SFC修行/搭乗記 修行ルート案

【PP単価6点台:2017年1泊SFC修行ルート】羽田ー沖縄ー仙台はいかが?

2017/04/09

今日は2017年のSFC修行に使えるPP単価6点台のルートをご紹介します!今回で国内線は第五弾になります。

過去にご紹介したルートはこちらからご覧ください。

今回ご紹介するルートは杜の都「仙台」を訪れる1泊コースになります。

旅割75活用でPP単価6点台、プレミアムクラス利用で9点台です。土日で修行できますのでぜひ2017年のSFC修行の参考にしてみてください!

スポンサーリンク


 

ルート詳細!旅割75エコノミークラスプラン

時間 出発 到着 クラス 費用 マイル PP PP単価
06:10-09:05 羽田 那覇 旅割75 9,990 922 1,476 6.77
14:15-16:40 那覇 仙台 旅割75 9,990 1,058 1,695 5.89
1泊
11:55-15:10 仙台 那覇 旅割75 9,990 1,058 1,695 5.89
20:05-22:20 那覇 羽田 旅割75 9,990 922 1,476 6.77
39,960 3,960 6,342 6.30

 

出発は沖縄での滞在時間を長くするために朝早い便を選択してみました。後に詳しく記しますが、もう少し遅め出発の便を選択することも可能です。

仙台到着も夕方で次の日もお昼の出発なので、少し街へ出て雰囲気を味わうこともできます。

それにしても沖縄ー仙台便のPP単価「5.89」は素晴らしいです。PP単価5点台は超優秀路線です。多少ビーク帯の時間のフライトを選んで値段が高くなったとしてもそれでも6点台はキープできると思います。

全てエコノミークラスの搭乗ですが、どの路線も距離が長いのでもらえるプレミアムポイントも高く、一度の修行で6000プレミアムポイント以上獲得することができるのもこのルートのいいところだと思います。

続いてプレミアムクラスでこの修行を行うとどうなるのか見てみましょう。

 

プレミアム旅割28プラン

時間 出発 到着 クラス 費用 マイル PP PP単価
06:10-09:05 羽田 那覇 P旅割28 28,690 1,230 2,860 10.03
14:15-16:40 那覇 仙台 P旅割28 29,000 1,765 3,225 8.99
1泊
11:55-15:10 仙台 那覇 P旅割28 29,000 1,765 3,225 8.99
20:05-22:20 那覇 羽田 P旅割28 28,690 1,230 2,860 10.03
115,380 5,990 12,170 9.48

 

残念ながら全体的にPP単価は悪くなってしまいます。合計でPP単価は「9.48」です。9点台はプレミアムポイント数の獲得が目当てならぎりぎりセーフといったところでしょうか。

一度の修行でプレミアムポイントはなんと12,000超えです。このルートを4回やったら48,680プレミアムポイントとなり、ほぼプラチナ達成です。

プレミアムクラスはANAラウンジが使えますので羽田発をもう少し遅くしてラウンジ利用をしながら優雅にこのルートをこなしていくというのも悪くないかもしれませんね!

 

エコノミー&プレミアムクラス組み合わせプラン

時間 出発 到着 クラス 費用 マイル PP PP単価
06:10-09:05 羽田 那覇 旅割75 9,990 922 1,476 6.77
14:15-16:40 那覇 仙台 P旅割28 29,000 1,765 3,225 8.99
1泊
11:55-15:10 仙台 那覇 P旅割28 29,000 1,765 3,225 8.99
20:05-22:20 那覇 羽田 旅割75 9,990 922 1,476 6.77
77,980 5,374 9,402 8.29

 

プレミアムクラスは体験したいけどPP単価9点台はちょっとなーという方や合計金額が10万超えるのはちょっとなーという方はエコノミークラスの組み合わせはいかがでしょうか?

羽田ー那覇を旅割75で取って仙台との往復はプレミアムクラス利用です。そうすることで合計金額は8万円を切りますし、PP単価も8.29としっかり合格圏内に入ってきます。 プレミアムクラスも利用してこのPP単価であれば優秀です。

 

スポンサーリンク


 

アレンジも可能!

先ほども説明した通りこちらのルートはアレンジすることも可能です。4便目は沖縄にいる時間を長くするために羽田に戻ってくるのが遅くなっていますが早く帰って来たいという方は羽田への戻り便を早めに設定してみてください!

こちらが最終便として利用できそうな便名になります。例えば一番早く帰って来たいと思ったら17:00発のANA472便に搭乗すれば19:00過ぎには東京に戻ってくることができますので夜もゆっくり眠って次の日にん仕事に備えることができます。

逆に1便目ももっと沖縄到着ギリギリでいいという方は羽田発の時間を遅らせることも可能です。

このあたりが候補になってきます。本当に沖縄到着ギリギリで乗り換え時間だけあればいいや、という方は10:30羽田発の「ANA469」便で良さそうですね。

沖縄での乗り換えは30分もあれば楽勝です。

朝はゆっくりがいい、帰りは早いほうがいい、などぜひ自分なりのプランでアレンジしてみてください!

少しでも2017年SFC修行をする皆さんの参考になったら幸いです!

Halohaloでした!ALOHA〜!

陸マイラーの皆さんのブログはこちらから!
少しでも参考になったら1CLICKで応援お願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
 

-SFC修行/搭乗記, 修行ルート案

注目記事!

1
羽田空港パワーラウンジ/Power Lounge訪問記(2017年4月新オープン)

2017年4月27日、羽田空港国内線に新たな有料ラウンジがオープンになりました。その名も「Power Lounge/パワーラウンジ」。 第一、第二ターミナルともに1箇所ずつ、計2箇所のラウンジをパワー ...

2
2017年6月ソラチカキャンペーンでカード入会時に最もマイルをもらう技

みなさんはANAマイルを貯める際にどのクレジットカードを使っていますか? ANAマイラーであれば誰もが認める、作るべきオススメのANAカードが存在します。   ANA To Me Card( ...

3
ANA475便「羽田ー沖縄」搭乗記。5月7日GW最終日の混雑状況レポート

2017年5月GW最終日(5月7日)、天気は「くもり」。 以前、予約した際にもお伝えしたSFC修行5Leg目となる「羽田/HNDー沖縄/OKA」路線に搭乗しましたので、搭乗記をお届けします。 GW最終 ...