲しかったため、そして1日に羽田ー沖縄(沖縄)を2往復するので1往復目はSKiPサービスが使えないということをSFC修行の先輩方とオペレーターの方に教えてもらっていたので、搭乗券を自動チェックイン機で発券しました。1日2往復するときの1往復目は”発券する”と覚えておきましょう。

 

 

自動発券機の使い方は迷うことなく簡単に発券までできることができました。

ANAカードを読み込ませるとフライト情報が表示されますので、表示に間違いがないことを確認して進めて行くと搭乗券が発券されます。発券ができたら次は保安検査場に向かいます。

 

保安検査場

通常であれば、SKiPサービス利用してそのまま保安検査場に向かってANAカードをかざすのですが、今回はプレミアムクラスですので、あえてPREMIUM CHECK-INを利用してみます。

ANAダイヤモンドメンバーのみが利用できる「ANA SUITE CHECK IN」、プラチナメンバーやSFCカードを持っている方、プレミアムクラス利用客が利用できる「ANA PREMIUM CHECK IN」ともにゲートオープン前から列ができていました。

 

なぜ列ができるかというと、保安検査場、チェックイン関連業務の開始時間は5:15となっていますのでそれまでは列を作って待機することになっているためです。

この時間に限っては保安検査ゲートの数を考えてもPremium Check inではない、通常の保安検査場は全く列を作っていないのでそちらを使った方が早いんじゃないのか?と一瞬頭をよぎりましたが、せっかくの機会ですのでPREMIUM CHECK INゲートから入場して保安検査を受けることにしました。

PREMIUM CHECK INの扉を入ると、行き先が2手に分かれています。

  • チェックインをするための専用カウンターへ向かう人
  • 専用の保安検査場へ向かう人

 

ここでいう専用というのは入場資格のある人でないと利用できないカウンターや保安検査場のことを指します。

今回はプレミアムクラス利用ですのでPREMIUM CHECK INから入場してチェックイン業務や保安検査業務を受けることができます。

さすがに初めてのPREMIUM CHECK INにはテンション上がりました。テンション上がりすぎて時計を外すのをすっかり忘れてしまい、2回も金属探知機に引っかかるという恥ずかしい始末でしたが、それも思い出です。笑

保安検査場を抜けたら、いつも通常の保安検査を受けた先の広くなっているスペースに合流します。なんだかいつも見ている風景になると安心する自分がまだいます。笑

次はいよいよANAラウンジへ向かいます。

 

ANAラウンジ

 

初めてのPremium Check-inに浸っている暇はありません、搭乗前のお楽しみはまだまだ終わりません。次はANAラウンジへ向かいました。

プレミアムクラス利用時にはスターアライアンスのランクに関わらず誰でもANAラウンジを利用することができます。

ANAラウンジは羽田空港第二ターミナル内に2つあります。いずれも保安検査を通過しないと利用することはできません

今回は「本館南ラウンジ」を利用しました。Premium Check Inを抜けたらすぐ左手にあります。

 

本館南ANAラウンジ入り口
ANAラウンジと搭乗券

 

扉を入るとエスカレーターがありますので1つ上の階へ進みます。

 

ANAラウンジへのエスカレーター

 

エスカレーターはさらに上まで続いていますが、そちらはANAダイヤモンドメンバーのみが利用できるANA SUITE LOUNGEですので今回は利用できません。いつか利用してみたい!!

エスカレーターを登りきるとANA係員がいるラウンジのエントランスにたどり着きますので入室手続きを行います。

 

ANAラウンジ受付

 

ANAラウンジ入室の方法は保安検査通過時と同じようにバーコードを機械に読み込ませることで認証がされます。

朝早い利用だったので人はまだまだ少ないといえど、机がある席など広めの席はあっという間に埋まっていきました。

ただ入れ替えも激しいので、お目当の席が空いていなくても落胆する必要はありません。ANA Loungeのサービスはとても充実しています。

ソフトドリンク、ビール、日本酒などの飲料は飲み放題です。ANA Loungeでは食事は提供していませんが「おつまみスナック」は無料配布していますのでこちらも食べ放題になっています。

また別の機会にANAラウンジの様子は記事にしたいと思います。念願の朝ビール。最高ーーーー!!!!

 

 

また写真は遠慮しましたが、ANAラウンジはトイレが素晴らしく綺麗です。これ結構重要だと思います。

もともと空港のトイレは綺麗なイメージがありますが、ANA Loungeのトイレはその想像を上回る綺麗さで高級ホテルのトイレのようでした。

個人的に飛行機に乗っている時にお手洗いに行くのがあまり好きではないので、必ず乗る前に行くようにしています。搭乗口に向かう際には主要紙を中心に棚の上に置いてある豊富な種類の新聞の中から、気になるものを手にとってANAラウンジを後にします。

 

搭乗!

羽田空港66番搭乗口

 

搭乗口へ向かいましょう。窓の外はまだ暗いのが確認できるかと思います。

プレミアムクラスを利用する際には優先搭乗を利用することができます。ANAダイヤモンドメンバーが呼ばれた後、2番目に搭乗することができます。

せっかくの2017年初フライトですので、優先搭乗を利用して乗ってみました。

この時点で既に乗っている方は、ダイヤモンドメンバーか子どもを連れているなど、特別な事情がある方のみですが、プレミアムクラスには割ともう乗っている方がいました笑。

さすがプレミアムクラスです。

お正月ということで、入り口で搭乗客を出迎えるCAの皆さんは「あけましておめでとうございます」という挨拶でいつもと違うのも何だかいいですね。

今回の座席は「1K」でした。

最前列のプレミアムクラスに一度座ってみたいと思っていたので今回実現してとても嬉しいです。足を思いっきり伸ばしてもまだ前に余裕がありました。(足が短いだけかもしれませんが・・・笑)

 

737-800 1K座席

 

ゆったりした作りで初プレミアムクラスに感激です。

間もなくして、担当のCAさんがご挨拶に来てくださって上着や荷物を収納してくれました。

なんだか既に至れり尽くせりという感じです。いよいよ2017年初フライト出発です。

定刻になるとセットスライドバー、ドアクローズされてオンタイムで動き出しました。

お正月の始発便ですが、後ろを振り返ると子連れが多くほぼ満席。さすがの人気路線です。羽田空港に到着した頃は真っ暗でしたがタキシングをして滑走路につく頃には辺りが少しづつ明るくなっていていました。離陸後も天気に恵まれて右側に富士山を拝むことができました。

 

初日の出富士山

 

とても綺麗です。

しかし、そこである失敗したことに気がつきました。

元旦の始発はA列側の席に座るとなんと初日の出が機内から見えるのです。

実質初日の出フライトですよね。失敗しましたぁぁ。

AにするかKにするか迷ってKにしたのでAにしておけば良かった・・・。

機長の「初日の出が見えています」というアナウンスもあり、機内は少しの間でしたが照明が落とされて初日の出の朝日だけになりました。

反対側の座席だったのではっきりとは見えませんでしたが、眩しい初日の出の光が機内に入り込んで来ていました。来年は機会があったらA列側(進行方向向かって左側)の席にも座ってみたいと思います。

 

機内での食事

再び照明が点灯すると、プレミアムクラスは食事の時間です。

いつもプレミアムクラスとエコノミークラスの境界線にはカーテンが引かれてしまうのでプレミアムクラス座席内の詳細がよくわかりません。これまた初めての国内線の食事に期待が高まります。そしてお正月のプレミアムクラスといえば期待するのが「びーすりー」さんのTweet内容です。

 

 

フライトを予約した時には全く知らなくて、後から実はこんなことがあるんだということを知りました!

今年はどうかな・・・と待っていると。。

 

「お待たせ致しました。本日は限定でおせち料理をご用意させていただきました。」

 

きたあああああああ!!!

 

 

初めてのプレミアムクラスで初めての機内おせち料理です。とっても嬉しいです。提供された食事がこちらです。

 

ANAプレミアムクラスおせち料理
ANAプレミアムクラスおせち料理

 

そもそも通常の献立を知らない僕は限定も何もないのですが、でもいつもと違うということでとても得をした気分になりました。二重箱のおせち料理の献立は以下の通りです。

 

  • 黒豆松葉串
  • 杏子さわやか煮
  • ニシンの昆布巻き
  • 子持ち昆布
  • 田作り
  • 鴨スモーク
  • 紅白かまぼこ
  • 海老
  • 鮭の幽庵焼き
  • 大根なます
  • 里芋やこんにゃくなどの煮付け
  • 玉子巻き寿司

 

量はそこまで多くありませんでしたが、お正月らしいメニューで大満足です。

食べ終わると担当CAさんが声をかけてくれました。「お口に合いましたでしょうか?宜しければ雑炊のご用意があるのですがいかがですか?」とのこと。

もちろんいただきますって元気よく言えばいいものの、なぜかちょっと考えるふりして「じゃあいただきます」とクールに言いたくなってしまった笑。

ちょっと格好つけてしまいたくなる、これがプレミアムクラスマジックなのかもしれない笑。いただいた白身魚の雑炊も美味でした。

 

 

食べ終わったらデザート。黒糖アイスでした。

 

ANAプレミアムクラス黒糖アイス

 

黒糖ですが甘すぎず、スッキリしていてとても美味しかったです。

食事が終わってもドリンクが少なくなってくると次々に薦めてくれるのでついつい飲みすぎてしまいました。

機内ではエビスビール×2、日本酒、スパークリングワインをいただきました。ANAラウンジでもビールをいただいていたので、結構酔っ払ってしまって最後はウトウト夢の世界へ・・・・。

パッと目が覚めた頃にはもうすぐ着陸の時間というところで、ファイナルアプローチに入る少し前くらいに最初に預けていたコートが返却されました。羽田から約3時間のフライトもあっという間に、那覇空港に到着です。飛行機を降りて沖縄に降り立って一言目は「暑っ!!!」でした笑。

東京の感覚で行くと汗ばんでしまいそうです。

 

 

そしてこれにて記念すべき初プレミアムクラス搭乗、そしてSFC修行の1Leg目が終了しました。引き続いて今回のフライトで獲得できたマイル数などを確認していきましょう。

 

スポンサーリンク


 

 

搭乗実績について

 

特に目立ったトラブルなく順調にフライトは進み、予定より少し早く到着することが出来ました。

 

マイル数・PP数

今回、獲得することが出来たマイル数やプレミアムポイント数などのデータを確認して行きたいと思います。数値はANAゴールドカード所有の値です。

 

  • 獲得マイル数:1,537
  • 獲得PP数:2,860
  • PP単価:8.77

 

 

初フライトを終えて。

「楽しかった。」

 

この一言に尽きます。あっという間の3時間でした。Premium Check-INからそうでしたが、今までずっと使っていた空港とは思えないほど新鮮な気持ちで終始感激・・・。

今回、SFC修行という形でプレミアムクラスの飛行機に乗りましたが、陸マイラーとしてデビューしてよかったと心の底から思いました。

普通にしていたらプレミアムクラスに乗れる日は、もしかしたら来なかったかもしれません。

ブログ運営をしていくと、最初はモチベーションも高く頑張っていましたが途中は盛り下がる時もありました。今回の収穫は一番モチベーションを高く保つ方法は積極的に飛行機に乗ることだと、実感出来たことだと思います。

これからも当ブログをどうぞ宜しくお願いします。

とっても楽しかったです。2Leg目の記事はこちらをご覧ください。

 

 

Halohalo(ハロハロ)でした。ALOHA〜!

 

 

陸マイラーの皆さんのブログはこちらから!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

-SFC修行/搭乗記

注目記事!

1
羽田空港パワーラウンジ/Power Lounge訪問記(2017年4月新オープン)

2017年4月27日、羽田空港国内線に新たな有料ラウンジがオープンになりました。その名も「Power Lounge/パワーラウンジ」。 第一、第二ターミナルともに1箇所ずつ、計2箇所のラウンジをパワー ...

2
2017年6月ソラチカキャンペーンでカード入会時に最もマイルをもらう技

みなさんはANAマイルを貯める際にどのクレジットカードを使っていますか? ANAマイラーであれば誰もが認める、作るべきオススメのANAカードが存在します。   ANA To Me Card( ...

3
ANA475便「羽田ー沖縄」搭乗記。5月7日GW最終日の混雑状況レポート

2017年5月GW最終日(5月7日)、天気は「くもり」。 以前、予約した際にもお伝えしたSFC修行5Leg目となる「羽田/HNDー沖縄/OKA」路線に搭乗しましたので、搭乗記をお届けします。 GW最終 ...